ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

処方箋の薬に「うつ病」の副作用あり:複数の薬の服用でリスク増! (BBC-Health, June 13, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/17B18/production/_101984079_gettyimages-667828974.jpg

 頭痛に食あたり、食べ過ぎと言っては、市販の薬を飲み、さらに病院から処方された高血圧、コレステロールの薬を飲む。すると、薬は確かに効いてはくれるが、副作用が現われることもある。その最も一般的な副作用が「うつ病 (depression)」だという。

 Illinois大学のDima Qato助教授らの研究グループは、US在住の18歳以上で、かつ2005-2014年の間に少なくとも一度は病院から処方を受けたことのある 26,000人の被験者に、研究に参加してもらい、薬の「副作用 (side-effect)」、「弊害 (adverse effects)」について調査した。(研究の詳細は医学雑誌「The Journal of the American Medical Association」に発表。)

 その結果、病院で処方された薬 (鎮痛剤や胃薬などを含む)の37%は、副作用として「うつ病」を発症させていることが分かった。
 さらに、うつ病を発症した人の割合は、服用する薬の種類が多くなるほど増加し、

・7% :服用する薬が1種類
・9%   :服用する薬が2種類
・15% :服用する薬が3種類以上
 
 しかし、「薬の服用」と「うつ病の発症」との関連性が分かっても、その原因 (なぜ、うつ病が発症するのか)については不明。
 病気それ自体が、気分を落ち込ませているのか、それとも、潜在的うつ病のリスクが心の中に潜んでいるのか、判断できないのだ。

 これは著者個人の意見だが、発症メカニズム(あるいは物理現象のメカニズム)を明らかにできなかったからと言って、その研究結果に意味がないとする意見には賛成できない。「薬を飲むと、うつ病の発症リスクが高まる」。この事実が確認されたことこそ重要だ。

 ただし、「The Royal Pharmaceutical Society (王立薬剤師会)」の David Taylor教授によると、現在、何らかの薬を服用している人で、うつ病の症状がなければ心配する必要はないとのこと。
 一方、薬を服用するときは、医者任せではいけない。自分で「注意書き」をよく読むか、Onlineで調べて「副作用に注意」を払う必要がある。

 なお、USの成人の約5% (約150万人)がうつ病に苦しんでいるという。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

超高級バッグ「Hermes Birkin(エルメス)」:2008年型の価格は? (BBC-News, June 13, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/28E5/production/_101996401_gettyimages-528104186.jpg

 かって、ベルギーの一流の職人が織った「tapestry (タペストリー)」は、その1枚で城が買えるほどの値段が付いたと言われる。しかし、タペストリーほどの迫力も大きさもないのに、目の玉が飛び出るほど高価な「handbag (ハンドバッグ)」がある。
 その名は「Hermes Birkin (エルメスバーキン)」。女性の誰もが憧れる超高級大型バッグだ。なにしろ、価格は、並みの「Hermes」でも100万円以上と聞くと、貧乏人の庶民にとっては、そんなバッグなど、この世に本当にあるのかと耳を疑ってしまう。
 しかも、すぐに買えない。注文してから手元に届くまで長い長い期間待たされる。

 さて、「Hermes (エルメス)」は、1830年代に馬具の革製品をつくる工房から出発したフランスの高級ファッションブランド・メーカー。その製品「Hermes Birkin」にはエピソードがある。

 イギリスの女優「Jane Birkin」がParis発London行きの飛行機に乗った際、たまたま隣りの席になった「The chief executive of Hermes (エルメスの最高責任者)「Jean-Lowis Dumas(ジャン-ルイ・デュマ)」から、「holdall (大型の旅行カバン)」のデザインの提供と、そのカバンにBirkinの名前を使わせて欲しいと申し込まれた。
 このとき、Birkinは「死ぬほどうれしくて」、「Yes, yes, yes.」と言ってしまったという。

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/C525/production/_101996405_3200.jpg

その後、「Hermes Birkin」は世界で最も「sought-after accessories (手に入り難いアクセサリー)の1つになった。
 なかでも「2008 Himalaya Birkin」は、横幅が30cmの「niloticus crocodile hide (ナイルワニの皮革)」製。特徴的な小さなカギには18カラットの「white gold diamond」がまぶしく輝く。その艶消しカラーのグラデーションは、雪で覆われたヒマラヤ山地をイメージした一品だ。
 不思議なことに、Kim Kardashian (キム・カーダシアン), Victoria Beckam (ヴィクトリア・ベッカム), Celine Dion (セリーヌ・ディオン)などの名だたる世界のセレブが、その手にするのは、みな「Himalaya Birkin 」の「rare」ものだ。

