ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

医学部が嫌う女性志願者:でも、患者の命を多く救うのは女性の医者 (BBC-Health, August 2, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/872/cpsprodpb/11413/production/_102857607_gettyimages-680663234.jpg

 「医者になっても、すぐに辞めてしまうから」などとの理由で、医学部の受験では、女性が差別的あるいは不利に扱われていた。東京地検特捜部が東京医科大学の裏口入試事件を捜査する過程で、どんでもない不正入試の事実が明るみになった。

 ところが医者は医者でも、治療に当たる医者が女性か男性かで、心臓発作を起こした患者の死亡率が違う。とくに、女性の患者は、女医 (email doctors)に治療してもらうと、生存率(死から免れる確率)が高くなると言う研究結果が、医学雑誌「Proceedings of the national Academy od Sciences」に発表された。

 Washington大学の Dr Seth Carnahanらの研究グループが、1991-2010年までの20年間の間に Floridaの病院で救急治療を受けた心臓発作の患者約 58万人について、その治療記録(カルテ)を分析した。研究の目的は,、心臓発作の死亡率が患者の年齢、人種(race)、性別 (gender)、病歴 (medical history)、それに治療に当たる医者の性別などの要因によってどのように違ってくるのかを明らかにすること。
 
 すると、患者の男女の性別を問わず、治療する側が女性すなわち女医であれば、心臓発作の死亡率 (mortality)が低下し、とくに、女性の患者は女医の治療を受けると1.3%も死亡率が下がり、「患者予後 (patient outcomes)」も良好となることが分かった。
 また、「救急治療部局 (accident and emergency units)」の女医の割合が多ければ多いほど、心臓発作で運び込まれた女性の生存率 (survival rates)が高くなった。

 ただし、現在のところ、なぜ、女医が心臓発作の治療に当たると、生存率が上がるのかについては、合理的な説明ができないという。
 女医の方が、形式ばった素振りを取らず に(atypically)、女性患者の悩みを良く聞いてあげることができるかもしれないし、心臓を病んだ女性にとって、ベッドの側に男性の医者が威厳ぶって立つだけで、その症状が悪化するとも考えられる。

結論:だから、医学系の大学は身勝手な理由で、女性の入学志願者を性差別し、これを排除しようとしてはならない。救える患者の命まで救えなくなる。

 なお、この一文をまとめるに当たって、以下の優れた「The Guardian」の記事も参照した。記して感謝の意を表したい。


The Guardian:August 5, 2018
「Women more likely to survive heart attack if treated by female doctor -study」

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「賽 (さい) の河原の石積み」がアートだって?:鬼が笑う不謹慎さ! (BBC-News, August 11, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/CF00/production/_102929925_rockstack1.jpg

 子どもの頃、河原や海辺で小石を積み上げて遊ぶと、大人の人にそんなことはやめるようにと叱られた。縁起が悪いとも言った。「1つ積んでは父のため、2つ積んでは母のため、...... 」とは、日本人の誰もが知っている「賽(さい)の河原の石積み」。「せっかくの努力がむだになる」ことの喩(たと)えだ。
 しかし、この喩えは、親に先立ってあの世に旅立った子どもが、鬼に邪魔されながらも、賽の河原で親の供養にと、石を積み続けるという言い伝えに由来する。

 このことを知らない小さな子どもでもない限り、静かな河原・海辺で沢山の石積みが林立しているのを目にするなら、不気味さと居たたまれない不安の気持ちに襲われよう。まして、身内・親戚、知人の子どもに不幸があった人にとっては、なおさらのことだ。

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/0F98/production/_102929930_rockstack2.jpg

 さて、Scotlandの海岸で、この「石積み (rock stacking)」が論争の的になっている。
 何がブームの火を付けたのか、このところ、海岸の至る所で「石積み」、「石塚 (rock carins)が出現し、環境保護団体を困らせている。一部のScotsは、これを「art」と称し、James Craig Pageなどは、Scotland東部の小さな港町 Dunbar (ダンバー)」で、「石積み競技大会」まで計画するしまつだ。
 さらに、これを正当化するために、精神疾患の治療効果まで持ち出す。「注意欠陥・多動性障害 ADHD (Atention-deficit hyperactivity disorder)」の子どもの情緒教育に効果があるというのだ。その主張は

