ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

USAの若ものにガン患者が多発:原因は肥満か? (BBC-Health, Feb 4, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/88D9/production/_105433053_gettyimages-909313578.jpg

 ガン患者の誰もが、皆太っているとは限らないし、太り過ぎの人が、必ずしもガンに罹るとは限らない。それは、そうだが、肥満 (obesity)は、ガンの発症リスクを確実に高める。では、一体なぜ、体に脂肪が溜まるとガンに罹りやすくなるのか。現在、もっとも有力な説は次のとおり。

 体脂肪 (body fat)は、エネルギーを蓄える上で欠かせない。しかし、過剰な体脂肪の脂肪細胞 (fat cells)は、「growth hormones (成長ホルモン)」、「growth factors (成長因子)」を生成し、体の他の部位に「chemical signals  (化学信号)」として働きかけては、細胞分裂を盛んに促す。その結果、細胞のコピーミスが発生し、ガン腫瘍 (tumours)ができてしまうという。

 「Cancer Research UK」によると、「obesity-related cancers  (肥満に関連したガン)」は、次の12種。

・bowel cancer:大腸ガン
・womb cancer:子宮ガン
・oesophagea (food pipe) cancer:食道ガン
・kidney cancer:腎臓ガン
・liver cancer:肝臓ガン
・upper stomach cancer:胃 (上部)がん
・gallbladder cancer:胆嚢ガン
・ovarian cancer:卵巣ガン
・thyroid cancer:甲状腺ガン
・meningioma:髄膜腫
・multiple myeloma:多発性骨髄腫 (血液のガン)
・breast cancer:乳ガン

 なお、「World Cancer Research Fund (世界ガン研究基金)」は、この他にも

・pharynx cancer:咽頭ガン
・pancreatic cancer:膵臓ガン
・prostate cancer:前立腺ガン

を含める。

 ところが、「The American Cancer Society (米国ガン協会)」のDr Ahmedin Jemalらの研究グループが、1995年から2014年に至る数百万人のカルテを分析した結果、20代 - 30代の若ものの間に「obesity-related cancers (肥満に関連したガン)」、なかでも次の6種のガンが急激に増加していることを突き止めた。

・colorectal cancer:結腸直腸ガン
・uterine cancer:子宮ガン
・gallbladder cancer:胆嚢ガン
・kidney cancer:腎臓ガン
・pancreatic cancer:膵臓ガン
・multiple myeloma:多発性骨髄腫 (血液のガン)

研究者らは、過去数十年間で、肥満率が高くなったことが影響していると見る。ただし、なぜ、若ものの間に、この 6種のガンだけが急激に増加したのかは不明。
 おそらく、肥満以外の病因 (risk factors)が働いたものと考えられるという。

 なお、Dr Jemalらの研究内容の詳細は、医学雑誌「The Lancet Public Health」に発表された。

まとめ:「健康第一」と言っても、「たった今」が元気な人間には「上(うわ)の空」にしか聞こえない。病気の種類は数え切れないほどある。病気になってからでは遅い。「タバコ」と「太り過ぎ」、「運動不足」は、病気を呼び寄せているようなものだ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「うつ病」、お前もか!:その原因は、遺伝子に隠されていた (BBC-News, Feb 4, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/107C7/production/_105472576_depression_kma_0402_1830rs_frame_1343.jpg

 人は、なぜ、「うつ(depression)」になってしまうのか。うつ病は6人に1人が発症する精神疾患で、人の体を「disability (不自由)」にしてしまう、最大の原因とされる。

 うつ病の主な症状は以下のとおり。

・low mood:意気消沈
・lethargy:倦怠感
・lose of pleasure:興味・喜びの喪失
・no appetite:食欲不振
・diminished libido:性欲減退
・tail-chasing thoughts:頭の中で堂々巡り
・insomnia:不眠

また、その発症の「triggers (切っ掛け)」は

・trauma:トラウマ
・bereavement:親しい人との死別
・stress:ストレス
・lifestyle:生活スタイル (アルコール依存症など)

にあるとされて来た。しかし、うつ病は、特定の家系に集中することでも知られ、発症原因の1/3は、遺伝子にあるのでは、との疑いが持たれていた。

 人によっては、一生の間に2ヶ月ほど鬱(うつ)になるだけで、その後、回復することもあれば、深刻かつ慢性的なうつ病になって、精神科入院を余儀なくされ、最悪、自殺に追い込まれることもある。怖い病気だ。