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/13A55/production/_101996408_comp2.jpg

 
 「2008 Himalaya Birkin」の1つが、2018年6月12日(火)、Londonの Christie'sで開催されたオークションにて、「handbag」としては最高価格の £162,520 (約2,390万円)で落札された。
 この価格では、さすがに城は買えないが、これほどのお札があったら、地方都市の新築の家などは容易に購入できるに違いない。

 人の贅沢には、ただただ驚くばかりだ。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

前立腺ガンは遺伝子異常が関与:唾液サンプルDNA解析が決め手! (BBC-Health, June 11, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/151FF/production/_101972568_dnatest_gettyimages.jpg

 これは穏やかではない。
"One in eight men develop prostate cancer at some point in their lives.”
[ 男性の8人に1人が、人生のいずれかの時点で前立腺ガンを発症する。]

体の中に密かに住み着く悪性腫瘍ガンは、どんなガンだって怖い。しかし、自覚症状が現われ難いガンと言われては、不気味だ。さらに、前立腺ガンは遺伝性が強く、家系にこのガンに罹患した人がいれば、本人の発症確率は、普通の人の2倍以上とされる。

 遺伝的に前立腺ガンの発症リスクの高い人は10人に 1人 (10%)、また、普通の人に比べて 6倍以上と、極端なハイリスクを抱えた人は100人に1人 (1%)と言われる。
 イギリス (Britain)では、毎年、47,000人が前立腺ガンと診断され、11,000人が死亡している。

 ところが、残念なことに、現在のところ、これを診断する単独かつ信頼できる検査方法は存在しない。一般には「PSA blood test (前立腺特異抗原血液検査)」、「biopsies (生体組織検査)」、「physical examinations (健康診断)」の結果を総合して陽性、陰性の判定が下される。
 しかし、PSA検査は「false positives (偽陽性)」を与えることもあり、逆に、「侵襲性ガン (aggressive cancers)」を見落とすこともある。

 そこで「The Institute of Cancer Research (英ガン研究 ICR)」の Ros Eeles教授を中心とする国際研究チームは、唾液サンプルをDNA解析することによって、前立腺ガンの「high-risk genes (ハイリスク遺伝子)」をチェックする新たな検査方法に着手した。

 前立腺ガンとの関連性が疑われる「genetic variants (遺伝子変異体)」は150種を越える。唾液をDNA解析して、疑惑の「遺伝子変異体」が見つかるなら、前立腺ガンの発症リスクが高いことになる。

 したがって、このスクリーニング検査で要注意と判定された患者だけが、MRI検査、「biopsies」に進むことにすれば、診察が簡素化されるとともに、診断精度もはるかに向上する。
 もちろん、前立腺ガンは、発見が早ければ早いほど治療が容易で、回復も早くなる。

 なお、研究の詳細は医学雑誌「Nature Genetics」に発表された。

 また、この一文をまとめるに当たって、以下の優れたThe Guardianの記事も参照した。記して謝意を表したい。
June 11, 2018, The Guardian
・「Trials begin of a saliva test for prostate cancer」

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

末期の前立腺ガンが消えた!:ペンブロリズマブの威力 (BBC-Health, June 2, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/7805/production/_101852703_hi046382630.jpg

 一旦、体の中にガン腫瘍 (tumour)ができると、これがまたしつこい。どこで、どう学んだのか知れないが、免疫システムを狂わして生き延びる術(すべ)を心得ている。
 ガン腫瘍が PD-L1と呼ばれるタンパク質をつくり出し、ヒトの体の免疫システムのスイッチをオフにして、その攻撃を躱(かわ)すというのだ。つまり、殺人犯が警察に銃を向けられても、玉が発射できないように、その銃を改造してしまうようなもの。これでは、さすがの免疫システムも手も足も出せなくなる。

 したがって、ガン治療には、そのガン腫瘍の武器「PD-L1」を取り上げてしまえばいい。「ペンブロリズマブ (pembrolizumab)」は、そのような考え方に基づいて開発された「免疫療法薬 (immunotherapy drug)」だ。

