ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

つらい糖尿病:病気に対する周りの理解不足もつらい! (BBC-Health, November 14, 2017)

「diabetes (糖尿病)」の1型は、子どもの頃に発症することが多く、insulin (インシュリン) が離せない。また2型は 「diet or lifestyle (食習慣や生活スタイル)」、「obesity (肥満)」が関与しているとされ、喉が渇く、夜、何度もトイレに通う、疲れやすいな…

一度失ったものを取り返すのは至難の業:干し草の山に指輪が消えた (BBC-News, November 10, 2017)

魔法つかいの「old queen (年老いた妃)」は、世にも美しい自分の娘に求婚を申し出た他の国の王子に対し、3つの難題 (tasks) を言いつける。失敗すれば、首を切るとの約束だ。その一つ目の難題は、「Red See (紅海)」に落とした「指輪」を拾ってくることだっ…

ポリス(警察)の出動ミス202件:ヒューマン・エラー(?)の弁明 (BBC-News, November 10, 2017)

[ 昨年の 9月 17 日のことだ。Ms Elizabeth Bowe (50歳)は、999番 (日本の110番) で警察に助けを求めた。ところが、スコットランド警察がその件に対処したのは、電話を受けてから90分後。警察が家の中に入ってみると、Ms Boweは重傷を負っていて、その後、死…

効果的なケガの治療:フィブロブラスト(線維芽細胞)を起こせ! (BBC-Health, November 9, 2017)

それは、まるで「100m sprinter(短距離走者)」のようだと言う。 "The sprinter down on the blocks, posed and ready to go, is always going to beat the guy going from a standing start."[ スプリンターは、スターティング・ブロックに足を掛け、両手の…

どうしても雪山に登りたくなったら:無事に帰り着くために! (BBC-News, November 8, 2017)

「雪の女王」それとも「雪女」に誘われてか、毎年、冬になると雪山で命を落とす登山者が後を絶たない。それでも、どうしても雪山に登りたくなった人に、これだけは注意して置きたいことがある。山は豹変する。 晴れた冬の山は、辺り一面がお日様の光にピカピ…

人の顔ぐらい、私だって分かるわよ!:ヒツジは偉かった (BBC-Science & Environment, November 8, 2017)

他人を傷つけ、他人の迷惑になろうが、とんとお構いなし。そんな性格をオオカミ派と自慢さえする「Homo sapiens (人間)」は多い。 ところが、「inoffensiveness (何びとも傷つけず)」をひたすら守り、古くから、人の暮らしに深く関わってきた心優しい動物が…

ヴィーナスとジュピターが一つになって輝く:南東の地平線に注目! (BBC-News, November 11, 2017)

Venus (金星)とJupiter (木星)が、南東の地平線の近くに一緒に現われ、やがて二つの惑星は一つ (in conjunction) になって明るく輝く。今度の月曜 (11月13日) の「夜明け前(dawn)」40分頃が見ごろとされる。お天気が良ければ、肉眼でも見えるはず。天体望遠…

ガン免疫療法の強力な助太刀:それは腸内細菌だった! (BBC-Health, November 3, 2017)

暗く (murky)、体の奥深い腸 (gut) の中で、数兆の微生物 (microbe) が、人の体を感染症 (infectious diseases) から守り、ガン (cancers) と戦う「免疫システム (immune system)」に助太刀していた。 なかでも、人類にとって強力な味方は、真正細菌の「Akke…

このヒトも「森の人」、でも別のヒト:類人猿の仲間が増えた! (BBC-Science & Environment, November 2, 2017)

「Edgar Alan Poe (エドガー・アラン・ポー、1800-1849)」はギャンブル好きで大酒飲み。しかし、その怪奇に満ちた短編推理小説「The Murders in the Rue Morgue (モルグ街の殺人)」のストーリーの展開には、度肝を抜かれる。何と犯人は、檻から逃げ出した「…

たった数日の寝不足で脳が狂い出す:そして「心の病」発症! (BBC-Health, November 1, 2017)

『かって、ナチスは、反対するものを何日も「眠らせない」拷問で苦しめた』と、何かの本で読んだことがある。これは身の毛のよだつような話だ。 [ 意図的であれ、何であれ、睡眠時間を削ると、それが体に深刻なダメージを与えることは、これまでの多くの研究…

