ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

健康

平均寿命が22年も違うWales:その原因はどこに? (BBC-News, April 5, 2018)

これほど、地域によって「平均寿命 (average life expectancy)」の違う国も他に知らない。平均寿命は、年齢別の死亡率データから、生まれたばかりの赤ちゃんの寿命を推定した値だ。その値が、Walesの女性では、住んでいる地域によって大きく異なり、最低 72.…

ガンの発症リスク:心がけ次第で約40%減 (BBC-Health, March 23, 2018)

線路の上や高速道路を歩くのは危険だ。そのことは、ほとんどの人がよく分かる。ところが、タバコを吸ったり、酒を飲み過ぎても、生命が危険にさらされることは、なかなか直ぐに理解できない。 「君子危うきに近寄らず」とはよく言ったものだと思う。身の回り…

マフィン1ヶ:砂糖たっぷり、ティースプーンで8杯も! (BBC-Health, March 22, 2018)

珈琲 (コーヒー) にチョコレートもいいが、小腹がすいたときには、コーヒーにマフィンもちょっとお洒落で、ちょっと贅沢。 とくに、「blueberry muffins (ブルーベリー・マフィン)」と聞くと、なんとなく、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルに溢れた健康食…

Scottishの「のんべえ」対策:「飲み過ぎに注意」役立たず! (BBC-News, March 21, 2018)

一昔前と違って、お酒は酒屋 (liquor shops) に行かなくとも、その辺のスーパーで幾らでも売っている。それは、スコットランドでも同じこと。 ところが、Edinburgh大学の Dr Niamh Shorttらの研究チームが Glasgow大学と共同で調査したところ、貧困地域の酒…

エッセンシャル・オイルに注意!:男の子を女の子に変える秘薬? (BBC-Health, March 18, 2018)

USでこんな驚きがあった。お母さんが思春期前の男の子に、エッセンシャル・オイル入り石けん、シャンプーを使わせたたところ、男の子のおっぱいが急に女の子のように膨らんだ。これは「gynaecomastia (女性化乳房)」と呼ばれる「endocrine disease (内分泌疾…

「思いやりの心」は遺伝性!:生まれつき持っている人、持っていない人 (BBC-Health, March 12, 2018)

相手の気持ちに思いが及ばなければ、我がままで社交性に欠け、優しさなど微塵もない冷酷な人間となる。また、アスペルガー症候群、自閉症 (autism) の人は自分の心の中に閉じこもりがちで、他人との打ち解けた会話は苦手だ。 人類、いや人類に限らず狼・猿な…

庭に来る小鳥:可愛いけれど、感染症に注意! (BBC-Science & Environment, March 12, 2018)

雪解けの頃になると、庭の小枝の先に残っていた木の実もほとんど小鳥に食べ尽くされてしまう。七竈(ナナカマド)や南天の紅い実、夏ハゼの黒い実。ルビーのような青木の実も、いつの間にか1つ残らず枝から消えて、小鳥が最後に向かうのは、危険な地面の上を、…

運動が T細胞を増やして:老化を防ぎ、病気を遠ざける! (BBC-Health, March 8, 2018)

心臓の少し上に「胸腺 (thymus)」がある。この胸腺は、免疫システムの司令塔T細胞(T cells)を生み出す大事な臓器だ。子どもの胸腺は拳 (こぶし) ほどの大きさがある。しかし、20歳を過ぎると、普通の人の胸腺は見えなくなるほど縮まり、活発に働くT細胞をつ…

こんなカクテルに曝(さら)されて!:現代人の体は痛んでいる (BBC-News, March 2, 2018)

鉛Pb、水銀 Hg、ヒ素 As、カドミ Cd。いずれの重金属元素も人間の体に毒だ。しかし、これらの有毒な元素を大量に含んで、まるで毒のカクテルのようになった鉱毒水が、鉱山から田畑、川に流れ出ては、多くの人命を奪った。ほんの 150年前の明治初期のころの話…

海で遊ぶと:耳と胃腸の病気に罹りやすい! (BBC-Health, February 27, 2018)

「ドドドォー、ザザザー」、「ドドドォー、ザザザー」。浜辺に立って、岸に押し寄せる波の音を聞いているだけで、不思議と心が鎮まる。夏になったら、海草の揺らめく海に飛び込んでも、砂浜や岩の上に寝ころんで夜空の星を見上げても、浜辺は格別だ。 しかし…