Edinburgh大学の Andrew Mcintosh教授らの研究グループは、世界20ヶ国にまたがるうつ病患者200万人以上のカルテとDNAを分析し、うつ病患者のDNAには、100を超える「genetic variations (遺伝子変異)」が存在することを発見した。

 これらの遺伝子変異は、「前頭葉前皮質 (prefrontal cortex)」内の神経細胞の接合部に当たる「presynaptic terminals (シナプス前終末)」に大きな影響を与えていた。この脳の部位は、「decision-making (意思決定)」、「personality (人格)」を支配する大切な場所。

 生まれながらにして、うつ病の「病因 (pathogenesis)」となる遺伝子変異の他に、タバコ依存症に関与する遺伝子変異も発見された。肥満・ガンの他に、タバコ依存症やうつ病まで遺伝子が決定していたのだ。研究者は、この発見によって、うつ病の治療が、さらに改善されることを期待している。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

缶詰(かんづめ):知っておくと便利な「あれこれ」情報詰め合わせ (BBC-Health, January 30, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/44D2/production/_105381671_gettyimages-516373331.jpg

 こんなはずではなかった。『風吹けば、桶屋 (おけや)が儲かる』とはよく言ったものだ。思いがけないことは、よく起こるもの。

 イギリス国民が移民の受け入れを拒否するために、EU離脱を決めたものの、その離脱のあり方を巡って議会では意見が分かれ、強気のMay首相も苦境に立たされている。もしも、この3月、「合意なき離脱 (Without a deal)」となれば、物資の流通に混乱は避けられず、食料不足に陥りかねない。一部のイギリス人は、食料 (主に缶詰)の買いだめを始めたという。
 移民の背中を押した風が、なんと「缶詰メーカー」を儲けさせることになるとは .....。それは、誰にも想像さえ、できなかったことだろう。

 筆者の缶詰の思い出は、なんと言っても、ベーリングオホーツク海域の「北洋漁業」で製缶された「鮭缶」。そのほとんどは輸出用に回されたと聞くが、その味は逸品だった。日本がそれほど豊かではなかった時代にあって、ピカピカの鮭缶のフタを缶詰切りでギシギシと開けるのは、小さな子どもにとって最高の贅沢であり、喜びでもあった。

 さて、その缶詰 (tinned food)。つい、引き出しの中の奥にしまい込んで忘れるもの。『気がついたら、缶が潰れていた、あるいは賞味期限が切れていた』に類似した経験のある人は、少なくないはず。緊急事態のとき、そんな缶詰を食べて大丈夫だろうか。それに、缶詰と生鮮食品の栄養価の違いも、分かっているようで、不確かな点も多い。
 BBC Health EditorのMs Mcichelle Robertsが、缶詰にまつわる様ざまな疑問に答える。
 
1.Loss nutritious?:缶詰にすると、栄養価が下がるのでは?

 缶詰(canned foods)は、食品を高温で圧力調理してスチール缶に密閉したもの。だから、生鮮食品 (fresh foods)あるいは冷凍食品 (frozen foods)に比べて、かなり栄養価が失われていると思われがちだ。
 しかし、栄養科学者のMs Bridget Benelamによると、どんな食品でも、調理の際に栄養価が下がってしまうのは避けられないという。生鮮野菜・果物 (uncooked fruit and veg)も時間が経つと栄養価が落ちる。たとえ冷蔵庫に保管したとて、その劣化 (degradation)は止まらない。
 一方、冷凍食品も同じ。冷凍処理で栄養価が失われ、さらに解凍する際にも失われるため、結局、その栄養価の損失量は、缶詰と余り変わらなくなる。

 なお、缶詰の加工工程で損失が大きいのは、「water-soluble vitamins (水溶性ビタミン)」。
骨や血管・神経系を健康に保つために欠かせない「ビタミンC」、「ビタミンB1(thiamine)」が壊れてしまうのだ。
  そうは言っても、登山家や探検・冒険家でない限り、毎日、まいにち缶詰だけを食べることなど、まず、ほとんど、ありえない。したがって、缶詰を補助食材として使う、一般家庭では、一部のビタミンの欠如など、全くと言っても良いほど問題なし。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/1525A/production/_105381668_gettyimages-493327820.jpg