"The benefits to mental health far outweigh any harm that is being done to the environment."
[ 精神疾患を患う子どもに医療効果あるならば、たとえ、どんなに自然がダメージを受けたとしても、それは許されるべきだ。]

 しかし、「何らかの利得 (benefits) のために、自然を犠牲にしてもやむなし」とする考え方 (thoughts) は危険だ。
 かって、「尾瀬」の自然が消滅の危機にさらされたのも、「自動車道」工事の利権にこだわる国土開発派が、交通の利便性を第一に掲げて、工事貫徹を主張したためだ。
 また、その際、著名な(大学の?)植物学者が「手つかずの尾瀬の自然」に踏み込んでは、学問のためと屁理屈を並べて、手当たり次第に貴重な植物を採取した。その量は馬に積み込んで立ち去るほどだったという。
 
 まだある。自称自然愛好家の写真マニアも、会心の1枚をカメラに納めるためにと、何のためらいもなく、撮影に邪魔な木の枝を切り落とす。
 また、博物館やマニア向けの店頭で並んでいる化石標本。あれは、化石マニアや地質屋(geologistsとも呼ぶ)が、ところ構わず石を叩き割って探し出した商品だ。表向きは学問のためと称し、公園内の岸壁あるいは海岸の石さえ、ひたすらハンマーで叩き割るその姿には、常人の自然に対する慈愛など、微塵も感じられない。

 さて、話しを「石積み」に戻す。
 どうしても、石積みにこだわるならば、それを楽しんだ後は、「The Blue Planet Society」の創設者 Mr John Hourstonの主張するように、少なくとも、元の海岸の状態に戻すのが礼儀ではないかと思う。石ころを積み上げては、これを「art」と誇らしげに、そのまま、その場を離れるなど、キャンプの後で、ゴミを散らかして立ち去る不心得者と同じではないか。だれもそんな「ゴミなど」見たくもないのだ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.co.uk

酒は飲過ぎても、飲まなくても認知症になるって!:それって本当? (BBC-Health, August 2, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/11238/production/_102800207_gettyimages-871544830.jpg

 旧暦で8月1日のことを八朔 (はっさく)と言った。早稲 (わせ)の稲穂が実る大事な日とされ、むかしは、その日、各地で祭りや行事が執り行なわれたそうだ。
 ところが、新暦の、この8月1日、著名な医学雑誌「The British Medical Journal, BMJ」に、衝撃的な論文が掲載された。

 毎日、酒浸りの生活をしていると、後(のち)々、脳が冒されて認知症になるリスクが高まる。それは納得できる。
 しかし、「Université Paris-Saclay」の Dr Séverin Sabiaを中心とする France、UK合同研究グループが、Londonで働く公務員9,000人以上の被験者に対し、約23年間にわたって調査したデータを分析した結果、一時的(中年期)ながら、「まったく酒を飲まない人」も、認知症のリスクが「ほとほどお酒を嗜む人」に比べて45%高い、との結論を得たのだ。
 ただし、中年期に禁酒であった人たちが、若い頃にお酒を飲んでいたのかは不明。

 その Dr Sabiaらの結果を鵜呑みにして、認知症の予防策には、「お酒を少し飲んだ方が良い」と考えるのは、危険だという。
 現に、Oxford大学の Ms Anya Topiwalaらの研究グループが、2017年に同じ医学雑誌「The British Medical Journal」に発表した論文によると、「ほどほどに (moderately)」にお酒を飲んでも、認知症の発症リスクが高まるとの結論を得ている。

 ましてや、「heavy drinking (大酒飲み)」は言うに及ばずだ。大酒飲みには、タバコを吸い、うつ病に罹り、不健康な生活を送る人が多い。これがまた、認知症の発症リスクをさらに高めることにつながる。

 なお、NHSのアルコール摂取ガイドラインは、週にアルコール 14 unitsを越えないこと。これを、1週間に飲むビール、ワインの量に換算すると、次のようになる。

・中ジョッキ (563ml)で 6杯分のビール (アルコール度4%)
・小さなグラス (175ml)で7杯分のワイン (アルコール度11.5%)

したがって、「ちょっとだけ」、「ほどほど」、「飲み過ぎ」の範疇は

・light drinking「ちょっとだけ」:週に小さなワイングラス (175ml)半分量の 7杯以下
・moderate drinking「ほどほど」:週に小さなワイングラス (175ml)の 7杯まで
・heavy drinking「飲み過ぎ」:週に小さなワイングラス (175ml)の 7杯以上

"Drinking alcohol can cause your blood pressure and blood cholesterol to rise which, in turn, can damage the blood vessels supplying the brain, causing problems like vascular dementia."
"It can also damage memory."

