ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

「こうするとよく眠れる!」:根拠のない俗説、あれこれ (BBC-Health, April 16, 2019)

f:id:hiroshinews:20190426041534p:plain

 たわいのない俗説 (myths)が、人から人へと伝えられ、いつの間にか、それがまかり通ることがある。「蜂に刺されたら、オシッコを引っ掛けろ」、「やけどには味噌を塗るのがいい」などと、まったく科学的に根拠のない、危険な措置も少なくない。

 「眠り (sleep)」についても同じ。夜行列車や旅先の宿で、ぐっすり熟睡できるからと、寝酒 (nightcaps)を飲み交わす光景は、ごく普通に見られた。それは、本当だろうか。

 New York大学の Dr Rebecca Robbinsらの研究チームは、巷(ちまた)に実(まこと)しやかに語られる、睡眠に関する俗説 (myths)を拾い集めて分析し、次の6項目にまとめた。その全てが、間違った思い込みだ。

Myth 1: You can cope on less than five hours sleep
[5時間寝なくたって、どうってことはない]
 サッチャー元英首相は4時間しか眠らなかった。ドイツのメルケル首相の睡眠時間も、ほぼ同じようなものだという。また、仕事人間の中には、寝る時間も惜しんで働く人もいる。
 しかし、Dr Robbinsによると、睡眠時間が5時間を切ると、体に支障が出ることは、多くの研究で明々白々。心臓発作・脳卒中などの「心循環器系疾患 (cardiovascular disease)」を引き起こし、大切な人生を短くするだけだ。そんなことに片意地を張るよりも、体にとっては 7 - 8時間の睡眠をとることが、どんなにうれいしいことか。

Myth 2: Alcohol before bed boost your sleep
[寝酒で、ぐっすり眠れる]
 「寝酒は、夜、ぐっすり眠れる睡眠薬だ」などと、誰が言い始めたのだろう。それは、まったくのでたらめ。確かに、お酒を飲むと、眠りに入りやすい。どころが、記憶・学習に重要とされるレム睡眠が、まともにとれなくなる。
 また、アルコール類の「diuretic (利尿作用)」も問題。夜半に、何度もトイレに通うことになる。

f:id:hiroshinews:20190426042037p:plain

Myth 3: Watching TV in bed helps your relax
[就寝前にTVを見ると、リラックスする]
 ホテルで一夜を過ごすわけではあるまいし、ベッドに入ってまで、あるいは就寝前にTVなど必要なものか。UKでは、夜に、その日のニュースを確認する人も多いという。
 しかし、就寝前に気持ちをリラックスさせようと思って、TVを観ると、それは「不眠症 (insomnia)」を助長し,「ストレス (stress)」を溜めるだけだ。
 さらに、TVに限らず、スマホタブレット、パソコン画面の「blue light」は、睡眠ホルモン「melatonin (メラトニン)」の分泌を妨げる。

Myth 4: If you're struggling to sleep, stay in bed
[ベッドで眠れなくても、そのまま横になっていた方がいい]
 なかなか眠れないときは、「ヒツジが1匹、ヒツジが2匹、・・・・・」と数えていると、そのうち眠る、と言われる。ところが、ヒツジの数を数えても数えても、眠気がやってこないこともある。
 一般に、健康な人は、ベッドに入って、およそ15分で眠りにつく。しかし、30分、1時間経っても、目が冴えて眠れない。これが不眠症だ。
 こんなときは、思い切って、ベッドから起きだし、気持ち・雰囲気を変えるのも一案。「Do something that's mindless. (何か、頭を使わなくてもいいことをやってみる)」。そう、洗濯物を畳んだり、編み棒を握ったり、絵本を読んでみる。

Myth 5: Hitting the snooze button
[目覚まし時計は、止めてしまえ]
 眠いときに、目覚ましが「リンリン、ジーン、ジーン」鳴くのは、本当にしゃくだ。「もう、ちょっと。そうだ、もう5,6分眠ったところで、大して違わない」。その誘惑 (temptation)に負けて再度眠ってしまい、起きてから慌てることも少なくない。
 目覚ましが鳴ったら、直ぐにベッドから起きだして、カーテンを開け,朝日を浴びること。その理由は,再び眠ったところで、その眠りは「light and low quality (質が悪い)」。

