読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

ぴっちりジーンズ、ハイヒールが体に悪いって!:それ、本当なの? (BBC-Health, March 14, 2017)

「イギリス脊椎協会 (The British Chiropractic Association, BCA)」によると、足にぴっちりジーンズ (skinny jeans) や、ハイヒール (high heels)、大型トートバックは首、肩、背中を傷めるので注意が必要だ。 ファッションの先端を走るモダンスタイル (mode…

「16億年前」の海苔(のり):地球上に最初に現われた植物 (BBC-Science & Environment, March 14, 2017)

太陽系の惑星の一つとして、地球が誕生したのは46億年前。そして、42億 8千万年前、地球上に「単細胞の微生物 (single-celled microscopic life)」が現われた。それは、21億年前に、DNA を膜で包んだ核 (nucleus) が内在する真核生物(eukaryotes)に進化し、さ…

「1兆分の1」の驚異的な臭覚センサーで:ガン・血糖値を探れ!  (BBC-Health, March 13, 2017)

「ppm, parts per million」とは、100万分の 1のこと。濃度 (concentration) の単位だ。 イタイタイ病の原因となった重金属カドミ (cadmium) Cd は、お米 (玄米) に1 ppm まで含まれていても日本国内で流通していた。「健康に及ぼす影響が少ない」と駄々をこ…

エトナ噴火20170316:命からがら脱出、死ぬかと思った! (BBC-Business, March 17, 2017)

これは、BBC記者Ms Rebecca Morelleが偶然に遭遇し、その目で見てまとめた「エトナ噴火 (Etna explosion)」の命がけの報告だ。参考にすべき点は多い。 先週の 3月 16日木曜日。その日、BBCチームはイタリア南部シチリア島にそびえるエトナ山 (標高3,329m )に…

生乳 (無殺菌乳) チーズ: おいしいけれど、食中毒の危険も! (BBC-News, March 10, 2017)

北米、ヨーロッパ旅行の楽しみの一つは、なんと言ってもチーズ (cheese)。これにブドウ、イチゴなどの果物を添え、白いカップにコーヒーを注ぐと、最高の贅沢気分となる。とくにパリではチーズの種類が豊富で、値段が破格だった。 チーズは牛乳の他にもヤギ…

ビルの47階から真っ逆さまに落ちた!:が、奇跡的に助かった人 (BBC-Magazine, March 9, 2017)

[ 地上 3 階建ての高さから人が落下すると、生存率は 50%。それが 10階建てのビルになると、ほとんど助からない。ところが、ビルの 47階、地上から 144mの高さから真っ逆さまに落ちて、奇跡的に助かった人がいた。] "Only half of the people who fall thre…

アボリジー先祖の歴史:DNA解析で見えた50,000年前 (BBC-News, March 9, 2017)

アボリジー (Aborigine) の語源はラテン語「ab origine」、すなわち「from the beginning (当初から)」の意で、「イギリスの入植者 (colonists)」の反意語として、1500年頃から差別に使用された言葉だ。日本語では「原住民」となる。 今でこそ、「inhabitant…

イギリスの大気汚染:どんなにひどいか、だって? (BBC-Science & Environment, March 6, 2017)

イギリスの大気汚染についてBBC-Blog「So I Can Breath」が調査し、「その主たる責任はどこにあるのか」、「今後、何をなすべきか」についてまとめた。 1.イギリスの大気汚染は、どれだけひどいか? 大気汚染が、健康を阻害する主な要因の一つであることは…

若もの達のタバコ離れ:昔クール、今ダサイ! (BBC-Health, March 7, 2017)

タバコを指に挟んで、ちょと伏し目がちなポーズをとり、時々、思いついたようにタバコを吸っては、その煙をスーッと吐き出す。そんな姿が「恰好いい (cool)」と、もてはやされた時代もあった。映画やテレビドラマでも、タバコの煙を燻(くゆ)らせる場面がが多…

孤独のマンモス:絶滅した本当の理由が、今明かされる! (BBC-Science & Environment, March 3, 2017)

今から数万年前、マンモス (wooly mammoths) は北米 (North America) やシベリア(Siberia) に数多く生息していた。それが、約一万年前頃から人間の狩猟の的となって追い回され、さらに環境変化が重なって、約 4,000年前に絶滅したとされる。 しかし、マンモ…

