ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康・医療

「うつ病」、お前もか!:その原因は、遺伝子に隠されていた (BBC-News, Feb 4, 2019)

人は、なぜ、「うつ(depression)」になってしまうのか。うつ病は6人に1人が発症する精神疾患で、人の体を「disability (不自由)」にしてしまう、最大の原因とされる。 うつ病の主な症状は以下のとおり。 ・low mood:意気消沈・lethargy:倦怠感・lose of pl…

タバコを吸って、声はしゃがれ、咽が痛い人:すぐに診断を受けて! (BBC-Health, January 29, 2019)

「咽頭 (larynx)」とは、鼻の奥から「のど仏 (Adam's apple)」までの器官。ここは声を出したり、息を吸う上でとても大切なところだ。 これまで、こんなときは、咽喉ガンあるいは咽頭ガンの疑いがあるとされて来た。 ・Persistent hoarseness:ずうと声がしゃ…

「痩せっぽ」「太っちょ」は遺伝子が決める:どうしようもないって? (BBC-Health, January 25, 2019)

なんとなく、分かってはいた。いくら食べても太らない人もいれば、少し甘いものを食べると体重が増えて、仕方がない人もいることは。 Cambridge大学の Sadaf Farooqi教授らの研究チームは、生まれながらにして太り難い、「痩せっぽ」体質の人がいることを、…

歯周病の原因菌「P. gingivalis (ジンジバリス)」:脳神経細胞を冒す! (BBC-Health, January 24, 2019)

歯磨きを、いい加減に済ませていると、口の中は「gum disease (歯周病)」の原因菌「Porphyromonas gingivalis (ポルフィロモナス・ジンジヴァリス)」がウジャウジャはびこる。この口腔変性嫌気性細菌。歯と歯肉との間のプラーク(歯垢)に取り憑いて、歯をガタ…

医者が予測できない薬の作用:心臓の薬が脳に効いた! (BBC-Health, January 9, 2019)

人はなぜ病気になるのだろう。原因も治療法も十分に分かっていない病気も少なくない。脳神経に関わる「mental health illness (精神疾患)」も、その一つだ。したがって、患者はもちろんのこと、これを治療する専門医も、苦闘を強いられている。 そもそも、脳…

乾燥肌に「保湿クリーム」:でも、全身が火だるまに包まれるリスクも! (BBC-Health, December 18, 2018)

こんなことは聞いたことがなかった。保湿クリームを肌に塗って、火だるまになるなんて。 冬のこの時機、肌がカサカサになり易い。また、「eczema (湿疹)」、「psoriasis (乾癬 [かんせん])」などで皮膚が荒れると、強烈な痒みに襲われる。そんなときは、誰で…

疲れがとれない、眠れない、全身が痛い病気「ME」:治療法があるか? (BBC-Health, December 17, 2018)

たとえ、五体満足に生まれても、健康で幸せに生きるためには、さまざまな困難や障害を乗り越える必要がある。怪我・病気。それは、フラフラ歩き続ける旅人を、まるで大雪原のクレパスのように、人生の暗い裂け目に呑み込もうと待ち受ける。 なお、病気につい…

あ、「心臓」を忘れた!:飛行機が引き返して、7時間以上の遅れ (BBC-News, December 14, 2018)

雲の上を飛んで行ける飛行機の旅は、うれしい。しかし、北米大陸の横断には 4時間以上も掛かる。その上、アメリカ・カナダの航空会社が用意するエコノミークラスの機内食は、どれも、耐え難いほど「まずい」。いい加減、好きな飛行機の旅も飽きた頃に、到着…

この冬のインフルエンザ H1N1 型:若ものに広がる可能性も! (BBC-News, December 4, 2018)

HIN1型。この冬、UK、Europeはじめ世界中に広がると予想されるインフルエンザが特定された。 「Public Health Wales (ウェールズ公衆保健局)」「Pathogen Information Unit (病原体情報科学ユニットの Dr Tom Connorらの研究グループが、Wales各地の病院で採…

やる気を出すのは:「ご褒美」、それとも「不安のプレッシャ」 (BBC-Health, November 28, 2018)

お酒の飲み過ぎやタバコで体を壊し、延(ひ)いては家庭を壊すことが分かっていても、それがやめられないのはどうしてか。誰も止めてくれないから、それとも、やめても誰も褒めてくれないから。車を運転しながら、タバコを吸っている若い女性は、結構多い。 と…

