ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康

たった数日の寝不足で脳が狂い出す:そして「心の病」発症! (BBC-Health, November 1, 2017)

『かって、ナチスは、反対するものを何日も「眠らせない」拷問で苦しめた』と、何かの本で読んだことがある。これは身の毛のよだつような話だ。 [ 意図的であれ、何であれ、睡眠時間を削ると、それが体に深刻なダメージを与えることは、これまでの多くの研究…

英国のタバコ規制強化:巨人JTも遂に北アイルランドから撤退! (BBC-News, October 25, 2017)

日本の準国営企業「JT (日本たばこ産業(株)」の子会社「JTI (JT International)」は、2007年4月、イギリスのタバコ会社「Gallaher (ギャラハー)」を約 1兆 7,800億円で買収し、JTは世界 3 位の巨大タバコメーカーに躍り出た。そして、健康に有害なタバコを世…

バイキングが愛して食べて、皮を剥いだリス:ハンセン病の元凶? (BBC-News, October 25, 2017)

CODによると、Viking (バイキング) とは、[ 8世紀末から11世紀中頃にかけて、ヨーロッパ北西部の海岸にやって来ては略奪し、また各地に住み着いたスカンジナビア人の海賊あるい交易商人。] "Any of the Scandinavian seafaring pirates and traders who raid…

環境汚染の犠牲者:年間900万人、そのほとんどが経済弱者 (BBC-Health, October 20, 2017)

ショッキングな事実が明るみになった。 「The Icahn School of Medicine at Mount Sinai (マウントサイナイ医科大学)」のPhilip Landrigan 教授らが、医学雑誌「The Lancet」に発表した研究プロジェクトの結果だ。 今や環境汚染 (pollution) が世界的規模で…

人の寿命の20%は遺伝子が決める:残る80%はあなた次第! (BBC-News, October 13, 2017)

人間の「genetic code (遺伝子コード)」を解析すると、その人の寿命が見えて来るという。 Edinburgh大学の Dr Peter Joshi らの研究チームが、60万人以上の遺伝子コードを使い、「natural experiment (自然実験)」で確認した。人によっては、生まれつき太る…

世界で138兆円の医療費:肥満の悪夢が現実となる日! (BBC-Health, October 11, 2017)

『この40年の間で10代の肥満児は10倍に膨れ上がり、世界全体で 1億 2,400万人となった』。これは「The World Obesity Federation (世界肥満連盟)」に属する「Imperial College London」の Majid Ezzati 教授らがまとめた「肥満に関する分析結果」の結論だ。…

「健康、ヘルシー食品」は本当にヘルシーか?:塩分含有量に注意! (BBC-News, October 4, 2017)

高血圧に悩まされている人は多い。塩分の摂り過ぎも、その原因の一つであることはよく知られている。しかし、Ms Sarah Alderton によると、毎日の食卓に上る調味料にも、塩分含有量の高いものがあり、気づかない内に塩分を摂り過ぎている。 "Pesto is an eve…

「醜いアヒルの子」がいじめを受けて!:傷ついた心は回復するか? (BBC-Health, October 4, 2017)

「いじめ (bullying)」をテーマにした童話と言えば、Andersen (アンデルセン) の「みにくいアヒルの子 (The ugly duckling)」。これは余りにも有名。 卵から孵(かえ)るのが一番遅れたアヒルの子。羽の毛は灰色で体も大きい。一緒に孵った他のヒナに比べて「…

食中毒の暴れ物カンピロバクター:買い物袋・ビニール袋は分けて! (BBC-Health, October 2, 2017)

不注意から、「運悪く災難に遭って取り返しが付かないとき (when it is too late to remedy the misfortune.)」、人は「It is no use crying over spilt milk. (後悔先に立たず)」と言う。食中毒 (food poisoning) も、ほとんどは不注意から起こる。 「The F…

不便に「利」あり!:怠けものに怪我・病あり! (BBC-Health, September 29, 2017)

「昔ばなし」には残酷で、理不尽で、腑に落ちないものもある。「三年寝太郎」がその一つだ。夫に先立たれた貧しい百姓の女が、朝から晩まで野良仕事に精を出して息子を育てる。しかし、当の息子は、ぐうたらで、大人になっても怠け癖が付いて、寝ているだけ…

