読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

100年後の未来社会を予測する!:カギは5つ (BBC-Future, March 30, 2017)

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/4y/jw/p04yjw5r.jpg

 「来年のことを言えば、鬼が笑う」とは、江戸庶民の間に広まったことわざ。これは、軽々に将来のことを決めつけないようにとの戒めでもある。
 しかし、出まかせの、当てずっぽうとは違い、合理的な計算法とデータに基づく「予測 (forecasting)」は科学 (science) だ。

 BBC の reporter Mr Mirian Quick は、100年後の未来社会を次の 5つの数値で浮き彫りにする。

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/4y/jm/p04yjm0x.png

1.8,300万人:1年間の世界人口増
 世界の総人口は、1 年前に比べて 8,300万人の増となった。これはドイツの国が新たに地球上に現われたようなもの。現在、地球上には 75億の人間が暮らしているが、国連の予測によると、世界の人口は少なくとも 2050年まで増え続け、2010年には、現在の 1.5倍に当たる 112億人に達すると見込まれている。

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/4y/jm/p04yjm07.png

2.42歳:世界の平均年齢
 人間が長生きし、子どもが少なくなったせいで、平均寿命は延びた。1950年代、50歳の誕生日を迎えることができる人は、世界で限られていた。当時の平均年齢 (average age) は 24歳。「世界の平均寿命 (average global life expectancy)」は、この 60数年間で 22歳も伸び、今日はほほ 72歳。この数値は、2100年になると、83歳以上に引き上がり、世界の平均年齢は 42歳になると見込まれている。
 そのときの人口ピラミッドはミツバチの巣箱 (beehive) のようにズングリ型になる。
 
3.66%:世界の人口が都市に集中する割合 (2050予測)
 今後、世界の人口は都市部に集中し、1千万人以上の人口を抱える大都市 (megacities)の数は、2030年に 41を数え、2050年には世界総人口の 2/3 に相当する 63億人が都市圏(urban area) に住むようになると予想されている。
 市街地が無秩序にドンドン拡大する「スプロール現象 (suburban sprawl)」をいかに食い止めることができるか。これが都市計画の重要な課題になっている。

4.664%:過去5年間の太陽光発電量の伸び率
 現在、人類が消費するエネルギーの 86%は化石燃料に依存し、再生可能エネルギーの割合は約 10%。しかし、世界の太陽光発電量は、2010年から 2015年の5年間で 7.5倍に増加し、今後さらに風力・太陽光発電の重要性は増すものと見込まれている。
 これらの発電に適した土地を有する国にとっては、益々有利に働くと考えられる。

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/4y/jl/p04yjlww.png

5.47%:ロボットに置き換わる作業
 Oxford 大学の調査によると、現在の USA の仕事の約半数は、すぐにでも人間に代わってロボットあるいはコンピュータに仕事をさせることが可能。
 とりわけ、Telemarketers (電話勧誘販売)、 accountants (経理)、taxi driver (タクシードライバー) は、ロボット化が容易だ。
 これに対して、creativity (創造性)、manual dexterity (手先の器用さ)、empathy (共感)が求めらる仕事は、これからも人間が担うことになるものと考えられている。

 カレル・チャペック1920年戯曲「ロボット」を発表し、「ロボットが人間を幸せにするのか」を世に問うた。
 将来、知性と倫理性はロボットに劣り、けれど富と権力を有するものが、ロボットを自分の利益や儲けるために使うとすれば、やがてロボットは人間の仕事を支配し、人間の心まで支配するようになるはずだ。

                    (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com