心臓のオペ(手術)は午前を避けて!:合併症のリスクが高まる (BBC-Health, October 27, 2017)

心臓の手術 (heart surgery) と聞いただけで気を失ってしまいそうになる。しかし、どうしても、それが必要なときには、午前中のオペ (oprations ) は避けて、午後に回した方が無難。その理由を医学的に説明する論文が「The Lancet」に発表された。 フランス…

けむりモクモク、気象は乱れ、大地が水没:人類危機一発! (BBC-Science & Environment, October 30, 2017)

地球の大気中の CO2濃度が 80万年前のレベルに達した。 「世界気象機関 (The World Meteorological Organization, WMO)」が世界 51ヶ国の「温室効果ガス (greenhouse gases)」の CO2, CH4 (methane), N2O (nitrous oxide [亜酸化窒素])などの観測データを分…

ガン (呼吸器系) 死亡率:貧乏人と金持ちではその差300% (BBC-News, October 31, 2017)

ガン (cancers) の統計データは、日本でも、種目別、年齢別、性別などで分析されている。しかし、貧乏人と金持ちの違いでガンの罹患率、死亡率を調べた結果は、少なくとも日本では公表されていない。 ところが、「NHS Health Scotland (スコットランド国民保…

スーパーバグMRSA173種のゲノム特定:料金£120、1日で判明 (BBC-Health, October 26, 2017)

「superbugs (スーパーバグ)」とは抗生物質の効かない耐性菌のこと。なかでも、世界中の病院で猛威を振るっているのが「MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」。鼻の中や皮膚に付着していることが多い。薬用クリームや「antiseptic baths (殺菌バス)」で除菌…

英国のタバコ規制強化:巨人JTも遂に北アイルランドから撤退! (BBC-News, October 25, 2017)

日本の準国営企業「JT (日本たばこ産業(株)」の子会社「JTI (JT International)」は、2007年4月、イギリスのタバコ会社「Gallaher (ギャラハー)」を約 1兆 7,800億円で買収し、JTは世界 3 位の巨大タバコメーカーに躍り出た。そして、健康に有害なタバコを世…

パトカーが追突事故:車は炎上、危機一髪でドライバー脱出 (BBC-News, October 26, 2017)

「ポリ公」とは巡査を罵っていう語、と辞書にある。その「ポリ」はもちろん「police」。しかし、英語の「police」の初期の発音は、古代ギリシャの都市国家「Police」と同じく、第1音節「po-」を強く発音した。つまり、「police」とは、「文明」、「国家」、…

バイキングが愛して食べて、皮を剥いだリス:ハンセン病の元凶? (BBC-News, October 25, 2017)

CODによると、Viking (バイキング) とは、[ 8世紀末から11世紀中頃にかけて、ヨーロッパ北西部の海岸にやって来ては略奪し、また各地に住み着いたスカンジナビア人の海賊あるい交易商人。] "Any of the Scandinavian seafaring pirates and traders who raid…

環境汚染の犠牲者:年間900万人、そのほとんどが経済弱者 (BBC-Health, October 20, 2017)

ショッキングな事実が明るみになった。 「The Icahn School of Medicine at Mount Sinai (マウントサイナイ医科大学)」のPhilip Landrigan 教授らが、医学雑誌「The Lancet」に発表した研究プロジェクトの結果だ。 今や環境汚染 (pollution) が世界的規模で…

タンパク質 Hira の攻撃力:ガン腫瘍もウィルスも叩きつぶす! (BBC-News, October 19, 2017)

「ヒラ (平)」とは、平凡、並み (ordinary) のこと。「ヒラ社員」などと言う。 しかし、英語で「Hira (ヒラ)」と呼ばれるタンパク質は、ものすごい (extraordinary)。医学界では、これを「histone chaperon complex (ヒストン・シャペロン複合体)」とも言う。…

ストーンヘンジ:食糧をScotlandから運んだ大事業 (BBC-News, October 19, 2017)

今から4,500年前 (BC2,500頃) の新石器時代 (Neolithic age)、England 南部の Londonから西に約200kmの Wiltshire (ウィルトシャー州)「Durrington Walls (ダーリントン・ウォールズ)」は、「feasting and ceremony (祝宴や儀式)」が執り行なわれる場所であ…

