ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康

体が感じる色「シアン」:眠れないはずだ! (BBC-News, June 22, 2018)

色の3原色の1つ「cyan (シアン)」は、緑がかった明るい青。英語「cyan」の語源は、ギリシャ後の「kuaneos」にあり、その意味は「lapis lazuli (ラピスラズリ)」の深い青色 (dark blue)だった。 それが19世紀になって、イギリスではなぜか、現在のような「シ…

ゲームがe-Sportsだって?:WHOは「ゲーム中毒」を精神病と認定! (BBC-Health, June 21, 2018)

何にせよ、度が過ぎると碌(ろく)なことはない。体を壊し、身を滅ぼす。 凝りすぎて、そこから抜け出られなくなるほど、はまり込んで夢中になる。あるいは、そのものがないと平静を保てなくなる状態は「addiction (中毒、依存症)」。 ギャンブル中毒、麻薬中…

セクハラ「Me Too(私もよ!)」:英・豪ともに国を挙げて調査開始! (BBC-News, June 20, 2018)

「harassment (ハラスメント)」の「harass」には「謂われ」がある。 「ホレッ!」と犬をけしかける。これをかってドイツ語では「hare!」と言った。それがフランス語で「harer (犬をけしかける:set a dog on)」の動詞として使われ、英語の「harass(ネチネチし…

Scotsの飲みっぷり:ドラム缶1本(200L)のビールを1年で飲み干す (BBC-News, June 20, 2018)

ガソリン・スタンドなどで見かける鉄製のドラム缶の容量は200L(リットル)。そのドラム缶の中味がビールだとしたら......。 スコットランド人 (成人) が昨年に飲んだアルコール量は、アルコール度100%に換算して、1人当たり平均10L以上。もちろん、そのアルコ…

子どもの「むちゃ食い」は:遺伝それとも親の間違った躾のせい? (BBC-Health, June 19, 2018)

人の嗜好・好みは千差万別 (diversified)だ。とくに食に関しては、子ども、大人の別にかかわらず、ほとんど誰にでも好きなものと嫌いなものがある。ピーマン・ニンジンに納豆が大嫌いと言う人もいれば、あの野菜・発酵食品は体に良いので大好きと言う人もい…

ケロッグKellogg'sのシリアスがサルモネラ菌に感染:食中毒に注意! (BBC-Business, June 15, 2018)

北米カナダ・USでは、朝の食事と言えば、「cereals (シリアル)」に牛乳を混ぜて主食とする家庭が少なくない。まさか、そのシリアルがサルモネラ菌に汚染されているとは、誰も考えないはずだ。 ところが、USの食品加工メーカーKellogg (ケロッグ)社のシリアル…

キッチンタオルは食中毒の発生源!:ブドウ球菌・大腸菌がウヨウヨ (BBC-Health, June 10, 2018)

梅雨(つゆ)どきは、カビや細菌にとって居心地のいい季節。気をつけたいのは、この時期に多い食中毒だ。しかも、案外、見落とされているのは、冷蔵庫内の食べ残しだけではない。調理台の上あるいは台所の壁に掛けられた「キッチンタオル (tea towels)」がそれ…

ベージュ、ホワイト、グリーンの炭水化物:摂り過ぎ注意はどれ? (BBC-Health, June 6, 2018)

今では先進国と胸を張る国でも、数百年前には主食のパンやご飯をまともに食べられない人が大勢いた。ところが、このところ、そのパンやご飯に風当たりが強い。いわゆるタバコの警告表示ではないが、「健康のため食べ過ぎに注意しましょう」の声が高くなって…

英国版 暮らしの手帖の「Which?」:「耐水性日焼け止め」効果に疑問 (BBC-Business, May 24, 2018)

「暮らしの手帖」は「文化の気品 (sophistication)」が感じられる雑誌。かって、その雑誌が取り上げた商品テストは、様々な批判にも曝されたが、消費者にとっては大いに役立った。 イギリスでも消費者団体の雑誌「Which?」が、商品の性能確認試験に大活躍だ…

砂糖と人工甘味料:意外な、その正体を探る! (BBC-Health, May 23, 2018)

古代ギリシャ・ローマの時代、甘味料を言えば、蜂蜜だった。砂糖が、その栽培法とともに、アラビア人によって原産地のインドからヨーロッパに伝えられたのは、十字軍の遠征の頃の中世。ただし、当初は、薬用として用いられ、一般庶民には手の届かない舶来品…