ダイヤモンド:それはいつ、どこで生成されたか! (BBC-Earth, March 2, 2017)

ダイヤモンド。この宝石には誰もが魅了される。その透き通った清らかさ、光が飛び散る輝き、キズを寄せつけない完璧な守り。まさに宝石の中の王と言われるゆえんだ。 「diamond」の語源はギリシャ語「adamas」。つまり「何ものにも屈しない(untameable, invi…

寝不足・寝過ぎで肥満に!:食べ過ぎ、運動不足だけではなかった (BBC-News, March 1, 2017)

健全な体重は、健康のバロメータ。食べ過ぎ、運動不足は過体重 (overweight) や肥満(obesity) を招く。 ところが、Glasgow 大学の「The Institute of Cardiovascular and Medical Sciences (心臓血管医療科学研究所)」の Dr Jason Gill, Dr Carlos Celis ら…

治るはずがない骨粗鬆症:治療薬が骨をボロボロにしていた! (BBC-Health, March 1, 2017)

骨粗鬆症 (osteoporosis)は、骨密度 (bone density) が低下し、全身の骨がスカスカになる病気。軽く転んでも、股間接(hip)や大腿骨 (femur) にヒビが入りやすくなる。すると歩行に支障を来し、体力が急激に衰えるから恐ろしい。 イギリスで患者数 300万人。し…

地球の歴史はまちがっていた?:生命の出現は42億8千万年前だ (BBC-Science & Environment, March 1, 2017)

これまでの「地球と生命の歴史」を一挙にくつがえす大発見があった。 太陽系で地球が形成されたのは 46億年前。定説では、その約1億年後に天体が地球に衝突して月ができた。やがて36億年前になると、海底の「hydrothermal vents (熱水噴出口)」に生息する微…

ケルトの黄金トルク:2,500年前ドーバー海峡を渡った高貴な人とは (BBC-News, February 28, 2017)

その日、Mr Mark Hambleton は、金属探知器を用いた地中の宝探しに疲れて、もう止めようとしていた。すると、相棒の Mr Joe Kania が、何か見つけたようだと言う。相棒はポケットから大きなトルクを引っ張り出して、私の目の前にブラブラさせて見せた。 その…

ガン・心臓病が逃げた!:やっぱり果物、野菜が切り札 (BBC-Future, February 27, 2017)

人はパンだけでは生きられない (Man cannot live on bread alone.)。パンを白米 (rice)に変えてみたところで同じだ。第一、無鉄砲な「早飯食い競技大会」でもない限り、ご飯もパンもそんなに食べられない。これは「sensory-specific satiety (感覚性特異飽満…

手押し式井戸ポンプがアフリカを救う:地下水を絶やさないために! (BBC-Science & Environment, February 24, 2017)

泉、湖や川は、清浄な飲み水を確保するための大事な水資源だ。しかし、アフリカ東部の国 South Sudan, Somalia, Ethiopia, Kenyaは、近年、深刻な干ばつに襲われ、小さな湖や川は地上から消えた。およそ 2億人の命を守るためには、どうしても地下水に頼らざ…

その洗濯とドライブが海を汚染する!:なぜ? (BBC-Science & Environment, February 22, 2017)

毎年、推定950万トンのプラスチックゴミ(plastic waste)が世界中の海に捨てられている。その結果、地球上に生命を誕生させ、これを育んだ海(ocean)は、どこでも汚染が拡大した。とくに生命体への被害が深刻な汚染物質は、プラスチックゴミの15 - 31%を占め…

目の届かない地下はグチャグチャ!:フラッキング石油採掘 (BBC-Science & Environment, February 21, 2017)

原油 (petroleum) や天然ガス (natural gas) は、地下数千メートルの緻密な頁岩 (shale)層に含まれることが多い。数十年前、このような地層に、主として水、砂、化学物質から成る混合体を高圧で送り込んで、瞬時に周囲を破砕し、原油やガスが通りやすいよう…

食べものを粗末にすると、どうなるか:地球の裏で泣く人が! (BBC-News, February 20, 2017)

政情の不安定な南スーダンでは食糧不足が蔓延し、多くの子どもが栄養失調に陥っている。しかし、この事実とは全く裏腹の、何とも皮肉な研究報告が「Agricultural Systems」に掲載された。 "It says the world consumes about 10% more food than it needs, w…

