ヒロシのWorld NEWS

世界のニュースを日本語でお届け!

強烈に辛い唐辛子を食べて、病院に運ばれた男:脳血管に異常! (BBC-Health, April 10, 2018)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/0D30/production/_100767330_carolina_reaper_chilli_pepper_plant-spl.jpg

「がまんくらべ」にも程がある。危険の一線を越えると「The Grim Reaper」が薄笑いを浮かべる。「Reaper」とは、頭からスッポリと黒いフード付きのマントをかぶり、手には大きな草刈り鎌を持った髑髏の死神のことだ。
 その名前の付いた、強烈に辛い赤唐辛子がある。「Carolina Reaper」。直訳すると「キャロライナの死神」となる。

 今から10年ほど前に、US東部South Carolina (サウスカロライナ州)にある「The Pucker Butt Pepper Company」の Mr Ed Currieの温室で誕生した種(しゅ)で、2013年、世界で最も辛い唐辛子としてギネスブックに認定された。
 実は、唐辛子の辛みの主成分は「capsaicin (カプサイシン)」。抗がん剤として注目されてもいる、天使の側面を兼ね備えた「もろ刃のつるぎ」だ。

 この唐辛子の辛さに耐えるコンテスト「The Carolina Reaper Eating Contest」が2016年にNew York州で開催されたときのこと。
 参加者の 1人の男性 (34歳) が「キャロライナの死神」を食べた。すると、吐き気 (dry heaves) をもようしたかと思うと、突然、「頭が割れるような痛み (crushingly painful headaches)」に襲われた。男はすぐに病院に搬送され、「emergency room (救急治療室))」で手当を受けた。
 頭に雷が落ちたような痛み (thunderclap headaches) にも喩えられる、その頭痛の原因は「可塑性脳攣縮症候群 RCSV (reversible cerebral vasoconstriction syndrome)」の発症だった。

 RCVSは脳内の動脈が一時的に収縮して血流が悪くなり、まれに「strokes (脳卒中)」を引き起こすこともあるという。
 幸い、その男は、数日間、頭の痛みや首の痛みを訴えたが、症状は回復に向かった。

 この RCSV患者の治療を担当し、その治療の経緯をまとめて医学雑誌「The BMJ Case Reports」に発表した「The Henry Ford Hospital」のDr Kulothungan Gunasekaranによると、

『唐辛子を食べて、頭にガツンと痛みが走った人は、すぐに病院で治療を受けるように』。

 なにはともあれ、なにごとも度を過ぎないこと。とくに唐辛子は少しの辛みで十分だ。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

生ハム:なぜ肉の旨みが増して、長期保全に耐えられるか (BBC-Future, April 9, 2018)

http://ichef.bbci.co.uk/wwfeatures/wm/live/976_549/images/live/p0/63/cq/p063cq8z.jpg

 冷蔵庫のない時代、魚や肉は傷みやすく、その保存は大変だったに違いない。しかし、たとえば豚肉を「air-curing (乾燥、熟成)」させて生ハムに加工すると、その肉の旨みが増すばかりか、冷暗な地下室などで保管すると、何年も保存が利くようになる。
 その加工技術は、密かに代々受け継がれ、中国の「Jinhua ham (金華ハム)」、イタリアの「culatello (クラテッロ・ディ・ジベンロ)」、スペインの「Jamon Serrano (ハモン・セラーノ)」などの優れた生ハムが生み出された。

 生ハムの熟成工程では、なんと言っても熟成室の適度な「moisture (湿分」調整がキーポイントとなる。
 生ハムをつくるには、はじめに豚肉に直接塩を揉み込むか、これを塩水に浸けてから取り出し、肉の水分を抜く。このとき、塩分が肉の細胞に染みこんで、雑菌やカビの繁殖が妨げられるようになる。

 肉の塊が大きい骨付き股肉などは、水分を手早く抜くために、およそ1in間隔で塩水を肉に注入する。この際、防腐剤の「亜硝酸ナトリウム (sodium nitrite)」を使用することも多いという。こうすることによって、肉の塊から水分がドンドンしたたり落ちる一方で、タンパク質は肉の組織に固定され、化学反応によって色は淡いピンクに変色する。

 生ハムの工程初期には、これを涼しく、かつ適度な湿気のある地下倉庫などに吊るし、塩が肉の内部まで十分染みこんだ頃合いを見計らい、今度は熟成場所を変えて、温度を徐々に上げ、肉の表面から水分を飛ばす。ただし、肉の表面が乾き過ぎないように、熟成室の「湿度」に気をつけることだ。

 中国では、肉が乾燥しやすい冬に「自家製生ハム (home-cured meats)」がつくられて、「festive food(お祭りのご馳走)」として食されたという。ただし、自家製では、

