ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

文化・文学

ミツバチは郵便ポストがお好き!:これを20,000匹で占拠 (BBC-News, June 25, 2018)

Britain島の南西端には、タツノオトシゴの頭の形をした半島「Cornwall Peninsula」がある。その半島の先端近くの小さな村「St Day (セント・デイ)」は、16世紀から1830年代にかけて銅鉱山 (copper mines)で栄えた地であった。 今は、人口1,800人ほどが暮らす…

100万回寝返ったネコ:10年ぶりに故郷へ帰る! (BBC-News, June 23, 2018)

ネコは人間が嫌いでした。生まれた農家も、兄弟のチンピラ (hooligan)ネコも大嫌いでした。やがて、Orwell川の水が海に注ぐ河口の町Ipswich (イプスウィッチ)にもらわれて、Harry (ハリー)と呼ばれるようになったのも嫌いでした。 そこで、あるとき、ネコは…

やせ薬のネット販売で3,000万円を稼いだ男:殺人罪で懲役刑7年 (BBC-News, June 29, 2018)

その女性、Ms Eloise Parry (21歳)は、WalesのGwyndwr (グインドゥル)大学の学生だった。ティーンエイジャーの頃、メンタルヘルスに悩み、その後「bulimia(過食症)」、「borderline personality disorder (境界性パーソナリティ障害)」に苦しんだ。 そして、…

CO2不足で:ビール、清涼飲料水、豚肉、冷凍ドライアイスが品不足 (BBC-Business, June 26, 2018)

うっとうしい梅雨や暑い夏には、なんと言っても、冷たいビールや清涼飲料水が一番だ。そのどちらも、グラスに注ぐと、白い泡や小さな気泡がシュワーと立ち上る。あれは、二酸化炭素CO2。そのCO2がなければ、ただの「気の抜けた」飲みものになる。 しかし、炭…

公文書偽造に「いじめ、嫌がらせ」が横行:Scots、お前もか! (BBC-News, June 26, 2018)

事の発端は「内部告発 (whistleblowing )」から始まった。「St Jon's Hospital」と言えば、Scotland南部「West Lothian(ウエスト・ロージアン)」の都市「Livingston (リビングストン)」で中心的存在の大病院だ。その病院で昨年、公文書が偽造されているとの…

ゲームがe-Sportsだって?:WHOは「ゲーム中毒」を精神病と認定! (BBC-Health, June 21, 2018)

何にせよ、度が過ぎると碌(ろく)なことはない。体を壊し、身を滅ぼす。 凝りすぎて、そこから抜け出られなくなるほど、はまり込んで夢中になる。あるいは、そのものがないと平静を保てなくなる状態は「addiction (中毒、依存症)」。 ギャンブル中毒、麻薬中…

セクハラ「Me Too(私もよ!)」:英・豪ともに国を挙げて調査開始! (BBC-News, June 20, 2018)

「harassment (ハラスメント)」の「harass」には「謂われ」がある。 「ホレッ!」と犬をけしかける。これをかってドイツ語では「hare!」と言った。それがフランス語で「harer (犬をけしかける:set a dog on)」の動詞として使われ、英語の「harass(ネチネチし…

Scotsの飲みっぷり:ドラム缶1本(200L)のビールを1年で飲み干す (BBC-News, June 20, 2018)

ガソリン・スタンドなどで見かける鉄製のドラム缶の容量は200L(リットル)。そのドラム缶の中味がビールだとしたら......。 スコットランド人 (成人) が昨年に飲んだアルコール量は、アルコール度100%に換算して、1人当たり平均10L以上。もちろん、そのアルコ…

環境に優しい紙ストロー:ついに「マクドナルド」も採用決定! (BBC-News, June 15, 2018)

何もストローを使わなくとも飲めそうなものだが、小さめの紙パックのジュースを購入すると、大抵、プラスチック・ストローが付いてくる。 ストローを使って飲み物を飲む。その歴史は古く、BC3,000年頃、暦 (こよみ) の計算に長じ、1年は12ヶ月、1日は12の 2…

超高級バッグ「Hermes Birkin(エルメス)」:2008年型の価格は? (BBC-News, June 13, 2018)

かって、ベルギーの一流の職人が織った「tapestry (タペストリー)」は、その1枚で城が買えるほどの値段が付いたと言われる。しかし、タペストリーほどの迫力も大きさもないのに、目の玉が飛び出るほど高価な「handbag (ハンドバッグ)」がある。 その名は「H…

