ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

全ゲノム塩基配列検査:次世代のガン診断・治療の主流となるか? (BBC-Health, Apr 22, 2022)

file picture of a cancer in the bone

 DNAに突然変異 (mutations)が起こると、正常な体細胞が崩壊し、制御不能なまでに、その異常な腫瘍細胞が分裂・増殖を繰り返すようになる。これがガンの正体。

 

 これまで、ガンは発生する身体の部位、腫瘍細胞のタイプによって分類され、治療が進められてきた。しかし、「rhabdomyosarcoma (黄斑筋肉腫」のような極めて稀なガンは、その発見、治療が難しかったという。

 

 そこで、Cambridge大学のSerena Nik−Zainal教授らの研究グループが、がん患者約1,200人の「whole genome sequensing (全ゲノム塩基配列)」を解析したところ、各種のガンの発生には、遺伝子変異 (genetic alternations)の組み合わせ、すなわち「mutational signature (突然変異の特殊な配列パターン)」が関わっていることを突き止めた。

 

 喫煙などのガン環境因子に曝された患者には、特有の突然変異パターンが認められたという。

 

 Nik-Zainal教授によると、ガン患者の「whole genome sequensing (全ゲノム塩基配列)」を解読することは、考古学の「archaeological dig (発掘調査)」のようなもの。違うのは研究フィールドが野外ではなく、DNAの塩基配列。その中から異常な突然変異の「形跡 (imprints)」を探し出すことにある。

 

 ガン患者各人の「「mutational signature (突然変異の特殊な配列パターン)」が明確になれば、「personalising treatment (その人だけに特化した個別化治療)」が可能になる。

 これによって、ガンの診断と治療効果は飛躍的に改善されるものと期待されている。

    (写真は添付のBBC-Newから引用)

www.bbc.com

食べきれずに余ったチョコ:その5つの活用法! (RTE-News, Apr 11, 2022)

Can't face another piece of chocolate?

 チョコレートが食べきれないほどある、とはなんとも贅沢な話だが、カカオ70%以上ならともかく、カカオ成分よりも糖分が多いチョコは食べすぎると歯が痛くなり、虫歯の原因になりかねない。

 

 それでも、冷蔵庫の中にチョコが溜まってしまったら、どうしようか。

 RTEは、その「余りものチョコ (leftover chocolate)」の上手な活用法として、以下の5つのレシピを紹介している。

 

1.Make cookie dough:クッキー生地にする

 チョコを細かく砕いてクッキー生地 (cookie dough)に混ぜたら、これを捏ねて棒状にし、小さくスライスして、丸いクッキーの形に整えた後、冷蔵庫で保管する。甘いものが食べたくなったときなど、オーブンで焼いて召し上がれ。

2.Whip up some ice cream:チョコ入りアイスをつくる

 アイスクリームメーカーが自宅にあったなら、アイスに残りもののチョコを全部混ぜるだけで、自家製アイスの完成。Chocolate ice cream scoop

3.Do a big batch of rocky road:ロッキーロードをつくる

 ビスケットとチョコの「rocky road (ロッキーロード・チョコ) 」をつくってみよう。材料はゴールデン・シロップ、砕いたビスケット、それにセレクション・パックで食べないお菓子(degs)。ロッキーロードの上には、ボーナス・ポイントして砕いたナッツをのせる。

4.Drink it :飲みものとして味わう

 パンで温めたミルクの中でチョコレートを溶かし、これをマグカップに移し替えて、ホイップ・クリームをのせる。チョコとミルクのバランスはお好みで。

5.Tray bake some flapjacks:フラップジャックのトッピングに

 UK伝統のフラップ・ジャックをつくってみよう。材料はゴールデン・シロップ、バター、オートミール、コーンフレーク、小麦粉。これを適量ずつ混ぜ合わせ、トレイに入れてオーブンで焼く。焼き終えたら、砕いたチョコを散りばめて適当な大きさに切り分ける。後はラップで巻いて冷蔵庫で保管する。(詳しいレシピはフラップ・ジャックの動画を参照。)

おわりに:表面が白く変色したチョコは風味が落ちる。保管には要注意。美味しいチョコは早めに食べるに限る。

                      (写真は添付のRTE Newsから引用)

www.rte.ie

湯ぶねに髪の毛をたらしたら:どうなるか? (RTE-News, Apr 19, 2022)

 国産、輸入ものに関わらず入浴剤がよく売れている。適度の湯かげんの湯ぶねにつかると、だれでも心が休まり、疲れがとれるもの。

 

