ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

王さまの耳はロバの耳:フクロウの耳は「不老(フロウ)の耳」 (BBC-Science & Environment, September 20, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/CCAC/production/_97869325_gettyimages-497741484.jpg

 ギリシア神話の中で語られる「王さまの耳はロバの耳」。アポロンの怒りをかって、ロバの耳にされたミダス王は、このことを内緒にと床屋に口止めするが、言いたいことを言えない苦しみに耐えかねた床屋。野原に出かけて、穴を掘っては、その中に思いっきり「王さまの耳はロバの耳」と叫んだという話だ。

 しかし、王さまもロバも、しょせん「mammals (哺乳類)」。加齢とともに聴覚の衰えは避けられない。とくに、人間は、65歳以上になると、「高周波領域の聴力(sensibility at high frequencies)」が 30dB (デシベル) 以上も失われる。どうやら、人間は、進化の過程で、「sensory cells (感覚細胞)」の「regenerative abilities (再生能力)」を切り捨ててしまったようだ。

 ところが、「barn owls (メンフクロウ)」には、たとえ「inner ear (内耳)」に異常をきたしても、まるで傷を治すかのように修復する能力が備わっていた。つまり、メンフクロウの耳は、王さまの耳もロバの耳も及ばない、「ageless ears (不老の耳)」だった。

 このことを実験によって明らかにしたのは、Oldenburg 大学の Mr Georg Klumpらの研究グループ。研究結果は科学雑誌「Royal Society Proceedings B」に発表された。 

 メンフクロウは、夜、聴覚を頼りに獲物を狙う夜行性の鳥。自然界ではその寿命は 3,4年が普通とされる。しかし、実験では「飼育されたメンフクロウ (captive barn owls)」7 匹を使用し、その内の最高齢は 23歳だった。年齢とは無関係に、その「acute sense of hearing (鋭い聴覚)」は、まったく劣ろいを示さなかったという。

 研究者たちは、メンフクロウの「不老の耳」のメカニズムを解明し、加齢によって起こる人の難聴の治療に役立てたい考えとか。

なお、これまでの研究で、集団で飛来する「starlings (ムクドリ)」にも「不老の耳」があることが知られている。
                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

真夜中の教会の鐘の音:パブの泊まり客は悲鳴 (BBC-News, September 18, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/1DA1/production/_97858570_capture.jpg

 イングランド北西部のスコットランドとの国境には、山と湖の風光明媚な「Lake District (湖水地方)」が広がる。この一帯は 2017年、UNESCOの「Worlld Heritage Site (世界遺産)」に登録された。湖水の一つの湖「Coniston Water」の北に、人口 1,000人足らずの農村「Coniston」がある。

 この村の歴史は古い。なにしろ、「古代ローマ人」、いや、それ以前のケルト系「Ancient Britons (古代ブリトン人)」の時代から、この地で銅 (copper) が採掘されていた。Conistonは、現在でも良質の「slate (スレート)」を生産している、歴史ある鉱山の地だ。

 Coniston の一角に、1819年建立の「St Andrew's Church」がある。教会のパトロンとなった「The Barratt family (バラット家)」は、銅鉱山で財をなした家系。
 その教会と道路を挟んで真向かいに、宿泊を兼ねる「pub (パブ)」の「Yewdate Inn」が建っている。ところが、教会は、旧態依然として、頑(かたく)なに慣例を守り、真夜中でも住民に鐘 (bells) を鳴らして、時刻を伝えた。それは、時計が珍しかった 200年以上も昔の「しきたり」だ。

 パブ「Yewdate Inn」の客室は9室。このパブに宿泊した客人は、真夜中の鐘の音に苛(さいな) まれて、「眠れない」とパブのオーナーに訴える。オーナーの Mr Jeff Hartは、ついに「South Lakeland District Council (南湖水地方評議委員会)」に改善策を願い出た。この願いを受けた「Council」は、直ちに実態を調査し、教会側に「overnight noise (夜通しの騒音)」減に向けて対策を講じるように指示。
 教会は夜 11:00 から翌朝 7:00 まで、鐘を自粛することにし、夜は静かになった。

 ところが、住民の一人 Ms Anne Hall は、この夜の静けさに、怒りを露わにする。

"There are many others that say they like the sound of the country bell.
"It's part of our village life and when you hear them they give you a feeling of community."

