読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ウーバーの自動運転車が衝突事故:蜂の一刺し? (BBC-Technology, March 24, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/D3A6/production/_95328145_7683b9b1-6c45-4731-8d45-d315e813269f.jpg

 タクシー配車アプリサービス (the car-hailing app service) が売りの Uber (ウーバー) の勢いは、止まらない。
  ウーバー社は、昨年12月、アメリカ陸運局 (the Department of Motor Vehicles, DMV) の認可を待たずに自動運転車を走らせ、当局から警告を受けていた。しかし副社長のAnthony Levandowski はこれを無視し、突っ張って Arizona, Pennsylvania, Californiaの3 州でテスト走行を繰り返していた。

 ところが、3 月 24日 (金)、そのウーバーの自動運転車がアリゾナ州の公道で衝突事故を起こした。幸い、この事故で負傷者はでなかったものの、ウーバーの「Volvo SUV」は横倒しになり、衝突した相手の車も後部が大きく壊れた。

 USA南西部 ArizonaのTempe (テンペ) の警察報道官 Ms Josie Montenegro によると、事故の原因は、左折しようとしたウーバーの自動運転車を、ドライバーがかわせなかった (fail to yield)」ため。

"There was a person behind the wheel. It is uncertain at this time if they were controlling the vehicle at the time of collision."
[ ウーバーの車の運転席には人が乗っていた。衝突事故が起きたとき、運転していたのは同乗者だったのか、現時点でははっきりしていない。]

なお、
"Uber's self driving cars always have a human in the driving seat who can take over the controls."
[ ウーバーの自動運転車では、車をいつでも制御できるように、運転席に人が座っている。]

  この事故を受けて、ウーバー社は Arizona (アリゾナ州) を走る自動運転車のテスト走行を中断 (suspend) し、続いて Pennsylvania, California におけるテスト走行も中止した。

 ウーバー社では職場・倫理問題、グーグルの訴訟、トップの Jeff Jones はじめ幹部(executives) の退社など「不名誉な出来事 negative stories」が慌ただしく(tumultuous)続いた。蜂に刺されっぱなしの Anthony Levandowski は、どこまでがんばれるだろうか。

                (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com