ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

Berlin大空襲を生き延びた「Saturn (悪魔)」:Moscowで死す! (BBC-News, May 23, 2020)

Saturn, the alligator

 悪魔 (Saturn)と呼ばれた「mississippi alligator (ミシシッピワニ)」は、数奇な運命をたどった。

 生まれたのはUS (アメリカ合衆国)。すぐにドイツの「Berlin Zoo (ベルリン動物園) 」に寄贈される。それが1936年のことだ。

 ところが、その後の1939年 9月、WW2が勃発する。やがて、ドイツ軍の戦況が危うくなりかけた頃の1943年11月の22日夜から23日朝にかけて、ベルリン市内はイギリス空軍の大爆撃を受ける。その爆撃で市民数千人の死傷者が出た。とくに被害が大かったのは、動物園施設が立ち並ぶ「Tiergarten district (ティーガルテン地区)」だった。動物園で飼育されていた動物も、多数犠牲になった。

 なお、その動物園の一角の「aquiriuam building (水族館)」で飼われていた「ワニ(crocodiles)」も爆撃で吹き飛ばされ、道端には 4匹のワニの死体が積み上げられていたという。

 けれども、運良く、その 空襲から逃れたワニがいた。それが「Saturn (悪魔)」。

 この、アメリカ生まれのミシシッピワニは、戦争で瓦礫と化し、しかも寒冷な気候のベルリンの街中で、人目を逃れ、なんとか3年も生き延びた。

 しかし、悪運の強い「Saturn (悪魔)」も、ついに、イギリス軍に見つかってしまう。イギリスは何を思ったのか、1949年7月、この悪魔をUSSR (ソ連)に譲ってしまう。

 それ以降、今日2020年に至る74年間、「Saturn (悪魔)」は「Moscow Zoo (モスクワ動物園)」で飼われることになった。

 「Moscow Zoo」では飼育員に良くなついて、ブラシで体をマッサージしてもらうのが大好きだった。ただし、怒り出すと、鉄製の餌バサミやコンクリートのかけらをバリバリ噛み砕いたという。

 さらに「Saturn (悪魔)」がモスクワっ子を一番に惹きつけた理由。それは、そのワニが「ヒットラーに飼われていたワニ」という噂(rumour)だった。その噂がどこから出たのか、真相は明らかにされていない。しかし、噂がうわさを呼んで、多くの人が、このワニを目当てに「Moscow Zoo」を訪れた。

 その「Saturn (悪魔)」。2020年5月12日の朝、モスクワで永遠の眠りについた。野生の「mississippi alligator (ミシシッピワニ)」の寿命(30−50年)に比べて、はるかに長生きしたとは言え、「悪魔」にとって幸せな一生だったのかについては、誰にも分からない。

 ロシアは、今後、「悪魔」を剥製にして、展示する予定とか。 

                                  (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

コロナ閉じこもり:そして、皆んな「飲んべえ」になった! (BBC-Health, May 20, 2020)

Drinking red wine at home

 UKでは、3月23日、外出禁止令が発令され、パブ、レストランが閉鎖され、人々は、家に閉じこもることを余儀なくされた。すると、人々は、以前にも増して、アルコール類を飲むようになった。

 お陰で、スーパーやコーナー・ショップ (小さな酒類売店)のアルコールの売上は、3月だけで22%の伸びを記録した。4月の統計は遅れているが、売上がさらに伸びたことは確実だ。

 医学雑誌「BMJ」の論説によると、このような状況の中で、「Alcohle Health Alliance UK (英国アルコール・ヘルス連盟)」と「The House of Lord Commission on Alcohol Harms (アルコールの健康被害に関する英国貴族院委員会)」が、とくに危惧を抱いているのは、

