読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

恐竜よ!:お前も悪夢でうなされていたのか? (BBC-Science & Environment, April 29, 2016)

健康 地球

http://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/68E8/production/_89465862_dragon_1.jpg

 夜になって人が眠りに就くと、体温が徐々に下がりだし、「深い眠り (deep sleep)」と「浅い眠り」を何度も繰り返す。ただし、睡眠時間の約 80%が深い眠りと言われている。浅い眠りのときは、脳が活動しているため、まぶたの下で眼球が激しく動いている (Rapid Eye Movements)。その頭文字 3 つを並べて「REM (レム)睡眠」と呼ばれるゆえんだ。一方、深く熟睡すると、脳波が低くなることから、深い眠りを「徐波睡眠(slow-wave sleep)」または「ノンレム (non-REM) 睡眠」とも言う。

"Until now, it was thought features of human sleep such as rapid eye movements were seen only in mammals and birds."
[ これまで、急速眼球運動を伴う人間の睡眠パターンは、哺乳類や鳥類だけに見られると考えられて来た。]

 ところが、ドイツ「The Max Planck Institute for brain Research (マックス・プランク脳科学研究所)」の Dr Gilles Laurent らは、ペッとして飼われることが多い「アゴヒゲトカゲ (bearded dragon)」の「睡眠相 (sleep phase)」を調べたところ、その眠りは人間と同じように、深い眠りと浅い眠りを繰り返していることが分かったというのだ。

"However, while humans typically go through four or five 90-minute cycles of slow-wave sleep and REMs, the lizard sleep rhythms is faster and more regular, resulting in hundreds of much shorter cycles."
[ ただし、人間の場合、一般には90分周期で深い眠り (徐波睡眠) と浅い眠り (レム睡眠)が、一晩に4, 5 回繰り返されるのに対し、トカゲの睡眠は、2 種類の睡眠パターンの繰り返しがもっと早く、規則的で、その結果、極めて短い睡眠のサイクルが数百回も続くことになる。]

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/304/cpsprodpb/DE18/production/_89465865_dragon2.jpg

 
 この事実は、人類、鳥類、そして爬虫類 (reptiles)も、地球にまだ 1つの超大陸が存在した 約 3億年から 3億 2千年前に、「共通の祖先 (common ancestor」から進化したことを意味する。
 したがって、「恐竜 (dinosaurs)」も夢を見ていたことになる。爬虫類の夢は「in a rudimentary way (原始的」と説明されるが、恐竜だって、悪夢でうなされることもあっただろうに。

                                  (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com