ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

体に良くないことをしている人90%:病気にならないのが不思議! (BBC-Health, December 4, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/123DC/production/_91361747_beercigarette.jpg

 体に良くない生活スタイル (lifestyle)、つまり、体を壊す代表的なリスク要因は次の5項目。
・smoking:タバコ
・drinking more than 14 units a week:お酒の飲み過ぎ
・low fruit and vegetables:野菜・果物不足
・obesity:太り過ぎ
・inactivity:運動不足

「The Health Survey for England (イングランド健康調査)」によると、上記の5項目のどれか 1つのリスク要因を抱えるイギリス人は、成人人口の90%。また、50%が 2つ以上のリスクを抱えていた。
 これでは、病人が続出しないはずがない。どんなに豊かな先進国であれ、このような状況が改善しない限り、国の医療財政が逼迫(ひっぱく)するのは目に見えている。

 さらに、「The Office for National Statistics (イギリス国家統計局)」が発表した「NHS Digital」の調査結果によると、昨年2017年にアルコールが原因で死亡したイギリス人は7,700人 (人口10万人当たり12.2人)で、過去10年間で最悪だった。なかでもScotlandで事態が悪化している。

 なお、成人8,000人、子ども2,000人に対して生活スタイルを尋ね、両者の回答結果を比較したところ、両親のどちらかが肥満 (obese)の子どもは、そうでない親の子どもに比べて、肥満になる確率が約3倍も高かった。
 そうでなくとも、現代の子どもはジャンク・フードのコマーシャル攻めにあって、肥満のリスクが高い。「The Obesity Health Alliance (肥満健康同盟)」のMs Caroline Cernyは、子どもの肥満を防ぐためには、「obesogenic environments (肥満の原因となる環境)」の改善が欠かせないと訴える。

 また、興味深いことに、野菜・果物をあまり食べない(あるいは嫌いな)人に

・タバコ
・太り過ぎ
・お酒の飲み過ぎ

のリスク要因を抱えている人が多いことも分かった。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

この冬のインフルエンザ H1N1 型:若ものに広がる可能性も! (BBC-News, December 4, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/15603/production/_104555578_fluh1.jpg

 HIN1型。この冬、UK、Europeはじめ世界中に広がると予想されるインフルエンザが特定された。
 「Public Health Wales (ウェールズ公衆保健局)」「Pathogen Information Unit (病原体情報科学ユニットの Dr Tom Connorらの研究グループが、Wales各地の病院で採取されたインフルエンザ患者のサンプルについて、ウイルス DNA配列 (DNA sequences)と、ウイルスの遺伝子情報の運びや「RNA (リボ核酸)」を分析した結果だ。

 現在、ウイルスの DNA配列は24時間以内に解析できる体制にあるという。今回の Dr Connorらの解析データは、世界中の医療データベースに配信され、今後の治療に役立てられる。また、WHOは、このデータをもとに次年度のワクチンの開発に着手する予定だ。なお、ワクチンの製造には、通常、約 6ヶ月が必要とされる。

 H1N1型は、抵抗力の強い若い世代の人にも感染リスクが高いインフルエンザだ。幸い、今年、準備されたワクチンは、H1N1型ウイルスの遺伝子にマッチングしているものの、「万全」の保証 (guarantees)はない。
 
 昨年度に流行したインフルエンザ H3N2型では、抵抗力の弱い人や高齢者の間に感染が広がった。Walesでも、命を落とした患者数が、例年に比べて2倍以上となり、過去10年間で最悪の事態であった。
 なお、昨年度に準備されたワクチンが、H3N2型に対して十分な効果を示さなかったことも、被害を大きくした原因とされる。

結論:イギリスの例から分かるように、ワクチンを受けたからと言って安心できない。少なくとも今後数ヶ月間は、できるだけ人混み (あるいはクシャミや咳き込んでいる人)を避け、外出から帰ったら、うがいと手洗いを欠かさずに、十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事で免疫力を高めることが大切だ。
 病気・怪我の予防(リスク回避)の原則は、リスク要因をできる限り排除すること。

                    (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

そんなに婚約指輪が欲しい?:もっと自分を磨いて本当のロマンスを (BBC-News, December 1, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/96F1/production/_103714683_img_1198-2.jpg

 古代ローマの時代、女性の手にはめた「engagement rings (婚約指輪)」は鉄製であった。こんな「指枷 (ゆびかせ)」では、「おまえは、永遠におれのものだ」の意味がありあり。
 USのスペイン語放送「Univision」で活躍するMs Metilda Suescun (マチルダ・セスカン)に言わせると、婚約指輪は『女性の自立を妨げ、「女性を所有物と見なす(objectifying women)」象徴』。
 

