ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

豪州のカエルの鳴き声「ヤーイ」:国中のアプリで大捜査 (BBC-News, December 5, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/11A5D/production/_99058227_frogapplaunch2a2a0506.jpg

 これはオーストラリア大陸に生息するカエルの鳴き声の一例だ。

・croaks :ケロケロ、ケロケロ
・chirps :ケケケッ、ケケケッ
・whistles:ピルルッ、ピルルッ
・barks    :ゥーグォオ、ゥーグォオ

 どの「onomatopoeia (擬音語)」も日本語に変換するのに骨が折れる。
 さて、オーストラリア大陸のカエルは約240種。なかには姿・形が似ていても、鳴き声が全く違う種もいるという。つまり、鳴き声 (frog calls) が「種の特定 (identification of species)」の切り札になる。もちろん、その鳴き声を「onomatopoeia (擬音語)」で記録することは不可能。

 「Australian Museum (オーストラリア博物館)」の Dr Jodi Rowleyらの研究チームは、大陸に生息するカエル全種の調査に向けて、スマートフォン・アプリ「FrogID」を先月の11月10日に公開し、「citizen scientists (市民科学ボランティア)」の協力を依頼した。このプロジェクトのねらいは、カエルの種別生息マップを作成し、その繁殖周期 (breeding cycle) やカエルが直面している環境リスクを明らかにすること。

 研究調査に協力する人は「FrogID」を downloadし、周辺で聞こえたカエルの鳴き声を20秒間だけスマートフォンに録音する。このときのデータは、場所、日付・時間とともに Dr Rowleyらの研究室に伝送されて、専門家の分析に回される。Dr Rowleyらは新種の発見につながることを期待している。

 昨年の2016年、オーストラリア大陸では新種のカエル3種が発見されている。アプリFrogID が公開されてほぼ1ヶ月。すでに「郊外の裏庭 (suburban backyard)」や「大陸の奥地 (outback)」から 6,000件を越えるデータが送られ、研究者はうれしい悲鳴。今までカエルの専門家でさえ聞いたこともないカエルの鳴き声が確認されている。

 なお、Dr Rowleyによると、カエルは「after dark (暗くなってから)」と「after rain (雨上がり)」によく鳴いてくれるそうだ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

私はこうして糖尿病を克服した!:それが不治の病だなんてウソ (BBC-Health, December 5, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/0861/production/_99054120_img_2400.jpg

 2型糖尿病が治るなんて、誰もが想像もできなかった。
 ところが、Newcastle大学の Roy Taylor教授らの研究チームが被験者 298人に対して5ヶ月間にわたって実施した臨床試験では、約半数が健康回復 (remission)した。とくに、15kg以上の減量に成功した人に限ると、その 86%が糖尿病から抜け出ることができた。

 その治療法とは、徹底した「dieting (食事療法)」。
 さて、Largs (ラーグス) は Scotland西部 North Ayrshire (ノース・エアシャー)の海岸に面した町。そこに在住するMs Isbel Murray (65歳) も、この研究に参加した 1人だ。当初の体重は 95kgで血糖値が高く、長年、病院に通い詰めだった。それが、料理も買い物もやめて、食事は夫と別々に摂るようにと指導される。食事は 1日 4回。小さな袋に入った粉末をお湯に溶かしただけの「Soup or shake (スープかミルク・セーキ)」。摂取カロリーはたったの200cal。ただし、栄養バランスは十分に配慮されている。この食事で体重が減ると、今度は栄養士 (dieticians) が「食べ応えのある健康食(healthy, solid meals)」に変える。5ヶ月が経過すると Ms Murray の体重は 25kgも減っていた。もちろん、血糖値も下がり、糖尿病の薬も必要ではなくなった。

"Body fat building up around the pancreas cause stress to the beta cells in the organ that controls sugar levels. They stop producing enough of the hormone insulin, and that causes blood sugar levels to rise out control."
"Dieting loses the fat, and then the pancreas works properly again."
"Uncotrolled sugar levels cause damage throughout the body, leading to organ failure, blindness and limb amputations."

