ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

「それでも、タバコは悪くない」:砂糖だって、悪くない! (BBC-Health, June 4, 2019)

f:id:hiroshinews:20190614043321p:plain

 「それでも、地球は回る」。1633年、あの偉大なイタリアの天文学者 Galileo Galilei [1564-1644]は、宗教裁判に引き出され、強制的に「地動説」の撤回を迫られた後で、こんなふうに呟(つぶや)いたという。

 今や「タバコが健康を損ねる」ことは、「地動説」と同じように、明白な事実。しかし、それでも、「タバコは体に悪くない」と異議を唱える人は少なくない。
 いや、数々の科学的な証拠・事実に目を向けることを避け、ほとんど自己防衛・自己利益のために、ひたすら「受け入れがたい自説」にこだわる科学者・技術者は、これまで幾らでもいた。

 地殻が動いているとする「プレート・テクトニクス理論」に対しては、口角泡を飛ばし、学生たちに自説の「プレート・テクトニクス批判」を説いたH教授。チッソ水俣工場、神岡鉱山の技術者は、廃水に含まれる有機水銀カドミウムが、それぞれ水俣病イタイイタイ病の原因であることを、長年にわたって必至で否定し続けた。学生には、その特別講演で「T大学の著名な教授がおっしゃっている (否定している)」とし、これに楯突く側の身分をあざ笑った。
 また、スギ花粉アレルギーもそうだ。森林関係者は、スギ花粉が直接の原因ではないと、その関与を強く否定する。
f:id:hiroshinews:20190614043516p:plain

 
 さて、タバコだ。どの国でも、タバコ愛好家、タバコ業者とそれに支援を受けた政治家・政治団体は、禁煙運動やタバコのパッケージ表示を規制する運動に対し、豊富な資金力と「政治家-経済界のコネ」をフル活用した猛烈な反キャンペーンを展開した。それに加えて、政府は、常に、民間のタバコ規制運動に「poured cold water the move (冷や水を浴びせた)」。

 タバコの販売広告規制・禁煙に関しては、イギリス政府でさえ、および腰だった。それほど、政治家は、この問題に首を突っ込むと、選挙・支援基盤が危うくなることを恐れたとも言える。
 ようやくのこと、UKで、公共の場における禁煙が実施されたのは2007年。さらに、タバコのパッケージに、健康被害を警告する文言と写真が義務づけられた「Cigarette Plain Packaging Rule (プレイン・パッケージング法)」が、2017年に施行されるまで、約10年の歳月を要した。

 「The Institute for Public Policy Research(公共政策研究所IPPR)」は、子ども世代の肥満増加をくい止めるためには、糖分含有率の高いソフトドリンク・スイーツなどの食品にも、タバコと同様の「plain packaging (プレイン・パッケージング)」を適用するようにと、訴える。

 もちろん、食品業界は「fundamental commercial freedom (コマーシャルの基本的自由権)」と「critical competition (競争に不可欠)」を楯に、パッケージ表示の規制には一歩も譲らない構えだ。

 さて、とにかくタバコに関しては、一昔前では考えられなかったことが現実となった。

・The unlikely could soon become likely.
[ あり得ないとされたことが、(多くの人の努力によって) やがて、あり得ることになったのだ。]

 少なくとも、会議あるいは宴会の席で、権力者が傍若無人の態度で、タバコをプカプカさせることはできなくなった。これまで、どんなに、タバコを吸わない人は迷惑を被(こうむ)っていたことか。
 「健康第一」と言いつつも、それはうわべだけのこと。内心は「選挙第一」だった政治家は、今一度、良心を取り戻して欲しいものだ。人々の健康を本当に大事にする、真の民主主義国家は、未だ遠い。
               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

Walesの小さな村で「結核」が大流行:結核菌は決して死滅しない! (BBC-News, May 30, 2019)

f:id:hiroshinews:20190612044300p:plain

 江戸の頃まで「労咳(ろうがい)」と呼ばれ、「不治の病」として人々から恐れられた「tuberculosis (結核TB)」。その感染力は強く、特効薬の抗生物質ストレプトマイシン」が開発されるまでは、多くの人命を奪った。また、近年になっても、医者の診断・措置ミスで、結核が、あっという間に人から人へと広がったケースも少なくない。

