読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

レタスが買えないって!:それなら野山で山菜摘みを(その1)(BBC-News, February 8, 2017)

健康 自然

http://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/56C4/production/_94221222_hi037674023.jpg

  イギリスのスーパーでは、レタス (lettuce)、ズッキーニ (courgettes) などの野菜が品薄状態だ。このため価格が高騰し、多くの店が販売制限 (ration) までやり出した。野菜の生産国かつ輸入先のスペインが洪水と雪のダブル・パンチを受けたことに原因がある。
 これで、イギリスではレタスのサラダが、なかなか食べられなくなった。人は「lettuce crisis (レタス・クライシス)」とも呼ぶ。

 『それなら、「大して美味しくもない輸入物のスペイン産レタス (tasteless imported Spanish lettuce)」に見切りをつけて (turning their back)、野山 (wild) に出かけよう』と、山菜摘みのスペシャリスト (forager) の Mr Mark Williams は呼びかける。
                                      
 Mr Williams は Scotland 南西部の「Water of Fleet」川の河口に近い村「Gatehouse of Fleet」に住み、村の周辺の野山・海岸から「wild plants (山菜)」、「fungi (キノコ)」、「seaweed (海草)」など 300種を採取し、一般の人にその採取方法の指導もしている。安全・確実な見分け方のコツは website からも入手できる。

"People worry about poisoning themselves by misidentifying something, but it only takes a bit of effort to learn the few things to avoid."
"More people get ill from eating mass produced commodities than from eating the wrong wild plant."
"Provided you follow the first cardinal rule of foraging, nothing can go wrong: never eat anything that you can't identify with 100% confidence, and know is safe to eat."

[ 人は、誤って毒草を食べてしまうのでは、と心配するが、見分けるコツをほんの少し覚えるだけで、これを避けることができる。]
[ (また、実際には) 毒草を食べて具合が悪くなる人よりも、大量生産でつくられた野菜を食べて健康を損ねる人の方が多い。]  
[ 山菜摘みで最も基本的なルールさえ守っていれば、何も問題は起こらない。そのルールとは、100%の確信をもって見分けることができないものは絶対に食べないこと。山菜を安全に食べるためには、山菜を知ることだ。]

 Mr Williams は食べて美味しいイギリスの代表的な 山菜 (wild plants) 6種を挙げ、その見分け方や食べ方について説明する。

 次回は、Mr Williams 流の「山菜摘み (foraging)」のコツをご紹介する。お楽しみに。
                              (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com