ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

引っ張り歩くラゲージが横揺れしたら:さらに引っ張れ! (BBC-Science & Environment, June 20, 2017)

身近な日常の疑問に、明快な答えを与える研究には「小気味よさ」がある。 「Universite Paris-Diderot (パリ・ディデロ大学)」の Dr Sylvain Courrech du Pont らの研究チームは、「ラゲージを引っ張り歩くとき、なぜ左右に大きく横揺れするのか」に着目した…

ネコ(猫)は遠いむかしから制約が大嫌い!:何よ、私は私なの! (BBC-Science & Environment, June 19, 2017)

「猫が顔を洗うと、天気になる」と、子どもの頃に良く聞いた。猫には不思議な予知力がある信じていた古代人の思いのなごりのようだ。ただし、一方で、「猫に小判」、「猫かぶり」とも言い、猫の扱いにブレが見られる。 猫は、ときに甘いなき声でじゃれつくか…

ココナッツオイル:健康食品どころか、「摂りすぎに注意!」 (BBC-Health, June 16, 2017)

巷 (ちまた) に流れる情報には、ときに紛らわしいものもある。健康食品情報もその一つ。ココナッツオイルが健康に良いとする「social media sites」も多い。 しかし、世界的な権威機関と称される「The American Health Association, AHA (アメリカ心臓協会)…

野菜メニュー:食べてもらうにはハチャメチャ・ネーミング! (BBC-Health, June 13, 2017)

[ 野菜を沢山食べると体に良いことは、ほとんど誰でも知っている。でも、それを実行している人はごくわずかだ。]"Although most of us know that we should eat plenty of veg, too few of us do it." WHO (世界保健機関) は少なくとも 1 日 400gのフルーツ…

巣作りは「早いもの勝ち」!:ミツバチと小鳥の世界のゲーム理論 (BBC-Science & Environment, June 13, 2017)

古いことわざに、「先んずれば、人を制す」とある。その出典は「史記- 項羽本紀」に書かれた「吾聞、先即制人、後即為人所制」。「先手、必勝」とも言う。 どうやら、これは「人との争い」や「戦い」、「剣道の技」に限らず、ミツバチや小鳥たちの世界でも、…

少しでも体重を下げて!:それは病気のリスクを下げること (BBC-Health, June 12, 2017)

どうして、こうまで事態が悪化したのか、世界中の保健関係者 (public health) が頭を抱えている。肥満 (obese) の問題だ。 どんなに、政府当局が国民に対して「健康のためにファースト・フード (first foods) やスィーツ (sweets) の食べ過ぎに注意しましょ…

マンチェスターのスラム街で生きた子ども達:その一瞬の記録 (BBC-News, June 11, 2017)

Manchester (マンチェスター) はイングランド北西部に位置し、かって古代ローマ軍が前哨基地を築いた歴史の古い都市だ。産業革命時代には繊維産業で栄えたが、第 2次大戦ではドイツ軍の爆撃を受けて多くの人命が失われ、歴史的な建物や一般家屋も多数破壊さ…

タバコで胎児の肝臓が損傷:ES細胞研究で明らかに! (BBC-News, May 29, 2017)

これを理不尽と言わずに、なんと言えば良いのだろう。生まれてくる子供には何の罪もないのに、誕生したときから、すでに、その肝臓が徹底的に痛み付けられていた。原因はお母さんのタバコの煙。 "The live is vital in cleaning toxic substances and plays …

無敵(細菌)の敵は天敵!:救世主バクテリオファージの登場 (BBC-Science & Environment, June 8, 2017)

抗生物質 (antibiotics) は、患者の処方の他にも家畜の病気の予防・治療に大量に使用されている。イギリスでは、家畜に使われる抗生物質の割合は 40%。日本でも、魚の養殖から養鶏、養豚、畜産にと広く消費されている。 しかし、農漁業分野で発生した「antib…

結婚って何なの?:体を丈夫にすることさ! (BBC-Health, June 7, 2017)

「結婚」については、その意味を敢えて辞書で調べるまでもないが、ドイツ語で「結婚する」は「heiraten」と言う。その原義は「家の調度を整える」。不思議と古い日本語の「竈 (かまど) を持つ」に似ておもしろい。 結婚の前には、きちんと「二人の暮らしに向…

