読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

食べものを粗末にすると、どうなるか:地球の裏で泣く人が! (BBC-News, February 20, 2017)

http://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/06B2/production/_94741710_mediaitem94741709.jpg

 政情の不安定な南スーダンでは食糧不足が蔓延し、多くの子どもが栄養失調に陥っている。しかし、この事実とは全く裏腹の、何とも皮肉な研究報告が「Agricultural Systems」に掲載された。

"It says the world consumes about 10% more food than it needs, while almost 9% is thrown away or left spoil."
[ 調査報告によると、世界の食糧の 10%以上が食べ過ぎで消費され、また 9%が捨てられたり、腐らせてしまっている。]

 さらに「inefficiencies in production processes (生産過程の非効率さ)」が拍車を掛けて、結局、21億トンもの食糧がムダになっていた。
 調査したのは、Edinburgh 大学の Dr Peter Alexander、York大学の Dominic Moran 教授らの研究チーム。「The UN's Food and Agricultural Organization, FAO (国際連合食糧農業機関)」のデータを分析した結果だ。

 なかでも、改善が求められるのは、生産効率の極端に低い「livestock production (畜産)」。世界で 2億 5千万トンの畜産物 (肉、牛乳、タマゴなど) を生産するのに、その4.6倍に当たる 20億4千万トンの「作物 (harvested crops)」が消費されている。

"They found that increased demand tor some foods, particularly meat and dairy products, would decrease the efficiency of the food system and could make it difficult to feed the world's expanding population in sustainable ways."
[ この研究によると、肉・乳製品などの一部の食品に対する急激な需要の拡大が、世界の食糧システムの効率を低下させ、人口増加を続ける地球の全ての人に、持続可能な方法で食糧を提供することは難しくなる可能性がある。]

"Meeting the demand could cause environmental harm by increasing greenhouse gas emissions, depleting water supplies and causing loss of biodiversity."
[ 需要に応えようとすれば、温室効果ガスの排出量がさらに増えて、地球環境は悪化し、水資源は枯渇し、生物の多様性は失われるであろう。]

"Until now, it was not known how over-eating impacts on the system. Not only is it harmful to health, we found that over-eating is bad for the environment and impairs food security."
[ これまで、食べ過ぎが地球の食糧システムにこれほど影響しているとは知られていなかった。ところが、その贅沢なふるまいは、人の健康に有害であることはもちろんのこと、地球環境に悪影響を与え、世界の食糧安全保障を損ねることが明らかになったのだ。]

 「他人の口にする物」についてあれこれと、差し出がましいことを言うのは野暮。しかし、誰かが作ってくれた美味しい物は、大切に食べたい。
                                (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com