2.What to buy:どんな缶詰がお勧め?
 缶詰は、一般の食生活では、地味な食品だ。しかし、グリンピース、トマト、コーンなどの缶詰は、料理の幅を広くするのに役立ってくれる。また、魚・肉の缶詰も自然災害などの非常時には、あると便利だ。

 その缶詰で注意する点は、加工時に添加される砂糖、塩、脂肪分。
 モモ・ミカンなどのフルーツ缶詰は甘くてドロドロのシロップ入れで、これを飲んだら砂糖の摂り過ぎとなる。そして、野菜は塩水に漬かり、肉も長期保存に耐えられるように、塩分高めで調理されている。
 この点に注意して利用すれば、どの缶詰食品も「5-a-day (1日5品目のフルーツ・野菜を)」の1品目として、テーブルに並べることができるという。
 ただし、購入の際は、成分表、賞味期限のチェックをお忘れなく。

3.Is it OK to keep leftovers in my fridge?:食べ残しを冷蔵庫で保管してもいい?
 スチール缶は、スズ (tin)や酸化クロム (chromium oxide)のメッキ処理で耐食性を高めている。このため、フタを開けたら、すぐに中味を別の容器に移し替えて冷蔵庫に入れ、保管すること。そのままにして置くと、メッキ成分が中味に移ってしまう。

・Head the self-by date:販売期限 (消費期限)に注意
 数週間ごとに、保管している缶詰の販売期限 (self-by date)をチェックし、保存が長引いた缶詰は、早めに使う。

・Beware damaged cans:損傷した缶詰は要注意
 多少の「ひこみ (small dents)」があっても問題ないが、フタが膨らんでいたり、キズがあったり、中味が洩れているのは、腐敗 (spoilage)の兆候。また、フタを開けた瞬間に、中味が吹き出したり、悪臭、あるいはカビがあったら、直ちに捨てること。

・Is it normal to hear a 'hiss' when your open it?:フタを開けたときのシュー音は?
 缶詰は真空パック状態になっているため、フタを開けたとき、軽くシュートと音がすることがある。これは問題なし。ただし、大きな音を立てたり、中味が噴出する缶詰は、品質が損なわれている証し。これも捨てる。

4.What about the chemicals?:化学物質はだいじょうぶ?
 トマト缶のような缶詰では、その内側のエポキシ樹脂塗装から、化学物質「Bisphenol A (ビスフェノールA, BPA)」が検出されることもある。
 しかし、「The Food Standard Agency (英国食品基準庁)」、「The European Safety Authority(欧州食品安全機関)」のいづれも、流通している缶詰食品に含まれる「harmful chemicals(有害な化学物質)」は、健康に問題ないレベルとする。

5.Other canny facts:その他のトピックス
 缶詰 (canning)の歴史はNapoleonの時代に遡(さかのぼ)る。Napoleonフランス軍の食料調達の便を図るため、国中から食料の長期保存方法を募集した。懸賞金は12,000フランだった。これを見事に勝ち取ったのが「Nicholas Appert (ニコラス・アペール [1749-1841)」。
 Appertは、牛肉・鶏肉をビン詰めにする方法を考案した。

 ところが、ビン詰めは重く、割れやすい。このフランスの軍事機密「ビン詰め」をいち早く入手したイギリスの「Peter Durand(ピーター・デュランド [1766-1822])」は、ビンを金属容器に替え、さらに特許まで取ってしまう (1810年特許取得)。

 なお、「Kanter Worldpannel」の統計調査によると、イギリス人が2018年10月~12月の 3ヶ月間で消費した缶詰は約0.5mlb (約230,000トン)。イギリス人は缶詰好きだ。それも、夏季よりも冬期に多く缶詰を消費する傾向があるという。
 
 『冬は、ショッピングも料理も面倒。缶詰でも食べて』。イギリス人は寒くなると「ずぼら」になるのだろうか。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

鼻がつぶれて、太っちょ犬パグ:息がつけず、歯もボロボロ! (BBC-News, Feb 1, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/CAB3/production/_105419815_fatpug2.jpg

 ブルドッグの、鼻をつぶして体全体を縮めたようなイヌ。それが、小型ペット犬「pug (パグ)」だ。普通、体重は14-18lb (6.4 - 8.2kg)。

 それなのに、Waleで飼われていたパグ「Sugar」の体重は、標準体重の約2倍の11.9kg。ほとんど「ヨチヨチ歩きの人間の子ども」と同じ位の「ずんぐり、むっくり、コロコロ犬」だった。年齢は12歳でメス。人間で言えば、高齢期に差し掛かったころ。それでも、まだまだ、元気に走り回れるはずだった。