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/6E06/production/_103966182_datapic-engagement_ring-wve3l-nc.png


 やがて、鉄の指輪は2世紀になると金(gold)で作られるようなり、さらにダイヤをはめ込んだものまで現われて、男の見栄 (vainglory)は頂点に達する。以下のデータは、婚約指輪のために、「男がどれだけ無理をしているのか」を示す。

・指輪に払った出費(平均):$6,351 (約718,000円)
・指輪を探した期間:3.5ヶ月
・プロポーズ準備期間:4.4ヶ月
・サプライズした女性:3人に1人
・何ヶの指輪を見て、1つに決めたか:26ヶ
(典拠:The Knock's 2017 Real Wedding Study)

 熱烈に婚約指輪を欲しが女性の心情には、生まれた国の「cultural context(文化的背景)」があるにしても、中世の騎士のまねごとをした、プロポーズの儀式 (ritual)は、「バカバカしい茶番劇 (pantomime)」。男が女性の前にひざまずき、女性の片手をとって指輪をはめるなんて.......。そこでは女性が一方的に受け身に立たされ、ひ弱な人間の役を演じる。それはもう、「eccentric act (常軌を逸している)」。

 若い女性は、結婚すると、自分の抱えていた全ての問題が解決されると思い込み、結婚したい、婚約指輪が欲しいと乞い願う。しかし、むしろ、男に頼らないで自立し、勉学と自己研鑽に励み、自分の幸福を探した方がいい、とMs Suescunはアドバイスする。
 そんなことを言うと、ロマンスをぶちこわす「radical feminist (ラディカルなフェミニスト)」と非難されるが、彼女自身、実は、本物の「romantic (ロマンティック)」を探し求めているという。
"It's simply a reflection of a profound commitment of loyalty and love to the other person."
[ それは、ただ、互いの愛と貞節を固く誓った二人の心が反映された関係。]

 ただし、イギリスの作家「Jane Austen (ジェーン・オースティン[1775 - 1817])」は
「Pride and Prejudice (高慢と偏見)」の中で次のように述べている。
"Happiness in marriage is entirely a matter of chance”
[ 結婚して幸福になるのは、まったくの偶然のこと。]
                     (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

喧嘩で相手の耳を噛みきった男:自己防衛の主張が認められるか? (BBC-News, November 29, 2018)

f:id:hiroshinews:20181211061600j:plain

 イギリス最長の河川は「River Severn (セヴァーン川)」。その川の流れはWaleの南東部「Gwent (グウェント州)」の河口にたどり着く。川岸には、人口約15万人の都市「Newport(ニューポート)」が広がる。Walesで 3番目に大きな、歴史のある都市だ。ここは産業革命時代、石炭の積出し基地として栄えた場所でもある。

 さて、事件は、このNewport中心部の街中にあるパブ「Breeze bar (そよ風バー)」で起きた。昨年2017年 9月 3日 (日)の明け方のことだ。何とも皮肉なことに、英語の「Breeze」には「喧嘩」の意味もあった。そして、夜通しお酒を飲んで「へべれけ」になった2人がいた。Paul JenkinsとAndrew McNameeだ。
 男2人は大声でどなりあい、McNameeがパブの外に出ると、その後を Jenkinsが追いかけて殴りかかった。ところが、すぐ、McNameeによって地面に押さえ付けられたという。
  McNameeはそこでやめておけばいいものを、何を思ったのか、Jenkinsの耳にかぶりつき、その「almost all (ほとんど)」を噛み切ってしまったのだ。

 大怪我を負った Jenkinsは、病院で13時間に及ぶ手術を受け、さらに数日間、入院せざるを得なかった。Jenkinsの面相は「見るも無惨な (disfigurement)」に変わり果てた。

 この傷害事件に対して、裁判所で、McNameeは「自己防衛 (self-defense)」のためだったと主張。弁護士Harry Bakerも、加害者の「暴行 (assault)」は「計画的なもの(pre-meditated)」でなかったと擁護した。ただし、McNameeの行為は過剰防衛だったと認めた。