 「The Institute of Cancer Research (英ガン研究所)」の Johann de Bono教授らの研究グループは、臨床試験の一環として、末期の「前立腺ガン (prostate cancer)」患者 258人に対し、この薬を投与したところ、被験者の約 10% - 15%の患者に目を見張るような劇的な治療効果が得られたという。なお、研究の詳細は「The American Society of Clinical Oncology」の年次総会にて発表された。

 Mr Michael English (72歳)も、その薬の恩恵を受けた 1人。Mr Englishは2005年に前立腺ガンを発症し、それ以来10年以上にわたって、放射線治療、化学療法、ホルモン療法を繰り返し受けたが、ガン腫瘍を根治することはできなかった。それが、臨床試験に参加し、2年前に「pembrolizumab (ペンブロリズマブ)」の投与を受けた。すると、前立腺ガンの腫瘍は、跡形もなく消え失せたのだ。
 これで、この免疫療法薬に、前立腺ガンを叩きのめす力があることが証明された。

 ただし、なぜ、この免疫療法薬が、特定の患者に対してのみ劇的な治療効果を見せるのかは不明。それを明らかにするのか、次の研究目標という。
 
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

大気中のCO2から合成液体燃料:ビル・ゲイツら経済界の大物が支援! (BBC-Science & Environment, June 7, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/B420/production/_101921164_ce6.png

 世界中の工場・発電所あるいは貨物トラック・自家用車などから排出される二酸化炭素 (carbon dioxide)CO2は、年間約368億トン(2017年)。これでは、地球も人間も息苦しくなるばかり。
 そこで、各国は、これまで色々と苦し紛れの、せせっこましいCO2対策を捻り出してきた。今では笑いばなしのようだが、日本は、環境対策と称して、深い海溝に投棄する案にまで、巨額の国費を投じて研究したことがあった。

 ところが、最近、本気になって、本物 (authentic) のCO2削減技術開発に取り組むグループが現われた。スイスの「Climeworks」社やカナダの「Carbon Engineering」社がそれだ。
 とくに「Carbon Engineering」は、Bill Gates, Norman Murray Edwardなど世界のスーパー金持ちが資金を提供し、2009年に Harvard大学の David Keith教授が設立した会社だ。 2015年、大気中のCO2を機械に吸い込ませ、「合成液体燃料 (synthetic liquid fuels)」に変換するという画期的な「パイロット・プラント」を建設し、現在、世界中の注目を浴びている。
 
 そのCO2処理能力は1日1トンに過ぎないが、その到達目標は崇高。処理プラントででは、再生可能エネルギー (renewable energy)を利用して水からつくり出した水素H2とCO2を反応させ、合成液体燃料を生成する。それは自然界の「樹木」が行なっているやり方をまねたものだという。このアイデアは、1990年代の中頃、Arizona州立大学のKlaus Lackner教授によって提案されていた。
 もちろん、バイオ燃料に比べて環境負荷は小さく、広大な土地も膨大な量の水も必要とはしない。

 さらに、「Carbon Engineering」社のパイロット・プラントでは、これまで誰も成し遂げられなかったCO2処理コスト$100/t の壁をクリアした。Keith教授は将来,1日2,000 bbl 規模の合成液体燃料の生成を計画している。

 もちろん、処理コスト $100/t は、人類にとって、まだまだ、とんでもない負担になる金額だ。
 また、事、環境・エネルギー問題に関しては、政府の関与・介入が欠かせない。そもそもCO2対策は国家レベルで取り組む課題だ。それに合成液体燃料の流通・貯蔵、加えてCO2削減事業に対する「subsidies (助成金)」など、政府は政府なりに責任をもってやることが沢山あるはずだ。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

胸がキュッとなって、涙がとまらない絶滅危惧の話:Cornwallから! (BBC-News, May 19, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/EC07/production/_101632406_couple.jpg

 心温まる、すてきなお話は、そんなにめったにあるものではない。このstoryは、まるでRoald Dahlが書いた「A short story」のような、でも、実際に起こったお話。

心をときめかし、息を潜めて書いた「Love letter」。それは、誰にとっても、ずっと心の中の玉手箱にしまい込んだ青春の思い出。
 Englandの南西端 Cornwallに住むMs Louie Edyvean (79歳)は、まだ teenagerのころ、意中の人に宛てて Love letterを書いた。手紙の後に続くキスマークは、小さな×が 24ヶに、大きな×が 1ヶ。
 彼女の思いがかなって、2人は結婚し、そして歳月が流れた。