・cheese skipper:チーズバエの幼虫
・larder beetle:オビカツオブシムシ
・red-legged ham beetle:アカアシホシカムシ

などのやっかいな虫が、手ぐすね引いて大好物のエサにありつこうとチャンスを狙っているため、注意が必要とのこと。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用

www.bbc.com

体内に棲み着き、体調管理する微生物:その細胞数39兆の世界 (BBC-Health, April 10, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/772/cpsprodpb/1046/production/_100766140_bacteriahuman_replacement.jpg

 ヒトの体は、約30兆の細胞で構成されている (その 84%は赤血球細胞)。ただし、体はそれらの細胞だけで機能しているわけではない。そこに棲み着いた微生物の細胞39兆が重要な役割を果たしていることが分かってきた。
 とくに酸欠状態 (osygen-deprived)の腸内に棲み暮らす「microbiome (微生物叢)」は、

・digestion;消化作用
・immune systems:免疫システム
・inflammatory bowel diseases:炎症性腸疾患
・Parkinson's:パーキンソン病
・depression:鬱(うつ)病
・autism:自閉症
・obesity:肥満
・caner drugs work:抗がん剤の効果

などに深く関与し、ヒトの体に大切なビタミンまで生産していた。

 「The Max Planck Institute (マックス・プランク研究所)」の Ruth Ley教授によると、人類は、過去50年以上にわたって天然痘 (smallpox)、結核菌 (Micobscterium tuberculosis)、メチシリン耐性ブドウ球菌 (MRSA) などの病原菌 (pathogens) を根絶するため、「antibiotics (抗生物質)」や「vaccines (ワクチン)」を開発し、多くの人命を救って来た。しかし、同時に、ヒトの体内に棲息していた数々の「善玉菌 (good bacteria)」まで殺してしまった。

 その結果として、関節リウマチなどの「自己免疫疾患 (autoimmune diseases)」や「アレルギー (allergy)」疾患が急速に増えて、新たな「疾患対策」に取り組まざるを得なくなったという。

 California大学の Rob Knight教授は、痩せた人と太った人のそれぞれから採取した「faeces(便)」を使って、無菌室で育てたマウスの腸内微生物叢を変化させる実験を行なった。そして、みごと、微生物によってマウスの体重を制御することに成功した。太った人の便ではマウスの体重が増し、痩せた人の便を使うと体重が減ることを確認したのだ。

 同様の研究は「The Wellcome Trust Sanger Institute」の Dr Trevor Lawleyらの研究グループも進めている。病気の人の腸内には、ある種の善玉菌が欠けている。そこで、その欠けた微生物を投入して腸内の微生物叢を修復すると、炎症性腸疾患の1種である「潰瘍性大腸炎 (ulcerative colitis)」が回復することを実証している。
 病気を、薬を使わずに、腸内の微生物叢をコントロールすることによって治療する「microbial medicine (微生物医療)」が始まったのだ。

 なお、肥満 (obesity) の要因として「family history (家系)」、「lifestyle (生活スタイル)」も無視できないが、ハンバーガーやチョコを食べ過ぎると、消化管 (digestive tract)に棲息するある種の微生物の生存を危うくし、肥満の体質に拍車を駆けることになりかねない。そして、さらに他の病気を呼び込んでしまう。

結論:ヒトの体の中は、69兆の細胞が連携するミクロ宇宙の世界。人間が生きていくためには、どうしても善玉菌の助けが必要だ。ファースト・フードの無茶食いや無駄な薬によって折角の善玉菌を殺しては、元も子もなくなる。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

前立腺ガンの約40%は進行ガン:イギリスで猛威を振るう! (BBC-Health, April 8, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/772/cpsprodpb/4ADB/production/_100736191_m8650172-cancer_cell_division.jpg

 はじめに、BBCがまとめた「前立腺ガンの主な症状(symptoms)」をチェックして見よう。

前立腺ガンの診断には、前立腺特異抗原検査PSA、生検 (バイオプシー)、健康診断の検査結果が使用される。
・このガンの発症初期の段階では、ほとんど自覚症状がない。前立腺は膀胱の真下にあって、尿道を包み込むように存在するため、症状は排尿に関するトラブルに現われる。
・排尿頻度が多くなり、とくに夜間、トイレに通う。
・トイレに駆け込みたくなる。
・便器に立ってから、排尿に時間がかかる。
・排尿に勢いがなく、ダラダラとした排尿となる。
・排尿後も残尿感がある。
前立腺ガンの多くは極めて進行が遅いため、その症状を感じることなく、あるいは治療を受けなくとも、数十年も生存可能。

・prostate cancer is a diagnosed by using the prostate specific antigen (PSA) test, biopsies and physical examinations.
・there can be ffew symptoms of prostate cancer in the early stages, and because of is location most symptoms are linked to urination.
・needing to urinate more often, especially at night.
・needing to run to the toilet.
・difficulty in starting to urinate.
・weak urine flow or taking a long time while urinating.
・feeling your bladder has not emptied fully.
・men with prostate cancer can also live for decades without symptoms or needing treatment because the disease often progresses very slowly.