子どもの白血病を招いたのは:清潔、潔癖、完璧! (BBC-Health, May 21, 2018)

血液のガンとして知られる「Acute Lymphoblastic Leukaemia (急性リンパ芽球性白血病ALL)は、2,000人に 1人の割合で子どもが発症する病気だ。出生数が100万人弱 (日本) とすれば、日本でも毎年、約500人の子どもが、新たに、この病気に罹患していることにな…

動脈硬化を防ぎ、血管・心臓年齢を若返らせるには:運動! (BBC-Health, May 21, 2018)

近ごろは、気まま、わがままが通る時代。運動 (exercise)が大嫌い、勉強 (study)も大嫌いという子どもも大人も多くなったようだ。 確かに、用もないのにわざわざ歩いたり、走ったりするのは、無駄と言えば無駄。めんどうな微分・積分に常・偏微分方程式なん…

夜、体内時計に逆らって、これを壊すと:うつ病、双極性障害に! (BBC-Health, May 16, 2018)

人類を含む哺乳類は、脳の奥の視床下部に「体内時計 (body clock)」を持っている。概日リズム (circadian rhythm) を刻む「視交叉上核(suprachiasmatic nacleus)」と呼ばれる神経細胞群だ。体のほとんどの細胞は、この時計の動きに合わせて働くため、心の状…

ホラー映画より怖い英「映画館」:サルモネラ菌がすごい! (BBC-Health, May 9, 2018)

「cinema (シネマ)」とは British Englishで映画館のこと。BBCの調査によると、この「cinema」が、食中毒を引き起こす「サルモネラ菌 (salmonella)」で汚染され、不衛生な場所になっているという。 さて、BBCの「One's Watchdog programme」は、London Metro…

ストレス、ペットボトル、電子レンジはガンの原因?:Englandの噂 (BBC-Health, April 26, 2018)

小さな子どもからお年寄りまで、みな下を向いてスマホをいじくり回す時代だ。数十年前とは比べようがないほど、膨大な情報が一瞬にして手元の小さな画面に映し出される。そんな時代でも、情報には「fake (嘘)」と「right (真)」が入り混じる。 さて、日本人…

お酒の飲み過ぎ:あなたの大切な寿命を縮めるだけ! (BBC-Health, April 13, 2018)

この宇宙にせっかく生まれた命も、人は酒を飲み過ぎて、寿命を縮めている。 イギリスのアルコール摂取ガイドラインは、1週間当たり14 units (ユニット)。つまり、中ジョッキ (568 ml)で 6杯分、小さなワイングラス (175 ml)で 7杯分が上限とされる。 それで…

交通事故で頭を損傷すると:認知症の発症リスクが高まる! (BBC-Health, April 11, 2018)

認知症 (dementia)は、Alzheimer's (アルツハイマー病)と同じように、脳の神経細胞に異常を来す「脳疾患(brain diseases)」だ。世界の推定患者数は4,700万人。今後20年間で、この数値は2倍に膨れ上がると予想されている。 その原因の1つとして、転倒(falls)…

強烈に辛い唐辛子を食べて、病院に運ばれた男:脳血管に異常! (BBC-Health, April 10, 2018)

「がまんくらべ」にも程がある。危険の一線を越えると「The Grim Reaper」が薄笑いを浮かべる。「Reaper」とは、頭からスッポリと黒いフード付きのマントをかぶり、手には大きな草刈り鎌を持った髑髏の死神のことだ。 その名前の付いた、強烈に辛い赤唐辛子…

平均寿命が22年も違うWales:その原因はどこに? (BBC-News, April 5, 2018)

これほど、地域によって「平均寿命 (average life expectancy)」の違う国も他に知らない。平均寿命は、年齢別の死亡率データから、生まれたばかりの赤ちゃんの寿命を推定した値だ。その値が、Walesの女性では、住んでいる地域によって大きく異なり、最低 72.…

ガンの発症リスク:心がけ次第で約40%減 (BBC-Health, March 23, 2018)

線路の上や高速道路を歩くのは危険だ。そのことは、ほとんどの人がよく分かる。ところが、タバコを吸ったり、酒を飲み過ぎても、生命が危険にさらされることは、なかなか直ぐに理解できない。 「君子危うきに近寄らず」とはよく言ったものだと思う。身の回り…

マフィン1ヶ:砂糖たっぷり、ティースプーンで8杯も! (BBC-Health, March 22, 2018)