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/058F/production/_101632410_loveletter1.jpg

 そのLove letterは、結婚証明書と一緒に、アンティークの陶磁器製の砂糖壺 (sugar jar) の中にずっと保管された。けれど、そのうち、忘れられてしまった。

 やがて、2人は年を老い、それまで住んでいた家を引き払って、小さな平屋の「bungalow (バンガロー)」に移り住んだ。そのとき、家財道具も整理したが、誤ってLove letterをしまい込んだ砂糖壺まで、他のものと一緒に「charity shop (チャリティ・ショップ)」に売却してしまった。それは、5年前のことだった。

 これを購入したのは、同じ Cornwallに住む Ms Cathy Davies。その後、砂糖壺は、Ms Daviesから、友だちの Ms Lizzie Dixonにプレゼントされる。
 ところが、Ms Dixonは、これを床に落として割ってしまった。

 こうして、Edyvean夫妻に忘れられていた Love letterは、再び、日の目を見ることになる。Ms Daviesは、粉々になった砂糖壺から現われた Love letterと結婚証明書の写真を、地元の Facebookグループの HPにアップロードしてもらい、持ち主を捜し始めた。

 Ms Louie Edyveanはすぐに見つかった。Ms Daviesは、そのLove letterと結婚証明書を持って、車で Edyvean夫妻のもとに駆けつけた。

 住まいの小さなバンガローのドアをノックすると、出迎えたのは「最高にすてきなカップル (cutest couple)」だった。Ms Edyveanは、若いころの思い出の Love Letterをわざわざ届けてくれた Ms Daviesを抱きしめ、心からお礼を述べたという。

 その帰り。道すがら、車の中で Ms Daviesは涙が溢れ、泣かずにいられなかったそうだ。

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/53AF/production/_101632412_couple2.jpg


                   (写真は添付のBBC Newsから引用

www.bbc.com

末期 乳ガンの革新的な治療法:キラーT細胞の培養・注入で完治! (BBC-Health, June 4, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/13387/production/_101872787_judykayaking.jpg

 ほとんど生きる望みを絶たれた人が、その命を取り戻す。そんな夢のようなことが現実になった。これまでのガン治療の考え方をガラリと変える、全く新しい治療法が開発されたのだ。

 Ms Judy Perkins (49歳)は、末期の「進行性乳ガン (advanced breast cancer)」に冒され、医者に余命3ヶ月と宣告されていた。肝臓にはテニスボール大の腫瘍ができ、ガンは全身に転移して、従来の治療法では処置なしと言われた。
 それが、「The US National Cancer Institute (米国立ガン研究所)」のDr Steven Rosenbergらの研究グループが開発した「pioneering new therapy (先駆的な新治療法)」によって完璧な健康を取り戻した。

 その治療は「敵を知ることから (to know the enemy)」から始まる。
1.ガン腫瘍を分析し、その細胞変異の特殊性を明確にして、免疫システムの攻撃目標を定める。
2.Ms Perkinsの乳ガンでは、64ヶの「遺伝子異常 (genetic abnormalities)」が見つかった。その内の4ヶがガンのアキレス腱として攻撃目標となった。
3.次は、患者の免疫システムを高めること。患者から採取した白血球細胞をスクリーグに掛け、ガンを攻撃する細胞 (キラーT細胞)だけを抽出する。
4.これを研究室で培養し、薬で免疫システムのブレーキを外しつつ、患者の体内にキラーT細胞を戻してやる。Ms Perkinsには約900億個のキラーT細胞が注入された。

 Ms Perkinsは、この治療を受けると、1週間で胸のシコリが小さくなり、さらに1,2週間経つと、そのシコリも完全になくなったように感じたという。実際、2年後に、乳ガンは、体からきれいに消えた。
 今では背中にリュックを背負い、カヤックを漕いだり、カヌーでフロリダ半島を周航する旅を楽しんでいるそうだ。

 Dr Rosenbergによると、この治療法はまだ実験段階。しかし、乳ガンの治療以外にも適用できる可能性があるという。
 これまでのガン治療の常識を根本的にくつがえす医療技術革新が起きているのだ。

 なお、研究の詳細は、医学雑誌「Nature Medicine」に発表された。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com