 前立腺ガン (prostate cancers) は、男性にとって「時限爆弾 (ticking time bombs) のようなものだ。世界中の男性が、このガンに脅かされている。なかでも、イギリスで猛威を振るい、ついに、前立腺ガンで死亡する男性の数が、乳ガンで死亡する女性の数を上回った。
 病院における診断、治療、看護のいずれも、危機的な状況に立たされている。

 医療チャリティ団体「Orchid」が「NHS England」、「The National Prostate Cancer Audit」その他の医療機関の治療データを解析し、その結果を報告書にまとめた。それによると、前立腺ガンと診断された患者の37%は、すでにステージ3, 4と、ガンが進行した段階だった。
 「進行ガン (advanced cancers)」では、ほとんど「incurable (治療不可)」となる。

 なお、「Accident and Emergency Department(救急救命科A&E)」に駆け込んで、前立腺ガンが見つかることも多く、全体の25%を占めた。

 イギリスでは、50歳以上の男性が希望すれば、PSA検査を無料で受けられる。ただし、Orchidの報告書によると、この検査を受けた人のほとんどは、富裕地域 (affluent area) に住む「高学歴の男性 (more highly educated men)」によって占められていた。まさに、医療には、不公平 (inequity) のあることが明らかになったという。

 また、「SPA」検査は万能ではない。ときに、重大な前立腺ガンを見落とし、逆に「良性のガン腫瘍」も悪性と判断してしまうリスクもある。さらに、前立腺ガンの治療では、強い副作用が現われる。このため、前立腺ガンの治療に当たっては、「本当に治療が必要なガンなのか」をしっかりと見極める必要があるという。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

平均寿命が22年も違うWales:その原因はどこに? (BBC-News, April 5, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/772/cpsprodpb/5FA1/production/_100718442_mediaitem100718438.jpg

 これほど、地域によって「平均寿命 (average life expectancy)」の違う国も他に知らない。平均寿命は、年齢別の死亡率データから、生まれたばかりの赤ちゃんの寿命を推定した値だ。その値が、Walesの女性では、住んでいる地域によって大きく異なり、最低 72.6歳、最高 94.6歳。すなわち、生存可能な年月が 22年も違う。平均寿命94.6歳を記録した地区は、18世紀から温泉付きの保養地として人気の高い町Llandridid Wells の「Lhandod North」。

 逆に、平均寿命の最も短い地区は、Englandとの国境の村 Gwyersylltの「Gwyersyllt West (グエルシルト・ウエスト)」。19世紀、石炭が採掘された山あいの地だ。
 「Public Health Wales (ウェールズ公衆衛生局)」の Dr Chrissie Pickins によると、Walesでは、「人生で巡り会うチャンス (life chance)が不公平」なことは周知の事実。
 そのチャンスとは、

・給与所得
・現金収入の手立て
・収入の高い仕事に就ける可能性
・家族、友人、コミュニティとの絆

 さらに、Dr Pickinsが指摘するように、子どもの一生は、生まれる前のお母さんの健康にも掛かっている。

"Early life in the womb can have a rally profound effect on your health experience in later life and that's why places like Wrexham and a whole rage of other places are really trying to focus on those first hours and days and getting those right."

[ お母さんのお腹にいるときの、赤ちゃんの初期の成育状態が、誕生後の健康に計り知れないほどの影響を与える。したがって、Walesでは Wrexhamをはじめ、他の全て地区でも、常々、まず第一にこの点に注意を払い、状況を正確に把握するように務めている。]

 日本に限らず、どの先進国でも、過疎化・高齢化が進み、交通が不便で、所得レベルが低く、おまけに冬の寒さが厳しい地域では、平均寿命が短くなる傾向があるようだ。これでは、若ものが、そのような故郷を離れて、「life chance」の高い都会に移り住むのは、ごく自然の成り行きのように思われる。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

「銀河系」の中心部にはBlack Holesがいっぱい:重力波の発生源か? (BBC-Science & Environment, April 4, 2018)

https://ichef.bbci.co.uk/news/736/cpsprodpb/3868/production/_100704441_c0177667-black_hole_artwork-spl.jpg