スポーツに酒は付きもの?:そのスポーツ・カルチュアとは (BBC-News, September 26, 2017)

かって、大学の柔道・剣道・空手部などの合宿では、1日の練習が終わった夜、酒盛りが恒例だった。その合宿所に寝泊まるするため、布団を運び込むと、すでに日本酒やビールの箱が積まれていたのには驚いた。対校試合に勝っても負けても酒。これではスポーツを…

ちょっとだけなら、いい?:胎児がお酒攻めに遭うと、どうなるか! (BBC-Health, September 12, 2017)

[ 女性が妊娠中に、酔うほどお酒を飲んだり、「へべれけ」になるまで深酒すると、流産、早産のリスクが高くなる。生まれてくる赤ちゃんにも精神機能障害 (知的障害、てんかん、学習障害など) や身体機能障害 (発育不全など) を招く恐れがある。いわゆる胎児…

古いエンジンでアクセルを踏み続けると!:怖い心臓の老化 (BBC-Health, September 4, 2017)

肌や血管の老化を騒ぎ立てるTVコマーシャルは多いが、心臓の老化に的を絞った薬の宣伝広告は見たことがない。 しかし、心臓は車 (vehicles) で言えば、そのエンジンに当たる重要な器官。ここが古くなっているのにアクセルを踏み、エンジンフル回転で走り続け…

見せない、吸わせない、曝さない:スコットランドのタバコ規制戦略 (BBC-Health, August 31, 2017)

それを吸うと健康を害し (ill health)、早死 (premature death)にするのは明らかなのに、なかなか止(や)められないのがタバコ。 NHS Health Scotland によると、スコットランドでは毎年、タバコが原因 (related to smoking) で入院する患者は 56,000人、死亡…

もっと歩こう!:すると、健康は独りでについてくる (BBC-Health, August 24, 2017)

人は、どうして、こうも薬を飲むようになったのだろう。 その原因の一つは、昔の人に比べて歩かなくなったし、体を動かさなくなったことにありそうだ。 小さな子どもでさえも、暇さえあればゲームやスマートフォンに夢中になり、若ものの言いぐさ・口癖は「…

好きな物を好きなだけ食べるとどうなる?:カロリー制限でブレーキ (BBC-Health, August 18, 2017)

食は民族の文化・伝統であり、歴史であり、ときに思想でもありさえする。それは、日本の「おにぎり・和食」に、イギリスの「fish-and-chips」などに見られるように、そこに暮らす人々の思い・生活・風土に深くつながっている。したがって、一概に「食文化」…

俺さまは、太っていても鍛えた体だ!:でも、その心臓は大丈夫? (BBC-Health, August 15, 2017)

人は「confidence (自身)」がなければ、勝負どころで力を発揮できないが、「self-conceit (うぬぼれ)」、「overconfidence (自信過剰)」は身を滅ぼしかねない。 『タバコは体に、良くないと言うが、これまでずっとタバコを吸っていても、体のどこにも悪いと…

タマゴから高濃度の猛毒物質フィプロニル検出:生産国はオランダ (BBC-News, August 4, 2017)

ドイツのスーパーからタマゴが消えた。オランダで生産され、ドイツで販売されたタマゴから「highly toxic substance (猛毒物質)」の「fipronil (フィプロニル)」が高い濃度で検出されたためだ。ドイツではその汚染タマゴがすでに約 1,000万個も販売されてし…

お酒を飲むと、糖尿病に罹りにくい?:デンマークの研究結果 (BBC-Health, July 28, 2017) 

お酒(alcohol)は薬か、毒か。それは今もって、なぞが多い。 イギリス NHS (国民保健サービス) のガイドラインによると、アルコールの摂取基準は「1 週間に 14ユニット」。すなわち、中ジョッキ (568ml) で 6 杯分のビール (アルコール度 4%)、あるいは小さな…

煙草、たばこ、タバコ:Tobaccoを売りまくれ! (BBC-Health, July 19, 2017)

タバコを独り占めしていた日本専売公社が JTに名前を変えた 1985年の頃、タバコの喫煙・販売規制運動が高まると、これを打ち消そうとす実力者が、声高に、そして、まことしやかに、このような主張を始めた。『タバコは、たばこ屋のおばさんや葉たばこ栽培農…

