読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ヒ素汚染「米」から身を守る!:炊飯・調理に一工夫を (BBC-Health, February 10, 2017)

健康 環境

http://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/170AE/production/_94228349_rice.jpg

  ヒ素 (arsenic) は恐ろしい毒物だ。西洋では、その昔、「assassination (暗殺)」に使われ、日本ではヒ素鉱石から「rodenticide (殺鼠剤)」の「石見 (いわみ) 銀山ねずみ取り」、「猫いらず」が作られた。
 ヒ素は土壌 (soil) にも含まれる。Bangladesh では飲み水がヒ素で汚染され、深刻なヒ素中毒に悩まされている。
 
 ヒ素 (arsenic)、無機ヒ素 (inorganic arsenic) のいずれも発がん物質 (carcinogen)。長期にわたってヒ素化合物に曝されると、種々の「慢性中毒症状 (slow burning epidemic)」を誘発する。肌が黒く変色し、ボロボロになる皮膚病やガン (cancer)、心臓疾患 (heart disease)、発達障害 (developmental problems) などを引き起こすのだ。

 EU が昨年の 2016年 1月から施行を開始した食品規制「Regulation 2015/1006」によると、精米のヒ素許容濃度は 0.2mg/kg (0.2ppm)。ただし、幼児・子どもに対しては0.1mg/kg (0.1ppm) とする。
 しかし、この規準について、北アイルランドQueen's大学 Berfast」の Andy Mehang教授は、「甘過ぎる (isn't strict enough)」と訴える。
 ちなみに、日本のヒ素許容濃度は、EUよりも 500%高い 1mg/kg (1ppm)。

 イギリスの米の消費量 (2015年統計) は150 million kg。しかも、ヒ素に汚染された流通米も見つかっている。米 (rice) が土壌からヒ素を吸収し、蓄積する量は小麦 (wheat)、大麦 (barley) に比べて10 - 20倍。仮に日本の規準が適用されるとすれば、毎年、イギリス全土で最大 150kgのヒ素が摂取されることになる。

  Mehang 教授は次のように指摘する。
"We know that low levels of arsenic impact immune development, they impact growth development, they impact IQ development."
[ 低レベルのヒ素濃度でも、人の免疫発達に影響を与え、発育発達に影響を与え、IQ の発達に影響を与えることが分かっている。]

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/1506/production/_94228350_paddy.jpg

 BBC の「Trust Me, I'm A Doctor.」の Dr Michael Mosley は、Mehang 教授の協力を得て、実験を行ない、精米のヒ素濃度を劇的に低下させることに成功した。
 それは、炊飯・調理の前に、お米を一晩水に漬けること。お米と水の比率を色々と試したが、1 : 5 でつけ込むとヒ素が良く抜け落ちるという。

 お試しの価値は十分にあるようだ。
                              (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com