読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

「素っぴん」で若々しい人って!:遺伝子が違う? (BBC-Health, April 29, 2016)

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/06D3/production/_89474710_thinkstockphotos-102116540.jpg

 年齢が同じでも、人によって、なぜ若く見えたり、老けて見えるのか。

[ 10年ぶりで再会した2人の友人。その内の1人は、昔の頃とちっとも変わっていない。ところが、もう1人の方は、思わず「あら、何かあったの?」と言ってしまいそう。]
"You meet two people you haven't seen for 10 years, and you happen to notice one doesn't look a day older than you remember and then the other person you think 'Wow what happened to them?'."

 オランダの Erasmus (エラスムス)大学「医療センター(Medical Centre)」と多国籍企業「Unilever (ユニリーバ)」が共同で、人の「知覚年齢 (perceive age)」について「遺伝学研究 (genetic study)」を進めた結果、ついに「若く見える秘密」が明らかになった。
 研究では、被験者 2,693 名の「お化粧なしの素っぴん (make-up free 'naked face')」の顔が何歳に見えるのか、複数の人に判定してもらい、これを実際の年齢に比較した。
 次に、被験者全員の DNA の遺伝子を調べた。その結果、年齢の割に若く見える人には、ある特定な型の遺伝子 MC1R が多いというのだ。とくに、この遺伝子は赤茶色の髪や白い肌の人に「主遺伝子 (major gene)」として含まれるため、「ginger gene (赤毛の遺伝子)」とも呼ばれる。
 ただし、MC1R には色々な「変異型 (variants)」が存在する。ある特定の型の遺伝子MC1R をもっている人だけが、平均して 2 歳ほど若く見えた。

 MC1R の大事な役割は、「メラニン色素 (melanin)」をつくること。メラニンがないと、太陽の紫外線に対して皮膚は無防備となる。

http://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/12907/production/_89493067_thinkstockphotos-474894013.jpg

 この研究結果に対して、Ian Jackson 教授は、「直感的な感想 (gut reaction)」と断りながらも、ちょっぴり批判も。
"What they're looking at is an aspect of pigmentation."
[ 研究者は、人の顔が若く見えるかどうかを、顔のシミ (色素沈着) の問題にしているのでは。]

"I would suspect people who have paler pigmentation would look younger and that might be paler skin or blue eyes or blonde or red hair."
[ シミのない顔の人が若く見えて、そのような人がおそらく肌が白く、瞳はブルーで金髪か赤毛ということには、疑いを持たざるを得ない。]

 なお、研究の詳細は医学雑誌「Current Biology」に発表された。


                                  (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com