読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

堕落したコウノトリ:堕落させた人間 (BBC-Earth, March 19, 2016)

自然 文化・文学

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/976_549/images/live/p0/3n/6d/p03n6dgt.jpg

 この世に赤ん坊を運んでくるのは、コウノトリ (white storks)。また、コウノトリが屋根の上に巣を作る家には幸せがやって来ると、言い伝えられた。

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/976_549/images/live/p0/3n/6m/p03n6mss.jpg

 ところで、コウノトリは、「Aesop's fables (イソップ寓話)」の「The Flogs asking for a King (王様をせがんだ蛙たち)」に、「情け容赦のない王 (the harsh ruler)」として登場する。

 その昔、とある池に沢山のカエルが住んでいた。みんな勝手気ままで、やることなすこと、てんでにばらばらの振る舞い。さすがのカエルたちも、これではいけない、と気づいて、全能の神ジュピター (Jupiter) に王様が欲しいと願い出る。
 ジュピターはこれを聞き届け、池に 1 本の丸太を放り込んでやる。カエルたちは、これを恐る恐る見守っていたが、やがて、動きもしない丸太をバカにし始め、ついには、丸太が王様の役目を果たせなくなってしまう。
 そこでカエルたちは、また、ジュピターに願い出る。今度は、もっと動き回る王様が欲しいと。わがままで、しつこくせがむカエルたちに、業を煮やしたジュピターが、池に送り込んだのは、1 羽のコウノトリ (storks) だった。
 コウノトリは、池に着くなり、片っ端からカエルたちを食ってしまったという。
  [ When you desire to change your condition, make sure that you can really improve it. ]

 さて、現代版のコウノトリの話しも無慈悲 (harsh) だ。場所はポルトガルの「ゴミ捨て場 (landfill sites)」。
 ポルトガルのコウノトリは、冬になると暖かいアフリカを目指して移動してきた。その「渡り (migration)」は、数百年にわたって、ずっと目にすることができたコウノトリの習性であった。しかし、この 30 年間、冬になってもアフリカに渡らず、ゴミ捨て場の近くにコロニーを作って、住み着くようになってしまった。
 コウノトリの個体数も、20 年前に比べて 10 倍に膨れあがり、今では 14,000 羽を数えるまでになった。

 確かに、ゴミ捨て場を住みかにすると、人間の食べ残し (leftover) がどんどん運び込まれ、その中には、「油っこくて、栄養満点のごちそう (fatty, nutritious rubbish)」がいっぱい。それに「junk food」にだって、ありつける。

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/976_549/images/live/p0/3n/6q/p03n6q33.jpg

 この餌場でたむろし、すっかり堕落したコウノトリ。けれど、この光景もそう長くは続かない。
 まもなく発効される「The European Union Landfill Directive (EU埋立処分法)」によって、ゴミはリサイクルに回され、ゴミ捨て場は「ゴミ処理施設 (waste processing facilities)」にと変わる予定だ。

"They will either revert to their usual foraging stratifies, feasting on small insects, ore some may starve."
[ コウノトリに残された道は 2 通り。どこか、他の土地でこれまでどおり、ゴミをあさり続けるか、小さな昆虫の餌に目を向けるかだ。それが嫌なら、飢え死にするだけ。]
 
 自然の生態を壊し、気高いコウノトリを堕落させてしまったのは、決してカエルではない。なんとも無情なことをしてしまったものだ。

                                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com