・既存のアルコール依存症患者

・外出禁止のさなかにあって、アルコール依存症の瀬戸際に追い込まれている人

 なお、UK在住の成人2,000人を対象にして実施したチャリティ団体「Drinkaware」の調査によると、

・これまでよりもお酒の量が増えたと回答した人:25%

・逆に減ったと回答した人          :17%

Bottle of wine on an empty supermarket shelf

 さらに、「ふだん、お酒を飲まない日にも、お酒を飲むようになったか」と尋ねたところ、「Yes」と回答した人の割合は

・一時解雇された人で:28%

・テレワークの人で :28%

 なんと、一時解雇 (furlough)の通知を受けた人で

・朝からお酒を飲んでいる人の割合:7人に 1人

・密かにお酒を飲んでいる人の割合:10人に 1人

 こんな状態では、外周禁止が解除されて、さて「nation’s recoverey (国の復興)」といっても、おいそれとできるものではない。アルコールが抜けきれない体では、人に会っても「out of sight, out of mind mentality (心、ここにあらずで、その人のことが思い出せない)」とあっては、仕事はおろか、日常生活にまで支障が現われかねない。

                              (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

一日何回 手を洗えばいいの?:ウイルス感染対策! (BBC-Health, May 20, 2020)

Cracked, painful skin can be an unfortunate side effect to staying sanitary. Prudence Wade asks an expert what we can do about it.

 どのスーパーでも、入り口にアルコール消毒液が置かれ、ほとんどの人は、そこで手を消毒するようになった。中には、カートや買い物かごのハンドルまで丁寧に消毒液を振りかける人もいる。

 さて、これでコロナ感染対策は十分だろうか。

 University College Londonの Dr Sarah Bealeらの研究グループは、新型コロナウイルスの構造に極めて類似したウイルスの感染データ(2006 -2009年分)について調べた結果、少なくとも一日  6回手洗いをしている人 (1,663人)については、ウイルスに感染し難いことを発見した。(研究の詳細は「Wellcome Open Research」に発表。)

 ただし、手洗いの回数を 1日10回以上に増やしても、ウイリス感染リスクがさらに減少することはなかったという。

 Dr Bealeは、ウイルス感染の症状のある、なしに関わらず、常に手を清潔に保つことだ大切と述べる。石鹸と水で約20秒間、良く手を洗うと、ほとんどのウイルスは死滅する。手を清潔にすることで、ウイルスから自分自身を守り、また、気づかないで家族や他人にウイルスを移さないで済む。

 とくに、鼻をかんだり、くしゃみ、咳(せき)をした後で、あるいは食事や調理の前には、よく手を洗うことだ。

 それに、人が集まる公共の場所に出かけたときや、公共交通期間を利用した後でも、手を良く洗う。できれば、これを習慣とすることがお勧め。

 添付のBBC-Newsの記事には、正しい手の洗い方がMovieで紹介されている。

 

おわりに:新型コロナウイルス感染は、ようやく下火になった。しかし、そのウイルスがどこかに潜んでいることは、確実だ。「焚き火は完全に消さないといけない。」風が吹くと、また燃え上がるからだ。

       (写真は添付のRTE News [March 10, 2020] から引用)


www.rte.ie

吸いやすくて、やめられないメンソールタバコ:EUで販売中止! (RTE-News, May 19, 2020)

Minister for Health Simon Harris has welcomed the ban

 「軽い」、「スカッとする清涼感」、「初心者向き」などの、謳(うた)い文句で売り出した「menthole cigarette (メンソールタバコ)」。タバコの有害性を気にする人には、その宣伝文句で「misperception (誤解)」を植え付けた(洗脳した)。いわゆる『メンソールタバコは、レギュラータバコよりも、健康被害が少ない』と。

 しかし、これは間違い。アイルランド王立医科大学 Des Cox教授によると、メンソールタバコと言えども、その有害性はレギュラータバコと変わらず、その上、ニコチン中毒 (依存症)になりやすく、禁煙を難しくする「主犯格」。

 誰が考え出したものか、「初心者向き」とは、悪魔のささやきだ。若者は、これを鵜呑みにし、誘惑されて、だまされて、タバコを吸い始めてしまう。

 Irelandの厚生大臣 Simon Harris(サイモン・ハリス)の言を借りれば、

” Smoking is an addictive and lethal habit.”