Myth 6: Snoring is always harmless
[イビキをかいても、体に悪くない]
 確かにイビキをかいたからと言って、それが体に悪いわけではない。しかし、イビキは、一時的に呼吸を止まるため、「disorder sleep apnoea (睡眠時無呼吸症候群)」のサインでもある。
 そもそも、イビキ (snoring)は,睡眠中に喉の周りの筋肉が緩んで,気道 (airway)が狭くなって起こるもの。イビキをかく人は、高血圧、不整脈、心臓発作、脳卒中のリスクが高くなりがちだ。さらに、イビキはイビキでも、「loud snoring (大イビキ)」となったら、危険信号。突然死などのリスクもある。専門医の診察が必要だ。

 なお、Dr Robbinsらの研究の詳細は、医学雑誌「Sleep Health」に発表された。

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「ネット・電話」診療:病院の治療で直らない過敏性腸症候群IBS! (BBC-Health, April 11, 2019)

f:id:hiroshinews:20190425052811p:plain

 とくに病気でもないのに、お腹(なか)の調子が今一つ。病院で診察、治療を受けても、症状は、なかなか改善しない。こんなとき、「irritable bowel syndrome (過敏性腸症候群 IBS)」の疑いがある。
 IBSの代表的な症状は次のとおり。

・stomach pain or cramps:胃痛または胃けいれん
・bloating:腹部膨張感
・diarrihoea:下痢
・constipation:便秘

 UKでは、人口の約10-20% (およそ1,000万人)が、このIBSで苦しんでいると考えられている。残念ながら、有効な治療法は見つかっていない。一般に、食事療法や薬で症状を和らげる措置がとられるが、病院で薬が処方されて、1年以内に健康が回復しないときは、その後、完治が難しいとされる。
 治療に当たっては、「cognitive behavioural therapy (認知行動療法 CBT)」が欠かせないとも言われる。しかし、現在の医療現場で、数百万人のIBS患者に対して、時間の掛かる CBTを懇切丁寧に実施することなど不可能。

 そこで、Southampton大学の Dr Hazel Everittらの研究グループは、慢性の「irritable bowel syndrome (過敏性腸症候群IBS)」患者558名の協力を得て、「ネット・電話を使った診療 (Therapy over phone or online)」の臨床試験を1年間にわたって実施し、その効果を調べた。
 電話・ネット上で、セラピストが

・お腹(なか)の調子を聴いて
・食事、運動のアドバイスをし
・ストレス、睡眠、感情コントロール

まで、たっぷり時間を掛けて相談に乗り、指導してくれる。

 その結果、これまでの治療法、すなわち、「anti-spasm medications (胃けいれん止め薬)」を処方し、[おざなり(?)] の「lifestyle advice (生活スタイル・アドバイス)」を付け加えるやり方に比べて、はるかに優れた症状の改善が認められた。
Dr Everrittによると、これまで、たとえば、病院で、「1日トイレに何回言ったか」などと聞くことは、「unhelpful adaptations (何の役にも立たないもの)」だったという。(Dr Everrittらの研究結果の詳細は、医学雑誌「Gut」に発表された。)

 フリーのジャーナリストMs Laura Day (31歳)も、このネット診療の臨床試験に参加した被験者の一人。子どもの頃から胃腸が弱く、病院で長年治療を続けて来たが、症状は少しも改善しなかった。それが、ネット診療を受けて、IBSの症状も、IBSに対する考え方も変わった。経験したことのないほどに体調が改善した上、くよくよと、体らの不調を心配しなくなったという。
 
 なお、この一文をまとめるに当たって、以下の優れた「The Guardian」の記事も参照した。記して謝意を表したい。

・The Guardian: April 11, 2019
"Therapy over phone or online could help people with IBS - study"