 ところが、この「Sugar」。視力が低下し(poor vision)、耳が遠く(deafness)、歯は全て抜け落ちた。そればかりか、もともと鼻が顔にめり込んで、「flat-faced (のっぺり)」になっているため、太り過ぎて、息がつけなくなった。当然、歩くのさえ、やっとの状態。

 そこまで、「Sugar」を追い詰めた原因は、飼い主が「partially sighted (弱視)」者で、ペットの「Sugar」を外へ散歩に連れ出すことができず、運動不足にしてしまったため。
 なお、現在は、Wales南部の町「Caerphilly (ケアフィリ)」で、新たな飼い主Mr Steve Jonesに飼われ、特別のダイエットと運動プログラムを受けて、体重を2.2lb (1kg)減らしたという。

 PDSA (英国動物虐待防止協会)によると、イヌが太り過ぎると、「arthritis (関節炎)」や「diabetes (糖尿病)」に罹りやすくなり、寿命は約2.5年も縮まる。なんと、イギリスで飼われているイヌ・ネコの約40%が太り過ぎ。

 したがって、これらの動物をペットして飼う際には、次のような注意が必要だ。

・Go easy on the treats:ご馳走は、ほどほどに。カロリーの高いものは太らせるだけ。
・For cats - little and often:ネコにはエサをちょっとずつ。「エサやり器」が便利。
・No human food:人の食べ物禁止。ペットがお腹をこわすことも。ペットフードが無難。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

TV、パソコン、タブレット画面の見すぎの子ども:知的発達に遅れ! (BBC-Health, January 28, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/4B60/production/_105369291_gettyimages-1049281574.jpg

 2, 3歳のヨチヨチ歩きの子ども (toddlers)に、パソコンやタブレット端末をあずけたり、TVを見せておくと、子どもは静かだ。その間に、親は家事あるいは自分のホビーに集中できる。でも、それって、子どもの知的発達にプラスになるの?子どもの「mental health」に支障はないの?

 CanadaのCalgary大学 Dr Sheri Madiganらの研究グループは、TV、パソコン、タブレットなどスクリーン画面が子どもの知的発達にどのように影響するのかについて調査し、その結果を医学雑誌「JAMA Paediatrics」に発表した。
研究は、基本的に、カナダの2歳児約2,500人を対象にした発達追跡調査。母親にアンケート形式で、子どものTV、パソコン、タブレットなど「screen time (スクリーン画面の暴露時間)」を2歳、3歳、5歳の時点で尋ね、その調査結果を子どもの言語能力、コミュニケーション・スキルなどの知的発達に関する試験の結果に比較した。

以下は、その「screen time」の集計結果だ。

     Age          Screen Time (average)
・ 2 year-old            17 hours/week
・ 3 year-old            25 hours/week
・ 5 year-old            11 hours/week

 ところが、この平均値よりも長時間、スクリーン画面を覗いている子どもには、言葉の習得、コミュニケーション・スキルなどの知的発達に遅れが目立ち、「interpersonal skills (対人能力)」が劣って、「sociability (愛想)」がなくなる傾向が認められた。

 ただし、この論文には批判もある。子どもが見ていたスクリーン画面の内容が不明、あるいは、どの程度の時間だったら、子どもの発達に影響がないと言えるのか、そもそも、子どもにタブレットをあずけることに問題性があるのか。さらに、子どもの発達には、そんなスクリーン画面暴露時間よりも、睡眠時間、子どもに読み聞かせる母親の読書、育児に対する母親の積極性などが大きく影響するはずだ、などなど。

 しかし、細かいことに、くどくどと刺さるよりも、Dr Madiganらのデータ分析の結果は、育児教育に有効に活用されるべきだろう。

 子どもがいつも「ぶっちょうづら」をして、めったに口もを利かず、母親にも、スマホでメッセージを送る姿は、背筋が寒くなるほど不気味だ。
 それは、職場でよく見掛ける光景でもある。軋轢 (あつれき)の仲にある人と人が、わずか数十歩の距離にありながら、「言いたいこと」を、メッセージ形式で職場のパソコンに打ち込む姿に酷似する。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

