読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

魔女と魔法と人類の狂気:中世スコットランドの記録がオンラインに (BBC-News, October 28, 2016)

文化・文学

f:id:hiroshinews:20161101052616j:plain

 思い通りに行かないことや、都合の悪いこと、不幸、病気は、悪魔のしわざと信じられた時代があった。そんな社会の中にあって、心の拠り所とする宗教と日常の生活に「不安」が芽生え、権力者の野望がそれに油を注ぐと、人は狂気の炎に包まれる。

 1563年、「スコットランド魔術禁止法 (Scottish Witchcraft Act)」が制定されると、その後およそ 170年間、スコットランドは「魔女狩り (witch-hunting) に狂う。
 なんと、この法律によって、人は他人を魔女と告発し (accused)、その魔女も、魔女の力を借りた人も死罪 (capital crimes) にできた。

  当時、理由が、ねたみ、そねみの類(たぐい)はともかく、魔女と勘違いされた人の多くは、「癒しびと (healers)」だった。魔女どころか、おまじない (charms and spells) や薬草 (healing herbs) の力で貧しい人の病気を直してくれるありがたい「もの知りおばさん」。ところが、人間は生来わがままで、病気が治らないと、「魔女」だ、「悪魔に通じている」などと、告発したのだ。

 16 - 17 世紀にかけて、魔女の汚名を着せられ、火炙りの刑に処せられた人は 3,000~5,000人にのぼるという。
 とくに 1658 - 1662年の5年間が狂気を極めた。魔術 (witchcraft) がキリスト教の教えに反する「不信心な力 (unholy forces)」と見なされ、次々と魔女の容疑者が逮捕された。その記録が今に残る。手書きで魔女 1658 名の氏名、住所に加え、自白の供述(confession) まで記 (しる) されている。

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/950/cpsprodpb/179F9/production/_92116769_14083ace-970a-498d-a135-fe8592252250.jpg


 この記録本は、「Welcome Library」に保管されていたが、この度、「The genealogy firm Ancestry (家系図調査会社Ancestry)」かららデジタル版がオン・ラインで販売された。

 なお、魔女、魔法に関心がある方には、次の本の一読をお薦めする。

・Korky Paul and Valerie: Thomas: Winnie the Witch, Oxford University Press, 1987
・Colin Hawkins: Witches, Granada Publishing, 1981
・西村祐子:魔女の薬草箱、山と渓谷社、2006
・K.セリグマン(平田寛 訳):魔法―その歴史と正体、平凡社、1961
・Janet and Stewart Farrar: The Witches' Way - Principles, Rituals and Beliefs of Modern Witchcraft, Phoenix Publishing Inc., 1984
        (写真は「Winnie the Witch」と添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com