[ 血糖値を調整している膵臓の周りに体脂肪が蓄積すると、膵臓のβ細胞がストレスを受ける。すると、ホルモンの一種インシュリンの分泌が妨げられるため、血糖値は制御不能になって上昇する。]
[ 食事療法で体脂肪が消えると、膵臓は再び正常に働くようになる。]
[ 血糖値が制御できなくなると、体中の細胞がダメージを受け、臓器不全、失明、手足の切断につながることもある。]

 糖尿病の治療に費やしている医療費は、イギリス全体で年間約 £10bn (約1兆5千億円)に達する。この研究で「糖尿病は、10 - 15kgの減量に成功すれば、健康回復できる」ことが分かったという。

 なお、研究の詳細は医学雑誌「The Lancet」に発表された。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

若ハゲ、若白髪:やっぱり、心臓病のシグナルだった! (BBC-Health, November 30, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/152BE/production/_98981768_baldnessgetty.jpg

 人によって「the process of biological ageing (生物学的な老化プロセス)」は違う。老化が急速に進むとDNA damage (損傷)を引き起こし、男性ホルモン「androgens (アンドロゲン)」とくに「testosterone (テストステロン)」の分泌に影響が現われる。すると、それが頭皮の「hair follicles (毛包)」に働いて、髪の毛が変化する。
 しかし、男性ホルモン「androgens」が関与しているのは、髪の毛だけではなかった。心臓病、とりわけ「coronary artery disease, CAD (冠状動脈疾患)」との関連性が濃厚になってきた。

 2013年東京大学の Tomohide Yamada氏らの研究チームは、被験者 36,990人に関する調査データを分析し、ハゲの人は、そうでない人に比べて32%も心臓病の発症リスクが高いことを発見し、その詳細を医学雑誌「BMJ Open」に発表している。
また、2014年の、オランダ人の被験者 10,885人を対象にした研究では、白髪の人も心臓病に罹りやすいことが、報告されている。

 同じような研究結果がまた発表された。
 「The UN Mehta Institute of Cardiology and Research Centre」の Dr Kmal Sharmaらの研究グループが着目したのは、「coronary artery disease (冠状動脈疾患)」の「premature baldness (若ハゲ)」と「premature hair whitening (若白髪)」。
 40歳以下のインド在住 2,060人のデータを分析した結果、この心臓病 CADを発症すると、健康な人に比べて「若ハゲ」あるいは「若白髪」になる確率は、それぞれ 22%、20%も高かった。CADの発症リスクに換算すると、若ハゲ、若白髪のいずれも、普通の人に比べて5倍以上もリスクが高いことになるという。なお、肥満になると、心臓病の発症リスクは 4倍に上がることが知られている。

 もちろん、心臓病のリスク・ファクターは「ハゲ」や「白髪」だけとは限らない。高コレステロールに高血圧も、危険信号であることに間違いないし、喫煙、運動不足、肥満に飲酒なども「心臓病」の発症リスクを高める要因とされる。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

ズキズキする片頭痛:その痛みが消える「エレヌマブ」とは! (BBC-Health, November 30, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/577C/production/_98969322_gettyimages-467504432.jpg

 神は人間を平等に創らなかった。「片頭痛 (migraine)」は圧倒的に女性に多い(男性に比べて患者数は 3倍)。英語「migraine」の語源はギリシャ語「hemikrania(half skull の意)」。その名が示すとおり、頭の片側だけに「ズキズキと強烈な痛み (an intense, throbbing headache)」が走る病気だ。
 残念ながら、この病気の原因はまだ十分に解明されていない。

 片頭痛は、単なる頭痛 (headache)と思われがちだが、その強烈な痛みとともに、光や音に過敏になり、吐き気 (nausea)、嘔吐 (vomiting)、気力低下 (low energy)、視力障害 (visual disturbances) などの症状が現われることもあり、体力を消耗する。

 世界の人口の 7人に 1人が片頭痛に苦しんでいるとされ、イギリスにおける患者数は推定 850万人 (日本でもほぼ同じ)。片頭痛の症状が 1ヶ月に 15日以上発生する場合は「慢性片頭痛 (chronic migration)」に、15日以下の発生であれば「一過性片頭痛 (episodic migration)」と診断される。

 London大学カレッジ「King's College London」の Peter Goadsby教授らの研究グループは、一過性片頭痛の患者 955人に対して、第3相試験 (phase three trial) に入った臨床試験を実施した。使用したのは、Novartis (ノバルティス社)が開発した抗体「erenumab (エレヌマブ) AMG 334」。この抗体(antibodies) 70mg を月に 1回の皮下注射で投与する臨床試験を 6ヶ月間続けたところ、被験者の約 50%は痛みの感じる日数が半減した。これほどの効果が認められたのは、過去 20年で始めてだという。
 
 「erenumab (エレヌマブ)」は抗CGRP受容体抗体で、「カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide, CGRP)」と神経細胞の CGRP受容体との結合を遮断する。

