読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

地球の水はどこから来たの?:もとからあった! (BBC-News, November 13, 2015)

宇宙

http://ichef-1.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/9714/production/_86667683_86666476.jpg

  地球の水は「すい星 (comets)」や「隕石 (meteorites)」が運んだのか、それとも、元々、地球にあったものなのか、これまで科学者の間で意見が分かれていた。現在は、すい星が運んだとする説が有力だ。
 しかし、水は、地球が誕生したときに、既に存在したとする説が、再び浮上した。これを裏付ける証拠が提出されたのだ。Glasgow 大学 Mrie curie 主任研究員の Dr Lydia Hllisらの研究チームが、11月13日発行の科学雑誌「Science」に発表した論文は、今、世界中の注目を浴びている。

 世界最古の岩石と言えば、カナダ北東部ヌタブト準州 Canadian territory of Nunavuto) の「バフィン島 (Baffin Island)」で発見された花崗岩質片麻岩。42億8千万年前に形成されたとされる。Hallisらは、面積が日本の本州の2倍以上もある、その島一帯で、1985年から岩石サンプルを収集し、「最新型イオン・マイクロプローブ (advanced ion microprobe) 分析装置」によって、その岩石に含まれる水を分析した。
 なお、バフィン島の岩石は、地球深部のマントルと同じ構成成分であることがわかっている。

 分析結果は画期的だ。
 世界最古の岩石が包蔵する水には、わずかながらも「重水素 (deuterium)」が含まれていた。さらに、その水の「水素 (hydrogen)」と「重水素 deuterium」の比率を調べると、地球上の水の比率と一致した。これは、現在の地球上の水は、原始の地球の水と同じことを意味する。
 一方、これまでの研究で、水に含まれる水素と重水素の比率は、天体固有の値であることが知られている。したがって、

"Instead, water molecules were likely carried on the dust that existed in a disk around our Sun before the planets formed. Over time this water-rich dust was slowly drawn together to form our planet."
" Even though a good deal of water would have been lost at the surface through evaporation in the heat of the formation process, enough survived to form the world's water."

[(「運ばれた」とする説とは違い、)地球の水分子は、太陽系の誕生初期に、太陽の周りを渦巻いていた宇宙の塵がもたらした可能性が高くなる。水を多量に含んだ塵が、時間の経過とともに、徐々に集合し、原始地球を形成したのだ。]
[ その形成過程では、地球は高温であったため、表面からかなりの量の水が蒸発したと考えられるが、現在の地球にある量だけは、残ってくれた。]
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com