 ところで、迷惑なのは、公共の温泉で、長い髪の毛を湯ぶねに浸し、素知らぬ顔を決め込む やから。あるいは湯ぶねの中にもぐりこむ やから。いずれにしても、湯ぶねに髪の毛が浮いては、とても清潔とはいかなくなる。

 

 さて、入浴剤を入れた自宅のバスや、塩分・アルカリ成分たっぷりの温泉に髪の毛を濡らしたら、どうなるのだろうか。「Live True London salons」の Mr Adam Jonesによると、『それは、髪の毛をパサパサにし、髪の毛の脱色を招き、髪の毛のダメージの原因になる』。

 

 たとえ、入浴剤を使わないときでも、髪の毛を湯ぶねにつけるのは禁物。頭髪の毛あな(follicle)が開きっぱなしになり、髪の毛がもつれたり、ダメージを受けやすくなるという。

 つまりは、髪の毛をぞんざいに扱うと、そのしっぺ返しは必ず受けるのだ。

 

 一方、髪の毛を染めている人は、入浴剤で色が落ちるのではと心配するという。しかし、その点は問題なし。だだし、髪の毛のツヤがなくなる。湯ぶねに髪の毛が入ったなら、バスから上がった後で、シャワーを浴びること。あるいは、改めて、洗髪するのが良い。とにかく、髪の毛には入浴剤成分または余計な成分を残さないことだ。

 

おわりに:ご自身の髪の毛は心配するが、よそさまの迷惑を顧(かえり)みないとはどういうことか。いや、もともと、どちらも気にかけていないのかも知れない。いやはや、とんでもない個人主義、オレサマ主義の時代となったものだ。

                       (写真は添付のRTE Newsから引用)

www.rte.ie

コロナ感染の死亡者数:実際は、公式発表の約3倍! (BBC-Health, Mar 11, 2022)

disinfectant spray

 Covid-19感染の死亡者数は、「Our World in Data」によると、620万人 (2022/4/17現在)。累計感染者数は 5.05億人。

 しかし、この数値は、本当に正しいものだろうか。

 

 Washington大学の「The Covid excess motarity team (コロナ感染の超過死亡率調査チーム)」は世界191カ国と特定領域のデータを独自に収集し、解析を行なった。

 

 コロナ感染拡大 (covid pandemic)以前に比べて、コロナ感染期に死亡した人の割合がどれだけ増えたのかを表わす数値は「excess motarity or excess death rate (超過死亡率)」と呼ばれる。

 もちろん、この数値には、Covidウイルスが直接の原因で死亡した人や、コロナに感染したせいで心臓・肺疾患などの基礎疾患 (pre-exsiting diseases)が悪化し、それが原因で死亡した人も含まれる。

 

 データ解析のよりどころは

・Government websites:各国政府の公式ウェブサイト

・World Mortality Database:世界死亡率データベース

・Human Motalityが Database:ヒューマン死亡率データベース

・European Statistical Office:EU統計局 (ユーロスタット)データ

 

 その結果、Covidウイルスが関連する死亡者の割合は、「10万人当たり120人」。つまり、世界の死亡者数は約1,820万人となる。この数値は、前述の「Our World in Data」の約3倍。(研究結果の詳細は医学雑誌「The Lancet」に発表。)

 

 また、コロナ感染死亡率の高い国 (ワースト 5)は

・Bolivia

・Bulgaria

・Eswatini

・North Macedonia

・Lesotho

 

  逆に、死亡率の低かった国は

・Iceland

・Australia

・Singapore

New Zealand

・Taiwan

 

 なお、UKのコロナ感染死亡者数は年間約 173,000人 (2020,2021年)、本来ならば死なずに済んだはずの、コロナ感染「超過死亡率」は「10万人当たり 130人」だった。 

 残念ながら、Covidウイルスが間接的な原因となって死亡した人を正確に特定するためには、さらなる調査が必要とのこと。

 

おわりに:日本でも、電力会社をはじめとする大手企業のデータの改ざんや、政府の統計データの不正処理が明るみになっている。戦時中は別だが、今日ほど、政府の公式発表データの信頼性が揺らいだ時代はなかったのではないか。また、ロシア、シリア、ブラジルはもちろんのこと、ときにはUKの指導者でさえ、事実を隠し、平気で嘘をつく。国の公式発表など信用に値しないのだ。

    (写真は添付のBBC-Newから引用)

www.bbc.com

サイロシビン:脳をがんじがらめにしていたうつ病の糸を溶かす! (BBC-Health, Apr 12, 2022)