 しかし、何しろ、当の2人とも、事件当時は、酔っていて詳しいことは良く覚えていないという。

 結局、裁判所「Cardiff Crown Court」の判事「Recorder Eleri Rees」が下した判決は、

『McNamee。あなたはJenkinsを組み伏せ、その後、Jenkinsはあなたに何ら危害を加えることができない状態だった。それなのに、あなたは、Jenkinsの耳を噛み切った。このため、Jenkinsが醜悪な面相になったことは極めて明白。また、被害者の顔の傷が被害者本人、その家族に与えた影響も甚大だ。』
 よって、傷害罪により、加害者 Andrew McNameeは、禁固 4年となった。

結論:お酒はときにヒトを狂わす。ほどほどに。
                     

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

やる気を出すのは:「ご褒美」、それとも「不安のプレッシャ」 (BBC-Health, November 28, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/160F9/production/_104516309_gettyimages-922482702.jpg

 お酒の飲み過ぎやタバコで体を壊し、延(ひ)いては家庭を壊すことが分かっていても、それがやめられないのはどうしてか。誰も止めてくれないから、それとも、やめても誰も褒めてくれないから。車を運転しながら、タバコを吸っている若い女性は、結構多い。
 
 ところが、妊娠した女性がタバコを吸うと、どうなるか。USの「Centers for Disease Control and Prevention (疾病 (しっぺい)管理・予防センターCDC)」によると、以下の項目のリスクが上がる。

・miscarriage:流産
・premature birth:早産
・low birth weight babies:低体重児
・birth defects (like a cleft palate):先天性欠損症(口唇口蓋裂など)
・sudden infant death syndrome:乳幼児突然死亡症候群

 さらに、せっかく赤ちゃんが生まれても、その赤ちゃんがりっぱに成長する前に、母親が慢性肝疾患や肺ガンなどで、命を落とす不運も待ち受ける。いずれにせよ、社会にとって大変な損失と負担だけが残る。

 そこで、UKの「Greater Manchester Health and Social Care (グレート・マンチェスター州保健・社会医療局)」では、妊娠した女性がタバコをやめると、そのご褒美に「shopping vouchers (買い物券)」を与えることにした。
 ヒトは、何かをもらえると聞けば、「その気」になるものだろうか。

 今、UKの「NHS (国民保健サービス)」が最も頭を痛めているのは、余りにも多い「肥満(obesity)」。肥満は2型糖尿病やガンの発症リスクを高める。体に余計な脂肪が付くのはファースト・フードにも原因があるが、運動不足も要因の一つだ。
 では、どうやって運動が嫌いな人に、運動をする気にさせたらいいだろう。

 非営利医療研究所「Rand Europe」が、保健会社「Vitality」の支援を受けて、UK、US、South Africaの住民40万人以上を対象にした2年間に及ぶ実験を行なった。
 「運動をすると、ご褒美がもらえるAグループ」と「運動を継続しないと、せっかくのチャンスを失うBグループ」。この2つのグループのどちらが精力的な運動をするようになるか。

 Aグループには Gym (ジム)のメンバーカードを配布し、Gymに備え付けの機械にカードを通すと、(運動する、しないにかかわらず)運動記録が保存されて、映画のチケットやコーヒー・ショップのサービス券がもらえる。

 Bグループの約10万人には、運動記録が自動的に保存される「Apple watch」が廉価で貸し出され、決められた運動量以下にならない限り、実験終了後、その「smart watch」の支払い義務は免除される。つまり、定期的に運動をすれば、最新型の「wearable watch」は自分のものになるが、運動をサボると、せっかくのチャンスを失うことになる。

 結果は、Bグループが圧倒的に運動量が多かった。どうやら、ヒトは「ご褒美」に吊られて何かをするときよりも、損をするかも知れないとのプレシャーがあった方が、「やる気 (incentive)」が出るようだ。

 さて、結論。この研究結果から、妊婦にご褒美をやってまで「タバコをやめさせる」「incentive schema (インセンティブ・スキーム)」には、本当に、効果が上がっているのか、疑問に思う。赤ちゃんの健康、社会の医療体制に無関心・無頓着でわがままな女性には、無慈悲な強攻策を言うようだが、「タバコが原因の疾患治療」に対しては健康保険の対象から外す。これほど、「強烈なインセンティブ」はないだろう。

                     (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

今後2,3ヶ月に発生する確率75- 80%:WMOのエルニーニョ予想 (BBC-Science & Environment, November 27, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/D0C6/production/_103364435_c0268980-el_nino_sea_temperatures_october_2015-spl.jpg

 今ではすっかりお馴染みになった「El Niño (エルニーニョ)」。元々はスペイン語で「幼子 (おさなご)イエス・キリスト」のことだ。それがエルニーニョと言えば、気象学の「エルニーニョ現象」を指すようになった。神の名で呼ばれるにもかかわらず、近年、ヒトに与える被害・影響は少なくない。
 