 また、Teva (テバ社)が開発した抗体「fremanezumab (フレマネズマブ)TEV-48125」を慢性片頭痛の患者1,130人に対して「erenumab (エレヌマブ)」と同様に投与したところ、被験者の約 41%は痛みを感じる日数が半減した。

 ただし、片頭痛患者の支持団体「Migraine Action」の最高責任 Mr Simon Evansは次のように指摘する。

"Those drugs came with a lot of side-effects and did not work for everyone."
[ これらの抗体薬は副作用を伴うもの。また、誰にでも効くとは限らない。]
 
 確かに、月 1度の皮下注射を受けるだけで、毎日錠剤を飲む必要はなくなる。しかしこの治療は、他の治療法に比べて治療代が高くなるのが問題だ。どれだけ高額になるかは今のところ不明。医療請求書金額の桁数が違うようになるのは間違いなさそうだ。

 なお、この1編をまとめるに当たって、正確を期すため以下の「The Guardian」の記事も参考にした。

・the guardian: November 30, 2017
 Migraine drug could halve the length of attacks, study shows

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

ネットのやせ薬は「ニセ薬」:だまされて、体がボロボロに! (BBC-Health, November 29, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/D5A0/production/_98988645_c0350057-pills_on_a_plate-spl-1.jpg

 「とりあえず、すぐ (quick-fix)」に痩せたい一心で、ネット検索して見つけた「やせ薬 (slimming pills)」。その広告に飛び付いて、websites から注文すると、とんでもない「ripped off (詐欺)」に引っかかり、「your identity (認証番号)」を盗み取られて、あげくの果てに「organ failure (,臓器不全)」を発症し、最悪「death (死)」を招くこともある。

 そもそもイギリスでは、肥満の治療薬を除いて、合法的な「やせ薬 (slimming pills)」など存在しない(日本でも同じ)。市場に出回っているのは、そのほとんどが「fake medical products (にせ薬)」だ。「The Medicines and Healthcare products Regulatory Agency (英国医薬品・医療製品規制庁MHRA)」が昨年 2016年の1年間で摘発した偽(にせ)「やせ薬」は 460万個を越える。また不法にネット販売した廉 (かど) で、当局により強制閉鎖された websites (サイト) は 5,000件以上。

 その「にせ薬」の多くは、禁止されている「sibutramine (シブトラミン)」を含む。これを知らずに服用すると、心臓発作(heart attacks) や脳卒中 (stroke) の発症リスクを高める成分だ。さらに、副作用 (side-effects) として、blurred vision (視力障害) やdiarrhoea (下痢) を引き起こす。

 MHRA が調査した 1,800人の「やせ薬」使用者に限ると、その 3人に 1人は online (ネット) で発注し、使用者の 2/3が副作用の症状を示していた。
  Ms Sarah-Jayne Walker (30歳) も、「やせ薬」を騙されて飲んで、ひどい目にあった1人だ。Ms Walker はネットで注文したやせ薬を 4ヶ月ほど飲み続けたところで、突然、激しい「palpitations (動悸)」に見まわれ、気を失った。
 その、購入した「やせ薬」とは、こんなものだった

"The pills came in a little white bottle with no leaflet and no instructions."
[ 錠剤は白い小瓶に入って送られてきたが、成分表も説明書も一切付いていなかった。]

 飲み始めると、light-headednenss (立ちくらみ)、sickness (吐き気)、irritable bowel syndrome (過敏性腸症候群) に悩まされたと言う。しかし、薬が徐々に体をむしばんでいくことが分かっていても、「薬物中毒」に陥ってしまっていた。すると、尋常な心を失う。

"Looking back, I think, What was I doing?"
[今、考えると、自分は何をしていたんだろう?]

 頭が「やせたい」気持ちで一杯。そこに付け込む詐欺師がウヨウヨ。くれぐれも騙されないように。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「黄金バット」の使者コーモリ:脳が特別に進化した正義の味方! (BBC-Science & Environment, November 27, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/C003/production/_98955194_gettyimages-533040736.jpg

 西のかなたに太陽が沈むと、「夜と闇 (night and darkness)」がやって来る。これで喜ぶのは、お日さまが照っていては仕事のやりにくいドロボウと悪人。

 さて、それとは別に、日が落ちかけたころになると、自転車の荷台に商売道具一式を積んだ「いつものオジサン」が現われる。すると、そこいら中で遊んでいた子どもたちが、その自転車の周りに集まり、「黄金バット」の紙芝居が始まった。黄金バットは、常に悪党をやっつけてくれる正義の味方だった。ちょうど都合のいい具合に、黄金バットが紙芝居の中で活躍するころには、本物のコーモリが子どもたちの頭の上を飛び交った。コウモリは黄金バットの使いであり、困った人をいつも見つけてくれたのだ。