[ (真夜中に轟く)教会の鐘の音が好きだと言う人は、他にもたくさんいるわ。]
[ あれは、この村の、生活の一部なの。教会の鐘の音を聞くと、コミュニティの一体感を感じるのよ。]
 
 おそらく、Ms Hall の頭の中は、「When in Rome, do as the Romans do.(郷に入っては、郷に従え)」。『ずうと昔から、教会の鐘は真夜中でも鳴り響いていたし、これまで誰も文句を言わなかった』と。そして、『私は、真夜中にも教会の鐘の値を聞くのが好きだ』。
 
 しかし、この主張は間違っている。個人的な「like (好き)」と「nuisance( はた迷惑)」とは、まったく別な次元の問題。また、悪習が改善されない限り、社会・文化それに人類自身の進化 (evolution) は望めない。

                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

コアラのヒッチ・ハイク小旅行:車軸にしがみついて命がけ! (BBC-News, September 16, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/695/cpsprodpb/A607/production/_97830524_041737188-1.jpg

 Koala (コアラ) はオーストラリア大陸先住民 (Indigenous people) が呼んだ「marsupia l(有袋類)」の名前に由来し、19世紀には Koolah または Koola と綴られた。それが、いつの間にか、Koala に変化してしまった。
 コアラはその愛嬌のある顔と仕草から、ロシアの白クマ、中国のパンダと同様、国家のイメージ作りに一役も二役もかっている。

 さて、9月に入って第2週の週末のこと。四駆車 (a four-wheel drive) がAdelaide (アデレード)の、とあるシテイ近隣の丘に駐車した。その隙に一頭の雌のコアラが「wheel arch (ホイール・アーチ)」の中に入り込み、「axle (車軸)」にのぼってしまった。
 ドライバーは何も気づかず、まもなく発進。16km走ったところで、車を停止させた。するとコアラの「traumatised cries (気が狂わんばかりの叫び声)」が聞こえてきた。

 車を降りて見ると、コアラは車軸箇所に挟まっていて、1人では手の施しようがなかった。このため、すぐに「The Fauna Rescue charity (動物救助チャリティ)」に連絡。Ms Jane Brister ら一行のレスキュー隊員が駆けつけると、コアラは毛を焦がしながらも、必死で車軸にしがみついていた。レスキュー隊は、車のタイヤを外して、無事救出したそうだ。

 なお、無謀にも、ヒッチ・ハイクに挑戦したこのコアラは、一旦、チャリティに保護されて、4、5日の間、エサと休養を与えられた後、森 (forest) に戻された。

 Koalas (コアラ)は、オーストラリア大陸に生息する固有の有袋類動物。絶滅の危険性の高い絶滅危惧種7段階のレッドリストでは、上から 5つ目のカテゴリー「valunerable species (危急種)」に指定されている。その生息数は世界で 10万頭以下。
 
 ちなみに、コアラと同じ「危急種」に指定され、絶滅が心配されている動物に、白クマ(北極グマ)、カバ、チーターなどが挙げられる。

                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

宝石?:いや、小鳥にとってはもっと美しい (BBC-Science & Environment, September 13, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/834/cpsprodpb/B4DB/production/_97799264_clerodendrumtrichotomumvar.fargesii-rhsvickyturner-highres.jpg

 カモミール、ラベンダー、ローズマリーなどの花が終わると、それまで目立たなかった木々に変化が現われる。ゴンズイウメモドキ、山椒、七竈、山法師の実が、紅く色づくのだ。雨の日は、とくに美しく輝き、まるで庭の宝石。コハゼの実は黒い真珠のよう。秋のやわらかく優しい日差しを浴びて、生命を謳歌するかのように、辺りを彩り、小鳥たちの到来を待つ。
 この時期、ヒヨドリ (brown-eared bulbuls) やヤマバトは、ペアであるいは仲間を引き連れて、あちらの山椒の実、こちらの七竈 (ナナカマド) の実と、ついばんでは飛び回る。

 さて、今年は、イギリスの木々にも、「a plethora of berries (たくさんの実)」が紅く熟した。また、これに呼応するかのように、木の葉も衣替えし、美しく「autumn colours (紅葉)」した。庭の Harlequin glorybower (クサギ)、Skimmia japonica (ミヤマシキミ)、Firethorn (トキワサンザシ) はひときわ人目を引く。

 「Plantlife」の Mr Trevor Dines によると、今年は、木(こ)の実が熟するのも紅葉するのも、例年に比べて 3-4週間早いという。

"Dry warm spring encouraged pollinating bees, wasps and flies to be out at peak flowering times in April and May."
"Then, the warm, wet summer was perfected to fruit development, with water around to swell the berries."