 そもそも、エルニーニョが生まれる原因は、大気循環の乱れにある。太平洋を東から西に強く吹き抜ける貿易風が、駄々をこねて、怠けることがある。すると、南米アルゼンチン沖の熱帯太平洋東部で暖められた海水が、西に流れなくなり、熱帯太平洋の東部・中央部の海上の温度が上がり続ける。これが「El Niño (エルニーニョ)」だ。

 2015年12月に発生したエルニーニョは、年が明けた2016年、世界各地に干ばつ、洪水の被害や、「珊瑚礁の白化 (coral bleaching)」を招いた。

あれから、3年が経過した今年12月。どうやら、また、エルニーニョが発生しそうだ。
 「The World Meteorological Organization (世界気象機関WMO)」によると、この10月以来、熱帯太平洋の東部・中央部の海水面温度が徐々に上がり出し、「弱いエルニーニョ」が形成されている。WMOは、今後3ヶ月 (2018年12月から2019年2月) の間に、「Fully fledged El Niño (十分に発達したエルニーニョ)」が発生する確率は75 - 80%と発表した。

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/13339/production/_104494687_gettyimages-504992808.jpg

 「The Australian Bureau of Meteorology (オーストラリア気象局)」も、ほぼ同様の見方をしており、この12月にエルニーニョが始まると予想している。
 また、USの気象予報官も、来年の1月中にエルニーが発生する確率は90%とする。

 ただし、WMOは、そのエルニーニョの最終的な発達規模を、2015年ほどではないと見る。そうは言っても、エルニーニョは「El Niño」だ。一度発生すると、世界中の天候に大きな影響を及ぼす。降雨量、気温に異常を招き、農業、食糧安全保障の他に、水資源や公衆衛生にまで計り知れないダメージを与える恐れがある。

 どうやら、2019年の「亥(い)年」は、2018年以上の大雨・洪水、台風の被害、それに野菜・食品の高値は避けられないようだ。

                     (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com

燻製コオロギ・スナックがイギリスで販売:さて、そのお味は? (BBC-News, November 19, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/17E08/production/_104400879_bugseating.jpg

 佃煮(つくだに)は佃煮でも、ワカサギ (wakasagis))とイナゴ (locusts)ではどちらが美味しいか。目をつぶって食べ比べると、ワカサギの佃煮に軍配があがる。

 さて、イギリスではコオロギ (crickets)を「smoky barbeque seasoning (燻製にして味付けした)」スナックが、11月末から全国のスーパーで販売された。価格は12g入れ1袋で£1.50 (約220円)。日本の「シラス干し」よりは格段に安い。

 そのコオロギ・スナックの店頭販売に先立って、味見役のカードを引いてしまったのが、BBCリポーターMs Becky Morton。

https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/4970/production/_104400881_bugs3.jpg


 スナックの袋を開け、手を突っ込んでコオロギをつまみ出した Ms Morttonは、ちょとためらったようだ。目が付いて、足が付いている。こんなものを口にしたら、気分が悪くなるのではと思ったという。しかし、噛んでみると、カリカリして、味は薄味。燻製の風味が強い。ただし、食感はおが屑 (sawdust)を食べているようで、キャッツ・フードの臭いがした。後味(あとあじ)に、少し苦みが残る。
 幸い、呑み込んでも、コオロギの羽が咽に引っかかるようなことはなかったそうだ。

 食品メーカ「Eat Grub」は、この商品を「more sustainable, more exiting snacks (今後時代を越えて、これまで以上にエキサイティングなスナック)」と位置づけ、タンパク質に鉄分・カルシウムなども豊富な食品と、売り込みに躍起だ。スーパーSainsbury's (セインズベリー)」側も、コオロギ・スナックは、決して「garnish (人集めのアトラクション商品)」ではないと、主張する。

 ただし、試食した Ms Mortonの感想は、「とても美味しいとは言えなかったわ。正直言って、1袋全部、食べるなんて絶対無理」。

 「UN Food and Agriculture Organisation (国連食糧・農業機関)」の2013報告書によると、「昆虫食 (eating insects)」は、地球の飢饉対策と環境汚染の削減に貢献すると言う。すでに約20億人が昆虫を補完食として利用しているとか。

                     (写真は添付のBBC Newsから引用)

 面白かったら、投票クリックお願いします!

www.bbc.com