[ タバコは依存性があり、死を招きかねない悪習慣だ。]

 WHOは、この5月11日、公衆衛生学の研究論文を精査した結果として、喫煙者は非喫煙者に比べて、「新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすい」と発表した。

 さらに、タバコはガン、糖尿病、循環器疾患、呼吸器疾患などの「非伝染性疾患 (non-communicable diseases)」の主要なリスクファクターであり、これらの疾患がコロナ感染の重症化リスクを高めていると、警鐘を鳴らした。

 なお、5月20日 (水)、「EU Tobacco Products Directive laws (EUタバコ製品指令法)」が施行された。今後、EU加盟国において、タバコにハッカやミント成分などを入れた「味付けタバコ」の販売は、いっさい禁止される。

 

おわりに:日本において、タバコの売買は自由。とは言え、タバコが原因で発症した病気の治療に、莫大な国家予算が投与され、医療財政の大きな負担になっているのも事実。さて、どうするのが、最も公正かつ公平なルールか........。 

    (写真は添付のRTE Newsから引用)

www.rte.ie

「外出制限」期間中:なぜ、人は運動したくなったのか?  (RTE-News, May 19, 2020)

Believe it or not, nearly 50% of people are getting more exercise since the outbreak of Covid-19, according to a Trinity study.

 新型コロナ感染防止対策の一環として「外出制限」が強いられた人々は、自宅で、いったい、何をしているのだろう。

 思いがけない調査結果が報告された。

 IrelandのTrinity大学「The Department of  Physiotherapy(理学療法学科)」の Dr Emer Barrett, Dr Cuisle  Fordらの研究グループは、Irelandの住民1,500人を対象にした「外出制限中のエクササイズ実態調査」を実施した。

 その結果、なんと、調査対象者のおよそ半分 (46%)が、以前よりも運動をするようになったと回答し、しかも、保健当局が推奨する「physical activity guidelen (運動ガイドライン)」を上回る人が、54%も占めたという。

 そのガイドラインとは、『少し息が弾むくらいの (中程度)の運動を週 150分か、強度の運動を週 75分間すること』。

 一方、これに反して、政府の外出制限を受けて、これまでよりも運動をしなくなったと回答した人は、わずか 28%だった。

 次に、Dr Barrettらは、外出制限のさなかに、なぜ、人々が運動するようになったかについて尋ねた。

 すると、最大の理由として、『メンタルヘルス (mental health)を健全に保つため』と回答した人が、90%を超えた。

 

 では、『ふだん、運動が十分にできない理由は何か』と尋ねると、

・一緒に運動する仲間とめぐり会うチャンスがない

・仕事が忙しく、それに仕事上のストレスが多くて、とても運動する気になれない

だった。

 とにかく、Irelandでは、このコロナ感染の影響で、人々の生活スタイルが変わった。人々は、皆よく歩くようになり、この機会に新たなエクササイズ(トレーニング)に取り組む人が国民の約半数にのぼったという。

 

おわりに:人は、「じっとしていろ」と言われて、じっとしていられるものではない。ストレスを溜めないためにも、運動は大切だ。体を動かさずにコンピュータやスマホ画面を見続けていては、体のどこかに異変が起こりかねない。人間は、古来、野山を走り回る生物だった。

 なお、このRTEの英文で、注意が必要な点は、特殊な使い方の「with」と「workout」。それに紛らわしい「the new restrictions」と「restrictions」。

      (写真は添付のRTE Newsから引用)


www.rte.ie

ケルトの国「Ireland」:サンザシの樹の下に妖精が集まる! (RTE-News, May 7, 2020)

