ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康

肥満は「なぜ、どれだけ」体に悪いか:動かぬ証拠が発表される! (BBC-Health, April 29, 2019)

世界の肥満人口は、2018年で6億5千万人。これは過去30年前に比べると数値が約3倍に跳ね上がったことになる。UKでも、成人の、ほぼ4人に1人が肥満。 なお、太りすぎの程度は、体格指数BMI (=[体重kg]/[身長m]の2乗)によって次のように分類される。 ・less t…

コカインが検出された!:誰からでもない、「川エビ」からだって? (BBC-News May 1, 2019)

芸能人の尿検査で「cocaine (コカイン)」が検出されたら、大事件だ。ところが、幸か不幸か、検査対象となったのは、Suffolk (サフォーク州)の河川に生息する「freshwater shrimps (淡水エビ)」だった。 Britain南東部に位置するSuffolkは、5世紀になって古代…

紅茶・コーヒーに砂糖を入れる?:「こだわり」は変えられるか! (BBC-Health April 29, 2019)

夏目漱石は、「草枕」の中で「意地を通せば窮屈だ」と言った。しかし、何事に対しても理屈詰めに考えたり、合理性に凝り固まっては、窮屈この上ない。ときには、野原に寝そべって空を見上げてみるのもいい。ムダな時間を過ごすのも結構楽しいし、気持ちの安…

ベーコン、ホットドッグに、ハンバーガ:どれもWHO発ガン性食品! (BBC-Health April 17, 2019)

北米で、朝食と言えば、シリアルに牛乳を掛けた一皿に、リンゴとコーヒー。一般家庭の朝は、できるだけ調理器を使わない、簡素な食事が定番だ。 しかし、それだけでは、どうも、何か物足りない気がする。 ホテルの朝食バイキングでは、つい、目玉焼きにベー…

「まぶた」にもUVカットクリームを!:皮膚ガンは油断大敵 (BBC-Health, April 4, 2019)

「まぶた(eyelids)」の皮膚は、薄くて、その上、敏感。 睡眠不足や疲れは、直ぐに、まぶたに現われる。また、漆(ウルシ)の葉っぱに触れようものなら、あるいは、漆に触った手でまぶたを擦(こす)るなら、目の周りは大きく腫れ上がる。 でも、そうかと言って、…

「こうするとよく眠れる!」:根拠のない俗説、あれこれ (BBC-Health, April 16, 2019)

たわいのない俗説 (myths)が、人から人へと伝えられ、いつの間にか、それがまかり通ることがある。「蜂に刺されたら、オシッコを引っ掛けろ」、「やけどには味噌を塗るのがいい」などと、まったく科学的に根拠のない、危険な措置も少なくない。 「眠り (slee…

車の排ガスが子どもを苦しめる!:小児ぜんそくの多い国はどこ? (BBC-Health, April 10, 2019)

公害対策基本法 (1967年)が、なぜか、環境基本法 (1993年)に変わって、「公害」という文字の「毒々しさ」、「加害者・被疑者の悪行さ」が骨抜きになった。 しかし、大気汚染、水質汚染、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭などが、人々の健康・生活に被害…

麻疹 (はしか):その強烈な感染力、USの Rocklandで非常事態宣言 (BBC-Health, April 5, 2019)

文明国 USは、2000年に「measles (はしか)」を完全に排除したと宣言した。ところがそれから、20年も経たない、この3月に、突如として」、そのウイルスが暴れ出した。 New York Cityの北およそ40milesに、人口約33万人の「Rockland County」がある。この地で…

違法ドラッグ「リリカ」のネット取引:北アイルランドで横行! (BBC-News, April 1, 2019)

火炎は一瞬にして、燃えるもの全てを灰にする。同じように一瞬にして、周りからの信用、社会的な地位・財産、健康、そして友人・家族の信頼をも失ってしまうもの。それは、違法トバク (illegal betting)と違法ドラッグ (illicit drugs)。そのどちらも、ほん…

タバコとお酒の違いは:毒マムシとトカゲの違い? (BBC-News, March 28, 2019)

中国の南の景勝地「桂林」を訪れたとき、国営の漢方薬研究所の直売店に入った。そこにはキノコ・薬草やら「得たいの知れないもの」まで、ところ狭しと並べられていた。どこで、だれが、どうやって捕まえたのか、カラカラに乾燥させたヘビ、トカゲ、ヤモリまで…

