読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

奇妙奇天烈「ハルキゲニア」:古代怪物現わる (BBC-Science & Environment, June 25, 2015)

http://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/37F4/production/_83842341_hallucigenia-reconstruction.jpg

 時代は、今から5億年前のカンブリア紀(Cambrian Period)のこと、地球太古の海で大異変が起こった。「カンブリア生命大爆発(Cambrian Life Explosion)」だ。このとき、現代のほとんどの動物の祖先(門)が、爆発的に誕生した。
 表題の「ハルキゲニア(Hallucigenia)」も教科書に出てくる「三葉虫」も、この時代に現われた。生命爆発の原因として、色々な説があるが、真相は不明、謎だ。

 なぞは「ハルキゲニア(Hallucigenia)」にもあった。この生物の化石は100年前に発見されてはいたが、どちらが頭で、どちらが尻尾なのか判然としないのだ。どの化石も、頭が欠けて発見されたからだ。

 ところが、最近、カナダのBurgess頁岩(Burgess Shale)から、ほぼ完璧のハルキゲニアの化石が発見された。きちんと頭がついている。体長は2cm足らずで、人の髪の毛よりも細い体をし、背中には幾本もの鋭く長いトゲ(dorsal spines)があり、複数のその足の先は、薄い爪のようになっている(stick-like clawed appendages)。

 電子顕微鏡(electron microscope)で注意深く、その顔を覗くと、研究者と目が合い、ニタリと笑ったように見えた。秘密を隠して、何やら、はにかんでいるようにも見えた、と研究者は記す。さらに、口の中を調べると、またも驚く。なんと口の中の歯が、のどから胃まで続いていたのだ。一度捕らえた獲物は、腸まで噛み送る仕掛けになっていたという。

 さて、姿こそ小さいが、この異次元の世界からやって来た、怪物のようなハルキゲニア。その子孫が、有爪(ゆうそう)動物カギムシ(velvet worm, 学名Onychophora)の仲間だ。むろん。5億年も世間ずれすると、すっかり、その背中のトゲも取れて、性格も随分と円くなったようだ。
                                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com