ケチャップが滑り落ちるボトル:これで一滴もムダなし! (BBC-Science & Environment, February 20, 2017)

ボトルに入ったケチャップやハミガキなどを使い切るあなたの方法は、次のどれ。 ・ボトルを逆さにし、その底をトントンと叩く・ボトルを激しく振る・ボトルを何かにトントン打ち付ける しかし、どんなに「もったいない」精神があっても、ケチャップ、マヨネ…

Walesの蜂蜜の効能:ミツバチは全ての人間を幸せにしてくれる! (BBC-News, February 19, 2017)

蜂蜜 (honey) はチーズ (cheese) と似ている。種類が豊富で、値段も産地によって大きく違う。店頭では、つい、どれにしようかと迷ってしまう。 しかし、選ぶときのコツは、色と香りにありそうだ。新鮮な蜂蜜は、蓋(ふた) を開けた瞬間に、花の香りが漂う。 …

ジーランディア大陸:南半球に不思議な大陸があった! (BBC-News, February 17, 2017)

地球上に大陸が幾つあるかだって?中学校の社会科の時間で習ったような気がする。6つ、いや 7つかな。その正解は、日本とヨーロッパでは違う。日本では、Europe からEur をとって Asia に組み合わせた「Eurasia continent (ユーラシア大陸)」の名前が好まれ…

サッカー選手のヘッディング:脳外傷を招き、認知症に?  (BBC-Health, February 15, 2017)

病気 (diseases) とその原因 (causes) との関係、いわゆる因果関係 (cause-and-effect link) については、これまで、ずっと争われて来た歴史がある。農薬 DDTとガン・奇形、タバコとガン、無機水銀と水俣病、大気汚染と喘息などの呼吸器系疾患、食品添加物や…

大気汚染がひどいぞ、イギリス!:EU最終警告を突きつける (BBC-News, February 15, 2017)

イギリスの大気汚染 (air pollution) が深刻だ。今年 2017年の年が明けての 5日間、ロンドンは、EU (欧州連合) が定めた大気中の「二酸化窒素 (nitrogen dioxide)」濃度の年間平均規制値 (annual air pollution limit) 40 µg/m3を越えた。さらに、2月に入って…

Star Wars「宇宙哲学」講座:The Force(理力)の深奥に迫る! (BBC-News, February 10, 2017)

「force (力)」の語源はラテン語「fortis」で、「strong (強い)」の意。 宇宙の賢者ジェダイ・マスター「Yoda (ヨーダ)」が放つ「The Force」は限りなく強大だ。宇宙戦闘機を軽々と空中に浮遊 (levitation) させ、未来をも読み解く。 Lucasfilm の映画「Star…

ヒ素汚染「米」から身を守る!:炊飯・調理に一工夫を (BBC-Health, February 10, 2017)

ヒ素 (arsenic) は恐ろしい毒物だ。西洋では、その昔、「assassination (暗殺)」に使われ、日本ではヒ素鉱石から「rodenticide (殺鼠剤)」の「石見 (いわみ) 銀山ねずみ取り」、「猫いらず」が作られた。 ヒ素は土壌 (soil) にも含まれる。Bangladesh では飲…

レタスが買えないって!:それなら野山で山菜摘みを(その2) (BBC-News, February 8, 2017)

Weeds (雑草) の語義を COD (12 ed) は" A wild plant growing where it is not wanted and in competition with cultivated plants."[ 生えて欲しくない場所に生えて、栽培植物と競合する草] と定義する。 「雑草のごとく」と形容されるように、その生命力…

レタスが買えないって!:それなら野山で山菜摘みを(その1)(BBC-News, February 8, 2017)

イギリスのスーパーでは、レタス (lettuce)、ズッキーニ (courgettes) などの野菜が品薄状態だ。このため価格が高騰し、多くの店が販売制限 (ration) までやり出した。野菜の生産国かつ輸入先のスペインが洪水と雪のダブル・パンチを受けたことに原因がある。…

栄養素の豊富な「super-foodキヌア」:インカ帝国の「母なる穀物」 (BBC-Science & Environment, February 8, 2017)

「キヌア(quinoa)」は、不思議な穀物(grains)だ。 今から7,000年以上も昔に、キヌアはすでにアンデス山脈の中腹「Lake Titicaca (チチカカ湖)」周辺で栽培 (domesticated) されていた。そこは、ほぼ富士山の高さに匹敵する標高3,812mに位置し、冷たい風が吹…