大気中のCO2から合成液体燃料:ビル・ゲイツら経済界の大物が支援! (BBC-Science & Environment, June 7, 2018)

世界中の工場・発電所あるいは貨物トラック・自家用車などから排出される二酸化炭素 (carbon dioxide)CO2は、年間約368億トン(2017年)。これでは、地球も人間も息苦しくなるばかり。 そこで、各国は、これまで色々と苦し紛れの、せせっこましいCO2対策を捻り…

胸がキュッとなって、涙がとまらない絶滅危惧の話:Cornwallから! (BBC-News, May 19, 2018)

心温まる、すてきなお話は、そんなにめったにあるものではない。このstoryは、まるでRoald Dahlが書いた「A short story」のような、でも、実際に起こったお話。 心をときめかし、息を潜めて書いた「Love letter」。それは、誰にとっても、ずっと心の中の玉…

気候変動、人口増加、漏水:これで、Englandが深刻な水不足に! (BBC-Science & Environment, May 23, 2018)

海外旅行で注意すべき点はたくさんあるが、その中でも最上位にくるのは「水(water)」。30数年前、カナダやUSでも、山や水道の水は、そのまま飲めなかった。US西部の州のレストランに入って、水(mineral water)を注文するときには、日本語の「藁(ワラ)」と言え…

砂糖と人工甘味料:意外な、その正体を探る! (BBC-Health, May 23, 2018)

古代ギリシャ・ローマの時代、甘味料を言えば、蜂蜜だった。砂糖が、その栽培法とともに、アラビア人によって原産地のインドからヨーロッパに伝えられたのは、十字軍の遠征の頃の中世。ただし、当初は、薬用として用いられ、一般庶民には手の届かない舶来品…

敬愛するScottishの犯罪歴:男性の3人に1人、女性の10人に1人 (BBC-News, May 22, 2018)

いつも日暮れどきになると、大学のキャンパスの時計塔の下で、キルト衣装に身を固めた学生が、バグパイプを吹き鳴らしていた。哀愁のこもったその音色ははるか遠くまで響いていた。学生は、スコットランド人の文化と歴史と矜恃を奏でていたのだと思う。 その…

犯罪が増えているのに:警察の犯人逮捕・起訴件数が急落! (BBC-News, May 16, 2018)

警察は、ドロボウや犯罪者を捕まえるのが仕事のはずなのに、どこかの国では、その警察がドロボウや強盗のまねごとをするそうだ。言語道断だ。その反面、したり顔の白バイやパトカーが、もの陰に隠れてお年寄りのドライバーを捕まえ、「一時停止が不十分だっ…

排気ガスを撒き散らすアイドリング:罰金£20 (BBC-News, May 8, 2018)

世間には「建て前」とは裏腹なことが多い。『禁煙車:この車ではタバコを吸いません』」と銘打ったタクシーやトラックに限って、運転席からタバコの煙が上がっている。また、『法定速度遵守車』の宣言文句を掲げるトラックに、運転の粗暴な車が多い。 さらに…

市場競争に曝されたWalesの大学:学生が集まらない! (BBC-News, May 8, 2018)

「田舎 (country)」と「都会 (town)」の違いは、今からおよそ 2,600年前にもあった。その頃の作とされる「The Town Mouse and the Country Mouse (都会のネズミと田舎のネズミ)」の中で、「Aesop (イソップ)」は、田舎には田舎なりに、良いこともあると告げ…

バラ(薔薇)のゲノム解析に成功:さて、まっ青なバラがつくれるか? (BBC-Science & Environment, May 1, 2018)

バラ (roses) には不思議な魔力があると、イギリスで信じられた。太陽が真上に来る「夏至 (The summer solsitce)」の夜、女性が枕の下にバラを敷いて寝ると、胸に秘めた恋人の夢の中に、自分が現われるというのだ。 しかし、バラはバラでも、品種によって、…

ロンドン市民を襲撃:毒蛾OPM幼虫、陣形をつくり毒毛で襲う! (BBC-News, April 28, 2018)

「蓼 (たで) 食う虫も好き好き」、「捨てる神あれば、拾う神あり」とも言われ、人の好きずきには計り知れないものがある。あの「蛾 (moths)」を美しいと褒め称え、その採集に夢中になっている人もいる。 しかし、園芸家にとって、蛾は「敵」の何ものでもない。…

