ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康

スーパーフード:栄養豊富で、健康に欠かせない食品とは! (RTE-News, Mar 31, 2021)

「superfood (スーパーフード)」と言うと、小さなパッケージで販売されている健康食品のイメージ。しかし、「superfood」の科学的な定義は存在せず、一般には、健康維持に欠かせない栄養素が豊富な食品を指す。 今や「superfood」は、栄養バランスの取れた食…

運動量・強度が気になる人:あるいは、これにこだわる人に! (RTE-News, Apr 2, 2021)

ひとは、うわさやTV・ネット情報に流されやすい。某TVチャンネルでバイク (bicycle)の番組が話題になると、高価なスポーツ・タイプの自転車の購入に走り、街中のランニングが話題になると、これにこだわって特殊なランニング・シューズを買い求める。 確かに運…

ケトルが沸く間に、ちょっと運動:これだったら、簡単で効果的! (RTE-News, March 31, 2021)

座りっぱなし(being sedentary)や寝転んでいるよりも、運動 (exercises)することが健康にいいのは、誰でも知っている。 でも、いざ、運動となると、ランニング、バーベル挙げ、あるいは腕立て伏せ、スクワット、それとも、誰かを誘ってテニスかバドミントン…

南半球の「ハコクラゲ」の毒は強烈:豪州で少年が刺されて死亡! (BBC-News, March 4, 2021)

自然は不思議がいっぱい。けれど、それに劣らず、危険もいっぱい。とくに海外旅行・海外生活では、注意が必要だ。 ところで、Australiaは、今が夏の終わり。つまり、日本のお盆の頃に当たる。日本では、お盆を過ぎると、海水浴場にクラゲが現われるようになる…

タバコの煙は、勘弁して!:いや、おれには吸う権利がある! (BBC-News, March 1, 2021)

モノの言いようによって、聴く人の捉え方はずいぶんと変わるものだ。タバコが手から離せない人を、「smoker (スモーカー)」あるいは「愛煙家」、「タバコ好き」と言えば、穏やかなモノ言いだが、「タバコ飲み」となると、軽蔑の気分が入る。 その愛煙家とくに…

もっと綺麗になれる:そのIrish流「美容術」の秘訣とは? (RTE-News, March 7, 2021)

春になると、小鳥だって、身づくろいに余念がない。自然界に生きるキジ、ヤマドリ、イカルにスズメなどは、その姿、動きでパートナー(伴侶)候補の健康状態を判断しているという。美しさは、生き残るために必須の条件なのだ。 人も同じ。 瞳(ひとみ)澄み、 心…

London周辺の有害汚染物質PM2.5:コロナの次に怖い人類の敵! (BBC-Science, Feb 11, 2021)

春がやって来て、庭のクロッカスが芽を出す頃、喉(のど)が いがらっぽくなり、目の周りが痒(かゆ)くなるのはスギ花粉 (直径約 30μm)のせい。 もちろん、スギ花粉の襲撃前から、クルマ (とくにディーゼル・トラック) の排気ガス、火力発電所、精錬所・工場など…

タバコと肥満:命を短くするリスクは、どっちが高い! (BBC-News, Feb 10, 2021)

タバコを吸うと呼吸器系はじめ身体がガタガタ、ボロボロになり、死を早める。そこで、Scotlandでは、2006年 3月 6日、公共施設内の喫煙を全面的に禁止し、その後、クルマに子どもを乗せたときや、刑務所内の喫煙も禁止した。 この政府の取組みが功を奏し、タ…

紫外線バリアのオゾン層を:未だにフロンを排出し、いじめる国! (BBC-News, Feb 10, 2021)

地球の成層圏に存在するオゾン層。この薄い層は、太陽から放射される有害な紫外線を吸収するバリアだ。 ところが、冷蔵庫が世界中に普及し始めた1970年代以降、このオゾン層の破壊が急速に進んで、上空の一部に空白地帯「オゾン・ホール」が観測されるように…

世界中のセレブの、若さを保つ秘訣:それはヨガにあった! (RTE-News, February 5, 2021)

セレブだってストレスがないはずはない。ストレスには「self-care (自己健康管理)」が大切だ。しかし、そうは言っても、そう簡単にストレスがなくなるものでもない。下手をすると、かえってストレスが増える羽目になる。 また、好きなことをして、好きなもの…