"The more you drink on a regular basis, the greater the risk of developing a range of health problems."
"These include fiver disease, cancer, heart attacks and stroke."

[ お酒を飲むと、血圧値、コレステロール値が上がり、脳に血液を送る血管がダメージを受けて、血管性認知症などの疾患を引き起こす。また、記憶障害になることも。

[ いつも飲むお酒の量が多ければ多いほど、それだけ、様々な健康被害を受けるリスクが高まる。肝疾患、ガン、心臓発作、脳卒中などのリスクだ。]

 大酒飲みは、普通の人に比べて認知症の発症リスクが 3倍以上で、NHSガイドラインのアルコール摂取量を約29%上回る「週に18 units」の大酒飲みは、寿命が4,5年縮まるとする研究報告もある。
 
結論:「酒は百薬の長」とする文言は「漢書、食貸志・下」にある。しかし「酒は妙薬」も含めて、そこには確たる科学的根拠が存在しない。ことわざを引くなら、次がいい。

「一杯は人 酒を飲み,二杯は酒 酒を飲み、三杯は酒 人を飲む」
First the mam take a drink, then the drink takes a drink, then the drink takes the man.

 お酒は、ほんの少しだけ飲んでもリスクがあることを忘れずに。ワインなら小さなグラスで 1杯ほど、ビールなら休肝日を入れて中ジョッキ 1杯で止めておいた方が無難だ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

大きいことはちっとも良いことじゃない:大気汚染で心臓肥大に! (BBC-Health, August 3, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/90B1/production/_102814073_gettyimages-941940884.jpg

 大きいことは、常に良いというわけにはいかない。とくに心臓がそうだ。その左心室・右心室が肥大していることは、心臓に負担が掛かり、効率よく血液が送られていない証 (あか)しでもある。
 
 London大学「Queen Mary」の Dr Nay Aungらの研究グループは、UKの主な都市の郊外に住み、心臓病の症状のない被験者4,000人の、心臓の大きさ、重さ、その機能について調査した。
 すると、居住区の大気汚染レベルの高い人ほど、「心臓肥大 (enlarged heart)」が進んでいることを突き止めた。その調査データの解析結果によると、大気汚染指標の1つである「PM2.5」に関しては 1m3当たり 1 microgram、「二酸化窒素 (nitrogen dioxide)」に関しては 1m3当たり 10 micrograms増えるごとに、心臓が約 1%肥大していた。(研究結果の詳細は医学雑誌「Circulation」に発表)

 なお、Dr Aungらの論文では、被験者各人の居住区が記載されていないが、調査対象となった全ての都市郊外における1年間の平均 PM2.5 値は 8 - 12 micrograms/m3で、UKの環境基準値 25 micrograms/m3を下回っていた。(ちなみに、WHOの基準値は10 micrograms/m3)
 また、二酸化窒素の1年間の平均測定値は10 - 50 micrograms/m3であった。UK、WHOの基準値は40 micrograms/m3。

 この研究結果から、たとえ、大気汚染濃度がUKの環境基準値以下であっても、心臓は深刻なダメージを受けていることが分かるという。
 空気中に浮遊する微粒子 PM2.5 は、肺 (lungs)や心臓血管系 (cardiovascular system)に侵入するため、とくに危険とされる。

 Dr Aungらの研究結果を受けて、「The British Heart Foundation (英国心臓基金)」は、政府および公衆衛生当局に対し、直ちに、大気汚染対策に向けた行動を取るようにと提言していている。少なくとも、UKの PM2.5の環境基準値 25 micrograms/m3は高すぎる。