タマゴは栄養豊富:1日1個で子どもが大きく育つ (BBC-Health, June 7, 2017)

戦後、日本が貧しさから抜け出るために、子どもでもスコップ・鍬 (くわ) を握り、手に血豆をつくって必死で働いた。それでも、学校の弁当のおかずに、タマゴ焼きを持って行ける子どもは限られていた。 その日本もイギリス、フランス、ドイツ、北米と並んで豊…

前立腺ガンの死亡率急減:早期治療にアビラテロンが画期的効果 (BBC-Health, June 3, 2017)

前立腺ガン (prostate cancer) の治療方法で、医学界は揺れている。 昨年の9月、「Prostate cancer treatment 'not always needed' (初期の前立腺ガン:慌てて治療する必要なし!) [ Sept 15, 2016 ]」の記事で取り上げた Oxford 大学 Freddie Hamdy 教授らの…

ウェールズの子どもの入院:寝不足が原因だって? (BBC-News, June 2, 2017)

「寝る子は良く育つ (Sleep brings up a child well.)」と言う。では、眠れない子はどうなるか。これはイギリス「wales (ウェールズ)」で今起きている深刻な問題だ。 1950年代、イギリスの子ども達は、家族そろって夕食を食べ、その後はおしゃべりをしたり、…

その不思議な医療技術:心の悩みを書かせて、免疫力を高める! (BBC-Future, June 2, 2017)

この BBC の記事には「disclaimer (免責条項)」が付随する。記事の内容はあくまで「general information (一般的な情報)」であり、医学的、法的な医療責任を負うものではないことが記される。したがって、情報は読者の責任で、毎日の生活に活かすようにお願…

VCM耐性菌「スーパーバグ」:これを木端微塵に破壊する抗生物質 (BBC-Health, May 30, 2017)

どんなに「たまご酒」を飲んでも、あるいは漢方薬に頼っても、ある種の感染症では一向に埒が明かないこともある。そんなとき、医師が処方する抗生物質(antibiotics) の効き目に驚かされる。抗生物質の登場で、これまでどれだけの人命が救われたことだろうか…

夜、眠れないほど痛い腰痛:その痛みから解放されるために! (BBC-Health, May 29, 2017)

つらい、痛いと言って、これほど苦しいものものはない。一生の間に、80%の人が経験すると言われる腰痛 (back pain) のことだ。 BBC One の人気ドキュメンタリー番組「Doctor in the House」を担当するDr Rangan Chatterjeeは「腰痛」に見舞われたとき、どう…

クレタ島の村人はなぜ長生き?:その秘密は特別な遺伝子にあった! (BBC-Health, May 26, 2017)

地中海に浮かぶクレタ島。その歴史は古く、紀元前7,000年前から人が住んでいたとされ、ギリシャ神話 (Greek mythology) にも牛頭人身の怪物「ミノタウレス(minotaur)」が生まれた島として登場し、多くの遺跡が発掘されていることでも知られている。 そのクレ…

なぜエベレストに登るの?:酸素ボンベを盗むため! (BBC-News, May 25, 2017)

"Why did you want to climb Mount Everest?" [なぜ、エベレストに登りたいのか?]と問われて、" Because it's there." [ そこに、その山があるから。]と答えたのは、イギリスの登山家「George Mallory (ジョージ・マロリー [1886-1924])。 日本人にとって雲…

フラミンゴの足は1本しかないの?:その立ち姿の謎に迫る! (BBC-Science & Environment, May 23, 2017)

動物園では必ずと言っていいほど目にするフラミンゴ (flamingo)。長い首から羽にかけてピンク色に染まり、これまた長い足で厳かに立つ。しかも歩くとき以外、地上ではほとんどいつも1本足立ち (one-legged standing) だ。もちろん、その姿勢で眠ることだって…

マッシュルームの調理:グリルか電子レンジが一番だった! (BBC-Health, May 22, 2017)

キノコ (mushrooms) は菌類 (fungi) に属し、カビ (moulds) の仲間だが、カビとは大違い。、どのキノコも姿が美しい。一夜にして、森の中に生えることから、その昔、森(groves) の妖精 (faries) たちがつくるものと信じられた。 ただし、キノコには毒を含む…

「手の洗い方」を知ってる?:水でも、お湯でも違いがないって! (BBC-Future, May 22, 2017)

