ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

文化・文学

ネット利用のリスク調査:79%の子どもが「危ないサイト」に! (BBC-News, May 30, 2019)

会社の経理・営業に携(たずさ)わる人は、誰でも「複利 (compound interest)」について知っている。利息が7%/年であれば、元本は10年後に約2倍にふくれ上がる計算のことだ。 このところ、イギリス人のネット利用時間は、年間7%の率で増加している。この状況…

Walesの孤島の監視人募集:年俸350万円、住居付き! (BBC-News, May 28, 2019)

Walesの北西部「Gwynedd (グウィネズ)」。地図上のシルエットは、まるで魔女の顔。その鼻に当たる「 Llŷn Peninsula (リーン半島)」から1.9miles (約3.1km)の沖合に、小島が浮かぶ。幅1.0km、長さ1.6km、総面積179ヘクタールの「Bardsey Island (バージィ島)…

カエルのうたが聞こえない!:カエルに絶滅の危機が..... (BBC-Science & Environment, May 10, 2019)

『やせ蛙まけるな一茶ここにあり』は、「鳥獣戯画」の一場面を心に抱かせる名句。そのカエル (frogs)が、今、苦戦している。 カエルの先祖は 2億6,500年前の「Permian (ペルム紀)」に地球上に出現したとされ、現在、その仲間は世界で7,000種以上。しかし、カ…

北海の海底油田が枯渇:今後は、油の漏出・海洋汚染対策が必要! (BBC-News, May 2, 2019)

これは、ムーミン谷のスナフキンの呟(つぶやき)のようだ。 " Nothing lasts forever."[ 永遠に続くものなんて、ありはしないよ。] 1975年とは、ずいぶんと大昔のこと。その年の2月、UKでは、あの「snobbish, übermütig (高慢ちき)」な「Magaret Thatcher」が首相…

「Gorillas (ゴリラ)」は Homo (ヒト属)よりも偉い:その理由! (BBC-News April 22, 2019)

この一枚の写真に、心が打たれた。威風堂々。Gorillas (ゴリラ)はすっくと立って、胸を張り、ジッと自撮りカメラを見つめる。親を密猟者に殺された子どものゴリラの姿だ。 2007年、親を銃弾に奪われた、当時4ヶ月と2歳の Gorillaは、救ってくれたレンジャー…

6,000年前「ストーン・ヘンジ」を造ったトルコ系移民:その興亡新説! (BBC-Science and Environment, April 16, 2019)

「日出ずる国」とは、日本だけとは限らない。古代ギリシャ人は、東方の小アジア一帯をギリシャ語で「Anatole (日出ずる国)」と呼んだ。現在のトルコに当たる地域「Anatolia (アナトリア)」のことだ。 そのアナトリアで、新石器時代の、今から約8,000年前 (6,…

違法ドラッグ「リリカ」のネット取引:北アイルランドで横行! (BBC-News, April 1, 2019)

火炎は一瞬にして、燃えるもの全てを灰にする。同じように一瞬にして、周りからの信用、社会的な地位・財産、健康、そして友人・家族の信頼をも失ってしまうもの。それは、違法トバク (illegal betting)と違法ドラッグ (illicit drugs)。そのどちらも、ほん…

現代の魔女がScotlandに出現:騒ぎに動ぜず、痛みも感じない! (BBC-News, March 28, 2019)

これは現代に生きる「witches (魔女)」だ。Scotlandの「Loch Ness (ネス湖)」南西に、戸数100件足らずの小さな村「Whitebridge (ホワイトブリッジ)」がある。 その村の住民 Ms Jo Cameron (65歳)は、嫌なことなど直ぐ忘れ (forgetful)、クヨクヨしない (less…

「adult (おとな)」って何:法律上と医学上では大きな違い! (BBC-News, Mar 19, 2019)

もう、とっくに「大人 (おとな)」と呼ばれても良いはずなのに、50、60代の「mature adults (年長者)」になっても、「話し言葉」と「書き言葉」の区別がつかず、独りよがりで、赤ん坊のように我が儘、それに、品性にも欠けている「おとな」は少なくない。 「…

「幸福」が「不幸」に追い出された地上:解決できるか海洋汚染 (BBC-News, Mar 14, 2019)

「Aesop's fables (イソップ寓話)」によると、地上の「幸福」は、「不幸」に追い出されて天国に行ってしまったという。そして、自分自信を不幸だと思い込むヒト属 (Homo)が、多数派を占めるようになった。 やけのやん八。処構わず落書きをし、公共物を壊し、…