ガン腫瘍の悪玉とその取り巻き:隠れた悪玉を捜し出せ! (BBC-Health, October 19, 2017)

これには驚く。 ガン腫瘍 (tumours) には数万を数える違った種の「mutations (突然変異株)」が存在する。しかし、たった 1ヶ、多くて 10ヶの悪玉が、さまざまなガンを引き起こす「driver mutations (ドライバー遺伝子変異)」であった。具体的には Num. of dr…

「魔法のキノコ」:うつ病の苦しみが消えた! (BBC-Health, October 14, 2017)

子犬から逃げて野に走り出たアリス。そこで見つけたのは大きなキノコ (a large mushroom)。キノコの笠の上には、腕を組み、長い水キセル (a long hookah)を口にくわえた「大きな青い毛虫 (a large blue caterpillar)」が座っている。そして、こんな謎めいたこ…

人の寿命の20%は遺伝子が決める:残る80%はあなた次第! (BBC-News, October 13, 2017)

人間の「genetic code (遺伝子コード)」を解析すると、その人の寿命が見えて来るという。 Edinburgh大学の Dr Peter Joshi らの研究チームが、60万人以上の遺伝子コードを使い、「natural experiment (自然実験)」で確認した。人によっては、生まれつき太る…

鹿が線路わきに立往生3時間:電車のショックで動けない! (BBC-News, October 13, 2017)

鹿 (deers) は古来より神の使いあるいは薬師如来の化身と崇められた。平泉の毛越寺(もうつうじ) は、白鹿によって導かれた慈覚大師円仁 (えんにん) が、そこに堂を建立したのをはじまりとする。 さて、遠く離れたスコットランドのこと。 その奇妙な出来事は、…

お母さんの赤ちゃん言葉「マザリーズ」:その魔術! (BBC-Health, October 12, 2017)

人は、そのときの体調や話かける相手によって、あるいは緊張の余り ・nasal (鼻声)・hoarse (しわがれ声)・gravelly (しゃがれ声)・velvety (柔らかい声) など、色々な声音 (timbre)で話している。 「Princeton Baby Laboratory (プリンストン乳幼児研究所)…

世界で138兆円の医療費:肥満の悪夢が現実となる日! (BBC-Health, October 11, 2017)

『この40年の間で10代の肥満児は10倍に膨れ上がり、世界全体で 1億 2,400万人となった』。これは「The World Obesity Federation (世界肥満連盟)」に属する「Imperial College London」の Majid Ezzati 教授らがまとめた「肥満に関する分析結果」の結論だ。…

Scotlandで「一番幸せを感じる都市」ダムフリース:どんなところ? (BBC-News, October 11, 2017)

「ニス川 (River Nit)」は Scotland の南西部を流れ、最終的には Scotland と Englandとの国境(くにざかい)の「Solway Firth (ソルウェー湾)」に流れ込む。その河口の近くに商業都市 (market town) の「Dumfries (ダムフリース)」が広がる。人口は約 5万人。…

山は神々が降臨する神聖なところ:ゴミを捨てるとバチが当たる! (BBC-News, October 10, 2017)

上古の昔、大和に住む人々にとって、ヤマ(山)は「sanctuary (神聖な場所)」。そこは「人の立ち入らない所であり、神が降りてくる所であり、異郷との境でもあった。[大野晋:古典基礎語辞典]」 そして「mountains」は、ギリシャの最高峰「Mount Olympus (オリ…

「健康、ヘルシー食品」は本当にヘルシーか?:塩分含有量に注意! (BBC-News, October 4, 2017)

高血圧に悩まされている人は多い。塩分の摂り過ぎも、その原因の一つであることはよく知られている。しかし、Ms Sarah Alderton によると、毎日の食卓に上る調味料にも、塩分含有量の高いものがあり、気づかない内に塩分を摂り過ぎている。 "Pesto is an eve…

「醜いアヒルの子」がいじめを受けて!:傷ついた心は回復するか? (BBC-Health, October 4, 2017)

「いじめ (bullying)」をテーマにした童話と言えば、Andersen (アンデルセン) の「みにくいアヒルの子 (The ugly duckling)」。これは余りにも有名。 卵から孵(かえ)るのが一番遅れたアヒルの子。羽の毛は灰色で体も大きい。一緒に孵った他のヒナに比べて「…