読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ケルトの黄金トルク:2,500年前ドーバー海峡を渡った高貴な人とは (BBC-News, February 28, 2017)

文化・文学

f:id:hiroshinews:20170303061314j:plain

 その日、Mr Mark Hambleton は、金属探知器を用いた地中の宝探しに疲れて、もう止めようとしていた。すると、相棒の Mr Joe Kania が、何か見つけたようだと言う。相棒はポケットから大きなトルクを引っ張り出して、私の目の前にブラブラさせて見せた。

 そのとき、私は思わず息を胸一杯に吸い込むと、頭が冴えて、よろめく足はシャキッとなった。
 それから、お前が見つけた物が何だか分かるのか、と言った。

 そして、2人はただ、黙っていた。

 その日の夜は、見つけた黄金のトルクをベッドの脇に置いて寝た。次の朝、「Portable Antiquities Schemes」の係官に手渡しするまでは、安全を確保するために、気を緩めるわけには行かなかったのだ。

 これは Mr Hambleton が語った話だ。

"Mr Hambleton said he was just about to give up for the day when his friend said he thought he had found something."
"He pulled this big torc out his pocket, and dangled it in front of me, he said."
"When I'd got some air back into my lungs, my head had cleared and my legs stopped wobbling, I said 'do you realise what you've found there?"
"He said the pair were 'speechless'."
"He said he kept the gold next to his bed that night 'to make sure it was safe' before handing it to experts the following day."

 昨年 2016年の 12月のことだった。Mr HambletonとMr Kaniaの 2人が黄金のトーク(torcs) を発見した場所は、イングランド中央「Staffordshire Moorlands」の Leekfirth の農場。草地の下に古代ケルト人のトルクが1m置きに慎重に埋められていたという。
 トルク (3 necklaces & bracelet) の重さは 31g ー 230g、金の含有率はおよそ 80%だった。

 そこから 50マイル離れた場所からは、2009年「The £3m Anglo-Saxon Staffordshire Hoard」の財宝が発見されている。

 「The British Museum (大英博物館)」の「curator (学芸員)」Dr Julie Farleyによると、

"It dates to around 400-250 BC and is probably the earliest Iron Age gold work ever discovered in Britain."
"The torcs were probably worn by wealthy and powerful women, perhaps people from the Continent who had married into the local community."

[ トルクの年代は 400-250 BCの頃に遡り、たぶん、イギリスで発見された最古の鉄器時代の装飾品だ。]
[ これらのトルクは、おそらく裕福で権力のある婦人が身に付けていたもの。ヨーロッパ大陸からイギリスに渡り、この地域の住民と結婚した人のものと推定される。]

 なお、発見者の2人は、報奨金 (推定数十万ポンド) を landowner (土地所有者) の Mr Stuart Heath と折半する予定とか。
  とりあえず、古代ケルトのトルクは、来週から 3週間だけ、Stokeの「The Portteris Museum & Art Gallery」 にて一般に公開される。

                                (写真は添付のBBC Newsから引用。)
        

www.bbc.com