貧富が寿命を決める?:貧しい家庭の子どもは寿命が短い! (BBC-Health, February 15, 2018)

統計データを分析すると、社会の階層や貧富の格差が、人の一生にどのように影響しているのかが見えて来る。 労働者階級が必ずしも貧困層とは限らないが、十数年前、イギリスでは労働者階級の人の身長が、中産階級の人よりも平均約 1 in (2.54 cm) 低いとする…

お酒を「へべれけ」に飲むと:若くして 認知症に! (BBC-Health, February 21, 2018)

かっては、「酒豪」も豪傑・猛者(モサ)の仲間と見なされ、一目置かれた。しかし、実態は、ただの酒飲み、「アル中 (alcoholism)」だった。知る限り、生を全うした酒豪はほとんどいない。 お酒を飲み過ぎると、肝臓・心臓を壊す。ところが、それだけに留まら…

英国紳士・淑女は飲み過ぎ、食べ過ぎ!:その原因は? (BBC-Health, February 19, 2018)

「イングランド公衆衛生局 (Public Health England, PHE)」が推奨する「Ⅰ日当たりのカロリー摂取許容量 (daily calorie allowance)」は、成人男性が 2,500cal、女性が2,000cal。 ところが、イギリス人に毎日の食事でどれだけのカロリーを摂っているのかと、…

歯のホワイティニング:違法で危険、悪質な美容サロンが急増! (BBC-News, February 5, 2018)

真っ白できれいな歯の人は、健康的で人柄も誠実に見える。しかし、だからと言って、すぐに街中の「beauty salons( ビューティサロン)」に走ってはいけない。 ロンドンでは、医療資格のない美容師 (beautician)が、「歯のホワイティニング(teeth whitening)」…

お酒の作法:守れないと身の破滅! (BBC-News, February 1, 2018)

「お茶の作法」に「生け花の作法」。いずれも簡単ではないが、「お酒の作法」は、どうやら最も難しいようだ。そこには堅固な「自制心 (self-control)」が求められるからだ。 たとえば、ワインを毒だ、体に悪いという人はいない。しかし、これとて朝から晩ま…

ロンドンの地下鉄:毎日乗ると、難聴のリスクあり! (BBC-News, January 29, 2018)

ロンドンの「Big Ben」、「Double-deck buses (2階建てバス)」は大きくて立派だ。しかし、地下鉄は、イギリス人も「tube」と呼ぶくらいその幅が狭い。なお悪いことに、駅によっては、地上に通じる階段が急勾配で狭い。さらに不平を連ねると、「Transport for…

1日1本のタバコ:これだけで一生取り返しのつかない心臓病に! (BBC-Health, January 25, 2018)

誰でも考えることだ。Ⅰ日20本もタバコを吸えば、それは、さすがに「lung cancer (肺ガン)」の心配も考えなくてはなるまいと。しかし、1日 1本あるいはほんのちょっとだけタバコを吸っても、それで病気になることはないだろうと。 ところが、これは、まったく…

クシャミを止めたら、喉が破裂:かまんは禁物! (BBC-Health, January 15, 2018)

冷たい風に当たったときや、ラーメンに振りかけた胡椒を吸ったときなど、思わず激しい「クシャミ (sneeze)」が出てしまう。たいていはその瞬間にハンカチやテッシュで口元を押さえるが、それが間に合わないと、人前で飛沫を爆発させるのも失礼と、グッとクシ…

ココナッツ・オイルは健康食品か?:その実験結果は予想外! (BBC-Health, January 9, 2018)

ココナッツ・オイルは口臭 (bad breath) を消し、消化器疾患 (digestive disorders) などにも効く万能薬との触れ込みと、セレブを採用したコマーシャルが功を奏して、販売実績が急上昇中 (rocketing)。 US女優の Angelina Jolie-Pit (アンジェリーナ・ジョリー…

人の声が聴き取り難くなったら:原因を知って、トレーニング開始! (BBC-Health, January 10, 2018)

イギリスでは 6人に 1人の約 1千万人が何らかの難聴 (hearing loss) に悩まされている。50歳を過ぎると40%以上、70歳を過ぎると 70%のイギリス人が聴力に異常を来す。 この難聴の主な原因は、遺伝要因 (hereditary factors)、騒音暴露 (noise exposure) 、ト…

