読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

約2,000年前の木製ドキュメント発掘:古代ローマのロンドン現わる (BBC-News, June 1, 2016)

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/64D7/production/_89851852_89846402.jpg

 泥に埋もれたローマ時代のドキュメント (document) が、400枚も発掘された。それも、ロンドンのど真ん中で。
 場所は「Walblook River (ウォルブルック川)」に近い「Bloomberg's new headquarters」の建設基礎工事現場。地面を掘削中 (during an excavation)に、700件以上の埋蔵品 (artefacts) がビチャビチャの泥 (soaking mud) に埋まっているのが見つかったのだ。

http://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/7FB5/production/_89839623_89839622.jpg


 その中に、400枚を超える木製の文書記録 (document) が含まれていて、最も古いものでは「8 January AD57」の日付があった。 

 板の表面に「黒っぽい密ろう (blackened beeswax)」を塗り、その上から尖筆(styluses) で文字を彫り込んでいた。
 「The Museum of London Archaeology, MOLA (ロンドン考古学博物館)」の調査の結果、木板が発見された地層の年代は AD 43-53。この時代は、古代ローマがロンドンを統治した最初の 10年間に当たる。
 それは、「Coranelius Tacitus (コルネウス・タキトゥス)」の「Anals (年代記)」に初出する「London」よりも約 50年も前のこと。

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/16B7/production/_89851850_89839629.jpg

 木板の一枚には、ラテン語 (Latin) で「Londonio Mongontius」すなわち「in London, to Mongonitus (ロンドンにて、モンゴンティウスへ)」と書かれていた。
 また、「ABCDIFGHIKLMNOPQRST」とアルファベットの一部を書き込んだ木板も見つかり、これは「writing practice (書き方の練習)」か「a demonstration of literacy or better forms (おさらいの手本)」として使われたようだ。
 さらに、商取引の文書が記録された木板もあった。

"The words of the people who lived, worked, traded with and administrated the new city."
[ これらの文書は,新しい都市に住み、働き、商いをし、統治した、かっての古代ローマ時代のイギリス人 (Roman Britons) の言葉。]

 木板文書の翻訳を担当した Dr Roger Tomlin は、「自分の仕事は、その頃の人々の話に聞き耳を立てることができる恩恵 (privilege) だった」と、その興奮を隠せない。


                                (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com