保育園児童でもあるまいし、いまさら「食事の前には (before eating)」、「おトイレの後には (after using loos)」よく手を洗いましょうでもないが、意外と、「hand-washing (手洗い)」の真実は知られていない。BBC broadcasterの Ms Claudia Hammondが、この…

新種の植物遺伝子コードを探せ!:次世代の食糧・医療革新のために (BBC-Science & Environment, May 18, 2017)

天気予報。それはだいたい当たるが、予報が外れて大変な目に遭うことも少なくない。まして、数年あるいは数十年先の気象変動を正確に予測することなど、不可能に近い。 農業に携わる人は誰でも知っているように、作物の生育や病害虫の発生は気象に大きく左右…

睡眠があたなの魅力を引き立てる!:スエーデンの科学大実験 (BBC-Health, May 17, 2017)

顔 (face) は心の鏡。悲しさや怒り、喜びなどの内的な感情に留まらず、その人の気品や貪欲な性格までも映し出す。さらに、体の具合も、顔に現われてしまう。 周りの人は、その顔の表情から、自らの印象・感性、経験などを頼りに、相手の心や体調に関する情報…

ガラガラヘビにキスを求めた男:拒絶され、咬まれて大けが (BBC-News, May 17, 2017)

マムシは薄黒く、どことなく気味が悪い。その上、強烈な毒を牙に隠し持っている。ところで、西部劇に登場するヘビと言えば、ガラガラヘビ (rattlesnake)。Oxford の英語辞書 COD は次のように説明する。 "heavy-bodied American pit viper with a series of …

アメリカの高校生の死因:自動車事故? いや、カフェイン! (BBC-News, May 16, 2017)

[ カフェイン (caffeine) は興奮剤。これを摂取すると、数分も経たない内に中枢神経に働き、注意力が高まり、眠気が覚める。]" Caffeine is a stimulant. It acts on the body's central nervous system within minutes, increasing alertness and reducing …

食事の質と量を誤ると肥満に:それがなぜ大腸ガンを引き起こす? (BBC-News, May 16, 2017)

Scotlandでは毎年「大腸ガン (bowel cancer)」と診断される患者は約 3.800人。そして、約1,600人がこの病気で死亡している。(日本で大腸ガンと診断される患者数は約14万人/年。死亡者数:約 6万人/年) その大腸ガンの原因として、肥満 (obesity) を見落とせ…

ベルギー人は明るいのがお好き!:宇宙人には目立ち過ぎ? (BBC-News, May 12, 2017)

ベルギー人は暗い夜が嫌い。だから、夜になると、国中の道路がまばゆいばかりの照明に照らされる。その数 220万個。 添付一枚目の写真は、フランスの宇宙飛行士「Thomas Pesquet (トーマス・ペスケ)」が「国際宇宙ステーション (The International Space Sta…

0.001秒間の宇宙の中の「自分」に気づく:そこに「心」あり (BBC-Travel, May 9, 2017)

刹那 (せつな) とは、指でパチンと弾く瞬間 (1禅指) の 1/65 の時間という。秒に換算すると、およそ 0.001秒か。禅の修行では、刹那せつなの注意力 (mindfulness) が大切とされる。 さて、USA の禅の研究者 Paul Reps が、「無門関」などから禅の神髄に迫る…

鎮痛剤 (非ステロイド性抗炎薬):「心臓発作」の恐れあり! (BBC-Future, May 10, 2017)

頭痛 (headache) や「変形性関節炎 (osteoarthritis)」で「非ステロイド性抗炎薬 (non-steroidal anti-inflammation drugs, Nsaid)」を服用している人は多い。日本では、誰でも薬局で「バファリン (アスピリン)」などの市販薬を購入できる。 しかし、イギリ…

ヨガ行者 (yogi) の秘法「火渡り」:「リアルタイムfMRI」で盗み取れ! (BBC-Future, May 8, 2017)

Roald Dahl (ロアルド・ダール) の名作「The Wonderful Story of Henry Sugar (ヘンリー・シュガーのすてきなお話)」には、ヨガ行者 (yogi) の秘法「火渡り」に触れた記述がある。Yogi は、いとも簡単に、青白く燃えている炭火の上を裸足で歩く。 もちろん、…