植物と人間の知恵比べ:片や、遺伝子コードを盗んで対抗  (BBC-Future, February 6, 2017)

人間が「熱い!」と感じるのは、皮膚に張りめぐらされた末梢神経に秘密がある。もちろん、そこでは触覚も働くが、神経細胞に埋め込まれた特殊なタンパク質TRPV1が熱感覚の重要な役割を果たす。TRPV1は神経組織のイオンチャネル (ion channels) で、「thresho…

走れバイソン、ロッキーの山々に地響きを!:勇猛果敢さを見せよ (BBC-News, February 6, 2017)

北米大陸の西にそびえるロッキー山脈はまさに雄大。その地に立つと、自然のスケールの大きさと懐(ふところ)の深さに圧倒される。かって、ロッキー山脈東側に広がる台地「Great Plains」一帯には 3千万頭の Bison (バイソン) が地響きを立てて走り回っていた…

人の心を癒(いや)す音:苦しめる音 (BBC-Health, February 3, 2017)

ショパン (Chopin) のピアノ曲「Nocturn No20 (ノクターン第20番嬰ハ短調)」は、シットリと人の心を魅了する。また、風が松林を駆け抜ける松濤 (しょうとう) や小川のせせらぎを耳にすると、心は自ずとなごみ、傷ついた心も癒される。 しかし、同じ「sounds …

朝どうしても起きられないって!:これで体内時計のリセットは完璧 (BBC-Health, February 2, 2017)

夜はなかなか眠れないのに、朝、起きるのがつらい。ようやくベッドから這い出しても、頭はボーットしてフラフラ (groggy)。眠気 (sleepy) がとれない。 こんな人は体内時計 (body clock) の修復またはリセットが必要だ。 Colorado Boulder大学の Dr Kenneth …

乳酸菌ヨーグルト:腸内細菌のバランスに役立っているって? (BBC-Health, January 30, 2017)

毎日、テレビや新聞の広告で繰り返される「美肌効果」、「ヒアルロン酸サプリで膝の痛みがとれた」、「花粉対策には...錠」などなど。でも、本当に、コマーシャルで力説されるような効果があるのだろうか。少なくとも、いつ、誰がどこで立証試験を行なったも…

植物がいやし、つくり出す!:人の健康と幸せ (BBC-Science & Environment, January 29, 2017)

短編小説の傑作、O. Henry (オー・ヘンリー)の「The last leaf (最後の一葉)」に描かれた「一枚の葉っぱ」。窓の外に見えた、そのたった一枚のツタの葉で、生きる希望を失いかけていた画家ジョアンナの心は救われる。 その気持ちは、病室で過ごさざるを得な…

魚のメチル水銀に要注意!:地球温暖化で毒性濃度が急上昇 (BBC-Science & Environment, January 28, 2017)

北半球の魚に異常が起きている。水俣病の原因となったメチル水銀 (methylmercury)の濃度が上がっているのだ。炭素 (C) と水銀 (Hg) が結びついた、この有機金属化合物(organometaric compounds)は、人体に極めて有害 (toxic)。とくに子どもの神経組織(nervou…

フランスのレストラン:ソフトドリンク「おかわり・飲み放題」禁止 (BBC-News, January 27, 2017)

スパゲティにうどん、春巻き、サラダなどなど、色々な料理を一度に味わうことができる「バイキングスタイル (smorgasbord or buffet styles)」は、比較的廉価で気楽に楽しめるため、日本でも人気だ。とにかく、「食べ放題 (all-you-can-eat)」が受けている。 …

賢者ヨーダの心:その心に近づく秘訣とは! (BBC-Future, January 24, 2017)

「叡知 (wisdom)」の「叡(えい)」とは、深い谷底をえぐるように、その目で事の本質・真理を見極めること。したがって「wisdom」とは決して単に人の「賢さ」や「頭の良さ」、「道理・分別をわきまえる能力」を表わす言葉ではない。むしろ、通常の心の境地を超…

気むずかしい人と寛容な人:脳の形態で性格がわかる! (BBC-Health, January 25, 2017)

ヒトの大脳 (brain) の表層には、シワシワの「大脳皮質 (cortex)」があり、重さは脳全体のおよそ50%を占める。そこには神経細胞 (nerve cells) が詰まっていて、人体の司令塔の働きをする重要な器官だ。 ところが、大脳皮質の大きさも、ヒダの数も人によっ…