初代 神武天皇の即位(BC660):太陽表面で最大級のEventがあった! (BBC-Science & Environment, Mar 12, 2019)

ほとんど神話(legend)の世界だが、初代天皇の神武天皇が即位したのはBC660年とされる。その頃と言えば、ヨーロッパ・中東は鉄器時代に当たり、古代ローマも、建国(BC753 )から90年以上が過ぎていた。 そのBC660年に、太陽は、その表面で、近年観測されたこと…

ケチャップは元もと塩辛い?:メーカー「Kraft Heinz 」の株価暴落! (BBC-Business, Feb 22, 2019)

アメリカ人は、ハンバーガーにトマトケチャップ (ketchup)をたっぷりと塗りたくって、がぶり。これがたまらないと豪語する人も少なくない。しかし、日本人は、何もそこまで、米国式にこだわることもないのではと思う。 その「ketchup」の語源は、中国広東語…

竜宮のカメさん:今度は残酷、恩知らずなことはしないで! (BBC-News, Feb 8, 2019)

これはカメを助けた現実のはなし。しかもスケールが大きい。海ガメを助けたのは、女の子のMs Amelia Luck。まるで「小さな幸運の女神 (Little Lady luck)」だっった。 この少女は、昨年の9月、CornwallのLostwithiel (ロストウィジエル)に住むThe Redheads (…

TVの魔力が脳みそを腐らす?:いや、言語記憶を消し去る! (BBC-Health, Feb 28, 2019)

一人ぼっちの暮らしは、寂しいに違いない。朝起きたら、まずTVのスイッチを入れる。来客があっても、電話がなっても、TVは付けっぱなし。 そんなふうに、人知れず、孤独と戦っている人に、『食事のときぐらい、あるいは人と話しをするときぐらいTVを消して』…

豪州のヘビの大冒険:ズック靴に隠れてScotlandへ飛行機旅行! (BBC-News, Feb 27, 2019)

Scotland「Bridege of Allan (ブリッジ・オブ・アーラン)」在住の Ms Moir Boxallは、オーストラリア「Quennsland (クイーンズランド州) 」北部東海岸の都市「Mackay (マッケイ)」に住む娘の家を訪ねて、そこでしばらく滞在した。 ある朝早く、ガチャンという…

イギリスの若もの:お金がない上、肥満、ぜん息、糖尿病 (BBC-Health, Feb 20, 2019)

子どもの健康を守り、しっかりと教育することは、大人の責任。 まともな心の持ち主の人で、これに異論を唱える人はいないだろう。 かって世界の海を制した大英帝国。その力が衰え、列強の国々の中にあって陰が薄れたとは言え、世界第5位の経済大国だ。その近…

データ、解析ソフト、人間:どれも本当に信頼できるの? (BBC-Science & Environment, Feb 16, 2019)

「当たるときもある」とは天気予報。それでも、天気予報担当者は、予報の的中率が高いと主張する。ただし、こんな予報で、当たっているとがんばられては困る。『あすの天気は晴れ、のち曇り。ところによっては雨。』 なぜ、天気予報は外れるのか。それを語る…

早起きタイプのヒバリ型とフクロウの夜型:脳機能に違いがあった! (BBC-Health, Feb 15, 2019)

ヒト属 (Homo)は、生まれながらにして、早起きタイプの「朝型 (morning larks)」と「夜型 (night owls)」の2つのタイプに分類される。どうやら、祖先の遺伝子が違っていたようだ。人間の活動スケジュールを決める「体内時計 (body clocks)」には、2種類存在…

窓はガタピシ、建物ボロボロ、ネズミがウロチョロ:Walesの小学校 (BBC-News, Feb 8, 2019)

当時、小さな町の小学校は、ほとんどが木造だった。そして、運の悪いことに、教室の前の廊下が、かなり老朽化していた。子ども達は、皆、危険な箇所を避けて歩いていた。ところが、ある日、どうしたわけか、廊下の1枚の板を踏み抜いてしまった。 このとき、…

セクハラの実態:被害者を脅してだめなら、口止め、解雇か? (BBC-News, Feb 9, 2019)

あなただったら、どうする? セクハラを受けた被害者として、あるいは、ハラスメント対策の責任者または企業・政府関係機関のトップとして。 『このままでいいのか、それとも― (To be, or not to be.)』。その判断がむづかしいことは、よくあるに違いない。 …

世界中の誰もが好きな「ビーフ、ポーク、チキン」:でも、やがて限界に (BBC-Health, Feb 4, 2019)