少女のPS製飛行機:ウェールズを空高く飛んで241km先に着陸 (BBC-News, May 4, 2017)

魔法使い (witches) は、人の目に見えないけれど、本当にいるのかも知れない。そんな話があった。 Wales の北西部「Gwynedd (グウィネズ)」は、地図上のシルエットがまるで魔女の顔立ちにそっくり。その魔女の頭に乗るように位置する島が「Anglesey (アングル…

なぜ、リンゴは一年中売られているの?:そこには秘密が! (BBC-Future, May 4, 2017)

秋の果物と言えばリンゴ。しかし、スーパーの売場には秋に限らず、ほとんど一年中並んでいる。そして、日本では地元産にもかかわらず、なぜか驚くほど高い値段で売られている。USAでもリンゴの輸入量は10%以下。しかし、イギリスで消費されるリンゴの 70%は…

痛みってどんなもの?:モルヒネと遺伝子治療薬と痛みの世界 (BBC-Future, April 27, 2017)

「痛いって感じたら、どんなに幸せ」。世の中には不思議な病気があるものだ。「先天性無痛症 (Congenital Insensitvity to Pain, CIP)」は、100人中数人の確率で発生し、世界中には数百万を数える人がこの病気で悩んでいる。熱湯を熱いとも感じないし、ナイ…

気候変動が花壇を襲い:伝統的なイギリス庭園が消える! (BBC-Science & Environment, April 26, 2017)

地球温暖化は世界中に異常気象と災害をもたらした。イギリスの天候にも異変が現われている。この数十年、スコットランドやイングランド北部の Cambria、Lancashire は豪雨と洪水に悩まされるようになり、逆にイングランド南部の Essexでは、強烈な熱波 (inte…

シャープな頭脳で病気なし:運動で「医者いらず」に! (BBC-Health, April 25, 2017)

子どもの頃は、小・中学校の朝の集会で、よくラジオ体操が行なわれた。やがて学生になり、卒業して勤め始めると、その体操とも縁が遠くなる。ラジオ体操は、運動として、何か中途半端なような気がするし、そのため、わざわざ時間をとるのも、どうかと思って…

フランスの「痩せぎすモデル」禁止:違反者に罰金930万円、禁固6ヶ月 (BBC-News, May 6, 2017)

フランスで痩せぎすモデルの禁止令が施行された。全てのモデルは「Body Mass Index, BMI (体格指数)」を提示し、健康であることを医師によって証明されなければならない。 今回の法案は先に提出されていた MPs 2015 法案をベースに作成されたものであり、医…

未知の力を秘めた野草:追われて、逃げて、たどり着いた先は! (BBC-Science & Environment, April 24, 2017)

地球は、広大な宇宙の中にあって、色々な生命体が互いにバランスをとり、あるいは支え合いながら生きている生息環境だ。どの生物にも、それぞれが誕生した理由があり、生き抜く権利があるはず。 小麦、米、野菜、果物などは、人類が野生種から改良し、育て上…

黒い花が散った日:産業革命を支えた黒いダイヤが消えた! (BBC-News, April 22, 2017)

桜の花は、美しく咲いても、いつかは散るもの。 1760年代、イギリスで始まった産業革命を支えたのは石炭だった。それから、およそ100年後の1882年、ロンドンの「Holborn Viaduct (ホルボーン・ヴァイアダクト)」で、世界最初の「Cetralised public coal-fire…

サイクリング通勤:ガン・心臓病の発症リスクが半減 (BBC-Health, April 20, 2017)

何が困ると言って、病気の原因が分からないほど困ることはない。頭だ、腰だ。いや、目の調子が悪いと、病院に駆けつけてみても、全てがうまく行くわけではない。世の中の病気には分からないこと沢山ある。なのに、ほとんどの医者は何でも知っている素振りを…

「ベルティンの火祭り」:かがり火燃えよ、ケルトは踊れ! (BBC-News, April 30, 2017)

Scotland の歴史を知らないと、Scotland の首相「Nicola Sturgeon (ニコラ・スタージョン)」が、なぜイギリスからの独立を強く主張しているのか、十分に理解できない。 大ざっぱに言えば、Scotland は Wales、Ireland と同様にケルト (Celt) の文化圏だ。 ケ…