健康のバロメータ血圧:高いのは、それなりの理由が! (BBC-Health, Mar 8, 2019)

ブレーキとアクセルを一緒に踏んでいませんか。体のエンジンの心臓のことだ。 ブレーキを踏みながら、アクセルペダルを踏んでいては、どんなに性能のいい高級車でも、エンジンが音を上げてしまう。血圧を下げる薬を飲みながら、お酒を飲んで、タバコを吸って…

恋に破れて―:心(脳)もハート(心臓)もキズついてボロボロに! (BBC-Health, Mar 5, 2019)

失恋はショックだ。親しい人を亡くしても、心はひどく落ち込む。こんなとき、「chest pain (胸が痛み)」や「breathlessness (息切れ)」を感じるのは、なぜ。 こんな症状を「broken heart syndrome (ブロークン・ハート症候群)」と言う。心臓の左心房の心尖部…

TVの魔力が脳みそを腐らす?:いや、言語記憶を消し去る! (BBC-Health, Feb 28, 2019)

一人ぼっちの暮らしは、寂しいに違いない。朝起きたら、まずTVのスイッチを入れる。来客があっても、電話がなっても、TVは付けっぱなし。 そんなふうに、人知れず、孤独と戦っている人に、『食事のときぐらい、あるいは人と話しをするときぐらいTVを消して』…

その土・日の朝ねぼう!:1週間分の寝だめのつもり? (BBC-Health, Feb 28, 2019)

ナポレオンが3時間しか眠らなかったといって、睡眠を十分にとらないとどうなるか。 イライラして、ナポレオンのように、他人のことなどに耳を傾けず、お腹が出っ張り、糖尿病の発症リスクが高まる。 では、1週間のうち、平日は忙しく(パソコン・スマホ画面を…

悩み多い青春:やがて心の霧は必ず晴れる、くじけるな若もの! (BBC-Health, Feb 11, 2019)

過ぎてしまえば、何でもない些細なことに、人は何度も心を痛め、悩み、不安の重圧にもがき苦しむことが多い。それは、小さな子どもも、若ものも、そして杖にすがるようになった老人とて、同じだ。 欲しいものはほとんど手に入り、好きなものを好きなだけ食べ…

イギリスの若もの:お金がない上、肥満、ぜん息、糖尿病 (BBC-Health, Feb 20, 2019)

子どもの健康を守り、しっかりと教育することは、大人の責任。 まともな心の持ち主の人で、これに異論を唱える人はいないだろう。 かって世界の海を制した大英帝国。その力が衰え、列強の国々の中にあって陰が薄れたとは言え、世界第5位の経済大国だ。その近…

早起きタイプのヒバリ型とフクロウの夜型:脳機能に違いがあった! (BBC-Health, Feb 15, 2019)

ヒト属 (Homo)は、生まれながらにして、早起きタイプの「朝型 (morning larks)」と「夜型 (night owls)」の2つのタイプに分類される。どうやら、祖先の遺伝子が違っていたようだ。人間の活動スケジュールを決める「体内時計 (body clocks)」には、2種類存在…

セクハラの実態:被害者を脅してだめなら、口止め、解雇か? (BBC-News, Feb 9, 2019)

あなただったら、どうする? セクハラを受けた被害者として、あるいは、ハラスメント対策の責任者または企業・政府関係機関のトップとして。 『このままでいいのか、それとも― (To be, or not to be.)』。その判断がむづかしいことは、よくあるに違いない。 …

缶詰(かんづめ):知っておくと便利な「あれこれ」情報詰め合わせ (BBC-Health, January 30, 2019)

こんなはずではなかった。『風吹けば、桶屋 (おけや)が儲かる』とはよく言ったものだ。思いがけないことは、よく起こるもの。 イギリス国民が移民の受け入れを拒否するために、EU離脱を決めたものの、その離脱のあり方を巡って議会では意見が分かれ、強気のM…

TV、パソコン、タブレット画面の見すぎの子ども:知的発達に遅れ! (BBC-Health, January 28, 2019)

2, 3歳のヨチヨチ歩きの子ども (toddlers)に、パソコンやタブレット端末をあずけたり、TVを見せておくと、子どもは静かだ。その間に、親は家事あるいは自分のホビーに集中できる。でも、それって、子どもの知的発達にプラスになるの?子どもの「mental healt…

手首に巻いて消費カロリーチェック:誤差の大きいスマホ・ウオッチ (BBC-News, January 28, 2019)