 A hawthorn tree at Kylemore Lough in Connemara. Photo: Getty Images

 遠野物語の「座敷わらし」、「かっぱ」を迷信 (superstition)の一言で片付けてしまっては、身も蓋もない。それは、紛れもなく、民衆の日々の苦しい生活から浮上した信仰であり、そこには人々の思いや願いが深く込められている。それは単なる迷信ではなく、名もない人々の文化・歴史、思想の流れを伝える民間伝承 (folklore)だ。

 その昔、人々は、山や川、湖や泉を敬(うやま)い、道ばたの岩にも、草原にそびえ立つ大樹にも神が宿ると信じた。不思議なことに、かって、遠野に限らず、日本のどんな田舎・集落でも見られた、「自然崇拝 (worship of nature)」あるいはその儀式は、今でも、ケルトの国「Ireland」の人々の間で深く根付いているという。

 もちろん、ケルトの国では「かっぱ」は出没しない。出没するのは「faery (妖精)」だ。「fairy」とも書く。妖精は「unseeing being from the other world (人間とは別の世界に住む、目に見えない生き物)」。

 太陽が沈むと、妖精たちは「hawthorn (サンザシ)」の樹の下に集まって、この世のものとは思えない、甘く美しい音楽を奏(かな)でる。美男・美女がこの歌声に魅了されると、妖精にかどわかされることもあるという。

 一方で、妖精を毛嫌ったり、妖精に悪さをしようものなら大変だ。その人の畑の作物、家畜ばかりか、家族の健康、運命までも台なしになりかねない。

 妖精が集まる「hawthorn (サンザシ)」の樹を切ったり、倒れたその樹を持ち出しても「たたり (curse)」があると信じられ、小枝を折って家の中に持ち込むのも不吉とされた。

 だから、人々は妖精のご機嫌を損ねないように「faery trees (妖精の樹)」である「hawthorn (サンザシ)」の樹を大事にし、妖精の怒りを鎮めるために特別な「儀式(rituals)」まで執り行なった。

 また、「hawthorn (サンザシ)」は「Christian holly wells (聖なる泉)」を清める樹でもあり、人々はその場所に生えたサンザシの枝に「捧げもの (offerings)」を結びつけて、願い事をした。

 ケルトにとって、一年は、夏の始まりを告げる「hawthorn (サンザシ)」の花の開花と、冬の始まりを告げる「hawthorn (サンザシ)」の真っ赤な結実で区切られていた。春の5月1日は「Bealtaine (べルテイン祭)」が開かれ、秋の終わり10月30日は「Oíche Shamhna (サウィンイ祭)」別名「Hollowe'en (ハロウイン)」が盛大に開催された。すなわち、ケルトは「hawthorn (サンザシ)」の樹の変化で季節を知ったのだ。

 なお、一般に「hawthorn (サンザシ)」の花の匂いについて触れるのはタブーとされる。その匂いは独特で、ミツバチや蝶は花に寄り付かず、花の受粉を担うのはもっぱらハエ。その匂い成分には「triethylamine (トリエチルアミン)」が含まれている。これは葬儀のときの匂いであり、女性の「sexual bodily fluids (性分泌液)」の匂いにも似る。このため、妖精の話のなかで、サンザシの花の匂いが取り上げられることは、ほとんどないという。

 

おわりに:5月に開花するサンザシ(hawthorn)は、別名「Mayflower(メイフラワー)」。1620年9月16日、Englandの Devon州の Plymouthを出航し、アメリカ大陸を目指した「清教徒」の船の名前が「Mayflower (メイフラワー号)」だった。

 また、キリストが十字架に架けられたとき、その頭上には、サンザシの冠が置かれていたとも言われている。

            (写真は添付のRTE Newsから引用)

www.rte.ie

都会に棲み着く「都会キツネ」:ウサギなんか捕まえられるか! (RTE-News, May 7, 2020)