まとめ:医療関係者の言い分はこうだ。「医療現場が多忙を極め、患者の診断・治療に十分な時間がとれない」と。ならば、医療システムの見直しが必要だ。医療にムダなことをやっていないか、改善点はないか、などなど。反省する事項は決して少なくない。医者の権威・既得権だけを振りかざしていては、医療に進歩があるはずがない。なお、先日、某国で明らかになった、専門知識・医療技術もないのに、子宮手術をする医者など、卑劣きわまりなく、まったく論外だ。

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

車の排ガスが子どもを苦しめる!:小児ぜんそくの多い国はどこ? (BBC-Health, April 10, 2019)

f:id:hiroshinews:20190424074402p:plain

 公害対策基本法 (1967年)が、なぜか、環境基本法 (1993年)に変わって、「公害」という文字の「毒々しさ」、「加害者・被疑者の悪行さ」が骨抜きになった。
 しかし、大気汚染、水質汚染、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭などが、人々の健康・生活に被害を及ぼす限り、それは「公共に及ぼす害」すなわち「公害」に他ならない。
 
 大気汚染 (air pollution)は、工場・発電所の煤煙もさることながら、自動車の排ガス由来の「traffic pollution (交通公害)」が大きく影響している。その排ガスの主成分は NO, NO2であり、とくに「nitrogen oxide (二酸化窒素)」NO2は「airway (気道)」、「lungs (肺)」にダメージを与えて、「asthma (喘息)」、「lung diseases (肺疾患)」の発症リスクを高める。

 WHO (世界保健機関)によると、「children asthma (小児喘息)」は1950年代以降、急速に増加し、大気汚染が原因で心臓疾患、脳卒中、呼吸器系感染を患(わずら)って早死にする子どもは、世界で年間420万人。
 そこで、WHOは大気中のNO2濃度のガイドラインとして、40µg/m3  (21ppb)を設定し、各国に対して、清浄な空気の保全に努めるように働きかけている。

f:id:hiroshinews:20190424074600p:plain

 さて、George Washington大学の Dr Ploy Achakulwisutらの研究グループは、世界194ヶ国、125主要都市における小児喘息と交通公害 (traffic pollution)との関連性について調査し、次のような結果を医学雑誌「The Lancet Planetary Health Journal」に発表した。

1.小児喘息(交通公害が原因)罹患率の高い国

・Kuwait:550人/10万人
・United Arab Emirates (アラブ首長国連邦):460人/10万人
・Canada:450人/ 10万人

2.小児喘息 (交通公害が原因)患者の多い国

・China:760,000
・India:350,000
・US:240,000
・Indonesia:160,000
・Brazil:140,000

3.小児喘息全体に占める、交通公害が原因の小児喘息の割合が高い国
          (世界全体の平均値は 13%)
・South Korea:31%
・Kuwait:30%
・Qatarr:30%
・United Arab Emirates:30%
・Bahrain:26%

 しかし、低・中所得国では、子どもに対して適切な診断が実施されていないこと多いため、「pollution-related asthma (交通公害が原因の小児喘息)」の実際の数値は、報告された値よりも高くなる可能性がある。

 社会で最も脆弱な立場に置かれた子ども。その子ども達が自動車の排気ガスによって健康が冒されている。それは「It's beyond doubt. (疑いようがない事実)」。地球の空気を汚しに汚したのは大人だ。大人には、汚れた空気を元に戻す義務と責任がある。まともな親で、子どもの幸福、健康を願わない親はいないだろう。

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

ガンの自己診断キット:格安、簡単、安心! (BBC-News, April 3, 2019)

f:id:hiroshinews:20190423045336p:plain

 「どうしようもないもの」、「如何ともし難いもの」は、世の中に幾らでもあるが、中でもとりわけ「どうしようもないもの」は、膨らみ続ける「医療費」とその医療に携わる人、これを受ける側の「意識改革」だ。

