ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ベージュ、ホワイト、グリーンの炭水化物:摂り過ぎ注意はどれ? (BBC-Health, June 6, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/14332/production/_101883728_xand_carbs.jpg

 今では先進国と胸を張る国でも、数百年前には主食のパンやご飯をまともに食べられない人が大勢いた。ところが、このところ、そのパンやご飯に風当たりが強い。いわゆるタバコの警告表示ではないが、「健康のため食べ過ぎに注意しましょう」の声が高くなって来たのだ。

 さて、パンやご飯、麺類の主成分である「炭水化物 (carbohydrate, carbs)」は「タンパク質(protein)」、「脂肪(fat)」と並ぶ三大栄養素の1つ。体のエネルギー源として大切な栄養素だ。
 「BBC One」が企画した番組「The Truth About Carbs (炭水化物の真実)」で、Dr Xand van Tullekenは炭水化物を「starch (でんぷん)」、「sugar (糖類)」、「dietary fibre (食物繊維)」の3種に分類する。

 また、炭水化物を、見た目で分かりやすいように、色別に分類すると次のようになる。

含有率の高い食品
・starch →beige carbs (ベージュ): パン、パスタ、ポテト、シリアル、ライス
・sugar→white carbs (ホワイト)  :  炭酸飲料、スウィーツ、ケーキ・ビスケット
・fibre→green carbs (グリーン)   :  果物、野菜

 日常、最も多く摂りがちな「starch」と「sugar」は、体内に摂取されると「glucose (グルコース)」に分解されてエネルギーとなるが、摂り過ぎると体内に脂肪として蓄積される。

https://ichef.bbci.co.uk/news/695/cpsprodpb/D9BA/production/_101883755_beige.jpg

 そこで、健康な食生活のアドバイスとして、「ベージュ」と「ホワイト」の炭水化物は、ほどほどにして、次の食品を勧める。

・Cauliflower rice, celeriac, sweet potatoes.
・Rye or pumpernickel bread.
・Eggs, meat, fish, nuts and legurnes.
・And half of each dish should be green or brightly coloured fresh vegetables, salad greens, tomatoes and aubergines.

・カリフラワー・ライス、セロリ、スウィート・ポテト
ライ麦あるいは(ライ麦の)黒パン
・タマゴ、肉、魚、ナッツ類、豆類
・お皿の半分は、緑色・有色野菜に:新鮮な野菜、サラダ、トマト、ナスなどの盛付け

さらに、歯や歯肉、腸内微生物叢を健康に保つためには、「vitamin and minerals(ビタミン・ミネラル)」が豊富な「green carbs」の食物繊維をたくさん摂ること。また、「難消化性デンプン (resistant starch)」の「lentils(レンティル)」、「beans(豆類)」、「unprocessed whole grains (未精白の全粒穀類)」も腸内微生物叢にとっては、歓迎される食品だ。

 もう一つ。これは裏技。
 摂り過ぎ注意に分類される炭水化物の「beige carbs(ベージュ)」。そのパスタ、トーストを一旦「freezer」に入れて保存し、食前に加熱すると、炭水化物の組成成分が「難消化性デンプン」に変身するという。ぜひお試しあれ。

 以上の「炭水化物摂取法」に基づいて、Dr Faisai Maassaraniが7人の被験者グループに対して実践テストを行なったにところ、2週間で「2型糖尿病」、「高血圧」、「肥満」に著しい効果が認められたという。
 
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com