Magic Mushroom

Brain connectivity

 漢字の「鬱(うつ)」は、ジメジメとした湿気のこもる暗い林の中に、ひとり閉じ込められ、常に死の恐怖に脅かされている心理状態を表わす。英語の「depression (うつ)」とて、押しつぶされ (press down)そうになっている心の状態を文字にしたものだ。

 

 この「うつ病」に陥ると、脳神経回路 (思考回路)が麻痺し、ネガティブな考えにとらわれ、頭の中は、これでがんじがらめに縛られる。症状が重くなると、不眠症を併発し、自傷・自殺に走ることもあるので厄介だ。うつ病は危険な心の病気と言える。

 

 WHOの2021年報告によると、世界の成人人口の約 5.0%が、このうつ病に苦しんでいるという。日本の成人人口は約8,000万人。したがって、WHOのうつ病発症率を適用すると、日本のうつ病患者数は約200万人と推定される。

 

 うつ病の治療は極めて難しい。第一に、うつ病の発症メカニズムが十分に解明されていない。それに加えて、患者に適した抗うつ薬 (antidepressants)を探し出すのが難しい。さらに、患者は、抗うつ薬を毎日服用するようにと強要される。

 しかも、うつ病によっては、どんな抗うつ薬も全く効かないものもあるのだ。

 

 さて、この数年の間にうつ病治療に関する研究開発が進み、一般の抗うつ薬では手の施しようのないうつ病に対し、マジック・マッシュルームに含まれる幻覚成分「psilocybin (サイロシビン)」が有効であることも明らかになって来た。しかし、幻覚剤のサイロシビンが、なぜ、どのように脳に働くのかについては不明だった。

 

 「The Imperial College London」幻覚研究センターの David Nutt教授らの研究チームは、うつ病重篤患者 60人を被験者の対象としたサイロシビン臨床試験を実施した。サイロシビン (合成剤)を投与する前に被験者全員の「brain scans (脳スキャン)」を撮り、投与後の脳スキャン画像に比較し、サイロシビンの効果を確かめた。

 

 その結果、サイロシビンを1,2回服用しただけで、3週間後には、患者の脳は、まるで、がんじからめに縛りつけられていた糸から解きほぐされるように開放され、脳神経伝達物質の流れもスムーズになったという。(研究結果の詳細は医学雑誌「Nature Medicine」に発表。)

 

 ただし、今のところ、サイロシビンの効果がどれだけの間続くのかは不明。また、この治療の後で、うつ病を再発した被験者も認められた。したがって、今後の更なる研究が必要とされる。

 

 Netts教授らは、サイロシビンの効果を拒食症 (anorexia)などのメンタルヘルス障害でも確認したい意向とか。

 

おわりに:幻覚剤サイロシビンは麻薬取締法が適用される禁止薬物。決して自己診断・治療に走らないこと。それにしても、(日本の)マジック・マッシュルームに関する医学的な研究開発とその治療に向けた法整備は、遅れに遅れている。さらに遅れているのは、うつ病の予防とその啓蒙活動だ。

    (写真は添付のBBC-Newから引用)

www.bbc.com

 

一生の間の突然変異発生数:マウス、ライオン、ヒトはみな同じ! (BBC-Health, Apr 13, 2022)

Man and dog

 哺乳動物は、この世に生まれると、細胞分裂を繰り返して成長する。しかし、やがて、その分裂回数がヒト体細胞においては約50回 (Hayclick limit [ヘイクリック限界])に達すると、老化 (ageing)が始まる。

 

 ところが、「The Wellcome Sanger Institute (ウェルカム・サンジャー研究所)」の Dr Alex Caganらの研究グループは、これとは全く違った観点から生命体の老化 (ageing)、寿命 (lifespan)を捉えることに成功した。(研究の詳細は「Nature」に発表。)

 

 Dr Caganらが注目したのは、体細胞が分裂する際に発生するDNAのコピーミスすなわち「mutations (突然変異)」だった。

 哺乳動物 16種の突然変異の発生率(回/年)の結果は驚くべきもの (staggering)だった。以下はその一例。

 

・mice: 800 (mutations a year)

・dogs: 249

・lions: 160

・giraffs: 99

・Humans: 47

 

 つまり、動物の種によって体細胞に発生する突然変異の発生数が違う。ヒトの突然変異回数は 1年間で平均 47回と、他の動物に比べて少ないように見える。けれども、哺乳動物がその一生を終えるまでに、体細胞で起きた突然変異の総数は、動物の種に関わらず、ほとんど同じ回数の約 3200だった。Tiger