春の大そうじ:お部屋もきれいに、埃まみれの心もきれいに! (RTE-News, February 5, 2021)

冬至の頃に比べたら、東の山々から昇る日の出がずいぶんと早くなった。その朝日の光にも輝きが増し、晴れた日の空の青が冴え渡るようになった。 それでも、春の陽気に誘われて小鳥たちが騒ぎ出すまでには、まだ少し間がある。 けれど、お天気の良い日には、窓…

あなたの魅力を一段と引き立てる!:それは健康的で、きれいな爪 (RTE-News, January 22, 2021)

目鼻立ちに口元は、人の目につくところ。でも、爪だって結構、他人が見ているものだ。それが汚れていたり、割れ爪、欠け爪だったりすると、魅力が半減する。きれいな爪は健康のバロメータであり、また、その人物が清潔で、きめ細やかな性格であることを印象…

昼寝は身体にとって悪いか:それとも、からだに良いか? (RTE-News, January 26, 2021)

「添い寝」、「独り寝」、「雑魚寝」は、まだましだ。ヤケのやん八の「ふて寝」、老獪(ろうかい)な詐欺師・悪党の「タヌキ寝」ともなると、その眠りも汚れる。 一方、古いことわざに「昼寝をすれば鈍(どん)になる」がある。どうせ、老獪な地主か権力者が、その使…

寝室のシーツ類は週に一度の洗濯がお勧め:その理由とは! (RTE-News, January 18, 2021)

現代人の多くは、登山やトレッキングなどの外歩き中でもない限り、毎朝、下着を取替え、脱いだ下着は洗濯機に掛ける。でも、シーツや布団カバーについては、どうだろう。 とくに、寒い冬のこの時期になると、大きなシーツ類は、洗うのも、乾かすのも一苦労。…

心にもっと安らぎを:清廉で若々しい心を取り戻すために! (RTE-News, January 12, 2021)

いくら競争社会に生きているとは言え、人間が互いに角(つの)を突き合わせていては、世の中、とげとげしくなって窮屈だ。それに、生まれたときは、赤ちゃんの身体のように、柔らかだった心も、三十路(みそじ)を過ぎた頃から、まるで寒風に晒されて萎(しな)び…

乾燥肌が癒やされ、ピカピカに若返る:その「魔法のオイル」とは? (RTE-News, January 6, 2021)

『小さいときは、バラの木とそっくり。でも、星にたくさん育つと、星が破裂してしまう』。サン・テグジュペリは「星の王子さま」のなかで、「baobab (バオバブ)」をこのように書いた。 しかし、「baobab」を「baw-bab」と発音するのは Americansで、British p…

砂糖たっぷりのカフェラテ、ココア:毎日、飲んだらどうなるか? (RTE-News, Nov 13, 2020)

あつあつの「cafe latte (カフェラテ)」 や、カカオの香りの「hot chocolates (ココア)」は、寒い冬のひととき、体をポカポカに温めてくれるので、カフェでは人気のソフトドリンク。 ところが、Queen Mary 大学に活動拠点を置くチャリティ団体「Action Again…

暗く、寒い冬:何事も億劫になる「冬バテ」を乗り切るために! (RTE-News, Dec 10, 2020)

かって、太陽系第三惑星「地球」は氷河期に入り、地球上の全てが厚い氷と雪に覆われたことがあった。それでも、植物・動物、それにヒト族 (Homo)の祖先は、その極寒と飢えと、日照不足による病気に耐えて、生き延びた。 氷河期には、毎日が暗く、それが何万年…

無意識の「盗み食い」:口寂しくたって、品格は落とさない! (RTE-News, Nov. 17, 2020)

クルマに乗ってドーナッツをムシャムシャ、サーッカー・野球観戦ではポテトチップスをカリカリ、映画を観ていても煎餅をポリポリ。これを英語で「snacking (軽食、間食、おやつ食い、盗み食い)」と言う。「snack」の語源は Middle Dutch (中世オランダ語)の「sn…

心の中のゴミ(怒り、不安、悩み)は:一掃して、すがすがしい気分に! (RTE-News, Nov. 6, 2020)

宇宙ステーションや海底の居住スペースなどの閉鎖空間で、複数の人間が長い時間一緒に過ごすと、ストレスがたまって、よほど特別な訓練を受けた人でない限り、些細なことで言い争ったり、喧嘩し始めることが知られている。 コロナ騒動で、子どもが学校に通え…

