読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

どれだけ環境に悪いものを食べた?:カーボン・フットプリント (BBC-Future, November 27, 2016)

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/4h/qh/p04hqh28.jpg

 雪の上に点々と続く足跡 (footprints) を見ると、どんな小鳥や動物が、そこを歩いたか見当がつく。同じように、人が食べ物を口にすると、大気中にCO2を排出することになり、その人がどれだけ環境に対して「ぜいたくな行為 (indulgence)」をしているかが分かると言う。

"Farming, production in factories an transport of goods are all largely powered by the burning of fossil fuels, generating greenhouse gases that trap heat in the atmosphere."
[ 農業、工業生産、物流の全てが化石燃料を燃やした大量のエネルギーに依存している。しかし、化石燃料を燃やすと、温室効果ガスが排出され、これが大気中の熱を閉じ込める。]

 つまり、私たちの口に入るものは全て、環境に多大な苦しみ (infliction) を与えていることになる。この環境負荷のレベルは「carbon footprint (カーボン・フットプリント、CF)」と呼ばれ、食品 100g 当たりの CO2排出量(換算値)として表示される。
                                                   
"With this, it is possible to create a food pyramid based on the harm each snack and delicacy inflicts on the environment. Meat and daily products lie at the bottom, wreaking the greatest damage, while fruit and vegetables are the most environmentally friendly at the top. Grains based foods like bread and pasta, and confectionary lie roughly in the middle."

[ スナックや珍味それぞれの CF値を用いると、環境を傷み付けている度合に基づいて、食品ピラミッド図を作成することができる。その図の底辺に位置するのは、肉や乳製品。環境に対して最大のダメージを与えていることが分かる。一方、果物や野菜は環境に最も優しい食品のため、ピラミッドの最先端を占める。豆類、パスタ、菓子類 (ケーキ、パイを含む) などの穀類は、ほぼ、その図の中間に位置する。]

"This approach, however, doesn't consider how much energy our bodies get from those foods. You need to eat a far greater weight of lettuce to get the same number of calories as a rasher of bacon for instance - with one study finding that it would release three times as many greenhouse gases to provide the same nutritional energy."

[ もちろん、この解析では、食べものから摂取されるカロリーについては考慮されていない。たとえば、ベーコン薄切れ一枚のカロリーを、野菜のレタスだけから摂取するとすれば、大変な量のレタスを食べなければならないことになる。この場合、ある研究結果によると、レタスの温暖化ガスの排出量は、ベーコンの 3 倍に跳ね上がる。]

  さて、Washington 大学の Dr Adam Drewnowski らの研究グループは、食品 100種の CF値を詳細に分析し、「The American Journal of Clinical Nutrition」に発表した。

  Dr Drewnowski らの分析結果は意外だ。ケーキ・チョコレートの「カーボン・フットプリント」CF値は、野菜の缶詰・冷凍製品の値に比べて約 1/10。肉はタマゴの約 1/2のCF値となった。

 もちろん、だからと言って、スイーツを食べ過ぎてはいけない。糖分の摂り過ぎが糖尿病、心臓病なとの健康障害を招くことは、多くの研究で証明されている。
 したがって、

"And fresh vegetables, sourced locally, will still be the best option for the environment and your health."
[ 新鮮な野菜、それも地元でとれた野菜を選択することが、健康にも環境にもやっぱり一番ということになる。]

 なお、Dr Drewnowski らが示した、主な食品 100g当たりの CF値は、以下のとおり。

・Bread:            50g
・Cakes:              81g
・Chocolate:        59g
・Eggs:              440g
・Milk:                351g
・Meat:               248g
・Tinned vegetables:  787g

                                 (写真は添付のBBC Newsから引用。)    

www.bbc.com