君は見たか!:あれが「オーストラリアの炎」だ (BBC-News, January 23, 2017)

宝石「opal (オパール)」の語源はラテン語の「opalus」。しかし、そのラテン語も古代インドのサンスクリット語の「upala (gem stone の意)」に遡 (さかのぼ) る。 このことから分かるように、オパールはその昔、インドからヨーロッパにもたらされた。 なお、…

焼き焦げの有毒アクリルアミド:発ガン性リスクが高い!  (BBC-Health, January 23, 2017)

キツネ色 (golden yellow colour) にパリッと焼いたトーストの食感は格別。それに、アツアツのベークドポテト (baked potatoes) にバターを塗って食べるのも堪らない。そして、食後に、熱いブラックコーヒーをすする。なんと幸せなことか。 しかし、「The Fo…

おまえもトランプか!:ややっこしい「トランプ」のはなし (BBC-News, January 18, 2017)

日本語で「トランプ」と言えば、英語の「cards」のこと。明治の始めの頃、日本人は、このゲームに熱中した西洋人が頻繁に「trump (切札)」と口にするのを耳にして、思い違いをし、「cards」をトランプとしてしまった。 また、「trump」には「trumpet (トラン…

自走ロボットのナビ設計:精巧なアリの脳神経回路を写し取れ (BBC-Science & Environment, January 19, 2017)

地球上の、どの生物 organisms) の器官・働きにも、目を見はるものがある。魚やイルカなどは水の流体抵抗を極力減らすために体型や皮膚の構造を進化させた。そして一部の昆虫や鳥は効率よく空を飛べるように骨の組織や羽・翼を進化させ、トンボ、カラスなど…

超能力、UFO機密文書:CIAが一挙にオンライン公開  (BBC-News, January 18, 2017)

機密 (secret) 扱いとして隔離された文書ほど、その中味を知りたくなるのが人情。 「The US Central Intelligence Agency, CIA (アメリカ中央情報局)」が秘匿する極秘文書の中に、アメリカ陸軍が進めた超能力研究計画「The Stargate programme (スターゲイト…

野鳥の生態系に異変:野に放たれた外来種ペット大いばり (BBC-Science & Environment, January 13, 2017)

我がもの顔の人間の、身勝手さと我がままと飽きっぽさから、野生生物の生態系が壊されることは多い。 釣りが好きだと言っては、近くの川や池にブラックバスを放流し、テレビアニメでかわいいと言ってはラクーンを飼い、面白そうな花だと言ってはセイタカアワ…

イギリス南極基地の棚氷に亀裂: ハレー基地は一時閉鎖に! (BBC-Science & Environment, January 16, 2017)

南極の異変は続く。棚氷 (ice shelf) に次々と亀裂が入り、裂け目が広がっている。 イギリスの南極基地「Halley base (ハレー基地)」は「Brunt Ice Shelf (ブラント棚氷)」の上に設営されている。その基地から数十kmほど内陸に入った地点で、昨年の10月31日…

ストレスは毒薬: 心臓さえ壊し、身も心もガタガタに! (BBC-Health, January 12, 2017)

たばこを止めて、お酒を控え、食事にも気を遣って健康に十分注意しても、心臓血管疾患 (cardiovascular disease) や脳卒中 (stroke)のリスクから逃れ切れるとは限らない。 現代社会では、職業が不安定(job insecurity)で、その上、仕事は重い(heavy workloards)。…

ガーリックの口臭が消えた!:その、とっておきの裏技とは (BBC-Future, January 10, 2017)

自分では気がつかない、体から発する臭いは他人にとって迷惑。にんにく (garlic) を食べると、翌朝になっても、吐く息には強烈な臭い (pungent scent) が残る。 "Keeping one's stench to a minimum is a common courtesy."[ 口臭をできるだけ抑えるのが、エ…

どんな運動でもいい:それは確実に死神を遠ざける! (BBC-Health, January 10, 2017)

これは耳寄りな話だ。 世の中には、ものぐさな人 (idlers) もいれば、運動嫌いな人もいる。また逆に、仕事で忙しく働く人もいれば、自称アスリート (athletes) と自慢する人もいる。しかし、どんな人にとっても健康 (health) が大事であることには、変わりは…