It's my garden now, bud. Photo: Tim Graham/Getty Images

 いかに「尾ひれが付く」とは言え、古代中国人が考えた、尾が9本の化け狐「九尾狐」は、人を煙に巻く話だ。その古い逸話が、朝鮮半島百済を経て日本に伝わり、狐の妖怪や、狐の化けた女の話が民衆に知れ渡った。その際、日本に帰化した百済人(移民)が、「狐を神」と崇めて「稲荷信仰」を広めた。

 しかし、この数千年の間に、狐が女に化ける様子を目撃した人はいない。狐が人間に幸運をもたらしたとする事実も耳にしたことはない。

 さて、Aesop (イソップ)は、その寓話の中で、キツネ(fox)を狡猾(cunning)な動物として描いた。また、ヨーロッパの古い民間伝承によると、キツネが群がっているのは、不吉と言った。

 ところが、20世紀になると、その民間伝承も色褪(あ)せることになる。なんと、London、Dublin、Geneva (ジュネーブ)などの都市で、キツネが四六時中、群れるようになってしまい、誰にとっても不吉な光景が当たり前になったからだ。もちろん、「祟(たた)り」など起こらなかった。

 キツネにとって、田舎の森や林の中に棲むよりも、都会に出て、運河沿い、線路ばたに穴ぐらを掘って生きる方が、気楽で快適だった。なにしろ、野山で必死にウサギを追いかけずとも、生ゴミ、ネズミは、都会のどこにでも見つかり、大邸宅の芝生はミミズでいっぱいだ。それに、住処(すみか)探しにも、ほとんど困らない。都会には、空き家に空きスペースがいくらでもある。

 こうして、今日、郊外で、のんびりと寝そべっているキツネの姿が、ごく普通に見られるようになった。

 キツネは、ぶどう畑のぶどうに、ブラックベリーなどのフルーツも大好物。しかし、元々は、主たる獲物をウサギ、リスとし、これムシャムシャ食べる肉食動物だ。さらに、地上に巣作りするライチョウ(grouse)、タゲリ (lapwings)、カモ (ducks)などの鳥類をも襲って食べる。 

 1970年代、キツネの毛皮が珍重されると、キツネが大量に捕獲されて、その数を減らした。すると、外来種の「grey squirrels (東部灰色ロリス)」の個体数が急増した。増え過ぎた「grey squirrels」は、在来種で小型の「red squirrels (赤リス)」を絶滅の危機に追い込み、自然植生を破壊する。

 実は、この「grey squirrels」の天敵がキツネだったのだ。それに、「pine martens (マツテン)」も、野生の生態系のバランスを保つのに一役買っている。この俊敏で木登りが得意な動物は、獰猛さと狡猾さでは、キツネに引けをとらない。

 さて、仔ギツネ (fox cubs)がかわいいと、これを抱いてはいけない。キツネは「寄生蠕虫 (parasitic worms)」の宿主になっていることが多く、皮膚病、伝染病などの病気に罹っていることも少なくないからだ。

 

おわりに:狐狩りは、17世紀、UKで鹿狩りの副産物としてして始まり、徐々に儀式化して行った。これをUKでは、なぜか伝統的なスポーツと称する。野山のキツネを猟犬と馬で追い立てて、猟銃で撃ち殺すだけの、狩りの一種だった。その狐狩りが禁止され、都会の野良犬も駆除された。おまけに動物愛護団体の手厚いサポートを受けて、キツネは怖いもの知らずになり、街中をのし歩く。

 しかし、「都会の狐 (urban foxes)」は、しょせん、キツネ。人間がクマと一緒に住めないのと同じ。互いに住み分けが必要なことは明らかだ。このままでは、いつか、コロナ感染のような「人獣共通感染症」に悩まされることになりかねない。

     (写真は添付のRTE Newsから引用)

www.rte.ie