読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

道路はゴミだらけ:ウェールズの通り86%に吸い殻

環境

http://ichef.bbci.co.uk/news/950/cpsprodpb/17FF6/production/_85849289_butt1.jpg

  人々がパリ、ロンドンなどの大都会に集まり始めたヨーロッパの中世では、ゴミは道路に捨てられた。その伝統が今に残るのか、イギリス西部ウェールズの「通り(streets)」はゴミだらけ。

 確認された道路の状況は次のとおり。

 ・86%に:タバコの吸い殻が散乱 (discarded cigarette butts)
 ・75%に:チューンガムの咬み捨て (discarded chewing gum)
 ・10%に:イヌの糞 (dog fouling)

ただし、ウェールズの通り全体の96%は、公共道路としての衛生基準は満たされているとのこと。

 以上は、ウェールズの道路に関する「衛生・清掃・管理」を目的に設立されたチャリティー団体「Keep Wales Tidy」が調査した結果だ。
 
 道路に「散らばったゴミ (strewn litter)」で難物なのは、タバコの吸い殻。とにかく、これを拾い集めるのがやっかい。加えて、

"It could also affect the environment and wildlife by contaminating water supplies with toxic chemicals."
[ その有害な化学物質が、水の供給源を汚染し、環境や野生生物に影響を与える恐れがある。]

 「Keep Wales Tidy」の代表 Lesley Joes 氏は、次のように述べる。

"I would emphasise that it isn't just the responsibility of local authorities to clean up an area, but everyone who lives, works, visits a streat, part, beach, city, town, village to keep it clean and create a good environment for all."
 
[ 強調して置きたいことがあります。道路一帯の清掃は、地元当局の責任だけで行なうのではありません。その地区に住んで、働いて、その道を通って公園、ビーチ、市町村に出かける全ての人が、みんなのために、通る道をきれいにし、環境を良くすることが求められるのです。]   
                      (写真は添付のBBC Newsから引用)
                                                 

www.bbc.com