 どんな病気であれ、医療の基本は「precaution (予防)」であり、病気の「早期発見・早期治療 (early detection & rapid cure)」に他ならない。人々の健康が維持、保証されない限り、どんな人であっても、落ち着いて安らかな暮らしは望めないし、社会のシステムも円滑に回ることはない。
 また、教育や医療の分野で、「利潤」を優先、追求すると、世の中は腐敗する。

 さて、人類に執拗に襲いかかる病(やまい)と言えば「cancers (ガン)」。それも、数あるガンの中で悪の筆頭に挙げられるのが「bowel cancer (大腸ガン)」。UKでは年間16,000人以上 (日本:27,330人)の命を奪っている。

 しかし、ガンは早期に発見されるなら、つらい「chemotherapy (化学療法)」も大がかりな「外科手術」も受けずに済むのに、日本では、予防・早期発見の啓蒙が十分に進んでいない。この結果、どこの病院も老若男女の患者に溢れ、医療関係者はその診察・治療に重労働を強いられ、国民は過大な医療財政負担に苦しむはめに陥っている。
 
 UKでは、「The National Screening Programme (全国(ガン)スクリーニング・プログラム)」の一環として、60歳以上の国民に「Faecal Immunochemical Tests (免疫化学的便潜血検査FIT)」用の「self-testing kits (自己診断キット)」を配布している。
 このキットの一人当たりNHS (国民保険サービス)経費は、わずか£15 (約2,200)。これに対して、精密検査と称して、患者に苦しい思いを強いる「colonoscopy (結腸内視鏡検査)」のコストは£400 (約58,000円)。

 Nottinghamshire (ノッチンガム州)の Eastwood (イーストウッド)に住む Ms Wendy Lyonsも、この「self-testing kits」のお陰で命を救われた一人。Mis Lyonsは閉経後の更年期障害 (頭痛、腰・肩・関節の痛みなど)に苦しみ、病院で診察を受けた。その際、掛かりつけのGPは予防のためと言って、その大腸ガンの自己診断キットを渡した。
 Ms Lyonsは、指示されたとおりに、便サンプルを郵便で検査機関に送ると、後に「positive (陽性)」の回答があった。
 直ぐに、小さなガン腫瘍の摘出手術を受けたので、術後の回復も早かったという。

 UKは EU離脱問題でドタバタ劇を繰り返しているが、民主主義と医療の最先進国であることに変わりはない。見習うべきところは、謙虚に見習うべきだ。


                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

次世代の癌 (ガン)治療:DNA解析とレーザー照準でガン退治 (BBC-Health, April 10, 2019)

f:id:hiroshinews:20190422051927p:plain

 森林に「松くい虫」が発生したからと言って、森全体に殺虫剤を大量に散布したら、森の植物・動物も大変な被害を受ける。また、森に「人食いグマ」が現われたからと言って、ところ構わず森に銃弾を浴びせたら、そこに生息する小動物も、いや人間さえ危険だ。それなのに、肝心のクマは岩陰に隠れて、かすり傷一つ負わないかも知れない。

 そんなことをするのは、常識外。誰も、そんなことをするはずがないと、人は言うだろう。しかし、医学界の「ガン治療」では、これとほとんど変わらないことが実際に行なわれている。
 すなわち、おなじみの「chemotherapy (化学療法)」が、それだ。強力な抗がん剤は、体のごく一部の部位に発生したガン腫瘍細胞を、確かに攻撃することはする。けれども、正常な細胞までも見境なく攻撃するため、体は相当なダメージを受ける。
 たった1回の化学療法で心臓が悪くなって衰弱し、ガンそのものよりも、それが原因で死亡する例もあるとか。これでは、まさに本末転倒だ。
 
 なんとか、レーザー照準器付きライフルのように、ガン腫瘍細胞、それもアキレス腱あるいはガン心臓部に狙いを定めた攻撃ができないものだろうか。

 ガン (cancers)は、細胞の「突然変異 (mutations)」によって発生し、DNAに書き込まれた「instructions (設計図)」を勝手に変えて、正常な細胞を破壊し、自らの突然変異体を制御不可能なまでに増殖させる。それは、やがて体中に転移し、患者を死に追いやる。