 さて、Wales南部の「Camarthen Bay (カマーゼン湾)」に面した都市「Llanelli (ラネリィ)」の近くに、小さな village (村)の「Llwnhendy (リウィンヘンディ)」がある。
 「Public Health Wales (ウェールズ公衆衛生局 PHW])」によると、Wales全体で結核感染者と診断される患者は毎年100人程度。ところが、この村は異常だ。2010年から数えて29人が結核の治療を受けた。さらに、結核患者に接触した恐れがあるとされ、検査を受けた人は約80名。

f:id:hiroshinews:20190612044424p:plain

 PHWは、Llwnhendyのパブ「The Joiners Arms」が怪しいとみる。このパブで2005-2018年の間に働いていた店のスタッフと顧客は、結核に感染している疑いがあるとし、心当たりのある人は、当局に出頭して検査を受けるようにと呼びかけている。

 なお、「結核TB」に関する注意点は、次のとおり。

結核は肺に感染することが多い。しかし、結核菌は体のどの器官にも取り憑く。
・人から人へと感染し、結核菌感染者が発するクシャミや咳の飛沫を吸い込んで感染する。
・顕著な症状は、しつこい咳。3週間以上も続く。
・深刻な感染症ではあるが、治療可能。(ただし、近年、医療関係者は、抗生物質の効かない多剤耐性結核 (MDR-TB)に悩まされている。)

むすび:結核菌は決して地球上から姿を消したわけではない。菌は、誰かの体にひっそりと隠れて進化し、抗生物質に対する耐性力を強めている。海外旅行では、とくに注意が必要だ。

               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「お多福」面がもたらすのは:「福」それとも「邪気」? (BBC-Health, May 25, 2019)

f:id:hiroshinews:20190611114041p:plain

 「お多福」面は縁起物として、かって縁日の露店で売られていた。あの、ほっぺたがふっくらとして、目の細い女の顔には独特の愛嬌が漂う。

 その名前のついた病気に「おたふく風邪 (mumps)」がある。UKでは1988年、3種混合ワクチン (MMR vaccine)が導入された。しかし、それまでは、学童期の子どもの10人に8人は、この「viral diseases (ウイルス性疾患)」に罹っていたという。
 MMRワクチンが普及したお陰で、「おたふく風邪」は、一旦、下火になったが、2005年には、Englandと Walesで43,000人を超える感染者が出た。

 そして今年の2019年、再び、「mumps virus (ムンプス・ウイルス)」が猛威を振るい、感染者が急増している。
 注意が必要なのは、ティーン・エイジャーやヤング・アダルト層の若ものだ。MMRワクチンを打って、免疫力をつけるには遅すぎ、また、子どもの頃に打ったワクチンの効力が切れていることもある。さらに、国籍の異なる若ものが群れ集うことで、「mumps」の感染リスクが高まっている。

 「mumps virus (ムンプス・ウイルス)」は、唾(つば)、咳・クシャミの飛沫から感染し、大人が発症すると、重症化する。ほっぺたが腫れて、頭痛、発熱、耳の痛みに苦しむ。
 ほっぺたが腫れるのは、耳の前部に位置する「parotid glands (耳下腺)」に炎症が起こるためだ。口を開くのも、もどかしくなり、話したり、ものを食べたり飲んだりするのも辛(つら)くなる。炎症は、耳下腺(じかせん)にとどまらず、まれに次の部位に及ぶこともある。

・testes:睾丸
・pancreas:膵(すい)臓
・brain:脳
・ovaries:卵巣

 なお、英語の「mumps (おたふく風邪)」の語源は定かでないが、以下のいずれかとされる。
 
・Old English (古英語):grimace (しかめっ面) or sulk-mump (ふくれっ面)
・Icelandic (アイスランド語):mumpa (a mouth being filled too full
・Dutch (オランダ語):mmpelen (mumble: 口をもぐもぐさせて話す)

 紀元前5世紀の古代ギリシャの医学者Hippocrates (ヒポクラテス)は「耳が腫れる病気(swellings)」として、その症状を記録に残している。
 しかし、「お多福」が、イギリス人には「ぶっちょう面」に見えるなんて......。文化の違いがここにもある。
               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

ネット利用のリスク調査:79%の子どもが「危ないサイト」に! (BBC-News, May 30, 2019)

f:id:hiroshinews:20190610042636p:plain

 会社の経理・営業に携(たずさ)わる人は、誰でも「複利 (compound interest)」について知っている。利息が7%/年であれば、元本は10年後に約2倍にふくれ上がる計算のことだ。