タバコの吸い殻を捨てた女性に罰則金£500:不祥事の原因はどこに! (BBC-News, May 3, 2018)

大学の新入生 (freshers)は、その名の通り清心 (fresh)だが、小学 1年生と来たら、その瞳はもっとピカピカに輝いて、まるで、春になって地面の下や木々の枝から萌え出る植物の新芽のようだ。限りない「potentiality (可能性)」を秘めた姿は、まぶしいほどだ…

ウイスキーの国の悩み:酒場が増え過ぎ、犯罪も増えた! (BBC-News, April 19, 2018)

人々を魅了し、虜 (とりこ)にする琥珀色の液体。その名は whisky。Gaelic (ゲール語)の「uisge beatha」に由来し、元々の意味は「water of life (生命の水)」。その whiskyの王さまは、なんと言っても「Scotch Whisky (スコッチ・ウイスキー)」だ。 しかし、…

ブルートゥースとは誰のこと:暴れまくったヴァイキングの王のこと (BBC-News, April 16, 2018)

無線データ通信デバイス「Bluetooth」とは変な名前だと思っていた。しかし、あれは、Vikingの王「Harald Bluetooth (ハーラル1世 [? - 987] )」に因んで、かってはデンマークの Vikingと宿敵の関係にもなった Sweden人の会社「Ericsson」が命名したものだっ…

イギリス人はどこから来たか?:DNA解析でルーツを探る! (BBC-Science & Environment, April 11, 2018)

ヨーロッパ大陸では、民族が移動すると、激しい戦いが起こり、征服(勝者)と服従(敗者)の関係が生まれ、そのつど、分化・言語そして民族の混雑が発生した。 ヨーロッパ大陸に寄り添うように位置するBritain島とて例外ではない。 さて、現在のイギリス人の「遺…

生ハム:なぜ肉の旨みが増して、長期保全に耐えられるか (BBC-Future, April 9, 2018)

冷蔵庫のない時代、魚や肉は傷みやすく、その保存は大変だったに違いない。しかし、たとえば豚肉を「air-curing (乾燥、熟成)」させて生ハムに加工すると、その肉の旨みが増すばかりか、冷暗な地下室などで保管すると、何年も保存が利くようになる。 その加…

英国の小学校:汚れた服を洗濯し、食べ物を与えるところだって? (BBC-News, April 2, 2018)

こんなことがあるだろうか。親が貧しさの余り、子どもを「neglect (育児放棄)」し、子どもが命をつなぐのは小学校の給食だなんて。それも、世界で最も「社会福祉」が充実しているとされるイギリスで。 Englandの北の端 Cambriaから最南端の Hampshireに至る…

宇宙人のミイラか?:DNA解析でその謎を解く! (BBC-Science & Environment, March 22, 2018)

これは「異星人 (non-human primates)」のミイラか。身長わずか 6in (約15cm)で、頭は細長く円錐形 (elongated cone shape)。肋骨 (ribs) の数は、人間に比べて 2本少ない。しかも、骨密度などから判断して、その年齢は 6 - 8歳と推定される。 そのミイラは…

イギリスの西の端Wales:道路は穴ぼこだらけ (BBC-News, March 20, 2018)

イギリスの地図は大きく 4つに分けられる。England, Scotland, Northern Irelandそして England西部の山あいの地域 Walesだ。奇妙なことに、この地だけ、語尾に「-land」が付かない。これを不思議に思い、その語源に当たると、イギリスの歴史が浮かび上がる…

ウーバーの無人自動運転車:横断中の歩行者をはねて死亡させる! (BBC-Business, March 19, 2018)

やっぱり、あの「Uber (ウーバー)」が死亡事故を起こした。この 3月18日の日曜日の夜のことだ。 Ms Elaine Herzberg (49歳)が、米南部の Arizona州の都市 Tempe (テンピ)で、道路を渡ろうとして、Uber の無人自動運転車にはねられた。すぐに近くの病院に搬送…

UFO(?)の残骸:ブリキのタバコケースの中で眠っていた ! (BBC-News, February 9, 2018)

イングランドの東海岸「New Yorkshire (ニューヨークシャー州)」に人口約6万人ほどの小さな町 Scarboroughがある。今から 60年以上も前の1957年10月、その町の郊外に広がる「Silpho Moor」を通りかかった3人男たちは、不思議な物体を発見した。それは、直径…