 「The Welcome Sanger Institute (ウェルカム・サンガー研究所)」のD Fiona Behanらの研究グループは、30種のガン腫瘍細胞を研究室で培養した。その数300個以上。さらに、そのガン腫瘍細胞を分子レベルでバラバラに分解し、ゲノム編集技術「Crisp」によって約20,000の遺伝子を取り出して、特性を解析した。
 そして、ついに、ガンのアキレス腱に当たる6,000個の遺伝子を突き止めた。その全てを攻撃するわけにいかない。正常な細胞にとっても生き残るために欠かせない遺伝子も含まれていた。そこで、アキレス腱の中でも、がん細胞に特化した「vulnerabilities (脆弱ポイント)」の遺伝子を探しだし、600個を判別することができた。

 その中には「Werner syndrome RecQ helicase (ウェルナー症候群 RecQ型DNAヘリカーゼ WRN)」も含まれていた。この WRNは、「colon cancers (結腸ガン)」、「stomach cancers (胃ガン)」の発症に、それぞれ約15%、28%関与している遺伝子。WRNを攻撃できる抗ガン剤は未だ開発されていない。

 Dr Behanらの研究の「最終目標 (eventual aim)」は、ガンの種別ごとに、ガン腫瘍細胞の遺伝子組成とその脆弱ポイントを明確にした「Cancer Dependency Map)」を作成すること。
 これが完成すれば、患者のガン腫瘍サンプルを分析することによって、ガンのアキレス腱あるいはその心臓部が明るみになり、正常な細胞を傷つけずに、的確な抗がん剤で攻撃できるようになる。「precision medicine (精密治療)」、「personalised cancer medicine (個別ガン治療)のレベルが格段に進歩するはずだ。

 なお、Dr Behanらの研究の詳細は「Nature」に発表された。 

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

トロピカル Sky-Treeはどこまで伸びるか:高さ100mの樹があった! (BBC-News, April 5, 2019)

f:id:hiroshinews:20190419050427p:plain

 巨木と言えば、鹿児島県屋久島の縄文杉が有名。樹齢4,000年以上と推定されている。しかし、一般に、どの巨木も、長い年月の間には落雷、火災、火山噴火などで痛めつけられ、運良く、それらの天災を逃れたとしても、屋久島の巨木の数々がそうであったように、人間に切り倒されてしまうことが多かった。
 立ち残った縄文杉は、確かに生命力に溢れた樹ではあるが、なぜか痛々しさを感じる。
 
 ところが、2018年、Nottingham大学の Dr Doreen Boydらの研究チームは、ボルネオ島北部「Sabah (サバ州)」の熱帯雨林保護区「The Danum Valley Conservation Area」で、苦難の探索の末に、高さ100mを超えるフタバ科の仲間「「Yellow meranti」、学名「Shorea faguetiana」を発見した。この樹は、薫り高い花を咲かせるという。「Malay」と名前がつけられた。

 地元のクライマーMr Unding Jamiがスケールを携えて、この樹に登り、こんなふうに言ったという。

"It was a 'scary and windy' ascent."
"But honestly the view from the top was incredible. I don't know what to say other than it was very, very, very amazing.

[ 登るにつれて、怖さを感じ、風も強くなった。]
[ しかし、樹のてっぺんからの眺めときたら、信じられない光景だった。それは、とても、とても、とても素晴らしいとしか、言いようがないものだった。]

 「熱帯雨林 (tropical rainforests)」にあって、東京スカイツリーのように、孤高に佇(たたず)む「Malay」。この発見で、熱帯雨林には、100m級の巨木が他にも存在する可能性が出て来た。

 残念ながら、BBCの記事では、「Malay」の樹齢には触れていない。しかし、高さ100mを超えるまでに、どれだけの小鳥が、この樹に羽を休めたことだろう。樹は、何ものにも危害を加えることはしない。静かに、日の光、月の光を浴びて、風を通り抜けさせるだけだ。なんと、安らかな生命体だろうか。