 「The Miley Way(銀河系)」の中心「Sagittarius(射手座)」には、「Sagittarius A*(射手座A*, 略称Sgr A*)」と呼ばれる、巨大な「超大質量ブラックホール(supermassive black holes)」が存在する。その周りは、ガスと塵から成る「halo(ハロー)」で取り囲まれ、ブラックホールは、そこからエネルギーを受けて、夜空に輝くたくさんの星々を生み出しいる。それらの星は、やがてその寿命を終えると、再びブラックホールに吸い込まれていく。

  さらに、銀河系中心の超大質量ブラックホール「Sgr A*」の勢力圏外(ハローの外側)にも、数多くのblack holesが存在する。しかし、地球から遠く離れて、光さえ吸収するblack holesは、目視では確認できない。
 ただし、black holesは、自らのエネルギーを消耗すると、「Sgr A*」の巨大な重力に引き寄せられ、その勢力圏内に閉じ込められてしまう。そのとき、偶然にも、「Sgr A*」の周辺に浮かぶ「小質量星(low mass stars)」に接近すると、「連星系(binary systems)」を構成し、弱いながらも、常にX線を放出するようになるという。

 Columbia大学のCharles Hailey教授らの研究グループは、NASA「Chandra X-ray Observatory(チャンドラX線観測衛星)」が捉えた、銀河系中心部から発せられる微弱なX
線のデータを解析した。その結果から、銀河系の中心から3光年の範囲には、black holesと小質量星が互いの周りをグルグルと周回する「連星系」が12ヶも存在することを発見した。
 この発見を基づいて、統計学的に計算すると、「連星系」の形をとって、銀河系中心部に存在するblack holesのは300-500、単独で存在するblack holesの数は約10,000と推定される。

 今回の発見で、「重力波(gravitational waves)」が、なぜ銀河系の中心から発生しているのかについて、説明できそうだという。
 重力波は、「時空のゆがみ」が宇宙を光速で伝搬する現象。その存在はEinsteinの相対性理論で予言されていたが、2015年、世界で始めて「LIGO(レーザー干渉計重量波検出器)」によって確認された。
 その発生の原因の1つに、black holesが互いに衝突するためではないかと考えられている。

 なお、Hailey教授らの研究結果の詳細は、科学雑誌「Nature」に発表された。

                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com

なんとなく気がかりな症状は:英国の「迅速一挙診断」癌センターで! (BBC-Health, April 3, 2018)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/768/cpsprodpb/1920/production/_100623460_onestop.jpg

 どの国の病院の診断・治療システムも、改革 (revolution) が求められている。
 自分の体のこととは言え、病院で体調の不具合を診てもらい、治療を受けるのは大変だ。診療外来の受付が面倒な上、どの科を受診すべきか迷う。それに、何時間も待たされて、ようやく順番となった初診で、精密検査が必要と判断されると、検査日の予約が必要になる。
 さらに、とんでもない医者の誤診に悩まされることもある。正しく病名を判断し、適切な手当をすれば、直ぐに回復する症状も、こじらせたばかりに、結局、大がかりな手術を受けるはめになる。こんな経験のある人は少なくないはずだ。
 そのくせ、薬だけは「出してあげましょう」と言いつつ、数週間、いや、ときに1ヶ月分をたっぷり処方する。

 さて、こんな「なんとなく体調が思わしくない症状 (vague symptoms)」は、ありませんか。

・unexpected weight:なぜか体重が減少
・reduced appetite:食欲不振
・abdominal pain:腹痛
・fatigue:疲れやすい
・unexpected sweats:油あせ
・generally feeling unwell:不快感

 これらの症状が、病気のせいだとは、なかなか気づかないことが多い。しかし、ガンの中には、特別な自覚症状を感じないガンもある。どんなガンにしろ、早期に発見し、適切な治療を開始するのが、命を救う基本だ。

 これまで、イギリスでも日本と同様、「なんとなく気がかりな症状の人」は何度も病院に足を運び、何度も検査を繰り返さざるを得なかったという。

そこで、Englandの医療機関「NHS England」は、医療ボランティア団体「Macmillan」、「Cancer Research UK」と共同でEnglandの主要な10カ所の拠点病院に「Rapid Diagnostic and Assessment Centre (ガン迅速診断評価センターRDAC)」を開設した。
 このセンターシステムはDenmarkで開発された医療システムで、体調に不安な患者は、RDAC 1カ所で、10種のガンの精密検査を一挙に受診できる。これは医療改革の「一歩前進(a step change)」。

 RDACの目下の目標は、受診者全ての人に、28日以内で検査結果を伝えること。
                   (写真は添付のBBC Newsから引用)

www.bbc.com