手首に巻いておくだけで、歩いた歩数や運動時の消費カロリーを自動的に記録してくれる「fitness trackers(フィットネス・トラッカー)」。健康管理に便利なディバイスとして人気で、メーカー各社の販売は好調だ。 しかし、そのウェアラブル・ディバイス。本当に…

鳩の糞 (フン)は病原菌だらけ:感染した子どもが死亡! (BBC-Health, January 22, 2019)

鳩(ハト)はハトでも、「doves (山鳩)」と「pigeons (伝書鳩)」では、まったく違う。 山鳩は、古来より「八幡様の使い」として崇められた。西洋でも「doves」は、神あるはゼウスの神託を伝える使者として、あるいは「平和と調和 (peace & harmony)」の象徴と…

食べて命を救う Superfoods:ガン・心臓病予防、減量に効果てきめん (BBC-Health, January 11, 2019)

なにも山羊(ヤギ)さんのように、紙屑をモグモグしたり、野山に出かけて草や木の皮を食べなくともいいが、人間は「dietary fibre (食物繊維)」を摂らなくなっているという。 Otago大学の Jim Mann教授らの研究グループが「The Lancet Medical Journal」に発表…

ロンドン地下鉄のPM2.5濃度: ロンドン市内の30倍 (BBC-News, January 10, 2019)

大気中に浮遊する2.5µm以下の微小な粒子状物質 PM 2.5は、肺組織の奥深くに侵入し、呼吸器系疾患やガンの発症リスクを高める。 WHO (世界保健機関)の環境基準値は年平均 10µg/m3、日平均 25µg/m3。これに対して日本の環境省は年平均 15µg/m3、日平均 35µg/m3…

イギリスで始まった牧畜の見直し:環境に優しいミルクがあるって? (BBC-Science & Environment, January 9, 2019)

牧草地で牛を育てて、牛乳(dairy milk)を生産するとすれば、どれだけの牧草地が必要か。Oxford大学Mr Joseph Pooreらの研究によると、1年を通して毎日牛乳1杯分(200ml)を生産するだけでも、テニスコート2面分 (650m2)の土地が欠かせない。 このところ、牧畜業…

ジェミィ、こんなに痩せちゃった:昔の結婚写真なんか、見たくない! (BBC-News, January 8, 2019)

「cheap and tasty food (安くて、おいしい)」。それに、「Bog(1つ買ったら、1つおまけ)」。これでは、ついつい食べ過ぎてしまう。 「ジャンクフード (junk food)」の販売促進と集客目当てに始めた大型スーパーの「おまけ作戦 (multi-buy offers)」は、大当…

砂糖を摂り過ぎていませんか?:体に良いこと何もなし! (BBC-Health, January 3, 2019)

料理に砂糖と塩がないと、料理にならない。まして、ケーキ・スィーツに砂糖が入らないと、ケーキ・スィーツなどと言えない。 でも、ちょっと待って。砂糖を摂り過ぎると、どうなるか。虫歯になりやすい他に、 ・Sugar addiction :砂糖依存症・Obesity :肥満…

生命のなぞ:なぜ、男の子の生まれる確率が高いのか! (BBC-Health, December 25, 2018)

「全知全能の創造主 (The omniscient, omnipotent God)」は気まぐれ (capricious)なのか、それとも、人間の所業にその怒りを爆発させたのか。シチリアの Etna (エトナ)を噴火させ、インドネシアでは Krakatau (クラカタウ)をメチャクチャにした上、津波まで…

2019年、「幸せ探し」のコツ:これが専門家の一押し! (BBC-Health, December 28, 2018)

ほっぺたにビュビュウ吹きすさぶ北風が去り、雪が融けて春がやって来ると、野原は新緑の草花に覆われる。春に向かう季節の変化は、人の心も体もリフレッシュしてくれる。 さて、新鮮な森の息吹 (いぶき)が、もう、すぐそこに感じられるあなた。2019年は、ど…

「西洋料理店 (Restaurant)」:注文の多い、カロリーの高いメニュー店! (BBC-Health, December 13, 2018)

その2人の若い男は、イギリスの兵隊の恰好をし、肩にはピカピカの鉄砲を担(かつ)いでいた。そして2匹の白い猟犬を従えて、森の奥深くへと獲物を探して踏み込む。すると、突然、目の前に現われたのは、りっぱな西洋風の建物。その玄関には看板が掲げられてい…