 ただし、データ解析の結果は、Open大学のKevin McConway教授が称賛するように「pretty solid evidence (動かしがたい、すばらしい科学的証拠)」ではあるが、残念ながら、この研究では、大気汚染と心臓肥大との間の「因果関係 (causal link)」すなわち「なぜ」を明確に説明することができない。また、今回、研究に協力した被験者4,000人のうち、何%が将来、心臓病を発症するのか、予測することも不可能。
 心臓病は、大気汚染の他にも、喫煙、飲酒、食生活、運動、社会的地位 (social position)など多くの要因が関与しているためだ。

しかし、たとえ、大気汚染が心臓病の直接の原因と言えなくとも、大気汚染が心臓病に関与していていることは明らかだ。「The Department for Environnent, Food and Rural Affairs (英国環境・食糧・農村地域省)」報道官も、大気汚染問題は、健康に与える環境リスク上、最も優先される課題と認める。

https://ichef.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/1444C/production/_102802038_gettyimages-659788570.jpg

 では、大気汚染から身を守るためには、どうすれば良いか。そのコツは次の通り。

・交通量の激しい道路は避ける。
・少しでも大気汚染濃度の低い、脇道を利用する。
・車が渋滞して、大気汚染物質のたまり場になった「hotspots」に要注意。信号機のボタンを押して、道路を横断するときは、ボタンを押したら、一旦、後方に退いて、車道の汚染物質を避けるようにする。
・坂道を歩いて上るときは、排気ガス濃度の高い「上り車線側の歩道」を避け、「下り車線側の歩道」を利用する。
・通常のマスクは、空気中に浮遊する PM2.5、二酸化窒素に対して、ほとんど効果なし。それよりも、「busy roads」は避けることだ。

 「そんなことは面倒くさい」と思うか、「病気になったら、病気は治りにくいので、自分の体のためリスクを避ける」と思うかは、自由だ。懸命なあなたなら、どちらを選びますか。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

雨上がりの大地の匂いペトリコール:それがパヒュームの原料? (BBC-Science & Environment, July 27, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/D932/production/_102720655_c0064138-agave_with_raindrops-spl.jpg

 夏の異常な日照りが続くのは、イギリス、フランス、ドイツをはじめ、その他のヨーロッパ各国も同じ。こんなに大地が乾燥すると、草原の草という草が枯れ、川や湖が干上がって、牛も羊も、そして農家も大弱りだ。みんな、これほど、雨を待ち焦がれたこともなかったことだ。
 空が暗くなって稲妻が走り、雷がゴロゴロと轟き、大粒の雨がバラバラと降り出すのはいつのことだろう。

 その雨が止むと、野山にはどこからともなく、土の臭いや草花の香りが漂ってくる。あれは、自然が、雨の潤いを得て、息を吹き返す証(あか)し。

 「John Innes Centre」のMark Buttner教授によると、「雨上がり (After thunderstorms)」の特有の匂いは、次の4項目が一緒になったもの。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/D4A0/production/_102723445_c0052709-desiccation_cracks_and_raindrop_imprints-spl.jpg

1.大地の匂いペトリコール (petrichor)
 雨上がりに「土が発する匂い」をMs Isabel J. Bear & Mr Richard G. Thomasは、1964い年、科学雑誌「Nature」に発表した論文「Nature of Agrillaceous Odour (粘土の匂いの特性)」の中で、「petrichor (ペトリコール)」と呼んだ。
 ギリシャ後の「stone」意味する「petri」と、ギリシャ神の血液を意味する (ichor)を1つにした造語だった。
 その正体は、土壌菌の1種「Streptomyces (ストレプトマイセス属)」が雨に打たれて放つ有機化合物「geosmin (ゲオスミン)」。

 多くの動物は、このゲオスミンに敏感だが、とりわけ人間の鼻は、土壌菌がつくり出す有機化合物に鋭敏で、その濃度が「ppb (0.001mg/kg)」、一説には「ppt (0.001mg/t)」のオーダーでも嗅ぎ分けることができるとされる。なお、ゲオスミンは有害な物質ではない。
 しかし、人間は「petrichor (ペトリコール)」を香(かぐわ)しいと感じ、その芳香を香水成分に取り入れるまでに愛したが、なぜか、その味はひどいと感じてしまう。ゲオスミンがほんのわずかでもミネラル・ウォーターやワインに含まれると、とても飲めたものではなくなるという。その理由は、今もって不明。

