ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ストレス、ペットボトル、電子レンジはガンの原因?:Englandの噂 (BBC-Health, April 26, 2018)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/530F/production/_101036212_gettyimages-636733004.jpg

 小さな子どもからお年寄りまで、みな下を向いてスマホをいじくり回す時代だ。数十年前とは比べようがないほど、膨大な情報が一瞬にして手元の小さな画面に映し出される。そんな時代でも、情報には「fake (嘘)」と「right (真)」が入り混じる。

 さて、日本人のおよそ2人に1人がガンで罹ると言われては、誰しも、ガンの原因 (risk factors)が気に掛かる。しかし、「Cancer Research UK」によると、

"Cancer Research UK said about four in 10 cases of cancer could be prevented through lifestyle changes and it was important to have the right information to 'separate the wheat from the chaff'.

[ ガンの約40%は、生活スタイルを改善することによって回避できる。また、ちまたに流布している噂の中から、正しい情報をきちんと選り分けることが肝心だ。]

 そこで、London大学「University College of London」と Leeds大学は共同で England在住の 13,00人を対象にしたアンケート調査を実施した。調査のねらいは、「一般の人がどれだけ正しくガンのリスク要因を認識しているか」について明らかにすること。その調査データの分析結果の詳細は、医学雑誌「The European Journal of Cancer」に発表された。

 England人が、ガンのリスク要因として挙げた主な項目とその回答率は以下のとおり。

 Risk factors                   Belief rate
・smoking:喫煙                                                                 88%
・passive smoking:受動喫煙                                             80%
・sunburn:日焼け                                                              60%
・stress:ストレス                                                              43%
・food additives:食品添加剤                                              42%
・electromagnetic frequencies:電磁波                              35%
・eating genetically modified food;遺伝子組換え食品       34%
・microwave ovens:電子レンジ                                        19%
・drinking from plastic bottles:ペットボトル・ドリンク   15%

 どうやら、England人も「despite a lack of good scientific evidence (確実な科学的証拠もないのに) 」、あれこれとガンの発症リスクを疑っているようだ。ストレスに関しては全く根拠なし。それでも、ガンの原因と信じてしまうのはなぜだろう。

 TVコマーシャルや噂には、うっかり「本当のように」思い込まされることがある。「お肌ぷりぷり」「ビフィズス菌が腸まで届く」「関節炎が治った」などなどのセリフには、それを実証する科学論文が複数発表されているのか、疑って見るべきだ。
 
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com