機内食では、もちろん、子どもが優先された。食事に先立ち、「cabin crews (客室乗務員)」が、機内の子どもの一人ひとりに「Beef, salmon, or chicken?」と聞いて回った。 ところが、Toronto発C航空の「cabin crews」は、日本の小さな女の子が、とびっきり嫌…

缶詰(かんづめ):知っておくと便利な「あれこれ」情報詰め合わせ (BBC-Health, January 30, 2019)

こんなはずではなかった。『風吹けば、桶屋 (おけや)が儲かる』とはよく言ったものだ。思いがけないことは、よく起こるもの。 イギリス国民が移民の受け入れを拒否するために、EU離脱を決めたものの、その離脱のあり方を巡って議会では意見が分かれ、強気のM…

鼻がつぶれて、太っちょ犬パグ:息がつけず、歯もボロボロ! (BBC-News, Feb 1, 2019)

ブルドッグの、鼻をつぶして体全体を縮めたようなイヌ。それが、小型ペット犬「pug (パグ)」だ。普通、体重は14-18lb (6.4 - 8.2kg)。 それなのに、Waleで飼われていたパグ「Sugar」の体重は、標準体重の約2倍の11.9kg。ほとんど「ヨチヨチ歩きの人間の子ど…

ウェールズの「奥の細道」:その敵は、海岸浸食に藪 (やぶ) (BBC-News, January 20, 2019)

Walesの南端「Chepstow (チェプストウ)」から海岸に沿って北端の「Chester (チェスター)」に至る道のり全長870miles (約1,400km)。それが「The Wales Coast Path (ウェールズ海岸の奥の細道)」だ。 ハイキングコースとして、国の内外から大勢の観光客が足を…

コーヒーの木が地球上から消える!:野生種の60%が絶滅危惧種 (BBC-Science & Environment, January 17, 2019)

毎朝、かぐわしい一杯の珈琲 (コーヒー) は、至高の生きる喜びを与えてくれる。 ところが、そのコーヒーの木が危うい。このまま、気候変動が続くと、2088年には野生種の 50%以上のコーヒーの木が、地球上から消えてしまいかねない。そんな研究結果が科学雑誌…

ロンドン地下鉄のPM2.5濃度: ロンドン市内の30倍 (BBC-News, January 10, 2019)

大気中に浮遊する2.5µm以下の微小な粒子状物質 PM 2.5は、肺組織の奥深くに侵入し、呼吸器系疾患やガンの発症リスクを高める。 WHO (世界保健機関)の環境基準値は年平均 10µg/m3、日平均 25µg/m3。これに対して日本の環境省は年平均 15µg/m3、日平均 35µg/m3…

「Pubs (居酒屋)」は時代遅れになったか?:生き残りを賭けて! (BBC-News, January 8, 2019)

日本が貧しかった頃、どこにでも見かけた居酒屋の風景があった。 夕暮れどき、村の小さな酒屋の店先に、日焼けした男たちが、1人2人と足を運ぶ。1日の仕事を終えて、その日の給金を手にした日雇いの大工や人夫が多かった。 古びて、黒光りする「一合升」に、…

イギリスで始まった牧畜の見直し:環境に優しいミルクがあるって? (BBC-Science & Environment, January 9, 2019)

牧草地で牛を育てて、牛乳(dairy milk)を生産するとすれば、どれだけの牧草地が必要か。Oxford大学Mr Joseph Pooreらの研究によると、1年を通して毎日牛乳1杯分(200ml)を生産するだけでも、テニスコート2面分 (650m2)の土地が欠かせない。 このところ、牧畜業…

ごり押しでつくった風力発電:まったく動かず、役立たず! (BBC-News, January 10, 2019)

どこの、だれだか、だれも知らない。どこまでも秘密にされる。しかし、そのだれかが、権力を楯に強情を張り、あるいは、とんでもない思い違いをしたお陰で、大衆が大変な被害を受けたり、大切な税金が無駄に使われることは、よくあること。 建設当初からトラ…

ジェミィ、こんなに痩せちゃった:昔の結婚写真なんか、見たくない! (BBC-News, January 8, 2019)

「cheap and tasty food (安くて、おいしい)」。それに、「Bog(1つ買ったら、1つおまけ)」。これでは、ついつい食べ過ぎてしまう。 「ジャンクフード (junk food)」の販売促進と集客目当てに始めた大型スーパーの「おまけ作戦 (multi-buy offers)」は、大当…