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

麻疹 (はしか):その強烈な感染力、USの Rocklandで非常事態宣言 (BBC-Health, April 5, 2019)

f:id:hiroshinews:20190418044320p:plain

 文明国 USは、2000年に「measles (はしか)」を完全に排除したと宣言した。ところがそれから、20年も経たない、この3月に、突如として」、そのウイルスが暴れ出した。
 New York Cityの北およそ40milesに、人口約33万人の「Rockland County」がある。この地で「measles (はしか)」感染者が続出し、3月26日(火)、ついに「非常事態宣言」が出された。『ワクチン接種をしていない18歳以下の子どもは、公共の場に出入ることを禁ずる。』
 4月 5日の段階で,ウイルス感染者は167名と異常。感染者のほとんどは、「ワクチン摂取をしていない子ども」とされる。
(その後、4月 9日(火)、New York Cityの「Brooklyn (ブルックリン区)」で、「Public Health Emergency(公衆衛生非常事態)」が宣言された。)

 麻疹ウイルスの感染力は極めて強い。マスク、手洗いなどで予防はできない。接触感染の他に、空気感染・飛沫感染でも、ウイルスは取り憑く。

 USに限らず、このところ「measles (はしか)」は世界中で「outbreak (大流行)」の兆しを見せ始め、Mexico, France, Madagascarで感染者が続出した。なかでも、Ukraineは政情不安定も災いし、2018年の感染者が 53,218人と記録的な結果となった。

 「はしか」には、数年おきに大流行する傾向がある。その原因は、複雑だ。「集団免疫 (herd immunity)」から取り残された地区や、宗教的理由などで「ワクチン接種に反対するグループ (anti-vaxxers)」、あるいは内戦・経済的破綻によって、予防接種システムの崩壊した国々にウイルスが潜伏し、感染拡大のチャンスを伺う。

 子どもが「measles (はしか)」に感染すると、体中に「rash (発疹)」が現われ、以下の症状が 7-10日続く。

・fever:発熱
・feeling unwell:体調不良
・cough:咳

しかし、怖いのは、次のような「合併症 (comprications)」だ。

・ear infection:中耳炎
・seizure:発作
・diarrhhoea:下痢
・pneumonia:肺炎
・brain infection:脳炎
・meningitis:髄膜炎

 なお、大人が、「measles (はしか)」に感染すると、症状は重く、「immunity problems (免疫障害)」を起こすこともある。

 2004年UKでは、「measles (はしか)」,「mumps (おたふく風邪)」,「rubella (風疹)」の3種混合MMRワクチンが疑問視され、England、Walesのそれぞれで80%、75%もワクチン接種率が減少した。それから、15年経って、UKの2歳児のワクチン接種率はようやく90%以上に達した。
 そして当時、3種混合MMRワクチンの接種を受けなかった子どもが成長して若ものになった。今、その若もの達の間で、はしか感染者が増えているという。

 さらに、この世代の若ものに心配されるのは「rubella (風疹)」の大流行。女性が妊娠初期に、風疹に感染すると、お腹の中の赤ちゃんは誕生後に

vision problem:視覚障害
・hearing problem:聴覚障害
・heart problem:心臓障害
・learning problem:学習障害

などを発症するリスクが高くなる。

 現在のところ、「measles (はしか)」感染の対策には、「immunization (予防接種)」が一番とされる。麻疹ウイルスを撲滅するには、ワクチン接種対象者の95%に接種しないと
後々のウイルスの大流行を免れない。ワクチン接種に反対するコミュニティ、宗教団体には、十分に声明する必要がある。

 今日ほど、誰もが、自由に、どこにでも行ける時代はなかった。しかし、反面、それだけ、ウイルスに感染し、これを世界中に拡散するリスクも高くなったとも言える。地球の、ほんの一部の地域に棲み隠れていた「measles (はしか)」、「rubella (風疹)」などのウイルスは、飛行機に乗って瞬時に世界中にばらまかれるようになった。

                 (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com