読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

鎮痛剤 (非ステロイド性抗炎薬):「心臓発作」の恐れあり! (BBC-Future, May 10, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/695/cpsprodpb/16EC0/production/_95988839_m6300265-painkilling_pills-spl.jpg

 頭痛 (headache) や「変形性関節炎 (osteoarthritis)」で「非ステロイド性抗炎薬 (non-steroidal anti-inflammation drugs, Nsaid)」を服用している人は多い。日本では、誰でも薬局で「バファリン (アスピリン)」などの市販薬を購入できる。
 しかし、イギリスの医学誌「BMJ」に掲載された研究論文は衝撃的だ。

 Montreal Hospital Centre 大学の Ms Michèle Bally らの国際研究チームは、Canada, Finland, UK の患者 446,763人のデータを解析し、医師の処方する以下の鎮痛剤 Nsaid
     
  非ステロイド性抗炎薬     商品名 (日本)
・ibprofin (イプロフィン):             ブルフェン
・diclofenac (ジクロフェナク):     ボルタレン
・celecoxib (セレコキシブ):          セレコッス
・naproxen  (ヤプロキセン):         サイキサン
などを服用すると、一週間も経たないうちに心臓発作 (heart attack) の発症リスクが高まることことを明らかにした。さらに、高用量 (taking high doses) を飲み続けると、1ヶ月の間が最も心臓発作を起こしやすいとする結論も得た。
 ただし、この論文では、残念ながら、一般に心臓発作に関与すると考えられている喫煙 (smoking) や肥満 (obesity) などの因子(factors) については考慮されていない。

  「Royal College of General Practitioners (王立一般開業医大学)」の Helen Stokes-Lampard 教授によると、
"It is important that any decision to prescribe is based on a patient's individual circumstances and medical history, and is regularly reviewed."
[ いかなる薬の処方に際しても、医師は個々の患者の健康状況と医療履歴に基づいて判断し、定期的にこれを見直すことが大切だ。]

https://ichef.bbci.co.uk/news/590/cpsprodpb/87AB/production/_91413743_nsaid.jpg

 もちろん、Ms Bally らが発表した鎮痛剤に関する研究結果に対しては、この BBC News の記事中でも、様々な批判が寄せられている。一口で言えば、分析があいまいで、不正確だと言う意見が多い。
 しかし、研究結果の社会に与える影響は大きい。この論文の批判者は、まず、これまで製薬会社から資金援助・利益供与などは一切受け取っていないことを自ら証明した上で、発言すべきだ。そのような医療関係者が、この世に存在すればの話だが...。

 決して医師は、「決まり切ったように (routinely)」、いつもの薬の名をカルテに記入してはならない。
               (写真は添い付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com