珈琲 (コーヒー) にチョコレートもいいが、小腹がすいたときには、コーヒーにマフィンもちょっとお洒落で、ちょっと贅沢。 とくに、「blueberry muffins (ブルーベリー・マフィン)」と聞くと、なんとなく、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルに溢れた健康食…

Scottishの「のんべえ」対策:「飲み過ぎに注意」役立たず! (BBC-News, March 21, 2018)

一昔前と違って、お酒は酒屋 (liquor shops) に行かなくとも、その辺のスーパーで幾らでも売っている。それは、スコットランドでも同じこと。 ところが、Edinburgh大学の Dr Niamh Shorttらの研究チームが Glasgow大学と共同で調査したところ、貧困地域の酒…

エッセンシャル・オイルに注意!:男の子を女の子に変える秘薬? (BBC-Health, March 18, 2018)

USでこんな驚きがあった。お母さんが思春期前の男の子に、エッセンシャル・オイル入り石けん、シャンプーを使わせたたところ、男の子のおっぱいが急に女の子のように膨らんだ。これは「gynaecomastia (女性化乳房)」と呼ばれる「endocrine disease (内分泌疾…

「思いやりの心」は遺伝性!:生まれつき持っている人、持っていない人 (BBC-Health, March 12, 2018)

相手の気持ちに思いが及ばなければ、我がままで社交性に欠け、優しさなど微塵もない冷酷な人間となる。また、アスペルガー症候群、自閉症 (autism) の人は自分の心の中に閉じこもりがちで、他人との打ち解けた会話は苦手だ。 人類、いや人類に限らず狼・猿な…

庭に来る小鳥:可愛いけれど、感染症に注意! (BBC-Science & Environment, March 12, 2018)

雪解けの頃になると、庭の小枝の先に残っていた木の実もほとんど小鳥に食べ尽くされてしまう。七竈(ナナカマド)や南天の紅い実、夏ハゼの黒い実。ルビーのような青木の実も、いつの間にか1つ残らず枝から消えて、小鳥が最後に向かうのは、危険な地面の上を、…

運動が T細胞を増やして:老化を防ぎ、病気を遠ざける! (BBC-Health, March 8, 2018)

心臓の少し上に「胸腺 (thymus)」がある。この胸腺は、免疫システムの司令塔T細胞(T cells)を生み出す大事な臓器だ。子どもの胸腺は拳 (こぶし) ほどの大きさがある。しかし、20歳を過ぎると、普通の人の胸腺は見えなくなるほど縮まり、活発に働くT細胞をつ…

こんなカクテルに曝(さら)されて!:現代人の体は痛んでいる (BBC-News, March 2, 2018)

鉛Pb、水銀 Hg、ヒ素 As、カドミ Cd。いずれの重金属元素も人間の体に毒だ。しかし、これらの有毒な元素を大量に含んで、まるで毒のカクテルのようになった鉱毒水が、鉱山から田畑、川に流れ出ては、多くの人命を奪った。ほんの 150年前の明治初期のころの話…

海で遊ぶと:耳と胃腸の病気に罹りやすい! (BBC-Health, February 27, 2018)

「ドドドォー、ザザザー」、「ドドドォー、ザザザー」。浜辺に立って、岸に押し寄せる波の音を聞いているだけで、不思議と心が鎮まる。夏になったら、海草の揺らめく海に飛び込んでも、砂浜や岩の上に寝ころんで夜空の星を見上げても、浜辺は格別だ。 しかし…

貧富が寿命を決める?:貧しい家庭の子どもは寿命が短い! (BBC-Health, February 15, 2018)

統計データを分析すると、社会の階層や貧富の格差が、人の一生にどのように影響しているのかが見えて来る。 労働者階級が必ずしも貧困層とは限らないが、十数年前、イギリスでは労働者階級の人の身長が、中産階級の人よりも平均約 1 in (2.54 cm) 低いとする…

お酒を「へべれけ」に飲むと:若くして 認知症に! (BBC-Health, February 21, 2018)

かっては、「酒豪」も豪傑・猛者(モサ)の仲間と見なされ、一目置かれた。しかし、実態は、ただの酒飲み、「アル中 (alcoholism)」だった。知る限り、生を全うした酒豪はほとんどいない。 お酒を飲み過ぎると、肝臓・心臓を壊す。ところが、それだけに留まら…