子どもの背の高さが20cmも違う:栄養が良い国、悪い国! (BBC-Health, Nov. 6, 2020)

ちび、のっぽ、痩せっぽに太っちょ。どうでも良いようだが、子どもにとっては、深刻な悩みの種になりかねない。昔から、背の高い男の子は、女の子にモテるとされていたし、太っちょも、度が過ぎると、跳び箱がとべない。 思春期の多感なときに、背が低く、太…

コロナ感染でマスクが散乱、飛散:ビーチで鳥の脚に絡まるほど! (BBC-News, Nov. 6, 2020)

例年、春先の花粉シーズンになると、薬局・スーパーで販売されていたマスク。それが、今年の春、一時、日本全国のほとんどの売り場から消えた。「販売終了、次の入荷は未定」の張り紙を残して。 その後、やや時を置いて出回ったのが、粗悪品の中国製マスク。…

「nails (爪)」だって寒さに弱い:綺麗な爪で冬を乗り切るコツ! (RTE-News, October 22, 2020)

北風が吹き出すと指先が冷え、爪も乾燥して脆(もろ)くなり、先端にヒビが入ったり、缺(か)けることが多い。そのため、寒い季節には爪の養生・ケアが大切だ。 RTEは、そのポイントとして次の7項目を上げる。 1.Give your nail a breather:ときにはマニキュ…

これを食べたら、眠くなる!:それはなぜか? (RTE-News, October 20, 2020)

この数日中に遠足・ハイキングやバカンス旅行の予定を立てている人、またはデートの約束のある人は、夜になってベッドに入っても興奮冷めやらずの状態で、何度も「tossing and turning (寝返りを打って)、なかなか眠れないだろう。 しかし、世の中は、そんな…

「fascia(ファシア)」の緊張をほぐして:ぐっすり眠れ! (RTE-News, September 18, 2020)

誰だって、夜、なかなか眠れないことがある。それが 1日、2日ならまだしも、週に何度も続いたら、イライラがつのり、些細なことで感情が高ぶり、記憶力が落ち、疲れやすく、体も思うように動かなくなる。そして、普段なら何でもない簡単な仕事にもミスが出る…

「もの選びの錯覚」:好き嫌いの判断は、思いの外いい加減! (BBC-News, Oct 3, 2020)

人には、それぞれこだわりがある。納豆・ピーマン大嫌い。「巨人」以外のTV放送は観ない。そして、さしずめ USだったら、なにが何でも「トランプ支持」。 しかし、その好き嫌いの選択は、頭の中で本当に吟味されたものだろうか。あるいは、選択の理由が明確に…

「リコリス」の食べすぎに注意しましょう:死んだ人が現われた! (BBC-News, September 24, 2020)

高校の英語の時間だった。『好きな酒を飲んで、何が悪い! 俺は女房 (あるいは娘だったか?) の横っつらをバーンと引っ叩いてやった』と、K教師は、酒癖の悪い酒飲み特有の、あの「crocodiles(クロコダイル)」のような冷淡な目つきで、生徒のみんなを睨(ね)…

1日5品目の野菜・フルーツ:お手頃に摂取する5つのコツ! (RTE-News, August 14, 2020)

「健康的な食生活」、「1日 5品目の野菜・フルーツ」と勧められても、昨今の野菜の値段は呆れるほど高く、庶民にとってWHO基準は高嶺(たかね)の花になりかねない。倹約を志す人が「健康的な食事」を摂るためには、それなりの知恵を働かせる必要がある。 以下は…

むしょうに甘いものが食べたい!:これはなぜ? (RTE-News, August 21, 2020)

秋になると、むしょうに人恋しく (crave to be loved)なったり、むしょうにチョコ、ケーキなど甘いものを食べたくなるもの。この「強烈で抑えきれない欲求 (intense and uncontrollable desire)」は、一体どこから来るのだろう。 ときに、おなかが空いていな…

コウモリのウイルスがなぜ人間に!:ラボから逃げたか、生物兵器 (BBC-Sci & Env, July 16, 2020)

『人の命は何よりも大切』と、子どもに言い聞かせながら、一方で、政治家は妙なことをする。コロナ感染拡大の危機にあって、「多少の犠牲もやむなし」と言わんばかりに、都市封鎖・行動規制を跳ね飛ばし、経済優先の道を選択した。 しかも、その手の内、胸の…