シャボン玉のように、心が壊れて消える:これを防ぐ9つの盾とは! (BBC-Health, July 20, 2017)

自分が誰なのか、わからなくなるなんて..... 。「dementia (認知症)」は、生きながらにして、自分の心を失う恐ろしい病気だ。その語源はラテン語「dement」にあり、「out of one's mind (心、ここに在らず)」の意。 現在、イギリスの認知症罹患者数は 85万人…

噛みつくアリだって役にたつ?:羽アリは天気のバロメータ! (BBC-Science & Environment, July 18, 2017)

とんでもないほど無責任でルーズな貨物検査が、とんでもない災いをもたらした。コンテナ貨物船が寄港する港は、南米原産の「ヒアリ」またの名を「アカカミアリ(Red fire ants)」で大騒動だ。この外来種のアリは腹部に毒針を持っていて、スズメバチのように人…

歯ぎしりキリキリ、イジメでボロボロ:英ティーンの歯! (BBC-Health, July 14, 2017)

サッカーや車の運転にルールがあるように、職場や学校にも「ルール (rule)」がある。これは、小さな子どもでも知っていることだ。CODは「rule」を次のように定義する。 "regulation or principle governing conduct or procedure within a particular area of…

むしょうに食べたい、過食症:原因は思考スイッチにあった! (BBC-Health, July 11, 2017)

人は誰でも心が不安定になることがある。また、毎日、運動し、栄養バランスのとれた食事をし、早寝早起きを遂行することは、理想的な生活パターン。しかし、人それぞれの事情によって、そのようにできないこともある。 ソフトクリームやスイーツを止めたくて…

コーヒー党は長生きするって?:欧州10ヶ国50万人の調査結果 (BBC-Health, July 11, 2017)

物議を醸 (かも) すとは、まさにこのことだ。 「The International Agency for Research on Cancer, IARC (国際ガン研究機関)」と「Imperial College London」が共同で実施した「コーヒーと健康に関する調査」によると、1 日 3杯と、やや多めにコーヒーを飲…

睡眠6時間以下は魔の領域:そこで病魔が待ち受ける! (BBC-Capital, July 7, 2017)

現代人は忙しい。そもそも、しっかり働いているのに、「work more, sleep less. (もっと働け、寝なくともいい。)」などと、自分の都合に合わせて、とんでもないことを言う上司・会社が増えた。理不尽な成果主義に振り回されていては、体がボロボロになる。 …

食中毒の原因は何?:アメリカで起きた不思議な事件 (BBC-Future, June 28, 2017)

この時期、食中毒 (food poisoning) には十分に気を付けたい。大腸菌やサルモネラ菌は梅雨から夏にかけて暴走しがちだ。 しかし、アメリカでは 2015年の 12月、不思議な食中毒事件が発生した。「E. coil (大腸菌)」感染が全米 20州で、だらだらと広がったの…

ココナッツオイル:健康食品どころか、「摂りすぎに注意!」 (BBC-Health, June 16, 2017)

巷 (ちまた) に流れる情報には、ときに紛らわしいものもある。健康食品情報もその一つ。ココナッツオイルが健康に良いとする「social media sites」も多い。 しかし、世界的な権威機関と称される「The American Health Association, AHA (アメリカ心臓協会)…

野菜メニュー:食べてもらうにはハチャメチャ・ネーミング! (BBC-Health, June 13, 2017)

[ 野菜を沢山食べると体に良いことは、ほとんど誰でも知っている。でも、それを実行している人はごくわずかだ。]"Although most of us know that we should eat plenty of veg, too few of us do it." WHO (世界保健機関) は少なくとも 1 日 400gのフルーツ…

少しでも体重を下げて!:それは病気のリスクを下げること (BBC-Health, June 12, 2017)

どうして、こうまで事態が悪化したのか、世界中の保健関係者 (public health) が頭を抱えている。肥満 (obese) の問題だ。 どんなに、政府当局が国民に対して「健康のためにファースト・フード (first foods) やスィーツ (sweets) の食べ過ぎに注意しましょ…