[ 今年の春は、乾燥した温暖な気候だったため、木々の花を受粉してくれるミツバチ、カリバチ、ハエなどが、4-5月の花の開花ピーク時に活発に飛び回ってくれた。]
[ それに続いた夏も暖かく、湿度が高かったため、木の実に水分が十分に行き渡って、大きな実となるには最高の条件となった。]

"Berries are a valuable source of food for wildlife, particularly birds."
"Thrushes, blackbirds, redwings and fieldfares feast on berries throughout the winter."
"The seeds pass out through the bird's gut and are often deposited far away, helping to spread plants far and wide.

[ 木の実は野生生物、とりわけ小鳥たちにとって、なくてはならない食糧。]
[ 冬の間、ずうと木の実をついばむのは、ツグミクロウタドリ、ワキアカツグミ、ノハラツグミ。]
[ その実の種は小鳥たちのおなかを通って、多くは遠くに運ばれ、植物にとって生息域の拡大に役立っている。]
                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

クレオパトラの愛した「Red Gold (紅いゴールド)」:サフラン (BBC-Business, September 13, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/904/cpsprodpb/ECF5/production/_97616606_gettyimages-619941636.jpg

 「Alexander the Great (アレキサンダー大王 [BC356-BC323]」は、戦いで傷ついた体をサフラン・バスに入って癒した。また、絶世の美女と謳われた「Cleopatra (クレオパトラ [BC69-BC30])」もバス・タブにサフランを入れて入浴し、その美しさに磨きを掛けた。

 サフラン (saffron) は βカロテンなどの抗酸化物質 (antioxidants) を含み、紀元前数百年前から医療・美容に使用される一方で、Spanish paella (スペイン料理パエリア)、Persian rice dishes (ペルシシャライス料理)、Indian curries (インドカレー) には欠かせないスパイス (spice) とされてきた。

 サフランには 14世紀、「bubonic plague (腺ペスト)」の治療に利用された歴史がある。なお、伝統的な医療 (traditional medicine) で、サフランは、次の症状にも有効とされる。
・menstrual problems (生理不順)
・depression (うつ病)
・asthma (喘息)
・sexual dysfunction (性機能障害)

さらに、現在、memory loss (記憶喪失)、cancer (ガン) の治療薬として臨床試験が実施されているが、これまでのところ、確かな結論は得られていない。

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/375B/production/_97617141_saffronflowers_websmall.png

 さて、このサフランは 10~11月頃に花を咲かせるため、これを摘み取った後、3本に分かれた雌しべの深紅色の「stigmas (柱頭)」部分を乾燥させて、出荷する。花から細い柱頭部だけを選り分ける作業は根気のいる手作業だ。どうしても、その価格は「red gold (紅いゴールド)」と呼ばれるほど高値にならざるを得ないという。

 ただし、近年は、「まがい物 (counterfeit)」が出回るようになったそうだ。
horse hairs (馬の毛)、corn silks (トーモロコシの毛)、shredded paper (シュレッダーに掛けた紙くず)を混ぜたものや、キク科 (thistle family) のベニバナ (safflower)が「bargain saffron (特価サフラン)」として販売されているので要注意。

 本物のサフラン (legitimate saffron) でも、その品質は栽培方法や製造工程によって左右され、等級 grade I とgrade III の差は大きい。最高級品は £14/g(¥2,100/g )。

 なお、サフランの品質を見極めるコツは次のとおり。
・Check it has strands which are frayed at one end.
・Look for a deep hue that colours water orangey yellow when submerged.
・Smell it and put it on our tongue - fake saffron has very little aroma or flavour.
・Real saffron will smell slightly fruity and floral.
・It should taste sweet and bitter at the same time.

サフランの一端がほつれていることをチェック。
・深紅色の濃いサフランで、水に浸けたとき、水全体をオレンジ色に染め上げるもの。
・香りを嗅ぎ、舌の上にのせてチェック。まがい物は、ほとんど香りがしない。
・本物のサフランはフルーティな花の香りがする。
・舌で、甘さと渋みが一緒に感じられるサフランを。

 一般にイギリスで価格が £5/g(¥800/g)以上のものであれば、まずは本物。世界中に出回っているサフランのおよそ 90%をイラン産が占める。他に、スペイン、イタリア、ギリシャ、インド、モロッコに加えて、ニュージーランド、ドイツ、アフガニスタンなどでも生産されている。
                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