2.植物の芳香成分テルペン (terpenes) 
 植物、葉っぱの毛の中で、芳香系の化学物質「terpenes (テルペン)」を生成する。どしゃ降りの雨で、この葉っぱの毛が壊れると、そこから大気中にテルペンが放出される。
 同時に、乾き切っ植物の葉・茎や枝がどしゃ降りの雨で傷ついても、ハーブの枝を折ったときのように、揮発成分が放出される。

3.植物代謝の復活で芳香成分フェニルプロパノイド (phenylpropanoid)も放出
 乾燥した天気が続いて、衰えていた植物が、雨が降って息を吹き返すと、「metabolism (代謝)」が活発になり、テルペン以外の芳香系化学物質も放出するようになる。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/3C48/production/_102723451_f0187274-a_lightning_storm_over_a_city_in_a_valley-spl.jpg

4.雷がつくるオゾン (ozone)
稲妻 (lightning)と放電 (electrical discharges)によってオゾン (ozone)が発生し、大気中には独特の塩素 (chlorine)に似た刺激臭のある、やや生臭ささが漂う。オゾン濃度が100ppb (o.1mg/kg)であっても、人間はオゾンの存在に気づくという。

 いわゆる、稲妻が空中に光って雷が鳴り、大雨になると、大気中の塵・ほこりや煙・モヤなどのエアロゾル、その他の粒子状物質も全て洗い流されて、空気は澄み渡る。そんな時に、以上の4つの香り成分が加わると、人は、なんとすてきな雨上がりの匂いと感じてしまうのだ。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.co.uk

医者の内輪喧嘩で手術ミス:死ななくともいいのに患者が死亡! (BBC-Health, August 4, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/936/cpsprodpb/EB5C/production/_102825206_0921fd70-22c9-4ad4-8fcc-1eb22c439acc.jpg

 人にとって、心の拠り所は宗教(寺社)や聖職者・牧師 (priests)であり、治安の拠り所は警察であり、教育の拠り所は文部科学省・大学・学校であり、医療や健康の拠り所は病院・医者であり、スポーツではチームの責任者・監督であるはずだ。拠り所の信頼が崩れたら、社会は「混乱状態 (chaos)」に陥る。
 
 ところが、長い間、人々から尊敬されてきた聖職者・牧師も、実は子どもの性的虐待者であったことが、US, UK, 豪州で次々に暴かれた。また、どこかの国では、警察が犯罪を犯し、教育機関の司令塔が悪事を働き、スポーツ選手の指導に当たる監督が常軌を逸した行為に走って、これを恥じない。

 一方、情報に関して、人々が絶大な信頼を寄せる新聞。特ダネに凝り過ぎて、過去にはその信頼を裏切ることも少なくなかった。また、一部の新聞は、公平・公正で正義を貫く報道を看板に掲げつつ、大衆受けのする「高校野球」の試合結果にその紙面を大きく割く。しかし、一体、その高校で、どのような教育または野球の練習が繰り広げられているのかについては、ほとんど関心を示さない。少なくとも、この20数年間、加熱する高校野球あるいはスポーツ界全体のダークサイドに光を当てた記事は、目にしたことがない。

 夜明け前から、そして太陽が沈んでも、なお、常人とは思えない奇声・怒声をあげて、野球の練習に興ずる高校生。さらに、騒音規制、環境法令など聞く耳を持たないチームの責任者、学校関係者。文科省は、日大アメリカンフットボール部事件後、ようやく、「スポーツ教育改革」、「法令遵守」、「スポーツ倫理」などの文言を表に出すようになった。

 試合に勝つことだけが重視される余り、試合に勝つためには「大事の前の小事」がまかり通り、法令、環境、人権、ルールまでも無視する姿勢、社会背景は、決してスポーツ関係者だけに責任があるとは思えない。

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/1608C/production/_102825209_05e76e3b-2903-431f-ba24-591963e497a0.jpg

 さて、Londonの「St Georg's Hospital (セント・ジョージ病院)」の「a leaked document(すっぱ抜き記事)」にも、呆れる。
 「St Georg's Hospital」と言えば、創立1733年、ベッド数1,300の、UKでも指折りの歴史と先端医療を誇る大病院だ。(なお、1733年は享保18年に当たり、杉田玄白が生まれた年でもある。)