ほんの遊びのつもりが!:抜けられなくなるタバコ依存症 (BBC-Health, January 10, 2018)

はじめは、ほんの遊び、あるいは大人のまねごとだった。タバコの吸い始めとは、こんなもの。しかし、そのたった一度のタバコが、若ものを深みに引きずり込み、ドロ沼から抜け出せなくしてしまう。何もタバコに限ったことではない。ギャンブル、薬物、悪事に…

飛行機の座席:通路を挟んで右と左、あなたはどっちが好き! (BBC-News, January 8, 2018)

これはトランプ・ゲーム「old maid (ばば抜き)」に利用できそうだ。 同じような2つのものが目の前に置かれているとき、人 (右利き) は右側を選ぶ確率が高い。「人間の心の中に存在する右側バイアス (mind's rightward bias)」が働くためだ。 Queen's Margare…

デスクワークの人に多い心臓病:有酸素運動で発症リスク減 (BBC-Health, January 8, 2018)

今は、どのオフィスでもコンピュータに向かって仕事をすることが多い。このため、必然的に体を動かす機会が少なくなり、中年後期 (late-middle age) を迎えると心臓機能が衰えて、心臓病の発症リスクが高まる。 それは仕方のないこととあきらめている方には…

「mochi」が恐ろしくて怖い:それは化け物か? (BBC-News, January 2, 2018)

何が怖いって、今は「地震、原発、台風、津波」。しかし、もちろん、怖いものは人によって違う。新年早々、BBCの Newsで「Delicious but deadly mochi: the Japanese rice cakes that kill (美味しいけれど、命とりになるモチ:日本のライス・ケーキで死亡)…

職場の鬱(うつ)対策:大々的なプロジェクトよりも小さな気配り! (BBC-Health, December 18, 2017)

病気の苦しみは、病気に罹った人でなければ分からないもの。鬱(うつ)病は本当につらいという。漢字の鬱は「むせるほどに湿気が籠もった林の中に追い込まれた状態」を表わしている。 Ms Nalie Hall (36歳) も、ウツ病に苦しんだ 1人。職場で精神的に追い詰め…

ワイングラスのサイズが違うと:何が変わるの? (BBC-Health, December 14, 2017)

ワイングラスに盃(さかずき)。いずれも、ワインやお酒を注ぎ込んで、口にするには適した入れもののサイズがあるはずだ。かって、桜の木に下で車座に座って酒盛りをするとき、あるいは背伸びした血気盛んな学生が、粋がって一気飲みするときなどは、茶碗どこ…

1億年前まとわりついて、恐竜に嫌われた!:吸血ドラキュラダニ (BBC-Science & Environment, December 12, 2017)

ダニはダニでも、葉っぱの裏にはびこる葉ダニや動物に寄生するマダニ、さらには「働かずに他人にたかって生活する、きらわれもの (学研 現代新国語辞典)」まで多種多様。その種類は1万種以上とされる。しかし、一般にダニは吸血性の「マダニ (ticks)」と「コ…

冷たい風の中の運動は危険:呼吸器系を傷め、ぜんそくに! (BBC-Health, December 8, 2017)

気管支や肺機能が十分に働かないと、運動や生活に支障を来す。一般に、常に屋外のグランドを走り回っているサッカー選手などは、さぞかし呼吸器系が健全・頑丈と思われがちだ。しかし、事実は、その逆だった。 Kent大学の Dr John Dickinsonらの研究グループ…

若ハゲ、若白髪:やっぱり、心臓病のシグナルだった! (BBC-Health, November 30, 2017)

人によって「the process of biological ageing (生物学的な老化プロセス)」は違う。老化が急速に進むとDNA damage (損傷)を引き起こし、男性ホルモン「androgens (アンドロゲン)」とくに「testosterone (テストステロン)」の分泌に影響が現われる。すると、…

ネットのやせ薬は「ニセ薬」:だまされて、体がボロボロに! (BBC-Health, November 29, 2017)

「とりあえず、すぐ (quick-fix)」に痩せたい一心で、ネット検索して見つけた「やせ薬 (slimming pills)」。その広告に飛び付いて、websites から注文すると、とんでもない「ripped off (詐欺)」に引っかかり、「your identity (認証番号)」を盗み取られて、…