ゲノム編集「心不全治療」:熱帯魚テトラの遺伝子を探れ! (BBC-Health, November 21, 2018)

ホテルやレストランの水槽の中でよく見かける淡水熱帯魚のテトラ。なかでも、メキシコ北部の河川に生息する「Mexican tetra fish」は数奇な運命をたどった種だ。 およそ150万年前、突如として襲った洪水により、そのテトラ種は洞窟の中まで押し流されて、そ…

性悪ガン細胞め、これでも食らえ!:毒グリコースで退治できるか? (BBC-News, November 21, 2018)

水辺に生える「野ゼリ」と「毒ゼリ」、キノコの「本シメジ」と「クサウラ紅茸」は、いずれも見分けが難しい。では、単糖類の「glucose (グルコース)」と「mannose (マンノース)」はどうか。この2つを見分けるのはもっと難しい。何しろ、化学式はどちらもC6H1…

そのプヨプヨ脂肪:免疫細胞の働きを妨害し、ガンを助太刀していた (BBC-Health, November 12, 2018)

暴飲暴食に、やりたい放題、つんのめり。やりたくないのは、運動、早起き、仕事に人助け。とくに人助け (service)が嫌いなヒトは、なぜか、市役所職員・公務員に多い。 こんな風潮がまかり通る昨今、いくら慈悲深い創造主とて、あきれて見放すはずだ。 今、…

ロメイン・レタスは直ぐに捨てよ!:北米で大腸菌O157食中毒広がる (BBC-News, November 20, 2018)

古代エジプト (BC2700頃)で、「豊饒 (fertility)の神」のシンボルとして崇められたレタス (lettuce)。レタスは何と言っても生で食べるのが美味しい。なかでも、「Romaine lettuce (ロメイン・レタス)」は、古代ローマ帝国経由で西ヨーロッパに入った種で、シ…

「早起きは命の得」:乳ガンの発症リスクが高い「夜型」、低い「朝型」 (BBC-Health, November 6, 2018)

「早起きは三文の得」。昔の人は、朝早く起きることは、健康に良いと教えた。 人は誰でも「はらどけい」ならぬ「体内時計 (body clock)」を持っていて、その「概日リズム (circadian rhythm)」は、ほぼ 24時間周期。ところが、どの人の「体内時計」の針も同じ…

悪魔のジョーカー3枚:女性の「心臓発作」防御壁を破る! (BBC-Health, November 8, 2018)

病気のリスクも男女平等。それはヒトが勝手にそう思っているだけで、「創造主 (The Creator)」の意図は違っていた。男性が「心臓発作 (heart attack)」を発症するリスクは、女性よりも3倍高い。それで、何かと社会的な差別を受けている女性は、多少、救われ…

アンデスのラマの抗体:どんな「flu ウイルス」も殺す秘密兵器 (BBC-Health, November 2, 2018)

南米のアンデス地方で飼育されるラマ (Llama)。ラマは、酸素の薄い高地の棲息に適するように進化したラクダ科の動物。インカの民は、ラマに荷物を運ばせ、その長い毛を織物に利用した。 そして、今、ラマの特異な免疫システムが医学界で注目されている。ラマ…

15兆円のサプリ市場:効果が不明、かつ不要なものが多い (BBC-Health, October 27, 2018) 

1.「Green tea supplemet (グリーンティー・サプリ)」 お茶に含まれる緑茶カテキン「Epigallocatechin-3-gallate (没食子酸エピガロカテキンEGCG)」には強い抗酸化作用がある。この「抗酸化物質(antioxidant)」が心臓病やガンの予防あるいは減量にも効果が…

外科手術ができない外科医:でも、スマホいじりは得意! (BBC-News, October 30, 2018)

『創造力を養う教育が大切』と、政府は力説したが、口先だけだった。実際には、高校教育で、生徒が有名大学に入学できるようにと、数学や物理・化学などの主要科目に力を入れた。このため、GCSE試験でも芸術などの創造的な科目は不人気。(いや、なに、これは…

見栄えのわるい「ミバエ」:でも、その遺伝子は人によく似ていた! (BBC-News, October 25, 2018)

ミバエ (fruit flies)を下等生物 (humble organism)とバカにしてはいけない。その脳は、ケシ粒 (a poppy seed)ほどの大きさだが、神経細胞は約100,000ヶ。しかも「アルツハイマー病 (Alzheimer's disease)」患者の遺伝子によく似た遺伝子を数多く持っている。…