 この結果によると、哺乳類の寿命は突然変異の発生と、その「a critical number of mutations (突然変異 限界値)」に支配されていることになる。

 

 もちろん、ヒトの寿命は、体細胞の突然変異が原因のガン (cancer)の他にも、

 

・telomere shortening:染色体末端部のテロメロの短縮

・epigenetic changes:エピジェネティック変異(遺伝子の情報伝達異常)

 

に深く関わっている。

 

 しかし、とにかく、突然変異が寿命を左右しているのなら、その突然変異の発生を遅らせるか、あるいは、変異したガン細胞 (tumours)を修復することができれば、寿命が伸びることになる。

 一方、体細胞が多ければ、統計学的にはガンの発症リスクが高まり、寿命が短くなるはずだ。

 ところで、クジラの体細胞はヒトの体細胞 (約37兆)の数倍。それなのに、クジラの仲間には200歳まで生きる種がいる。これが「Peto's paradox (ピートのパラドックス)」だ。よく調べると、クジラの長寿の秘密は、その特殊なガン抑制遺伝子にあることがわかっている。

 なお、地球上の脊椎動物 (vertebrage)で最長の長寿を誇るのは、「Greenland shark (ニシオンデンザメ)」だ。400歳を超えて生きるという。

 

おわりに:仮に突然変異の発生率を1/2に減らすことができたなら、ヒトの寿命は2倍に伸びることになる。しかし、それがヒト属「Homo」にとって幸せなことかは別問題だ。寿命の長い人間よりも、嘘をつかず、ヒトを殺さず、平和を尊ぶ人間の登場が待たれる。

                 (写真は添付のBBC-Newから引用)

www.bbc.com

皮膚を若返らせることに成功:不老長寿の薬も夢ではなくなった! (BBC-Science, Apr 8, 2022)

Rejuvenated skin cell

 クローン羊がこの世に現われたのは、今から26年前の1996年7月のことだ。Edinburgh大学の「Roslin Insitute (ロスリン研究所)」が、メスの羊の乳腺細胞 (mammry gland cells)を卵子に移植した胚細胞 (embryo)からクローン羊「Dolly (ドーリー)」を世界ではじめて誕生させることに成功したのだ。 

 

 しかし、当時、ロスリン研究所の本来の目的は、クローンをつくることではなく、「ヒトES細胞 (human enbryo stem cells)」から筋肉・軟骨組織や神経細胞をつくって再生医療に役立てることにあったという。

 その後、ES細胞の培養・増殖技術は、京都大学の山中教授のIPS細胞 (人工多能性幹細胞)の発見によって格段に進歩した。

 

 さて、「Babraham Institute (バブラハム研究所)」 の Wolf Reik教授らの研究チームは、53歳の女性の皮膚を使って、クローン技術と IPS細胞培養技術を組み合わせた新たな細胞増殖技術の開発を進めていた。

 その IPS細胞を培養する過程で、通常の培養期間50日を12日に短縮して、細胞変化を確認したところ、皮膚細胞はES細胞に変換せずに、なんと23歳の若さの肌の細胞に「若返り (rejuvenation)」していたのだ。(研究結果の詳細は「eLife」に発表。)Dolly the sheep

 Reik教授らの研究は、ほんの初期段階ではあるが、その成果は革新的だ。傷や火傷を負った皮膚の治療に活用できる他に、将来は「human health span (人類の健康寿命)」の延長も可能になるのでは、と期待されている。

 

 さらに、免疫細胞 (immune ceslls)を若返りさせることができるなら、ウイルス感染に対する抵抗力、ウイルス抗体を強化することになり、不老長寿の薬 (elixir of youth)も夢ではなくなる。

 すでに、遺伝子改変マウス (genetically modified mice)では、膵臓 (pancreas)

の若返りに成功し、糖尿病の再生医療に道を開いている。

 

 しかし、「The Francis  Crick Institute (フランシス・クリック研究所)」の Robin Lovell-Badge教授によると、IPS細胞が再生医療の臨床現場に使用されたり、若返りの薬が開発されるのは、まだまだ先のことだという。第一に、細胞の培養中のコントロールが極めて難しい。それに再生医療には莫大なコストが必要だ。したがって、現時点で、若返り (rejuvenation)とは、まったくの妄想 (pure speculation)としか思えない。

                       (写真は添付のBBC-Newから引用)

www.bbc.com