 その病院の心臓外科 (cardiac unit)で手術を受けた患者の死亡率 (mortarity)が、なぜか、国全体の心臓外科手術の平均死亡率2%の約 2倍 (3.7%)だった。その原因がひどい。部局に所属する医者の互いに「罵り合う内輪げんか (toxic rows)」で手術がうまくいかず、患者が死亡していたのだ。

 外部審査 (external review)の委託を受けた、前NHS England副医長 Mike Bewick教授は、心臓外科部局のスタッフ39名に聴き取り調査を実施し、外科手術で死亡事故が多発する事由ならびに部局の改革案について報告書をまとめた。

 その報告書によると、「St Georg's Hospital」の心臓外科部局は、「2つの陣営(two camps)」に分かれて、まるで「部族主義的な活動 (tribal-like activity)」に明け暮れていた。そこは、「persistent toxic atmosphere (執拗な毒々しい雰囲気)」に包まれ、得体の知れない「dark force (ダーク・フォース)」に取り憑かれたようでもあったという。
 これでは、患者の手術を担当する「部局スタッフの安全性 (internal security)」は不適切 (inadequate)と、Bewick教授は指摘する。

 患者の生死を左右しかねない心臓外科手術の医者が、互いに罵り合って(rows)いては、うまくいくはずの手術も、うまくいくはずがない。「St Georg's Hospital」の心臓外科部局は、「内部的にも外部的 (対患者) (both internally and externally)」にも「機能不全(dysfunctional)」に陥っていたのだ。
 Bewick教授が、報告書の中で「radical solution (抜本的な組織改革)」を求めたのは、言うまでもない。

 なお、「St Georg's Hospital」心臓外科部局の真実を、いの一番に取り上げて、医療体制のあり方に警鐘をならしたのは「The Times」であったそうだ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

オメガ3サプリの神話が崩れた:心臓疾患の予防には役立たず! (BBC-Health, July 18, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/7107/production/_102553982_gettyimages-496763882.jpg

   大した根拠もないのに、勝手に持ち上げられたり、けなされたりするのは世の常だが、「オメガ3サプリメント」も御多分に洩れない。

 1980-1990年代に実施された臨床試験から、オメガ3のサプリメントは、なぜか、「心臓血管疾患 (cardiovascular disease)」の予防に効果があると、世間一般では信じられるようになった。一度、うわさが広まると、心臓に不安を抱えた多くの人は、せっせと魚油 (fish oil)やオメガ3のサプリメントを買い求め、このカプセルを飲み続けた。お陰で薬品メーカー、薬局などは大変な儲けを得たはずだ。

 ところが「Cochrane collaboration (コックラン共同計画)」で、East Anglia大学のDr Lee Hooperらの研究グループは、被験者112,000人以上にのぼる「オメガ3に関する臨床試験」の結果を精査したところ、オメガ3は心臓発作 (heart attack)、脳卒中 (stroke)、早死 (early death)の防止には、ほとんど役立たないことが判明した。

 オメガ3は、体を健康を保つ上で重要な「多価不飽和脂肪酸 (polyunsaturated fat acid)」。オメガ3グループのなかで、人の体内ではつくれない「α-リノリン酸ALA(alpha-linolenic acid))」は、クルミなどのナッツ類、菜種油 (rapeseed oil)に含まれる。
 一方、このALAから体内で合成される「エイコサペンタエン酸EPA (eicosapentaenoic acid)」や「ドコサヘキサエン酸DHA (docosahexaenoic acid)」は、サバ (mackerel)、ニシン (herring)、イワシ (pilchard)、サンマ (saury)、サーモンなどの脂っこい魚 (oily fish)や「cod liver oil (タラの肝油)」に多く含まれる。

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/13AFC/production/_102563608_gettyimages-511530458.jpg

 したがって、研究者のお薦めは、オメガ3サプリを買うお金があったら、ナッツ類や青魚を購入し、魚は1週間に一度食べた方がいい。
 ただし、魚といっても、shark (サメ), marlin (マカジキ), swordfish (メカジキ)には、微量ながら水銀が含まれているため、妊娠中の女性や16歳以下の子どもは食べない方がいいという。

 なお、この一文をまとめるに当たって、以下のThe Guardianの優れた記事も参考にした。記して謝意を表したい。

The Guardian: July 18, 2018
・Omega-3 no protection against heart attack or strokes, say scientists

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.co.uk