読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

授業中に眠くてたまらない:「うたた寝」ポッドが欲しい! (BBC-News, December 3, 2016)

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/05F0/production/_92802510_mediaitem92802509.jpg

 スコットランドEdinburgh大学は、創立1583年から続く学問の歴史があり、これまで 21 名のノーベル賞受賞者を輩出している名門大学だ。
 ところが、「 2017 Complete University Guide」によると、「Student Satisfaction for the university  (大学に対する学生の満足度)」は、イギリスで 120番目にランクされる。

 学生に不評を買っている主な原因は、「student welfare and comfort (学生の福利厚生とキャンパスの快適さ)」に問題あり。
 ところで、イギリスの学生とて、毎日忙しく、睡眠不足 (sleep depreciation) で疲れ気味。授業中は、強烈な眠気に襲われる。せめて、20分でも、うたた寝 (nap) ができたら、きっと、その後の授業は、きちんと話が聞けるはず、と学生は主張する。
 
 Edinburgh 大学の学生が主催する「The Buchanan Institute  (ブキャナン研究所)」が、学内 1,500人の学生に調査したところ、その約 93%は、キャンパス内に「仮眠できる場所」が欲しいと希望していた。
 そこで、学生の委員会で、カプセル状の「nap pods (うたた寝ポッド)」を設置する案を検討すると、53%の委員から支持を得た。この結果を得て、全学生が参加する online投票を実施し、「うたた寝」案件の賛否を問うことにした。
 学生の賛同票が多ければ、大学当局に対し、正式に「nap pods」の設置を要求する計画だ。

 「nap pods (うたた寝ポッド)」は特別価格で 1台 £10,000 (約145万円)。

"People want two in their main library at George Square and two at King's Buildings."
[ 学生は、ジョージ広場の中央図書館に 2台、キングズ・ビルディングズに 2台を要求している。]

 ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School) のDr Charles Czeislerによると、

"Sleep is the 'third pillar' of health directly linked with wellbeing and productivity."
[ 睡眠は、幸福と生産性に直接関与する第3の枕。]
 ちなみに、第 3とする理由は、
"A healthy diet, regular exercise, and quality sleep are the three pillars of living a healthy life."

"An Edinburgh University spokesman said : 'The University of Edinburgh is always open to discussions with its students on a wide range of initiatives to help improve the student experience."
[ 大学の広報担当者が言うことには、エジンバラ大学は、学園生活の改善に役立つなら、学生と色々なキャンパス構想を話し合いたいと、常にその門戸を開いているとか。]

 それにしても、Edinburgh 大学で学ぶ学生は約 3万人もいる。さぞかし、仮寝のベッドの前に長い行列ができることかと心配してしまう。
 Edinburgh 大学は、どうやって、その高邁な教育理念を貫くことができるであろうか。

                                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com