ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

雨上がりの大地の匂いペトリコール:それがパヒュームの原料? (BBC-Science & Environment, July 27, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/D932/production/_102720655_c0064138-agave_with_raindrops-spl.jpg

 夏の異常な日照りが続くのは、イギリス、フランス、ドイツをはじめ、その他のヨーロッパ各国も同じ。こんなに大地が乾燥すると、草原の草という草が枯れ、川や湖が干上がって、牛も羊も、そして農家も大弱りだ。みんな、これほど、雨を待ち焦がれたこともなかったことだ。
 空が暗くなって稲妻が走り、雷がゴロゴロと轟き、大粒の雨がバラバラと降り出すのはいつのことだろう。

 その雨が止むと、野山にはどこからともなく、土の臭いや草花の香りが漂ってくる。あれは、自然が、雨の潤いを得て、息を吹き返す証(あか)し。

 「John Innes Centre」のMark Buttner教授によると、「雨上がり (After thunderstorms)」の特有の匂いは、次の4項目が一緒になったもの。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/D4A0/production/_102723445_c0052709-desiccation_cracks_and_raindrop_imprints-spl.jpg

1.大地の匂いペトリコール (petrichor)
 雨上がりに「土が発する匂い」をMs Isabel J. Bear & Mr Richard G. Thomasは、1964い年、科学雑誌「Nature」に発表した論文「Nature of Agrillaceous Odour (粘土の匂いの特性)」の中で、「petrichor (ペトリコール)」と呼んだ。
 ギリシャ後の「stone」意味する「petri」と、ギリシャ神の血液を意味する (ichor)を1つにした造語だった。
 その正体は、土壌菌の1種「Streptomyces (ストレプトマイセス属)」が雨に打たれて放つ有機化合物「geosmin (ゲオスミン)」。

 多くの動物は、このゲオスミンに敏感だが、とりわけ人間の鼻は、土壌菌がつくり出す有機化合物に鋭敏で、その濃度が「ppb (0.001mg/kg)」、一説には「ppt (0.001mg/t)」のオーダーでも嗅ぎ分けることができるとされる。なお、ゲオスミンは有害な物質ではない。
 しかし、人間は「petrichor (ペトリコール)」を香(かぐわ)しいと感じ、その芳香を香水成分に取り入れるまでに愛したが、なぜか、その味はひどいと感じてしまう。ゲオスミンがほんのわずかでもミネラル・ウォーターやワインに含まれると、とても飲めたものではなくなるという。その理由は、今もって不明。

2.植物の芳香成分テルペン (terpenes) 
 植物、葉っぱの毛の中で、芳香系の化学物質「terpenes (テルペン)」を生成する。どしゃ降りの雨で、この葉っぱの毛が壊れると、そこから大気中にテルペンが放出される。
 同時に、乾き切っ植物の葉・茎や枝がどしゃ降りの雨で傷ついても、ハーブの枝を折ったときのように、揮発成分が放出される。

3.植物代謝の復活で芳香成分フェニルプロパノイド (phenylpropanoid)も放出
 乾燥した天気が続いて、衰えていた植物が、雨が降って息を吹き返すと、「metabolism (代謝)」が活発になり、テルペン以外の芳香系化学物質も放出するようになる。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/3C48/production/_102723451_f0187274-a_lightning_storm_over_a_city_in_a_valley-spl.jpg

4.雷がつくるオゾン (ozone)
稲妻 (lightning)と放電 (electrical discharges)によってオゾン (ozone)が発生し、大気中には独特の塩素 (chlorine)に似た刺激臭のある、やや生臭ささが漂う。オゾン濃度が100ppb (o.1mg/kg)であっても、人間はオゾンの存在に気づくという。

 いわゆる、稲妻が空中に光って雷が鳴り、大雨になると、大気中の塵・ほこりや煙・モヤなどのエアロゾル、その他の粒子状物質も全て洗い流されて、空気は澄み渡る。そんな時に、以上の4つの香り成分が加わると、人は、なんとすてきな雨上がりの匂いと感じてしまうのだ。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.co.uk