薬剤耐性菌の軍団は:「トロイの木馬」戦略で殲滅(せんめつ)せよ! (BBC-Health, October 26, 2018)

その長い長い戦いは、スパルタの美しい王妃ヘレネを、トロイアの王子パリスが奪い取ったことから始まった。ギリシア軍とトロイア軍の双方は、総力を挙げて血みどろの戦いを続けたが、ギリシア軍はなかななトロイアの城を攻め落とすことができなかった。 そこ…

ヘルペスウイルス:これがアルツハイマー病の元凶だった! (BBC-Future, October 23, 2018)

「自分が誰であるのか」さえ分からなくなる恐ろしい病気。それが「アルツハイマー病 (Alzheimer's disease)」だ。その患者数は世界中で3,000万人を越えるとされ、これまで有効な治療法もなく、あるのは、その症状を緩和する薬だけだった。 ところが Manchest…

子どもの風邪(cold)に:お勧め「できる薬」と「できない薬」 (BBC-Health, October 11, 2018)

『風が吹くのは、恋人が会いに来てくれる前触れ』。なんとも粋 (いき)ではないか。上代の大和びとはそんなふうに考えた (大野晋:古典基礎語辞典、角川学芸出版、2011)。 しかし、風はときに邪気も運び、これによって人は病に罹(かか)る。それが風邪 (cold)だ…

うつ病の予防には:地中海料理を食べること! (BBC-Health, September 26, 2018)

地震・地滑り、洪水、火山噴火などの「自然災害 (disasters)」の対策には、予知・予防が何よりも大切であることは、誰の目にも明らかだ。 しかし、これが「病気 (diseases)」となると、不思議にも医療関係者の思考が常軌を逸する。ガン (cancers)、心臓疾患…

医療費削減に巨大薬品メーカーが抵抗:高等法院判決であえなく決着 (BBC-Health, September 21, 2018)

顔は笑っているが、その目には欺瞞と意地悪さがありあり。そんな人は昔からいた。 「目は口ほどに物を言う」、「目は心の鏡:典拠 [孟子、離婁・上]」と言い、英語では「The eyes are the window of the soul.」とのことわざがある。 ところが、人の心を読み…

乳酸菌ヨーグルト:人によっては全く効果なし! (BBC-Health, September 6, 2018)

ヨーグルト (yoghurt)、ケフィア (kefir)、納豆・漬け物は、「probiotics (プロバイオティクス)」と呼ばれる。「good bacteria (善玉菌)」の宝庫と、もてはやされ、「軽い胃腸の不具合 (digestive ailments)」には乳酸菌サプリやヨーグルトが効果的と言われ…

心臓は男性よりも女性が断然強い:でも「心臓年齢」にご注意! (BBC-Health, September 4, 2018)

若いからと言って、安心できない。心臓は、「実際の年齢 (actual age)」よりも密かに老化していることがある。心臓が老化すると、「早死 (early death)」を招く他に、心臓発作 (heart attack)や脳卒中 (stroke)の発症リスクが高くなる。そして、たとえ、命を…

変幻自在の化け物「ガン」は:AI (人工知能)で叩く時代! (BBC-News, September 1, 2018)

ガン (cancers)は、人類にとって手に負えない厄介もの。とにかく、「ever-changing (変幻自在)」で、追っ手が現われても、すぐに変身する術を心得ている。 これでは、どんな重武装の機動隊が出動しても、探し出すことも、掴まえることもできない。おまけに、…

ぐっすり眠ることの難しさ:眠れない睡眠障害ってなに? (BBC-News, August 29, 2018)

夜グッスリ眠って、小鳥のさえずりで目が覚める。この、なんんでもないことが、難しいことがある。夜が来て暗くなり、体に疲労感を感じて眠るのは、ごく自然なこと。しかし、ときに、悩みごとがあったり、「待ち遠しいこと」で胸がワクワクしているときなど…

痩せ薬「ロルカセリン」:その有効性と安全性が確認される! (BBC-Health, August 27, 2018)

体重の気になる人の誰もが待ち望んでいた薬の1つが「weight-loss drugs (抗肥満薬)」つまりは痩せ薬の「Lorcaserin (ロルカセリン)」。実は、2012年に、すでにUS当局で認可され、2013年から商品名「Belviq (ベルヴィーク)」として販売されていた。 しかし、…