 このところ、イギリス人のネット利用時間は、年間7%の率で増加している。この状況が推移すると、10年後には2倍になるはずだ。

 これは、「Ofcom (英国情報通信庁)」が「The Information Commissioner's Office (情報コミッショナーズ・オフィス)」と共同で、英国在住のイギリス人(12-15歳: 1,001人、16歳以上: 2,057人)を対象に実施した調査結果の一部。
 その調査では、面談による聞取り方式でネット利用状況を尋ね、Ofcomはそのデータの集計結果を「Annual Online Nation Report」に発表した。
 
 その報告書によると、「British internet users (ユーザー)」のネット利用時間は1日当たり平均3時間15分。1年間で、まるまる50日もネットを見ている計算になる。それも、前述のとおり、年7%増で伸び続けている。

 インターネットは有益な情報源ではあるが、リスクもつきまとう。子ども(12-15歳)に対して、この1年の間にネット上で「危険な目に遭わなかったか」を尋ねたところ、79%が、少なくとも一度は怖い思いをしたと回答している。
 また、子どもの51%が「ネットいじめ (online bullying)」にも遇っている。 

 何しろ、ネット上で「suicide (自殺」、「self-harm (自傷)」を勧めるが如く、イラスト解説するサイトなど、まさしく「harmful contents (有害コンテンツ)」の何物でもない。このせいで、2017年、Miss Molly Russell (14歳))が自分の命を絶っている。
 UKでは、野放し状態の「有害サイト」に対し、何らかの規制を求める人の割合が70%に達し、FacebookInstagramへの風当たりが強くなっている。

 なお、子どもがネット上で見たとする「harmful contents (有害なコンテンツ)」の割合は以下のとおり。

Facebook: 24%
Instagram: 12%
・Snapchat: 8%

 さらに、不特定多数の人に大量に送る「spam, emails (スパム・メイル)」は、「有害コンテンツ」の最悪な発信源。注意が必要だ。その中身の内訳は次のとおり。

・adults (アダルト):34%
・fake new (フェイク・ニュース):25%
・scams (詐欺):22%

謝辞:この一文をまとめるに当たり、以下の優れた「The Guardian」の記事も参照した。記して謝意を表したい。

The Guardian: May 30, 2919
・Britons increasingly fearful of internet risks, Ofcom research shows

               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

乳ガンに対する「攻めの一手」:Cardiff 大学の新治療法! (BBC-News, June 4, 2019)

f:id:hiroshinews:20190607070128p:plain

 女性の最大の敵は、なんと言っても「乳ガン (breast cancer)」だ。それも、40代の発症リスクが高い。
 乳ガン腫瘍細胞は狡猾だ。ガン細胞内に、女性ホルモン「oestrogen (エストロゲン)」を食い物にするための道具「osetrogen-receptors (エストロゲン受容体)」をもっていて、これを女性ホルモンに合体させては、自らのガン細胞を増殖させる。
 
 UKで、毎年新たに乳ガンと診断される患者数 (乳ガン罹患者数)は約55,000人。その内の75%が「oestrogen-receptor positive (エストロゲン受容体をもった)」すなわち「ER positive breast cancer (ER 陽性乳ガン)」だ。

 このタイプの乳ガンの治療では、腫瘍細胞の「受容体 (レセプター)」の働きを阻害し、女性ホルモンの分泌を抑制する「hormone treatment (ホルモン療法)」が一般的だ。
 ところが、従来の治療法では、直ぐに行き詰まってしまうという。こともあろうに、「AKT」あるいは「protein kinase B (プロテイン・キナーゼB)」と呼ばれるシグナル伝達物質が、ガン細胞の味方をし、ホルモン療法に対する抵抗力を強めてしまう。

 そこで、Cardiff大学 Dr Rob Jonesらの研究グループは、新たな治療法を開発し、その効果を臨床試験で確かめた。
 Dr Jonesらは、ホルモン療法に邪魔な「AKT」の力を「Capivasertib(カピヴァセルチブ)」で無力にし、この薬と一緒に「fulvestrant (フルヴェストラント)」を投与した。この薬剤の組合わせは、これまで治療に使われたことがなかったという。

 すると、この治療を受けた乳ガン患者の40%は、ガン腫瘍に「significant shrinkage (顕著な縮小)」が認められ、生前期間も従来の治療法に比べて約2倍に延びた。
 Dr Jonesらの研究結果の詳細は「The American Society of Clinical Oncology (アメリカ臨床腫瘍学会)」年次総会にて発表予定。

 なお、国立がん研究センターのHP資料によると、日本の乳ガン罹患率は10万人当たり116.3人(2014年)。これに対し、Walesの女性の罹患率は、10万人当たり177.5人(2013-2015年)と、日本に比べて、やや、乳ガン罹患率が高い。
 世界中の多くの女性が乳ガンに苦しめられている。一刻でも早い、完璧な治療法が望まれる。
               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

