読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

若もののチーズ・牛乳離れ:骨粗鬆症の発症リスクに拍車 (BBC-Health, April 12, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/105D5/production/_95592076_gettyimages-508519842.jpg

 日本のほとんどの大学のキャンパスが、学園紛争で騒然となった 1960年後半から1970年代。学生の中には、貧しさから、当時売り出された即席ラーメンを常に食べ続けていた若ものが幾らでもいた。
 その頃はもちろん、それ以前も、牛乳、ヨーグルト、チーズが果物と一緒に食卓にあがる家庭は限られていた。

 そして時は過ぎた。
 先日、放映されたドキュメンタリー番組で、カリフォルニア州立大学の学生の状況が報道された。金に困り果て、キャンパス内で寝泊まりし、1週間、水と紙を食べて空腹を満たす学生の姿がそこにあった。
 これはまた、どうしたことだろうか。貧富の格差は、40、50年経った現在、どの国でもそれほど変わっていない。

 しかし、人の体は何を食べるかによって、その健康状態が大きく違ってくる。
 「National Osteoporosis Society (英国国立骨粗鬆症協会)」の成人 2,000人を対象にした調査によると、最近の若ものは、インターネットで「食事上のアドバイス (dietary advice)」を頻繁に見ているにもかかわらず、一部の若ものの食事は、かなり偏っていて、25歳以下の若ものの約20%が牛乳、ヨーグルト、チーズなどの「dairy foods (乳製品)」を嫌厭していることが分かった。 

 

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/DE0F/production/_95574865_gettyimages-171255712.jpg

 もちろん乳製品にはカルシウムが豊富に含まれている。20代後半までにカルシウムをしっかり摂らないと、後で取り返しが付かないことになる。骨粗鬆症の発症リスクが急増するからだ。成長が止まった後で、カルシウムを補強しても手遅れという。

"After the age of 50, half of all women and one in five men develop osteoporosis, a fragile bone condition that causes painful fractures of the hip, wrist and spine."
"Smoking, lack of exercise and fizzy drinks high in acid are all detrimental to healthy bones."

[ 50歳以上の高齢者で、女性の半数、男性の 5人に 1人が、骨がもろくなる骨粗鬆症を発症し、腰、手首、背骨に痛みを引き起こしている。]
[ また、喫煙、運動不足、酸性度の高い炭酸飲料は、どれも健全な骨を台無しにする原因だ。]             

 カルシウムに限らず、特別な毒物以外、何を食べても、食べなくともすぐに命に別状を来すことはない。しかし、ちょっとの気遣いで、健康が保持できるとしたら、それに耳を傾ける方が賢明だ。
                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com