タバコを吸って、声はしゃがれ、咽が痛い人:すぐに診断を受けて! (BBC-Health, January 29, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/99A9/production/_105373393_f0236471-illustration_of_a_man_s_larynx_cancer-spl.jpg

 「咽頭 (larynx)」とは、鼻の奥から「のど仏 (Adam's apple)」までの器官。ここは声を出したり、息を吸う上でとても大切なところだ。

 これまで、こんなときは、咽喉ガンあるいは咽頭ガンの疑いがあるとされて来た。

・Persistent hoarseness:ずうと声がしゃがれている
・Unexpected neck lumps:首にしこりが不意にできた
 
 ところが、Exeter (エクセター)大学の Dr Elizabeth Shephardらの研究グループは、「咽頭ガン (laryngeal cancer)」患者のカルテ14,000件以上を分析した結果、次の症状が複数見られる人に、咽頭ガンの発症リスクが極めて高いことを発見した。

・Persistent sore throat:持続性咽喉炎
・Shortness of breath:息切れ
・Trouble of swallowing:嚥下 (えんげ)困難(飲み込めない)
・Earache:耳痛

 UKでは、毎年約2,000人が咽頭ガンと診断されている。このガンの特徴は次のとおり。

・男性に多い
・タバコ、お酒との関連性が高い
・早期治療によって、治療成績 (outcome)が上がる
放射線治療、外科手術、化学療法が主な治療となる
・ガンが進行していると、外科手術によって咽頭の一部あるいは全てを摘出する
・手術後、そのままでは息もつけず、声も出せなくなるため、咽に「stoma (ストーマ)」と呼ばれる小さな穴をあけ、「throat implant (人口咽インプラント)」や「electrical device (電子ディバイス)」を装着する手術が必要になる。

 なお、Dr Shephardらの研究結果の詳細は、医学雑誌「The British Journal of General Practice」に発表された。

まとめ:それでも、タバコを吸いますか?
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

手首に巻いて消費カロリーチェック:誤差の大きいスマホ・ウオッチ (BBC-News, January 28, 2019)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/22C9/production/_105350980_fitnesstrackerstest2.jpg

 手首に巻いておくだけで、歩いた歩数や運動時の消費カロリーを自動的に記録してくれる「fitness trackers(フィットネス・トラッカー)」。健康管理に便利なディバイスとして人気で、メーカー各社の販売は好調だ。
 しかし、そのウェアラブルディバイス。本当に正しい消費カロリーの値を示しているのだろうか。

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/BB21/production/_105350974_trackers.jpg

 Walesの「Aberystwyth (アベリストウィス)大学」の Dr Rhys Thatcherらの研究グループは、「BBC X-ray programme」の一環として、この種の電子ディバイスの精度検査を実施した。
 ボランティアにトレーニング用の「tredmills (トレッドミル)」で、10分間、歩いてもらったり、走ってもらい、そのときの最大酸素消費量の値から正確な消費カロリーを求め、市販の「fitness trackers」の測定値に比較した。

 その結果は、以下のとおり。

Devices (機種)                     Errors (誤差)
                             Walking (歩行)  Running (走行)
Fitbit Charge 2            - 4%                 +50% more
Letscom HR               +15.7%             -30%
Letsfit                         +2%                  -40%

 つまり、現在、市場に最も多く出回っている機種「Fitbit Charge 2」は、価格も高い。しかし、この機種には、走行時の消費カロリーが50以上も過大に表示・記録される傾向があった。

 調査に当たったDr Thatcherによると、「motivation tools  (やる気を引き出すツール)」として、あるいは「運動実績 (progress)」を記録するために、「fitness trackers」を利用するのであれば、正確さは、さほど問題にならないという。

 それはそうかも知れない。
 それでも、筆者には気になることがある。メーカーの釈明 (言い訳)だ。

 Fitbit社の言い分はこうだ。『我が社の製品は「extensive research (大規模な研究)に基づいて製造されたものであり、性能に関しては自信がある。』 

 一方、Lerscom社と Letsfit社は、そほ不正確を素直に認める。『当社のディバイスは、使用する人の背の高さや歩幅などによって値が変わることもあります。製品は医療用測定器ではなく、単なる推定値 (estimates)を示すだけです。』

 さて、「devices (ディバイス)」の精度もさることながら、「信頼度 (trustworthiness)」はどちらが高いと言えるだろう。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com