UK全公園の森林浴・健康効果:年間£34.2bn (4兆6,850億円) (BBC-Sci & Env, May 27, 2019)

f:id:hiroshinews:20190606114429p:plain

 東京は新宿の明治神宮の森に入ると、それまで汗ばんでいた体が、スッと楽になる。都心にあって、そこの空気は違う。人間にとって、「green space (緑の空間)」は欠かせないものだと、実感する。

 さて、UKの環境チャリティ団体「Filed in Trust」の調査によると、UK全土の公園・緑地面積は216K (×10の3乗) hectars。しかし、人口 1人当たりのグリーン面積となると35.22 m2で、サッカー場のゴールエリアの半分以下になる。

 さらに、その「green space」の中でも、自然保全地域として指定、保護された「greene space」となると、全体の約6%に過ぎない。緑の空間は、いかに危うい状態にあるかが分かる。

 都市の中にあって、市民の憩いあるいは「outdoor exercise (野外運動)」の場を提供してくれる「parks and green spaces (公園・緑の空間)」の波及効果は絶大。
 UKでは毎週800万人を超える人が少なくとも30分以上「green exercise (緑に囲また運動)」を実施していて、その「health benefits (健康効果)」をお金に換算すると、年間£2.2bn (約3,000億円)。
 また、Exeter大学の研究によると、都会の中の「green space」は、市民の「メンタルヘス」に対して、長期的なプラスの効果を生み出しているという。「Filed in Trust」の試算では、UK全国の公園が国民の健康に与える効果は、年間£34.2bn (約4兆6,800億円)と巨大だ。

 公園や緑の空間は、心のオアシス。ただ、そこに居るだけで癒やされる。これほど「医者いらず」、医療費削減の効果が期待できるものが、他にあるだろうか。

 けれども、先進国のUKでさえ、自宅から歩いて10以内に公園などにアクセスできない人は260万人もいると、「Filed in Trust」は訴える。

 もちろん、どんなに広い公園が近くにあっても、騒音で悩まされる環境では困るが......。

               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

 

Walesの孤島の監視人募集:年俸350万円、住居付き! (BBC-News, May 28, 2019)

f:id:hiroshinews:20190605071927p:plain

 Walesの北西部「Gwynedd (グウィネズ)」。地図上のシルエットは、まるで魔女の顔。その鼻に当たる「 Llŷn Peninsula (リーン半島)」から1.9miles (約3.1km)の沖合に、小島が浮かぶ。幅1.0km、長さ1.6km、総面積179ヘクタールの「Bardsey Island (バージィ島)」、Welsh (ウェールズ語)で「Yyns Enlli」だ。
 都会の喧騒から遠く離れたこの地には、羊の群れが集い、沢山の海鳥が羽を休める。
島全体が「natural nature reserves (国立自然保護区)」に指定され、島と本土の間はフェリーで結ばれ、年間約2,000人の観光客が足を運ぶ。

 この島を管理する「Bardsey Island Trust」が探しているのは、その観光客のガイドと羊の世話を担当する島の「wardens (監視人)」。契約期間は3年で、給金は年俸£25,000(約350万円)。もちろん住居・電気代等は無料。

 日頃、スマホ・携帯電話に悩まされ、自分を静かな環境で見つめ直してみたいと思う人にとっては、最適な場所に違いない。
 冬になると、風が強く、海が荒れて、フェリーが運航できない日が続く。このため、観光客の声はパタリとやみ、島の住民はわずか4人になる。

f:id:hiroshinews:20190605072346p:plain

 実は、監視人はすでに決まっていた。Mr Ned Scharerの一家4人が、50人の応募者の中から選出されて、この 5月24日 (金)に着任したばかりであった。ところが、着任早々、息子の Sam (10歳)が岩の上で足を滑らし、転んで合併症を伴う大怪我をしてしまった。
 Mrs Scharerは、直ぐに「Holyhead coastguard (ホリーヘッド沿岸警備隊)」に電話連絡した。その数分後、Samはヘリコプターで本土の病院に運ばれて、怪我の手当を受ける。
 この事故で、「The Scharers (シェアラー家)」は、「Bardsey Island」を離れざるを得なくなった。

 猛者(もさ)を自称する諸君。肝試し、力試し、運試しに忍耐試し。武者修行のつもりで島の「wardens (監視人)」に応募してみてはいかが。

               (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com