読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ワニ心優しい女性を襲う:豪州でまたも犠牲 (BBC-News, May 30, 2016)

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/E377/production/_89813285_gettyimages-153283770.jpg

 オーストラリア大陸の北東部に、ニューギニア島に向かって、角 (つの) のように延びた半島がある。「Cape York Peninsula (ヨーク岬半島)」だ。その角の根元に相当する辺りの海岸に、人口約 15 万人の都市「Carins (ケアンズ)」がある。そこからヨーク岬半島の沿岸に沿って 100km ほど北西に向かったところに、「Daintree National Park (デイントリー国立公園)」が広がる。
 悲惨な事件は、この公園で起きた。5 月 29 日 (日) の夜のことだ。

 オーストラリア在住の女性 Ms Cindy Waldron (46歳)は友達と腕を組んで (arm-in-arm)膝まで水につかり、ジャブジャブと「Thornton Beach (ソートン・ビーチ)」を散策していた。海は静かで、空には星が瞬 (またた) いている。何とすてきな夜だろう。
 この日、Ms Waldron は、腕を組んでいる友達の Ms Leeann Mitchell (47歳) がガン治療を終えた記念にと、2人で旅行に来ていたのだ。そして、夜の海水浴を楽しもうと、海に入った。幸い、水の深さは腰がつかるほど (in waist-deep water) だった。

 ところが、この 2 人を水中から、じっと見ていたものがあった。またも、あの目つきの悪い「Crocodiles (ワニ)」だ。

 と、突然、Ms Waldron は「A croc's got me, a croc's got me. (ワニに咬まれた、ワニに咬まれた。」と叫んだという。
 近くにいた Ms Mitchell は、ワニに咬まれた Ms Waldron を急いで陸に引っ張り上げようとしたが、姿を見失ってしまった。

 現在の捜索況状は、警察の報道官 Mr Russell Parker によると、

"We would hold grave fears for the welfare of the woman."
[ 我々は、女性の安否に重大な懸念を抱かざるを得ない。]

なお、この辺りでは、最近、全長 5m の crocodile が目撃されている。公園周辺を熟知した Mr Warren Entsch は観光客に次のように注意する。

"If you go in swimming at 10 o'clock at night, you're going to get consumed."
[ 夜の10時に泳ぐに行くのは、ワニの餌食になるために行くようなものだ。]

 何とも痛ましいワニの悲劇 (tragedy) が起きたものだ。やっぱり、ワニには、人間の思いやりが通じなかった。
                                (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com