イギリスで女性が最も住みやすい地区:最も住みにくい地区 (BBC-News, September 12, 2017)

https://ichef.bbci.co.uk/news/772/cpsprodpb/23A5/production/_97752190_djbhy_sw4aaawvj.jpg

 イギリス全土には 380の自治体 (local authorities) がある。「BBC Radio 4's Woman's Hour」は面白い調査 (an intriguing research) を企画した。「イギリスで女性が暮らすのに最適な地 (the best place) はどこだろうか」。

 調査データは、「The Office for National Statistics (英国統計局)」が実施した「2016 Annual Population Survey (年次人口動態調査)」、「2011 Census (国勢調査)」を含む各種資料。データの解析は「National Centre for Research (英国調査センター)」が担当した。

 「女性の住みやすさ」に関して注目される点は、次のとおり。(一例)

・gender pay gap              :男女間の賃金格差
・education              :教育環境
・happiness                     :幸福感
access to green spaces:公園 (緑化スペース) へのアクセス
・life satisfaction       :生活の満足度
・housing affordability    :手頃な住宅価格
・feelings that their life is worthwhile:人生の有意義感

 その結果、ランキング 1、2位の地区は、いずれも Scotland 北西に位置する「East Dunbartonshire (イースト・ダンバートンシャー)」、「East Renfrewshire (イースト・レンフルーシャー)」であった。

 なお、「East Dunbartonshire」地区は、以下の項目

・raising a family :子育て
・safe streets  :街の治安
・strong schools  :有名校 
・thriving towns   :タウンの繁栄

等を挙げて、2007年に Reader's Digest 社が行なった世論調査 (poll) でも 1位を獲得している。

 逆に最悪 (worst) と判定された地区は、北ロンドン特別区の「Islington (イズリングトン区)」。この地区では、普通の住宅 (median houses) でも平均収入 (median income) の16倍の価格。その上、男女間の賃金格差の評価では 105位/380中。幸福感:371位、生活の満足度:372位、人生の有意義感:379位と軒並み、その評価は低かった。

 なお、Islingtonの次に、女性が住む上で推奨を憚(はばか)られる地区は

・Blackpool
・Corby
・Boston

の順であった。

                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com

ちょっとだけなら、いい?:胎児がお酒攻めに遭うと、どうなるか! (BBC-Health, September 12, 2017)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/772/cpsprodpb/0B31/production/_97756820_gettyimages-640232222.jpg

[ 女性が妊娠中に、酔うほどお酒を飲んだり、「へべれけ」になるまで深酒すると、流産、早産のリスクが高くなる。生まれてくる赤ちゃんにも精神機能障害 (知的障害、てんかん学習障害など) や身体機能障害 (発育不全など) を招く恐れがある。いわゆる胎児性アルコール症候群と呼ばれる新生児の障害が発生するのだ。]

"Getting drunk or binge drinking during pregnancy increases the risk of miscarriage and premature birth and can lead to mental and physical problems in the baby, called foetal alcohol syndrome."

 では、少しだけのお酒なら、大丈夫なのか。残念ながら、それはよくわかっていない。

 そこで、Bristol 大学の Dr Luisa Zuccolo らの研究チームは、この問題に関して1950年代以降に医学界で発表された研究論文 26編を精査したが、「週に小さなワイングラス 1、2 杯程度のワインを飲んで、アルコールが害になる (harmful)」とする「overwhelming proof (非の打ち所のない確証)」は得られなかった。
 ただし、この結論によって、「確実に安全 (completely safe)」とも断定できないという。

 Dr Zuccoloらは「just in case (万が一に備え)」て、妊娠中の飲酒は避けた方が良いとアドバイスする。
 なお、精査した 26編の論文中、7編で、「少量の飲酒でも胎児に影響する」ことが報告されていた。それによると、妊娠中に「少量のお酒 (light drinking)」を飲んだ女性から、体が小さく、低体重で生まれてくる赤ちゃんのリスクは、全くお酒を飲まない人に比べて、平均 8%高い。
 また、少量のお酒でも、早産のリスクを高める傾向もあった。

 「The Royal College of Paediatrics and Child Health」の Russell Viner 教授も次のように述べる。

"My advice to women is that it's bet not to drink at all if you're trying for a baby or are pregnant."
[ 赤ちゃんがほしいと思っている人、あるいは現在、妊娠している人は、お酒を一滴も飲まない方が賢明だ。これが私の女性へのアドバイス。]

                  (写真は添付のBBC Newsから引用。)

www.bbc.com