これで脳の病気も怖くない!:ついに特効薬が発見された (BBC-Health, April 20, 2017)

「神経変性脳疾患 (neurodegenerative brain diseases)」とは、体の運動機能・制御に関わる脳の神経や脊髄 (spinal cord) の細胞が消失する病気だ。「Alzheimer's (アルツハイマー病)」、「Parkinson's (パーキンソン病)」、「multiple sclerosis (多発性硬…

糖尿病から腎臓病になるって!:タンパク質P2X7Rが悪魔の働き (BBC-News, April 20, 2017)

[ 糖尿病は血液中の血糖値が高くなる病気。世界中で約 4億 1,500万人がこの病気に罹患している。腎不全を引き起こす主要な原因でもある。][ このため、糖尿病患者の約 40%が、腎臓病を患ってしまう。] "Diabetes results in high levels of blood sugar and …

ジャガイモにルーバーブの毒:食べて死ぬ人も! (BBC-Future, April 17, 2017)

スイバ (スカンポ) の茎を噛むと酸っぱい。これは「シュウ酸 (oxalic acid)」が含まれているからだ。同じタデ科の仲間に「rhubarb (ルーバーブ):和名カラダイオウ」がある。形はフキに似ているが、その茎は赤く、太い。カナダに住んだとき、その茎を煮込ん…

未来都市「5Gのハブ」を目指せ:スウォンジー・ベイの戦略 (BBC-News, April 16, 2017)

5G とは「5th generation mobile networks (第 5世代移動通信システム)」の略。先進国間でその技術開発とインフラ整備に鎬(しのぎ)を削っている、マイクロ波を利用した高速大容量通信システムのことだ。 Wales の南の名門 Swansea 大学の「生命科学研究所(In…

土星の月「エンケラドュウス」に生命体?:可能性が高まった! (BBC-Science & Environment, April 13, 2017)

土星 (Saturn) の第 2の月「Enceladus (エンケラドュウス)」は、直径約 500km。表面が「ice crust (アイス・クラスト)」で覆われている。内部を構成する岩石体は、土星から受ける強力な重力によって歪められ、そのときに発生する内部摩擦熱によっ高温になっ…

ノコギリエイをバリバリ食う:どう猛なオーストラリア海水ワニ (BBC-News, April 12, 2017)

野生生物 (wildlife) の世界では、時代劇や西部劇のように、悪人とヒーローとが明確に別れてはいない。自然は「predators (食うもの)」と「preys (食われるもの)」とが共存する、情け容赦のない苛酷な生態系だ。 その「predators (食うもの)」を単純に悪と決…

パーキンソン病患者に光り:画期的な脳神経細胞の治療法が開発される (BBC-Health, April 11, 2017)

パーキンソン病 (Parkinson's disease) とは、脳内神経細胞が死滅し、神経伝達物質「ドーパミン(dopamine)」が減少する病気。病気の進行 に伴って、手に震い(tremor) や歩行・運動機能障害などが現われる。 なぜ、神経細胞が死滅するのか、その原因は不明。…

若もののチーズ・牛乳離れ:骨粗鬆症の発症リスクに拍車 (BBC-Health, April 12, 2017)

日本のほとんどの大学のキャンパスが、学園紛争で騒然となった 1960年後半から1970年代。学生の中には、貧しさから、当時売り出された即席ラーメンを常に食べ続けていた若ものが幾らでもいた。 その頃はもちろん、それ以前も、牛乳、ヨーグルト、チーズが果…

深海底に眠る宝の山:太陽光パネル素材のテルル (BBC-Science & Environment, April 11, 2017)

海には深さ10,000mを越える海溝 (trenches) もあれば、海底から高さ 3,000m級の山もある。 「カナリア諸島 (Canary Islands)」はアフリカ大陸北西沿岸に近い大西洋上に浮かぶ7つの島。その一帯の海底を海洋調査船「James Cook」で調べていた「英国国立海洋セ…

カートリッジ・インクの価格はなぜ高いか?:巧妙な心理商法 (BBC-Business, April 8, 2017)

インクジェットタイプのプリンターは数千円で購入できる。しかし、そのインクはすぐになくなるし、インクカートリッジの価格は結構高い。それは、なぜか。また、カプセルコーヒーの抽出機はお手軽値段に設定されているが、肝心のカプセルの値段は、これまた…