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/E335/production/_98956185_z9180456-big_brown_bat-spl.jpg

 西洋でコーモリが「sinister (不吉)」と見なされるようになったのは、「Bram Stocker (ブラム・ストッカー[1847-1912])」が 1897年に出版した「Dracula (ドラキュラ)」からだと言われる。その本の中では、吸血鬼ドラキュラが、夜になると目を覚ましてコーモリに姿を変え、血を求めて闇を徘徊する。この作品のお陰で、忌み嫌われる悪党のコーモリのイメージが、世の中にすっかり定着してしまった。

 さて、コーモリは超音波 (30kHZ-110kHz) を発し、暗闇の中を自由に飛び回る。その「チッチッチッ...」の「sound clicks (発信音)」は、人間の耳にほとんど聞こえない。1秒間に 120回以上の音波を発しては、周囲の物体から跳ね返ってくる反響音に耳を傾け、自由自在にエサを捕まえることができる。これは「echolocation (反響定位)」として知られている。

 Johns Hopkins大学の Dr Melville Wohigemuthらの研究グループは、コーモリの脳底部「中脳蓋 (ちゅうのうがい)」に存在す「上丘 (superior colliculus)」の組織構造が、他の哺乳動物とは、まったく違っていることを発見した。上丘組織の中で、「location neurons (定位神経」と「motor neurons (運動神経)」が隣合わせに配置され、反響音で捕らえた「auditory data (聴覚データ)」を素速く解析すると、その解析結果に応じて即座に体の動きを変えることができる仕組みだ。

 コーモリが進化の過程で獲得した聴覚・運動能力は、「an incredibly successful evolutionary innovation (信じがたいほどに優れた機能進化)」だった。
 これを人は「神のなせる業(わざ)」と呼ぶだろうか。それとも、闇の仲間を増やすために捻り出した「悪魔のしわざ」というだろうか。

 なお、Dr Wohigemuthら研究結果は医学雑誌「JNeurosci」に発表された。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

女性は母になるだけでも大変:その1/3が苦悩を抱える! (BBC-Health, November 28, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/11A5E/production/_98968227_de27-1.jpg

 人は自分のことで手一杯なのに、職場で気苦労が多いし、家族・友人関係で悩むこともある。しかし、その悩みは、女性と男性では少し違うことがわかった。

 BBC Radio 5 liveとYouGovが共同で、イギリス在住の1,800人に「online survey (オンライン調査)」を依頼し、「親の苦悩」について分析した。
 その結果、女性は結婚して子どもができると、男性に比べて、「心の病 (mental health issues)」を抱えることが多くなることも判明した。なんと、女性の1/3が「acute stress(急性ストレス)」,「severe anxiety (深刻な不安神経症)」,「postpartum depression (産後の欝病)」を経験し、その多くは「専門家の助け (professional help)」を必要としていた。

1.まず、女性が母親になると、育児 (parenting) に関して周りからあれこれ批判(criticism) を受ける。批判する人の内訳は

・by parents (両親から)            :26%
・by spouse/partner (夫またはパートナーから) :24%
・by other family members (他の同居人から)       :18%
・by strangers (見知らぬ人から)                           :14%
 
2.さらに、職場でも摩擦 (troubles) が現われ、女性の約30%は、子どもができたことで「felt discriminated (差別を感じた)」ことがあると答えた。これは、同じ質問で差別を感じたと答えた男性の 14%に比べて約 2倍。

3.女性が悩みを抱えたとき、「emotional support (心のより所)を誰に求めるか」について尋ねたところ、

・friends (友だち)          :60%
・spouse/partner (夫またはパートナー) :56%
・online forums (ネット)       :18%


ただし、女性の 15%、男性では 25%が誰にも相談せず、自分だけで悩みを解決しようとしていた。

 さて、今は 3人のお母さんの Ms Lauren Doyle は、知らない土地に引っ越して友だちが少ない中で、相談できる相手は夫と義理の母だけだった。最初の子どもが生まれたとき、PTSDに苦しんだ。2人めの娘が生まれると「心の病」は耐え難いものとなり、病院に駆け込んだ。しかし、

"All they could provide was medication and eventually received support through the parenting support group Pandas."
[ 医者がやったことと言えば、ただ薬を処方しただけ。結局、(地域コミュニティが運営する) 育児サポートグループ「Pandas」によって助けられた。]

そのMs Doyle。今はすっかり回復し、元気で仕事を続けていると、BBCが伝える。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com