ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

便潜血検査FOBTの驚き!:大腸ガン、他の致死率の高い病気を予測 (BBC-News, July 17, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/13226/production/_102547387_d633c4b3-6729-433f-b37f-5c26a763d8b5.jpg

 毎日、気配りする項目で最優先に置くべきことは、誰にとっても健康に違いない。しかし、なにも神経質に鏡を覗かなくとも、体の調子は子どもでもわかる。熱がでる、体がだるいは黄信号。尿や便に血が混じったら赤信号だ。

 さて、Scotlandの「Ninewells Hospital」とDundee大学医学部が、2000年から2016年にかけてScotland中央東部のTaysideで実施された大腸ガン・スクリーニング (home screening test)の「便潜血検査 (Foecal Occult Blood Test, FOBT)」134,192人分のデータならびに「National Records of Scotland (スコットランド国立公文書館)」データベースを分析した結果、意外な真実が明らかになった。

 FOBTを受けた人の約2% (2,714人)が大腸ガンに関し「陽性 (positive)」と判定され、年齢、貧困度 (levels of deprivation)が増すにつれて、発症リスクが高まり、とくに男性に多い傾向が認められた。
 しかし、驚きは、それだけに留まらない。大腸ガン患者は、なんと、ガン以外の病気で死亡する確率も、他の人に比べて58%も高かったのだ。
 
 死亡率の高い病気は以下のとおり。

・circulatory disease:循環器疾患
・respiratory disease:呼吸器疾患
・digestive diseases excluding bowel cancer:消化器疾患(大腸ガンを除く)
・neuropsychological disease:神経精神疾患
・blood disease:血液疾患
・endocrine disease:内分泌疾患

Scotlandでは、50 - 70歳の男女に対し、2年おきに「便潜血検査FOBT」を受けるように推奨している。しかし、検査を待つまでもなく、血便やなんらかの異常・症状が認められたら、すぐに専門医の診断を受けた方がいい。大腸ガンの発見は早ければ早いほど、治療も楽で、回復も早くなると言われている。

 今回の研究結果によると、FOBTで「大腸ガンの恐れなし」の判定は、他の致死率の高い病気のリスクも低いことを示す。なお、研究の詳細は、医学雑誌「Gut」に発表された。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.co.uk